彼女とプライベートでプロレス 02 ~岬あずさ 編~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

彼女とプライベートでプロレス 02

対戦ファイター:岬あずさ

第2試合は巨乳美女・岬あずさ。

グラマーな体型と幼さを感じる屈託のない笑顔、目鼻立ちがしっかりしている美人なので

この試合にも期待がかかります。

岬「ねぇ、何で私こんなことに付き合ってんの?」

とあまり乗り気ではない様子。

しかし、コスチュームが用意されているのを見て段々と気分が乗り

彼氏がいる前で早々に着替え始めます。

サバサバ系な彼女ですね。

試合前はイチャイチャ。

演出か天然か分かりませんが、サポーターを履く前にリングシューズを履いてしまい

気付いて爆笑する岬。

思いっきり笑ってくれる女の子っていいですよね。

岬「どう?強そう?」

着替え終わった時にはやる気満々です。

テンションが高く子どもっぽさがありますが、黒のコスチュームが実によく似合います。

岬「行くわよー」

テンション高く彼氏に向かっていく岬。

まだ戦いという自覚はなさそうです。

そんな岬に厳しさを教える彼氏。

蹴りを入れて岬を倒すと、いきなりの電気あんま。

岬はさっそくエロい声を出してよがります。

岬「それ、、だめぇ、、、ああん!!」

岬「やったわね」

と岬はミドルキックで応戦。

高さも狙いもよいいいキックを放ちます。

掴みかかった彼氏に股間キック。

たまらない攻撃ですが、彼氏は何とか耐え岬を掴みに行きます。

ベアハッグで背中を痛めつけていく彼氏。

さらに、膝の上に股間を落とし、そこにもダメージを与えていきます。

岬は思わず絶叫です。

ならばと岬も反撃。

彼氏を腕を取り、体を反らせていきます。

岬のエンジンが徐々にかかってきたようですね。

間髪入れずに逆エビ固め。

体の固い彼氏はさほど反らされていないにも関わらず大絶叫。

岬「あたしに勝てると思った?」

と挑発します。

ギロチンドロップで痛めつけたあとは、チョークスリーパー。

彼氏の口から呻き声が漏れます。

岬「休ませないわよ。ここはどうなの?ここは」

彼氏のお尻を踏みつけていく岬。

その姿はまるで女王様。

釣り目の美女なので、こういう攻めが実に絵になります。

彼氏もやられっぱなしでは終われません。

果敢に攻めてくる岬を受け止め、一気に抱え上げます。

そして、パワーボム!自分の彼女にww

「パワーボムかけていい?」って言ってドン引きしない女性がどれくらいいますかね?

そして、そのままカウントを取りますが、

岬は2で返していきます。

返した勢いで自らの股間を彼氏の股間にこすり合わせる岬。

岬「こういうのが好きなんでしょ?潰しちゃうわよ」

一転エロ攻撃で彼氏を攻め立てていきます。

しかし、エロありなら男にとっても望むところ。

腕を伸ばし、岬の巨乳を揉みます。

驚いた岬は攻撃の手が止まります。

彼氏の反撃。

脚を取り関節を極めながら、胸を愛撫。

岬の口からセクシーな喘ぎ声が漏れます。

岬は反則、と抗議しますがプライベートプロレスにルールはありません。

さらに、首を絞めながら耳元で言葉責めをしていく彼氏。

岬はジタバタと抵抗し、何とか抜け出すことに成功します。

両者立ち上がっての仕切り直し。

すると、岬は力では分が悪いと見たか、脚を踏んづけるダーティーな攻撃に出ます。

痛がり崩れ落ちる彼氏。

岬は今度は容赦なく手を踏みつけていきます。

地味に痛い攻撃に彼氏は弱弱しい声をあげます。

四つん這いになった彼氏のお尻に攻撃を食らわせていく岬。

このあたりはプライベート感が出てて面白いですね。

岬「あなたはこれが弱いみたいねぇ」

と逆エビ固め。

体の固さが弱点の彼氏は悲鳴を上げて苦しみます。

グロッキー状態の彼氏に追い打ち。

何と、コーナーに上がるとそこからミサイルキック。

ダウンしたままの彼氏に強烈な技を見舞います。

そして、腹をひたすら殴りつけていきます。

岬「耐えなさい!プロレスラーなんでしょ!」

ボコボコにされた彼氏、もう限界か?

岬「男のくせにだらしないわねぇ」

と挑発する岬。

これにはさすがにムカっときた彼氏。

起き上がると、岬にキックを浴びせていきます。

そして、大技・アルゼンチンバックブリーカー!

