RE:東京アンダーグラウンド 03 ~七海ゆあ 編~

10月 2, 2019

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

RE:東京アンダーグラウンド 03

対戦ファイター:七海ゆあ

 

第二試合に登場するのはこちらも美少女ファイターのゆあ選手。

あどけない顔立ちからは想像できないほどのエロテクニックを持っているタチ系ファイターです。

まずは手四つで組み合います。

男「女のくせに生意気だ」

ゆあ「いつまでそんなことが言えるかしら?」

序盤からバチバチです。

先手を取ったのは男レスラー。

力では男に敵いません。

更に足を極めつつ急所を愛撫することも忘れていません。

ゆあ選手の口から吐息が漏れます。

続けざまに足で胴を挟み苦しめようとする男レスラー。

ですが、この体勢はゆあ選手にとって望む展開でした。

ゆあ「人のマンコ触って興奮してるのはどっちかしら?あはは」

男レスラーたまらずよがり始めます。

ゆあ「ほら、太ももで締めてあげる」

男「うわ!」

ゆあ「乳首すっごく立ってるわよ、どうしたのかなぁ?」

男「うぐぐぐ」

ゆあ「太ももで絞められて感じてるの?」

男レスラーもゆあ選手の乳首を愛撫しますが、あまり効果はないようです。

ゆあ「立ってるのは乳首だけじゃないみたい」

男「うっ」

ゆあ「何でココこんなに立ってるの?興奮しちゃった?」

男レスラーも何か言いたげですが、ゆあ選手による顔面騎乗ではっきりとしゃべれません。

ゆあ「何て苦しそうな顔。すっごい可愛いから興奮しちゃう」

男「あああ」

更に体勢を変えてお互いの乳首を責め合います。

しかし、ゆあ選手の余裕の表情は崩れず劣勢に立たされる男レスラー。

笑顔のままでフェラをするゆあ選手。

エロ勝負で圧倒的な力を見せつけるゆあ選手に男レスラーは喘ぐことしかできません。

しかし、このままでは終われない男レスラーもバックを取り反撃に出ます。

巧みな指技に思わず

ゆあ「気持ちいい、、、」

と発するゆあ選手。

首を締め、腰を極め、股間を愛撫する3点責めを繰り出す男レスラー。

ゆあ選手の声も高くなっていきます。

男「どうだ?ギブアップか!」

ゆあ「ギブアップはどっち?オチンチンすっごく立ってるよ?」

69の体勢になりお互いの急所を責める展開になります。

ですが、この勝負はゆあ選手に軍配。

マウントを取ると騎乗位に持ち込んでいきます。

ゆあ「中に入れてイキたいんでしょ?ほんとは。イカせてあげる♡」

激しいピストン攻撃に感じてしまう男レスラー。

このドSの表情たまりませんね。

男「俺はまだ負けてねぇ!」

そう言うと男レスラーは正常位の体勢に切り替えます。

ゆあ「ああ、気持ちいい!」

男「気持ちよくなってんだろ?ほら!」

ゆあ「対戦相手のこと犯しながら興奮してるんでしょ?」

男「犯されて興奮してるんだろ!」

生意気な口を閉ざさないゆあ選手を今度はバックから責める男レスラー。

男「男には敵いませんって言ってみろ!」

ゆあ「そんなこと言って、、オチンチンも限界なんじゃないの?」

これだけの責めを受けながらもまだ強がりが言えるゆあ選手。

ハッタリだ!と言わんばかりに責め続ける男レスラー。

正常位で一気にケリをつけにいきます。

しかし、、、

ゆあ「ねぇ、知ってた?首絞めるとオマンコも絞まるんだよ?あはは!」

この状況でもまだまだ余力を残していたゆあ選手。

男レスラーは絶望します。

限界近くまで責め続けた男レスラーと実力を出し切っていないゆあ選手。

勝負は最初からついていたのかも知れません。

ゆあ選手のトドメの騎乗位になすすべなく腰を振るしかできない男レスラー。

ゆあ「イッちゃう?イッていいんだよ?」

男「あああ!!ギブアップーー!!イクーーー!!!」

絶頂しビクビクと痙攣する男レスラー。

ゆあ「イッちゃったの?」

それを勝ち誇って問いかけるゆあ選手。

ゆあ「あなたの負けね?」

男「く、くそ」

更に首を締めながら

ゆあ「結局男の方が弱いじゃない?気持ちよかったの?」

と男レスラーに聞きますが、首を絞められているためコクコクと頭を頷かせることしかできません。

そして、遂に失神してしまいます。

男レスラーの胸板を踏みつけながらバカにしたように見下すゆあ選手。

ゆあ「あれ、気絶しちゃった?」

このポーズ最高ですね!!

男の屈辱感を助長させます!!

大の字に横たわる敗者を座って眺めるゆあ選手。

私の相手じゃなかったわね、と言うような構図です。

 

七海ゆあ選手は見た目に反してドSです。

これまでの作品でもやられるよりもヤル方が多く、言葉責めのバリエーションも豊富。

女子相手のプロレスでは敗戦も幾つかあるものの

対男レスラーでは圧倒的な勝率を誇ります。

男の弱いところを熟知してペースを作るのが上手く、テクニックも高いので責められた男は満足したまま絶頂に誘われます。

小悪魔という表現を当てはめるのであれば彼女のことを指すのかも知れませんね。

【ダウンロード版】

【DVD版】