裏ビキニプロレスMIXED6

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

裏ビキニプロレスMIXED6

対戦ファイター:逢沢るる(T:156cm B:85cm W:60cm H:88cm)

女性のコスチュームがビキニ限定でのプロレスという

素晴らしい世界での裏プロレス会場。

第6弾にはスレンダー巨乳・逢沢るるが男ファイターと戦います。

逢沢「プロレスなのに何でこんな格好なんですか?」

逢沢は巨乳を腕で隠しながら納得できていない表情。

男ファイターは、これがこのリングでのルールと言い放ちます。

果たして逢沢は勝つことができるのか?

【1本目】

たとえコスチュームがビキニだろうとやることは変わらないとばかりに攻め立てていく逢沢。

力強い蹴りで先制攻撃を仕掛けます。

逢沢「男のくせに弱いじゃない」

柔らかそうな太ももで締め上げていく逢沢。

バタバタともがく男ファイターを見下し、「苦しいの?」と笑みを浮かべます。

そして、腕十字。

Gカップの巨乳に腕を押し付けられて羨ましいですが、

ガッチリと極まっており男ファイターは悲鳴を上げてしまいます。

早くもワンサイドゲーム。

逢沢のテクニックの前に男ファイターはなす術がありません。

体格差はだいぶありますが、普通のプロレスでは逢沢の方が上手か。

逢沢「見かけの割には大したことないのね」

リング上には男ファイターの悲鳴が響くのみ。

関節技・締め技で攻めていく逢沢の猛攻に男ファイターは防戦一方。

これは早くも決着がついてしまいそうです。

しかし、ここで男ファイターがまさかの行動。

何と逢沢の巨乳を鷲掴みにします。

逢沢「ちょっと!」

これに驚いた逢沢は思わず技を解き、抗議。

ですが、このリングはエロ技が許されているルールだったのです(最高のルールw)

エロ技を解禁した男ファイターは本領発揮。

エロとプロレスを混ぜた攻撃に逢沢は翻弄されてしまい、実力を出し切れません。

試合は一気に男ファイターに傾きます。

直接触られなくても、一度受けに回ってしまった逢沢はプロレスでも劣勢に。

相変わらず、スレンダーの割に抜群の巨乳ですね。

苦しむ表情と下乳が実にエロい。

この体だけで充分興奮できてしまいますね、、、

さっきのお返しとばかりに攻め立ててくる男ファイター。

この猛攻を耐えられず、抵抗できなくなっていく逢沢。

プロレスをしようとしても、随所にエロを入れられペースを取り戻せません。

エロ技をされてから何もできなくなってしまった逢沢。

普通の技も返すことができず悲鳴を上げてしまいます。

攻められまくりグロッキーになってしまった逢沢に男ファイターの巨体が振り下ろされます。

まともに受け身を取れず衝撃を受けてしまった逢沢。

この時点で勝負は決まったようなもの。

トドメはアルゼンチンバックブリーカー。

体を反らされ、遂に

逢沢「あうう、、、ギブアップ!ギブアップー!!」

と逆転負け。

ルールを把握していなかったことが敗北に繋がってしまいました。

逢沢「悔しい、、、」

と頭を抱える逢沢。

普通のプロレスであれば勝てた相手に負ける屈辱。

ここから逢沢は巻き返すことができるのでしょうか。

それにしても、そそる体つきですねぇ。

【2本目】

ダメージの残る逢沢は早々に劣勢となります。

ベアハッグを極められ悲鳴を上げます。

男ファイターの方に胸がのっかっていることからも巨乳が分かりますね。

ビキニだと美しい体がよく堪能できていいですね。

普通に技を食らっているだけでも見応えのある絵になっています。

胸がとにかくエロい。

プロレス技を耐えるだけではなく、エロ技にも対応しなくてはいけないルールに

逢沢は受けるしかありません。

セクシーな声を出して必死に耐える逢沢。

男ファイターは早々に決着をつけようと踏んだか、逢沢を立たせてフロントチョーク。

ギリギリと絞めつけられ、落ちてしまうのはもはや時間の問題、、、

しかし、ここで逢沢の反撃。

何と男ファイターの股間を愛撫して、脱出に成功!

逢沢「これだってありなんでしょ?」

ルールを把握した逢沢の逆襲が始まります。

脚で男ファイターの首を押さえつけながらの股間愛撫。

男ファイターは苦しさと気持ちよさでヨガリ声をあげてしまいます。

やめろ、と抵抗する男ファイター。

しかし、逢沢のテクに感じてしまっているのか、

口では抵抗しますが、体は身を委ねてしまっています。

逢沢「何、反応してんだよ」

パッと見、Mの女の子からキツメの言葉責めをされるのはいいですね。

逢沢の体勢を変えての股間愛撫は続きます。

この巨乳を眼前に拝みながらの手コキはヤバいですね、、、

しかし、このリングを知り尽くしている男ファイターも簡単には行きません。

何とか逢沢を振り払い、電気あんまで反撃。

セクシーな声がリングに響きます。

男「ほら、ガラ空きだぞ」

股間愛撫によりエロくかわいい声を出してしまう逢沢。

ヤラレ顔がとにかくエロいですね、この人は。

ただ、この試合を握っているのはもはや逢沢。

一度掴んだ流れを簡単に渡さず、股間を中心に責めまくります。

男ファイターは情けない声を出しながら、必死に耐えます。

その我慢を打ち砕くような逢沢のエロい責め。

腕十字で巨乳を腕に押し付けながら、脚で股間を愛撫していきます。

こんなエロ責めされて耐えられる男なんているんですかね?

