スペシャルレズファイトUNLIMITED 8 ~前半~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

スペシャルレズファイトUNLIMITED 8

対戦ファイター:浜崎真緒・若月まりあ

レジェンド同士のレズファイト!

わがままボディと高い痴女性を誇る浜崎真緒と

かつての悪の華にして女帝・若月まりあがレズプロレスで勝負。

エクストリームマッチであれば、若月に勝てる相手はほぼいませんが

果たしてレズ対決ではどうなのか、期待が高まります!

胸元が大きく開いたセクシーコスを身に纏い

妖艶な笑みを浮かべる浜崎。

対する若月は首を回し、浜崎を睨みつけ臨戦態勢。

若月はトップレスでこの戦いに挑みます。

言葉を交わすことなくリング中央に歩み寄る両者。

そして、どちらともなく組み合いの体勢となり静かな立ち上がりを見せます。

女帝の貫禄を見せるかのような笑顔を浮かべる若月と

必死の形相で対峙する浜崎。

両極の2人が、ぐいぐいと力で押し合います。

先手は若月。

浜崎の裏を素早く取ると、スリーパーを掛けながら胸を愛撫していきます。

浜崎「アッ!ああ、、」

若月「何、気持ちよくなってんの?ねぇ?」

初っ端から極上のリアクションを見せる浜崎。

もう普通にエロい。

すかさず浜崎も反撃。

若月の首を掴みヘッドロックで動きを封じます。

浜崎の巨乳に頭を押し付けられ、男なら興奮ものですね。

しかし、この試合はレズファイト。

浜崎はコブラツイストで若月を捕らえ、乳首を愛撫。

浜崎「さっきはいっぱいこねくり回してくれたじゃない?可愛い声出ちゃってる」

若月「アッ!あう!」

若月のリアクションも極上。

愛撫されるたびに体をピクンと反応させる様子がたまりません。

若月はエルボーで技から抜け出すと、再びバックを取り愛撫。

浜崎の巨乳を揉みしだきます。

そして、そのままグラウンドに持ち込むと、首四の字を掛けながらの愛撫。

横になっても膨らみが分かる浜崎の巨乳。

このシーンだけでも興奮してしまいそうです。

しかし、浜崎もヤラレっぱなしではありません。

手を伸ばし、若月の乳首を愛撫し返します。

可愛らしい声を崩れ落ちてしまう若月。

如何に極悪ヒールの彼女も乳首は感じてしまうようですね。

今度は浜崎のターン。

同じく首四の字で動きを止めると、そのまま乳首や股間を愛撫。

若月も抵抗しますが、

浜崎「好きよ~弄り合い。触って~どっちがいっぱい触れるかなぁ?」

と痴女性を爆発させます。

ならばと浜崎をリングに組み伏せ、身動きの取れない状態で股間を愛撫していく若月。

若月「おっぱいだけじゃ物足りないってことよね?」

と激しい責めで浜崎を責め立てます。

しかし、エロファイトの経験豊富な浜崎は体勢を器用に入れ替え、

若月の股間を責め返します。

思わぬ反撃に力が抜ける若月。

互いが弱点が見える位置で、愛撫の応酬を繰り広げます。

共に喘ぎ声をあげながら責めの手を緩めません。

タチ同士だからこそ完全に受けに回らないのがいいですね。

いかにもレズファイトという展開で試合は進んでいきます。

浜崎は若月を恥ずかし固めでホールドすると、さらに股間を愛撫。

若月「あああ!やめて、、、」

浜崎「恥ずかしいのぉ?」

楽しそうに責めるエロお姉さん、実にいいですね!

ただし、エロ勝負とは言え女帝は簡単に崩れません。

恥ずかし固めの体勢から見事に形勢を逆転させると、逆にホールドして責め立てます。

若月のヒールらしい責めも素晴らしいです!

