RE:東京アンダーグラウンド 03 ~なつめ愛莉 編~

10月 2, 2019

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

RE:東京アンダーグラウンド 03

対戦ファイター:なつめ愛莉

東京に秘密倶楽部があるって知ってる?
偶然耳にしたこの一言が、我々取材班の意欲を駆り立てた。東京にあるというプロレス・ボクシング等格闘技プレイをする為に存在する幻の秘密倶楽部。この組織は有志の男女が集まり活動しているというのだ。資金を出し合い、一流の対戦相手、中には会員同士の試合が組まれたりもする特殊な場だ。我々は運良く業界と深く繋がりを持つ男と接触することに成功し、そのリングで行われている映像を販売する権利を得た。勿論、これは彼が闘った個人記録映像であり、我々が販売を許されたのはその一部のみである。まさにアングラだ・・・。

 

人気シリーズだった東京アンダーグラウンドがリニューアルされ、RE:として戻ってきた本作。

現在5タイトルが出てますが、中でも3作品目となるこちらが自分のお気に入りです!

第一試合に登場するのはなつめ愛莉選手。

バトル作品でもチャンピオンになるなど、本格的なファイトもエロもこなせる

オールラウンダーの女優さんでした!

小生意気な猫っぽい顔立ちと形の良いバスト、引き締まったウエスト。

人気が出るのも頷けますね!!

リング上で対峙する両者。

余裕の笑顔が実力者であることを伺わせます。

愛莉「ほら、かかってきなさいよ」

男「こっちのセリフだ」

愛莉「男だからって負けないわよ」

男「女のくせに生意気だ!」

セオリー通りまずは手四つで組み合います。

最初に攻撃を仕掛けたのは男レスラー。

ご挨拶代わりの4の字固め。

愛莉「あなた、男のくせに弱いわね」

強がりを言う余裕はまだあります。

ならばと膝の関節を極め、下半身から崩していく男レスラー。

しかし、愛莉選手は右足で男レスラーの側頭部をキック。

たまらずダウンする男レスラー。

愛莉「足、折っちゃいますよ?」

お返しに足の関節を極めますが、手は男の乳首へ。

愛莉「こんな情けない体して」

男「ああ、くそ!」

愛莉「痛めつけられて乳首立っちゃったんじゃないの?」

男レスラーの乳首を徹底的に攻撃する愛莉選手。

これまでの東京アンダーグラウンドシリーズは最初はプロレス、そしてエロファイトの流れでしたが

RE:は最初からエロ攻撃が認められています。

男「ああ!!」

愛莉「その声何?苦しいの?それとも、感じてる声?」

更に乳首を舐める愛莉選手。

男「つ、強い、、、」

男レスラーはエロテクに翻弄されます。

愛莉「立ちなさいよ」

男レスラーを無理やり立たせフロントチョーク。

そして、コブラツイスト。

愛莉「あなたの実力ってそんなもの?」

関節を極めながらのエロ攻撃。

男レスラーはされるがままです。

愛莉「ねぇ?感じてるんじゃないの?ここ、どうなっているか言ってみなさいよ」

男「か、固くなんかなってねぇ」

愛莉「固くなってるわよね?私に苦しめられてチンポ固くなってるって、ほら!言いなさい!」

言葉責めがここまで自然に出てくる女優さんは中々いないです。

愛莉選手の猛攻は続きます。

続けて電気あんまならぬ足コキ!

男「まさか、こんなに強いとは、、、」

愛莉「もっと痛めつけてあげる」

男「ああああ!!」

愛莉「あ~あ、足で踏まれて感じちゃってるんだ?」

男「はぁはぁ、、、あああ!!」

愛莉「こんな格好されて、恥ずかしくないのぉ?」

バカにするような言い回しも完璧です!!