最後は卍固めを極めながらの手コキ。

これも耐えられる男なんていません!

男ファイターも例外なく、ここでギブアップ。

男「ギブアップ!ギブアップだ、、、」

逢沢「ハッキリ言いなさいよ!」

男「ギブアップだ!!」

倒れこむ男ファイターをクールな表情で見下ろす逢沢。

巨乳の女の子に負かされたい願望がある方なら、こんな目で見られたい気持ちが分かるはず。

これで勝負はイーブン。

最終戦に持ち越されました。

【3本目】

お互い後がないラストラウンド。

先制攻撃は男ファイター。

いきなり逢沢のビキニを脱がせ、巨乳を鷲掴みにします。

さらに、グラウンドに持ち込み股間を愛撫。

横になってさらに分かるように、逢沢のスタイルヤバすぎますね。

細いのに、胸のボリュームがあって、崩れない。

実に見事です。

しかし、エロレスではこれは不利か。

男ファイターに胸を中心に責められまくり防戦一方。

序盤はワンサイドゲームになりつつあります。

しかし、このまま簡単に負けるわけにはいきません。

男ファイターを押し返すと、手コキとフェラで応戦。

男ファイターもこの気持ちよさに声をあげてしまいます。

そして、伝家の宝刀・パイズリ!

逢沢のGカップに挟まれ、男ファイターは情けない声をあげてしまいます。

逢沢「何でこんなビンビンにしてるの?」

逢沢「私のおっぱいで興奮してるの?」

逢沢の言葉責めも中々です。

極上の快楽を満喫していた男ファイターは意地で反撃。

胸に挟まれたことで我慢できなくなったか、巨乳を鷲掴みにして襲い掛かります。

今度は逢沢がよがり声をあげてしまいます。

なりふり構わずバトルファックの様相を呈してきた3本目。

男ファイターは逢沢を抑え込み、胸や股間を愛撫しまくります。

男ファイターのクンニに感じた声と表情を出してしまう逢沢。

喘ぎ声がとにかくエロく、官能的。

恐らくMの人だと思うので、ヤラレ姿が実に上手く興奮しますね。

そして、69の体勢でお互い責めあってヒートアップ。

エロテクの応酬ですが、流れは男ファイターに傾いています。

そして、遂にインサート。

逢沢の巨乳が揺れまくります。

男「感じてるじゃねぇか」

逢沢「感じてなんかない、、、アンッ!」

逢沢も騎乗位で反撃。

逢沢「ほら、どうなのよ?気持ちいいんでしょ!」

激しく腰を落とし責めまくる逢沢。

これも胸が揺れまくりめっちゃエロいシーンです。

しかし、ここで男ファイターが応戦。

下から腰を突き上げ、ただではやられないという姿勢を見せます。

逢沢「アッアッアッアッ!!」

まさかの衝撃に感じてしまう逢沢。

感じてない、と強がりますが、顔がとろけています。

腰砕けになってしまった逢沢を四つん這いにさせて、バック突き。

リング上には逢沢の喘ぎ声がだんだん大きくなっていきます。

声も表情も極上ですね。

激しく突かれて動けなくなってしまった逢沢。

そんな逢沢に対し、これでトドメと言わんばかりに正常位で突きまくる男ファイター。

逢沢「アッアッアッ!ダメ!イキそう、、、」

男「オラ!!」

逢沢「アッ、、イク!!!」

体を震わせイッてしまった逢沢。

しかし、男ファイターのピストン攻撃はまだ終わりません。

もう逢沢は抵抗することができません。

逢沢「アッアッアッ!!!またイッちゃう、、、アッ、、イク!!!」

男「へへ、イッたな」

しかし、この試合はあくまでプロレス。

イカセ合いで決着はつきません。

トドメは関節技と手マンの融合技。

逢沢「アッアッアッ!!ギブアップ!!」

男「ギブアップ?もう一度言ってみろ」

逢沢「ギブアップ、、、」

敗北宣言し、力なく崩れ落ちてしまう逢沢。

善戦虚しく男ファイターのエロ技の前に屈してしまいました。

そして、敗者への制裁。

男ファイターはイッたばかりの逢沢に再び襲い掛かります。

正常位で自分が満足するまで突きまくり、性奴隷のように扱います。

男「お前はもうオレのもんだからな。これから言うこと聞いてもらうぞ」

逢沢「は、はい、、、」

最後は外出しフィニッシュ。

男ファイターは満足げにリングを去っていきます。

リングには呆然とした逢沢だけが取り残されます。

無様な敗北を喫してしまった美女ファイター。

M寄りの女優さんなので敗北することは分かっていましたが、

このスタイルはやはり見届けたく思い、当時購入しました。

久しぶりに見ても、相変わらずいい体してますねぇ。

スタイルいい女の子って本当に多いんだなぁと思います。

 

話は変わりますが、最近女勝ち作品って減っているような感じがしますねぇ。

BFシリーズとか楽しみにしていたのですが、どうやら2試合ほど女負けっぽそうですし、、、

M男の需要が減っているのでしょうか??

痴女系やS系の女優がたくさんいるだけに、彼女たちが男を手玉に取る作品が

今度リリースされてくることを願います!!

 

【DVD版】

【ダウンロード版】