ファイティングガールズ7 キャットファイト 大場ミチル VS 雨宮留菜

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

ファイティングガールズ7 キャットファイト 大場ミチル VS 雨宮留菜

対戦ファイター:雨宮留菜(T:143cm B:93cm W:58cm H:80cm)

        大場ミチル(T:152cm B:97cm W:62cm H:88cm)

童顔巨乳同士の本格的女子プロレス。

既にエース級の活躍を見せていた雨宮に対し、大型新人の大場が挑んだ一線です。

エロこそありませんが、二人とも素晴らしいものを持っているので、普通のプロレスでもドキドキしてしまいます。

新人とは言え格闘経験のある大場はインタビューでも自信満々。

大場「今日戦う相手はこの団体では先輩なんですけど、キャリアの方は私の方があるかなと思いますので、絶対に負けられないですね」

必殺技はパワーを生かしたミチルボンバー。

小柄な雨宮はこれを食らってしまえばひとたまりもないでしょう。

大場「雨宮さん、可愛いアイドルだからってリングの上では容赦しないわよ。私が勝つ!」

対する雨宮は、キャリアが向こうの方があることを警戒しつつ、

FGでの実績は自分の方があると、こちらも自信を覗かせます。

雨宮「何か得意技があるらしいんですけど、でもそんなのって当たらなかったら意味ないですよね?逆に私の得意技の鎌固めでギブアップさしちゃいたいなぁって思います」

とバチバチに対抗意識を剥きだします。

雨宮「大場さん、今日は私が強さってものを教えてあげます」

可愛らしく微笑む雨宮。

どちらが勝っても素晴らしい試合になることは間違いありません。

【一本目】

手を伸ばし組み合いに持っていこうとする大場。

しかし、パワーに劣る雨宮はこれを危険と見たか、それに応じず蹴りを見舞います。

膝から崩れ落ちたところに、間髪入れずに低空ドロップキック。

FGのリングに慣れている雨宮がホームグラウンドで有利に試合を進めていきます。

追撃のボディプレス。

大場の表情が苦悶に歪みます。

そして、四の字固め。

大場「ほら、全然返してないね」

雨宮「うあああ!」

大場は巨乳を揺らしながら苦しみます。

巨乳ファイターが戦うと、こういうところが目を引きますねぇ。

しかし、キャリアのある大場は返し方を熟知しています。

反転し、今度痛がるのは雨宮の番。

雨宮「うあああ!!!」

雨宮は絶叫し、苦しみます。

脚にダメージを負い、思うようなフットワークができなくなった雨宮。

そこに大場はぐるぐると腕を回し、大技をアピール。

必殺のミチルボンバー炸裂!

140cm台の小さな体が吹っ飛びます。

とんでもない破壊力ですね。

体をピクピクさせ動けなくなってしまった雨宮。

そこに容赦ない逆エビ固め。

大場「チビッ子が調子に乗ってるからねぇ。どう?私の必殺技は?効いたんじゃないの?」

雨宮「う、ああ、ああああ!!」

どっしりと腰を落とされ身動きが取れない雨宮は、悲鳴を上げることしかできません。

大場は雨宮を無理やり立ち上がらせると、パワーを生かしたベアハッグ。

大場「ほらぁ、捕まえちゃえばこっちのもんでしょ」

雨宮「うああああ!!!」

雨宮の小さな体が破壊されていきます。

フラフラの雨宮に早くもトドメを狙う大場。

がっしりと体を掴むと、、、

大場「行くぞ!これでトドメだ!」

迫力満点のパワーボム炸裂!

