ミックスプロレスマニアの女達01 ~中条カノン 編~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

ミックスプロレスマニアの女達01

対戦ファイター:中条カノン

第2試合は8頭身モデル美女の中条カノン。

攻めも受けもできるオールラウンダーの高身長美女が男ファイターにハンデなしの勝負を挑みます。

170cmの身長を持つ中条。

男ファイターと組みあっても何のそん色もありません。

男「女のくせに。この俺に勝てるわけねぇだろ」

中条「負けない。女だからって舐めないでよ」

お互い強気の姿勢での真っ向勝負。

しかし、やはりパワーでは男ファイターの方が上か。

じわじわと中条の体勢を崩し、リングに力任せに放り投げます。

すかさず四の字固めで追撃。

しなやかなスタイルを仰け反らせ、必死に耐える中条。

さらに、腰を中心に攻め立てていきます。

男「どうだ?ギブアップか?」

中条「うあああ!!」

早くも悲鳴を上げてしまう中条。

序盤は男ファイターがペースを掴みます。

男ファイターはスリーパーに移行。

中条は苦悶の表情を浮かべます。

中条が絞め技を耐える時の顔がどこかエロくていいですねぇ。

高笑いをしながらますます勢いに乗る男ファイター。

ここで、エロ技も解禁。

関節技で押さえつけながら、中条のDカップを揉んでいきます。

中条「アッ!やめなさい!」

男「ボコられて感じてるのか?本当は気持ちいいんだろ?」

中条「ああ、、やめて、、」

さらに、男ファイターは中条の股間に手を伸ばします。

ますますセクシーな声で喘ぐ中条に、興奮が止まりません。

中条「や、やめなさい」

男「やめなさい?もっとやってくださいの間違いだろ?」

男ファイターのエロ技を使った攻撃にピンチに陥る中条。

四つん這いにさせられると、男ファイターからバックの体勢で突かれてしまいます。

実際に入れられてるわけではありませんが、中条の声とリアクションを聞いてしまうと

まるで本当に犯されているよう。

中条の極上のリアクションがたまりません。

そして、裸絞での愛撫。

中条「うああ!この、、、やめなさい」

男「自分より強い男にヤラれるのが好きだろ?ボコボコにして分からせてやるよ」

中条「アンタなんかに、、負けないんだから!」

ここまでいいように責められていた中条ですが、強引に男ファイターを振り払い

ようやくエスケープに成功します。

中条の反撃開始。

まずはムチムチの太ももで男ファイターの首を締め上げていきます。

中条「やってくれるじゃない。ほら、挟まれたかったんでしょう?」

男「うあああ!!」

中条「どうよ?私の柔らかい太もも」

男「アッアッ、、、」

さらに、脚を取り関節技でも痛めつけていく中条。

中条「ウフフ、ほら、ギブアップしなさいよ。女のこと舐めてんじゃないわよ」

男「う、、ああ、、、」

しかし、さっきまでヤラレていた中条の怒りは収まりません。

中条は、男ファイターにやられたセクハラ攻撃の仕返し。

男ファイターの股間を掴み愛撫していきます。

中条「ここ触られたいんでしょ?ほらぁ」

男「アッアッアッ!」

中条「女に首絞められてここおっきくするの?とんだ変態ねぇ」

男「やめ、、やめてくれ、、、」

中条の言葉責めが実に上手いですね。

エロ技を解いた中条は、腕十字で攻め立てていきます。

脚が長いので実に絵になりますね。

自分のリーチの長さを理解した見事な攻撃です。

ただ、男ファイターも何とか粘ります。

そして苦し紛れに手を伸ばすと、そこには中条の美乳が。

中条「どこ触ってんのよ!」

さらに、指先で乳首を愛撫し、刺激を与えていきます。

本来の試合だったら許されないエスケープ方法です。

しかし、この行為は中条の怒りを買ってしまいました。

長い脚を生かした反らせ技で男ファイターの腰を痛めつけていきます。

男「つ、強い、、、」

中条「女の方が弱いと思ってるの?」

男「ば、バカな、、、」

それでも、諦めない男ファイターは、再び指先で中条の胸を愛撫。

何とかエロ技から活路を見出そうとします。

ならばと中条はその腕を封じにかかります。

中条「これじゃ触れないでしょ?」

男「ぐああ!!」

完全にホールドされてしまった男ファイター。

中条の攻めが冴え渡ります。

追撃の首四の字固め。

中条「ほら、大好きなお尻の目の前で絞められる気分はどう?」

男「つ、強い、、、バカな、、」

高身長美女に圧倒される展開はM男にはたまりませんね。

中条はここで攻めの方向を変えていきます。

男ファイターの股間を愛撫し、精神的にも追い詰めていきます。

笑いながら股間を責める痴女性にドキドキしてしまいますね!