愛莉「もっと恥ずかしい格好させてあげる♡」

そう言うと男の下半身を持ち上げ、ちんぐり返しの格好。

愛莉「ほら、どうされてるか言ってみなさいよ。よく見えるでしょう?」

自分が愛莉選手と戦ったのならここでもう終わりでしょうねww

しかし、男レスラーはまだ終わりません。

油断して近づいてきた愛莉選手の腹にボディブローを食らわせるとすかさずバックに。

チョークスリーパーで絞め上げると胸と股間を愛撫します。

愛莉「ううん、ああん!」

思わず声を上げる愛莉選手。声もめちゃくちゃエロいです。

更にマットに横たわらせ股間を刺激。

そして、コスチュームを剥ぎにかかります。

愛莉選手の形の良いDカップが顕になります。

直接触られ、更に高い喘ぎ声を出してしまう愛莉選手。

男「ほら、気持ちいいって言ってみろよ」

愛莉「いやぁ!!!」

口では拒否していますが、気持ちよさそうな顔と声です。

男レスラーの猛攻に苦しめられる愛莉選手。

男「ギブアップ?」

愛莉「ギブアップなんてするわけないでしょ!」

声を上げていますが、まだまだ闘志は消えていません。

すると、愛莉選手はマウントを取り男レスラーの首を締めます。

愛莉「私の方が強いのよ!」

男レスラーの腕の自由を奪い、乳首を触る愛莉選手。

男レスラーはもがこうにもロックされているため脱出できません。

愛莉「すっごい恥ずかしい格好。うふふ、動けないんでしょ?」

男「ううう、くそ」

愛莉「乳首好きなんでしょ?恥ずかしい~」

そして、69の構え。

この格好はお互いの急所を攻撃できるため、それぞれのテクニック勝負となります。

気持ちよさを如何に耐え、愛撫し続けることができるかが重要ですww

この勝負を制したのは愛莉選手!

愛莉「こんなにチンコおっ立てて、変態だねぇ」

男「つ、強え」

愛莉「あ~あ、ビクビクしてる。このまま出ちゃうんじゃないのぉ?」

男「ああ!」

愛莉「だらしな~い。もっとだらしないとこ、見せなさいよ」

そう言うと、男レスラーにまたがり

騎乗位!!

愛莉選手、得意パターンにハメたか余裕の表情で男を見下します。

愛莉「すっごいだらしない声出ちゃって」

しかし、男レスラーも挿入は望むところだったようで

男「下から突いてやる!」

と強烈なピストンを繰り出します。

愛莉選手、思わぬ反撃に動揺したか高い声を上げてあえいでしまいます。

男「気持ちいいですって言ってみろ」

愛莉「はぁ、はぁぁぁん!!」

愛莉「ギブアップか?」

愛莉「ギブアップしない!!」

ならばと体勢をバックに変え、更に突く男レスラー。

男「ギブアップ?」

愛莉選手はいやいやと首を振ります。

しかし、段々と声が絶頂に近づいてきた愛莉選手。

遂に絶頂してしまいます。

更に男レスラーはまだまだ終わらせないと言わんばかりに愛莉選手に迫ります。

ですが、愛莉選手はまだ終わっていませんでした!

男レスラーの首を締めダウンさせると

愛莉「私がそんな粗チンにイカされるわけないでしょ!」

と再び騎乗位に持ち込みます。

すでに勝負は決まったと確信していた男レスラー、まさかの反撃に動揺します。

愛莉「私がイカせてあげる」

男「ああああ!!!」

愛莉「いつまで耐えれるかなぁ?」

男「うわぁぁぁ」

愛莉「気持ちいいんでしょう?」

男「ううう、、、」

愛莉「愛莉様のオマンコ気持ちいいですってちゃんと言いなさい」

男「愛莉様のオマンコ気持ちいいです、、、」

愛莉「だったらもっと突いてあげる♡」

こんな感じの女王様がいたら最高ですね~

愛莉選手のテクニックに絶頂寸前の男レスラー。

愛莉「あなたはオマンコでイクほど、そんな贅沢なことしてあげない。手で十分よね?」

手コキとフェラを駆使し男レスラーをイカせようとする愛莉選手。

ここで決められるか!!

しかし、男レスラーにも意地があります。

愛莉選手のフェラを何とか振り切ると正常位で攻め立てます。

軽イキしている愛莉選手、これは危険な状態です。

男「男には敵いませんって言ってみろ」

愛莉「あああああ!!!」

愛莉「あああああ!!!イクーーーー!!!!!」

男のピストン攻撃を耐えきることができず中出しされてしまう愛莉選手。

絶頂し、体をピクピクさせてしまいます。

この姿が実にエロい。。。

信じられないという表情で横たわる愛莉選手に男レスラーがカメラを持って近づきます。

男「ほら、負けだよ」

愛莉「はぁ、、はぁ、、、」

男「勝った方のチンコをしゃぶれよ、ほら!」

屈辱にまみれながら男レスラーのチンコをしゃぶる愛莉選手。

あれだけ強気なファイターが敗者の顔になっています。

この落差もたまりません。

男「おいしいです、は?」

愛莉「お、おいしいです。。」

完全敗北の美女ファイター・愛莉選手。

かつてのチャンピオンも男子相手にエロ技で屈してしまいました。

 

なつめ愛莉選手の素晴らしいところは責めに特化したルックス・言葉責めながらも

受けのエロさも高いところです。

Sの部分では男のメンタルをえぐる言い回しをしてきますし、

Mの部分では男を刺激する声と表情をしてくれます。

彼女の作品はS作品でもM作品でも違った満足度がありますね。

結果として愛莉選手が負ける展開ですが、M男でも十分に楽しめる作品に仕上がっていますよ!

 

【ダウンロード版】

【DVD版】