雨宮は悲鳴を上げることもできず、マットに叩きつけられます。

一瞬で意識を刈り取った大場のパワー。

雨宮はフォールを返すことができず、屈辱の3カウント。

一本目はパワーファイターの大場が力を見せつける結果となりました。

大場「何、調子乗ってた割に大したことないわねぇ。すぐ試合が終わっちゃったじゃない」

雨宮のIカップを踏みつけ勝ち誇る大場。

巨乳美女が胸を踏まれるシーンはいつみても最高ですね。

クールに見下す大場も最高です。

この肉感、たまりませんねぇ。

【二本目】

まだダメージの残る雨宮は開始のゴングが鳴ってもコーナーから動けません。

大場「あれ?ほら、さっさと来いよ」

逆に勢いが出てきた大場は雨宮をリング中央に連れていきます。

そして、首投げ。

雨宮の小さな体が宙に舞い、リングに叩きつけられます。

恐るべき大場のパワー。

追撃のギロチンドロップを首に見舞い、スタンピングを繰り出す大場。

さらに雨宮に馬乗りになり、顔を掴んで挑発。

大場「ほら、そのかわいいお顔でさぁ、動けないんだったら大したことないね」

雨宮「う、うあ、、」

早くもボロボロの雨宮に、大場はトドメを刺そうとします。

大場「もう試合終わっちゃうよ~」

雨宮を後ろから掴み、ジャーマンの体勢に。

これを食らったらひとたまりもありません。

その危険性を感じた雨宮は投げられまいと抵抗。

そして、脚で大場の股間をキック。

何とか脱出に成功します。

ここから雨宮の反撃開始。

股間を押さえてうずくまる大場の後ろから、フェイスクラッシャー!

持ち前のスピード感が戻ってきました。

そして、得意技の鎌固め。

大場は首を押さえて苦しがります。

ギリギリと締め上げられ、表情から余裕さが消えます。

雨宮「何か言ってたっけ?さっき。誰が大したことないって?」

調子が戻ってきた雨宮は、力の限り大場の体を反らせていきます。

大場も必死に耐えますが、状況は劣勢。

ムチムチの体と、豊満な胸の谷間がたまりませんね。

零れ落ちてしまうんではないか、と思うほどの大胆なカットはグッジョブです!