さらに、指先でツーと弄るいやらしい責め。

バトルファックで戦ったとしても彼女は相当強いのではないでしょうか。

中条「ほらほら、どんどん固くなってるじゃない?」

男「ふああああ!!」

中条「男なんて所詮こういうもんでしょ。すぐ気持ちよくなっちゃうんでしょ、フフ」

男「アッアッ!ああ!!」

中条「ほら、このままギブアップしなさい」

中条の攻めが極上すぎて、このシーンだけでも購入した甲斐がありますね。

中条「ほら、負けを認めなさいよ」

男「強い、、強い、、、これが女の力だと?」

中条「男ってこんなもんなのね」

男「うああ!!助けて、、、」

中条「じゃあ、もうギブアップしたら?認めなさい?」

クールな雰囲気ながら、笑顔で責めていくS性。

男ファイターはもうタジタジです。

トドメとばかりにキャメルクラッチを仕掛ける中条。

このまま決まりかと思われましたが、

男ファイターは必死に耐え、エルボーで何とか脱出します。

ここで男ファイターの反撃。

男「よくもやってくれたな!」

首を中心に攻めていき、一気に逆転を狙います。

首を絞められ恍惚な表情を浮かべる中条。

受けのリアクションも最高ですね。

男「男様には敵いませんって言えよ、おらぁ」

中条「あ、、う、、、」

男ファイターの怒涛の攻撃に中条の表情がヤバくなっていきます。

さらに、中条を押さえつけた男ファイターは得意のエロ技で攻撃。

中条「ヤン、やぁぁん、やめ、、、あああん」

めちゃくちゃエロい声がリングに響きます。

高身長の美女が、可愛い声をあげてよがる姿に興奮せずにいられません。

男ファイターは袈裟固めに移行。

もちろん股間を愛撫することは忘れていません。

エロ技で屈服させようとする攻めに、中条は必死に耐えます。

関節技で腰を狙い、ギブアップを狙う男ファイター。

中条「女は、、負けない、、あああ!」

男「負けないだと?そんな女を調教するのは最高なんだよ」

互いのSとSがぶつかる勝負は実にいいですね。

男ファイターは中条を立ち上がらせるとベアハッグで攻撃。

さらに、中条の股間を膝で愛撫し、痛みと快楽を与える攻めを繰り出します。

中条「やん、、やぁん、、」

いやらしく腰をくねらせる中条。

エロ過ぎるリアクションです。

中条「やめなさい、、アアン、、あ、、ダメ、、当たって、、アッアッアッ!」

アヘ顔で必死に耐える中条がとにかくエロい。

IPPAマークついてなくても、ここまでエロくできるんですねw

そして、トドメを狙ったコブラツイスト。

男「ギブアップか?」

中条「いや、そんな、、負けない、、」

体を痛めつけていきながら、胸を愛撫。

このまま一気に勝負をつけようとしますが、、、

中条「何様のつもりよ!」

と中条がエルボーで反撃します。

体勢を入れ替えコブラツイスト返し。

そして、男ファイターの乳首を指先で愛撫していきます。

中条「ほら、男も乳首感じるんでしょう?」

男「ああ!やめ、、、!」

中条「ほら、ギブアップしなさい、ほらぁ」

男「ふあぁぁ!!」

エロ技で責めた後は、純粋なコブラツイストで締め上げていく中条。

中条「ギブアップは?」

男「ぐああああ!!!」

男ファイターは体をギリギリを痛めつけられ、崩れるように倒れこんでしまいます。

そして、顔面騎乗で踏みつけながらの腕関節。

中条「女のお尻に踏みつぶされる気分はどう?」

男「ああああ!!」

中条「ギブアップって言えないのかなぁ?」

男「やめ、、、あああ!!」

中条「聞こえないわよ?」

男「やめてくれぇーー!!」

中条「ギブアップしなさい?」

男「んんんんーー!!」

男ファイターは、中条の攻撃に耐えることができずタップを繰り返します。

それに気づいたレフェリーがギブアップを確認。

ゴングが鳴らされ、中条の勝利が告げられます。

ハンデなしの勝負で敗北する屈辱、、、たまらん。

ビクビクと痙攣する男ファイターを踏みつける中条。

高身長なだけに踏みつける姿が様になってます。

中条「やっぱり女の方が強いのよ」

このスタイル、反則ですよねぇ。

こんな美女と戦って興奮しない男はいないですよ。

中条「リングの上でも関係ないの。私の勝ちよ」

ペロリと舌を出し、男ファイターを見下す中条が最高ですね。

恵まれた体格と優れたプロレスセンス。

そして、男を追い詰めていく言葉責めと痴女性は目を見張るものがあります。

これからもMIXファイトやキャットファイトで活躍してくれそうな人ですので、

期待して動向を見守りたいですね。

高身長のS女が好きな人であれば、間違いなくおすすめです!

 

【DVD版】

【ダウンロード版】