抜け出した浜崎は自慢の巨乳を押し付けつつ胸を舌で愛撫します。

若月も負けじと応戦。

共に胸を舐めあうエロ過ぎる展開が続きます。

すると、浜崎は若月に顔面騎乗で抑え込み。

女帝にとって実に屈辱的な攻撃を仕掛けていきます。

対する若月は腕を伸ばし、浜崎の巨乳を掴みます。

浜崎「あああ!いやぁ!!」

浜崎のエロ過ぎる喘ぎ声がリングに響きます。

さらに下からクンニもされ、マットに崩れ落ちてしまいます。

しかし、浜崎の早いリカバリー。

若月の脚を掴んで、貝合わせで責め立てていきます。

浜崎「こういうのどうせ好きなんでしょ?この変態!」

若月「全然好きじゃないわよ!アンタが好きだからやってんでしょ?」

浜崎「へぇ、まだしゃべれるんだねぇ」

と浜崎は激しく腰を動かしていきます。

若月「私だって動いてあげるわよ!」

浜崎「ああああ!!!」

若月も応戦し、激しい貝合わせ勝負が繰り広げられます。

2人のアヘ顔と喘ぎ声が交わるリング上。

見ている方はたまったもんじゃありません。

この責め合いを制したのは若月。

マウントを取ると、浜崎の首を絞めながらの手マン攻撃。

若月「気持ちいいんでしょ?正直になりなさいよ!」

浜崎「ふぁぁ!!!」

若月のドSな責めはまだまだ健在。

苦しさと気持ちよさで、浜崎の顔が弛緩していきます。

そして、69の体勢に移行。

お互いが急所を責め合うエロ過ぎる展開で、主導権を握りあいます。

どちらの責めも、受けも、とにかくエロいです。

ならばと若月は、浜崎をホールドし股間を愛撫。

身動きの取れなくなった浜崎を一気に責め立てます。

浜崎は何とか抵抗し、不利な体勢から抜け出します。

浜崎の反撃。

体勢の整っていない若月を押し倒し、股間を愛撫。

しかも指を若月の口に突っ込むというドSな責め。

浜崎「もっとメスみたいに淫乱にあえいでみなよ」

若月のお株を奪うようなサディスティックな責めを繰り出します。

若月がされる側だと考えると、めちゃくちゃそそられますね。

さらに、恥ずかし固めをさせての愛撫。

こんな無様な格好にされる若月はレアですね。

浜崎「恥ずかしい?ねぇ?こんなことされて、リングで」

若月「あああ、、やめ、、」

浜崎「ほら、イキなさいよ!」

若月は強引に体勢を崩し、エスケープを試みますが、、、

浜崎は簡単に若月にペースを渡しません。

若月をうつ伏せで押さえつけ、後ろからいやらしく責めていきます。

若月「あああ!やめて、、、変態野郎、、、」

浜崎「変態野郎?せいか~い」

浜崎が徐々にペースを掴んできました。

身動きの取れなくなった若月に対し、

脚を使って器用に乳首を愛撫する浜崎。

巧みなエロテクを発揮し、女帝・若月が追い詰められていきます。

体をビクビクさせて、感じてしまう若月。

如何に若月と言えど、抵抗ができない状態では厳しい。

浜崎「ほら、イキなさい。いいんだよ?イっても」

若月「あああ!やだ、、、」

体をビクンと大きく反応させてしまった若月。

浜崎「イっちゃったの?」

若月「イってない、、!」

口では抵抗しますが、どうやら軽く絶頂を迎えてしまったようです。

まだ体が敏感になっている若月に襲い掛かる浜崎。

首を絞めながら、キスをしまくり完全に制圧しようと試みます。

ただ、これで簡単にいかないのが若月の強さ。

浜崎を押し倒し返すと、激しい手マン攻撃。

若月「そんなに性欲溜まってんの?こうやってイカせてあげようか?」

浜崎「ふぁぁぁぁ!!!ダメェ、、!!」

極上のリアクションで体を仰け反らせる浜崎。

浜崎「あああっ!!」

体をビクンと痙攣させ、崩れ落ちる浜崎。

若月の激しい手マンに彼女も軽く絶頂を迎えてしまいます。

ここまでは互角の名勝負です。

追撃を開始する若月。

股間を集中的に愛撫し、連続絶頂を狙います。

若月「ほら、見て。恥ずかしいところびちょびちょになってるけど。これは何?説明してもらえるかなぁ?」

浜崎「ふあぁぁぁ!!!」

このままイカされてもおかしくない勢いでしたが、

浜崎は体を後転させ、エスケープに成功します。

そして、若月の唇を奪いキス責め。

若月も応戦しますが、キステクは浜崎の方が上のようで、受け止めきることができません。

浜崎は強引にリングに突き飛ばし、、、

若月の胸を脚で刺激します。

女帝にこのような責めができたファイターはいないですね。

浜崎「私の指、脚で感じてればいいのよ」

このシーンだけ見ると、どちらがヒールファイターなのか分かりませんね。

そして、若月を後ろから抑え込み、体中を舐めまわします。

浜崎の責めに感じてしまっている若月は、振りほどくことができません。

浜崎「もっとして欲しいんでしょ?」

若月「ああああ!!!」

浜崎「素直になりなさい」

キャメルクラッチからの乳首責め。

浜崎「負けを認めるのよ。かんた~ん」

若月「うううう、、、」

必死に首を振って拒否する若月。

浜崎「じゃあ、トドメを刺すしかないわね」

ここに来てレズテクの差が徐々に表れてきました。

若月をお尻で踏みつけ、股間を激しく刺激していく浜崎。

若月は気持ちよさそうな悲鳴を上げてよがりまくり。

必死に抵抗し、浜崎の胸を揉みますが、浜崎は余裕で受け止めます。

浜崎「ほら、イキなさい!!」

若月「アッアッアッ!あああ!!!」

体をビクンビクンと痙攣させる若月。

言い訳のできない完全な絶頂を迎えてしまいました。

果たして、ここから逆転はあるのか!

それとも、浜崎がこのまま押し切るのか!

 

続く、、、

 

【DVD版】

【ダウンロード版】