雨宮の猛攻は続きコブラツイスト。

大場「ああああ!!」

雨宮「もう一人じゃ立てないんでしょ?」

大場「あああ、腰が、、、」

大場が巨乳ということもあり、腕をしっかりと回せていないところがある意味いいですねw

男が女にかけたいプロレス技の1つではないでしょうか。

コブラツイストで締め上げられ、体のダメージが深刻になってきた大場。

崩れ落ちたところに低空ドロップキックが炸裂。

小さな体を上手く使う雨宮のポテンシャルの高さが伺えます。

息も絶え絶えになってきた大場に、容赦ない攻めを食らわせる雨宮。

狙いを膝に搾り、次々に打撃によるダメージを与えていきます。

大場の悲鳴がリングに響きます。

そして、脚四の字固め。

徹底した膝攻撃に大場は苦しみます。

体を反らせて苦しむたびに胸元がエロく揺れまくります。

必死にロープに逃げようとする大場。

しかし、それを簡単に許す雨宮ではありません。

もう少しのところで体をリング中央に戻し、ロープエスケープは絶望的。

大場の抵抗も段々と弱まっていきます。

大場「うあああ!離して、、、」

雨宮「限界なんじゃないの?諦めたらいいじゃん」

意地で耐える大場ですが、雨宮は一向に技を解く気配がありません。

大場の脚の痛みは深刻で、遂に口から痛いという弱音が出てしまいます。

大場「あはぁぁ、、あう、、ぎ、ギブアップ、、、」

雨宮の四の字固めを返すことができず遂に心が折れてしまった大場。

マットを何度も叩き、負けを宣言します。

勝負は決しましたが、さらに容赦なく膝を踏みつける雨宮。

雨宮「随分頑張ったね。悔しい?早く次の試合始めよっか?」

大場は膝を抱えて痛がりますが、そのシーンもめちゃくちゃエロい、、、

ドヤ顔の雨宮。

二本目はエース級としての意地を見せてポイントを取り返すことに成功。

この時点で、両方の敗北が見られて個人的には大満足ですが、また勝負の三本目が残っています。

【三本目】

膝を痛めつけられた大場は立ち上がることができません。

雨宮「どうしたの?始まってるよ」

そんな大場を無理やり立ち上がらせるSっ気満載の雨宮。

自分より小柄な子に見下ろされるのって屈辱ですよね。

そして、いきなりのドラゴンスクリュー。

徹底した膝攻めに大場は膝を押さえてのたうち回ります。

さらに鎌固めで、コンスタントにダメージを与えていく試合巧者・雨宮。

雨宮「脚がどうしたの?痛いの?」

大場「う、、あああ!!」

大場の弱弱しい声が虚しく響きます。

雨宮「脚が何?もっとして欲しいの?」

あれだけ痛めつけた脚を、さらに四の字固めで壊していきます。

セクシーな格好で痛がる大場ですが、膝へのダメージは深刻なところまで行っていることでしょう。

ワンサイドゲームになりつつある三本目。

雨宮は早くも決着をつけようと大技の構えを見せます。

雨宮「何かつまらなくなってきちゃった」

とコーナーに上っていきますが、ここで大場が復活。

そうはさせるか、と後ろから襲い掛かります。

逆転を狙ったアルゼンチンバックブリーカー。

今度悲鳴を上げるのは雨宮です。

大場「どう?腰が使い物にならなくなるんじゃないの」

雨宮「うあああ!」

腰をギリギリと極められ、セクシーな声が漏れていきます。

雨宮を捕まえたことで、大場のパワーが段々と戻ってきました。

この機を逃すまいと大技の連発。

雨宮を軽々と持ち上げると、、、

強烈なパワーボム!!

雨宮「ああっ!!」

力いっぱい振り下ろされ、大ダメージを食らってしまいます。

あまりの衝撃に失神状態になってしまった雨宮。

意識が朦朧としてしまい、無理やり立たされても足に力が入っていません。

かかし状態の雨宮に再びミハルボンバーが炸裂します!

一本目よりも派手に吹き飛ばされてしまった雨宮。

小さな体がこれだけ宙に舞っています。

そして、フォール。

大場「これで終わりよ!」

意識がないと思われた雨宮でしたが、これを何とかギリギリ2カウントで返します。

ゲホゲホと激しく咳込む雨宮。

大場「しぶとい子ね」

ボディプレスを食わらせ追撃した大場は再びフォール。

しかし、これも気力で返した雨宮。

これぞ団体を背負うエースとしての強さですね。

キャリアでは勝る大場ですが、この底力に動揺してしまいます。

ならば意識を刈り取るしかないと再びパワーボムの体勢に。

先ほどよりも高い位置に雨宮を抱え上げ、一気に落としにかかります。

しかし、ここで雨宮はテクニックを魅せます。

脚で大場の頭を押さえるとウラカンラナで放り投げます。

まさしく起死回生の一撃です。

突然のことで脳が揺れてしまった大場。

すぐに体勢を立て直そうと立ち上がろうとしますが、、、

そこにすかさず、シャイニングウィザード!

さすがの大場もこれには耐え切れずダウンしてしまいます。

いつ見ても彼女のこの技は惚れ惚れします。

グロッキー状態の大場はフラフラになって立ち上がります。

そこに、雨宮は倒立して脚で頭を掴むと、、、

そのまま脚の力を生かして放り投げ。

捻りを加えるテクニックも流石ですね。

大場は悲鳴を上げてマットに叩きつけられてしまいます。

頭を強く打ちつけられてしまった大場は白目を剥いて失神。

雨宮は体固めでフォール。

しかし、気絶している大場は何も抵抗できず3カウント!

キャリアがある大場が、だらしなく舌を出して失神敗北するという最高の結末で幕を閉じました。

大場の巨乳を踏みつける雨宮。

やはり巨乳ファイターへの胸踏みつけは最高です!

屈辱的でもあり、エロくもある。

こういうシーンは今も昔も主流なのが嬉しいですね。

雨宮「やっぱりさ、次元が違うよ。だってまだライブ知らないんでしょ?早くここまでおいでよ」

最初から自分の敵ではないという余裕さを感じさせる雨宮。

圧倒的な強さはありませんが、苦戦しながらも勝利を収める、レスラーらしい魅せ方ができるファイターでした。

今からでも遅くないカムバックしてほしいww

まさかの敗北となった大場は失神したまま。

巨乳のファイターが横たわるシーンは、どうしてこんなに興奮するんでしょうね。

エロがなくてもエロい。

最高の2人による競演でした!

 

【DVD版】

【ダウンロード版】