今度は岬が悲鳴を上げる番。

軽量の岬は、彼氏にそのまま放り投げられます。

続けて四の字固め。

岬の甲高い声がリングに響きます。

しかし、完全な素人ではない岬は体勢を変えて逆転します。

お返しの四の字固め返し。

同じ技を返される展開は屈辱的でいいですね。

岬「苦しみなさい!」

脚に大ダメージを負ってしまった彼氏。

岬の相手に恥辱を与える攻めは止まりません。

ちんぐり返しでホールドすると、股間を愛撫。

男としては嬉しいでしょうが、試合中の彼氏はたまったものじゃありません。

しかし、エロ技がありなら彼氏にも勝機あり。

彼氏「俺の実力を見せてやる」

とスリーパーに捕らえると、胸や股間を愛撫。

めちゃくちゃエロい声がリングに響きまくります。

全年齢対象作品とは思えないエロさですねww

さらに岬を押さえつけると、逆エビ固め&股間愛撫。

岬はギブアップを促されますが、それを拒否。

彼氏「悪い子にはお仕置きだって言ってるだろ!」

岬「ああん、ごめんなさい~」

と叫びますが、まだまだ試合は終わりません。

次の攻撃に移行しようとする彼氏。

しかし、ここで岬は脚で彼氏の首を絡めとり抵抗します。

そして、そのまま抑え込むと、体を思いっきり広げていきます。

岬「私の勝ちね!」

と勝ち誇る岬ですが、彼氏はエロ攻撃で何とかエスケープ。

中々攻めきれずにイライラしてきた岬は、

彼氏をリングに座らせると動かないように指示。

岬の延髄蹴りが炸裂!

彼氏の側頭部を捕らえ、大ダメージを与えます。

技がくるまで待ってくれる素敵でドMな彼氏ですw

しかし、何度もサービスするわけではありません。

余裕で仁王立ちする岬に対し、ボディブローで反撃。

予想外の彼氏の抵抗に岬は悲鳴を上げて崩れ落ちます。

そして、抑え込んでの股間愛撫。

再びエロ技でペースを掴もうとしますが、大人しく受けるほど岬は甘くありません。

岬も自由の利く手で彼氏の股間を愛撫。

エロ技の応酬です。

この責め合いを制したのは岬。

69の体勢でホールドすると、さらに股間をいやらしく攻めていきます。

岬「あ~ビクビクしてるわ」

岬「声が出なくなってきちゃった?」

岬「あらぁ、もう先っぽ濡れてきてるじゃない」

エロい言葉責めが止まりません。

さらに、自らの巨乳を彼氏の股間に擦り付けて愛撫。

このいやらしい攻めに彼氏の動きが止まります。

股間ばかり攻撃されてしまうと、男としてはどうしようもありません。

彼氏も何とか抵抗を試みますが、岬のエロテクに反撃には至りません。

今度は巨乳を顔に押し付けられ窒息攻撃。

彼氏は苦しいやら気持ちいいやらで意識が朦朧としていきます。

岬「どんどん勃起してきて恥ずかしくないの?」

と挑発されますが、これでたたない男はいませんね。

フラフラな状態の彼氏は、逆転を狙って岬に覆いかぶさります。

このままエロ技に持っていければ逆転の可能性もあると思いましたが、

岬はしばらく攻撃させたのち、足蹴にして引き離します。

岬「立つのよ!」

彼氏が立ち上がるのを待ってから組み合いますが、狙いは股間。

蹴り上げられた彼氏は前のめりに崩れ落ちます。

追撃のギロチンドロップを股間に。

岬「男って大変ね」

分かっていながら責めまくる岬のS性に興奮します。

そして、立ち上がった彼氏に何発も股間蹴りを食らわせていく岬。

彼氏はもう悲鳴を上げるしかできません。

ようやく解放された彼氏は、股間を押さえて崩れ落ちます。

岬「だらしない格好して」

トドメはムチムチの太ももで一気に締め上げていきます。

必死に耐える彼氏ですが、この技から逃れる術はありません。

彼氏「ギブ、、ギブアップ、、」

泣き声でマットを叩く彼氏。

岬「聞こえない!」

彼氏「ギブーー!」

岬「負けるのよ?」

彼氏「負けですぅ、、ギブアップーー!!」

最後は情けなく敗北宣言してしまった彼氏。

岬「アンタが私に勝とうなんて100年早いのよ!」

と勝ち誇る岬。

尻に敷かれるってこういうことを言うんですかね?w

試合前の可愛い笑顔はどこへやら。

クールな目で彼氏を見る姿からサディストさが見え隠れしています。

岬「もう終わり?」

彼氏「もう終わりです、、」

岬「だらしないわね。この変態やろーが」

最後まで股間を愛撫しまくる岬。

このままエロプロレスも見たいくらいです。

あくまでこの作品は全年齢対象。

是非とも同じキャストを使ってBFものをリリースしてほしいですね!

 

【DVD版】

【ダウンロード版】