格闘男虐め ボクシング編 4 ~石原理央 編~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

格闘男虐め ボクシング編 4

対戦ファイター:石原理央

第二試合はロリ巨乳の石原理央。

140cm台の小柄ながら、Hカップを持つファイター。

それでいて男を追い詰めていくSっぷりがとんでもありません!

正直この人目当てで購入してもいいレベルだと思います。

男「女のくせに」

石原「かかってこいよ」

両者バチバチに意識している立ち上がり。

どちらも自信満々というスタートがいいですね。

パンチを繰り出す両者ですが、早くもレベルの差が表れてきます。

石原の低身長からくる下からの軌道を中々読み切れず、パンチを食らってしまう男ファイター。

ロープ際に追い詰め、ボディーを連打。

タフネスで耐える男ファイターですが、強烈なパンチがダメージを与えていきます。

石原はバカにするかのように、股間をポンと叩き

石原「どうしたの?足止まってるよ」

と挑発。

男「くそう」

屈辱を感じた男ファイターは果敢に石原に襲い掛かります。

しかし、小さな体に中々ヒットさせることができません。

すると、石原のカウンター一閃!

強烈なパンチを食らった男ファイターは崩れ落ちてしまいます。

そして、ここから石原の本性が姿を現します。

石原は男ファイターに跨ると、腰を振り股間を愛撫。

石原「えぇ、何々?もう疲れちゃったの~?ほらほらぁ、アハハ!」

腰を振りながらパンチを浴びせ、男ファイターは喘ぎ声を出してしまいます。

男の急所を容赦なく責める痴女スタイル。

それが彼女の本性でした。

石原「叩かれてここ、大きくしちゃったの?」

男「うああ、、」

ロリ巨乳に責められ、威勢の良かった男ファイターはタジタジです。

さらに、屈辱的な顔面騎乗。

石原「ほら、大人しくして?ほらほらほらぁ!」

一回目のダウンからここまで責めるファイターはこれまでいませんでした。

とんでもないエロファイターです。

石原「ほら、立ちなよ」

男ファイターを開放して仕切り直し。

動揺している男ファイターは精彩を欠き、石原のパンチの的になってしまいます。

ロープ際に追い詰められた男ファイター。

ここで石原の地獄(天国?)のような責めが展開されます。

男ファイターの脚に跨り、巨乳を押し付け、股間を擦るという3点責め。

あまりの気持ちよさに体を石原に委ねてしまいます。

石原「私がいないと立てないの?」

優しく言いながらも、男ファイターを責める手は止めません。

股間を擦られ男ファイターの脚はもうガクガクです。

耳元で囁かれ、胸を押し付けられ、男ファイターの理性は限界、、、

しかし、良いところで石原はお預け。

石原「ほら、頑張んなさいよ」

支えを失った男ファイターは情けなくダウンしてしまいます。

この飴とムチの使い分け、マジで最高ですね。

石原のテクに気持ちが揺らいでしまった男ファイターは己の弱さを払拭するかのように

石原に襲い掛かります。

しかし、スピードもキレもないパンチは虚しく空を切るだけ。

小柄とは言えパワーのあるパンチを見舞う石原。

男ファイターの抵抗をあざ笑うかのように食わらせ、ダウンを奪います。

男ファイターにとって奪われてはいけないダウンでした。

石原はニヤッと笑うと、自分の股間を押し付け愛撫。

石原「なぁに、これ?どうしたの?もう負けたの?」

男「ま、負けてない、、ああ、あああ、、、」

石原の責めに再び喘ぎ声が漏れてしまいます。

石原は豊満な胸を男ファイターに押し付けこの表情。

石原「叩かれて興奮する変態なの?ねぇ、どうなの?」

男「うあああ、、、」

石原「何?変態ですか?」

男「あ、あ、、」

石原は自分の武器をどう生かすか分かってますねw

さらに、巨乳を股間に押し付け愛撫していく責め。

石原「ねぇ、どうしたの?もう降参?ギブアップ?」

男「ま、まだ、、、」

石原「何言ってるか分かんないよ!おっきい声で言って?」

男「まだ、、負けない!!」

石原「負けない?じゃあさ、力づくでさ、私を負けさせてみなよ」

そう言うと、巨乳を男ファイターの顔に押し付け。

こんなことをされてしまえば男ファイターは理性を保つことができません。

情けなく「ああ、、ああ、、、」と快楽に身を委ねています。

しかし、男なら誰でもとろけてしまうでしょうね。

石原「ほら、どうなの?まだ戦えるの?」

腰を振り挑発する石原。

男「まだ、、試合は負けてない、、、」

石原「まだ戦えるの?どうなの?おっきい声で答えて!」

男「まだ!、、試合は、、、負けてない、、、!!」

石原「ほら、じゃあ立ちなよ」

男ファイターはまだ戦う姿勢を見せます。

力を振り絞り必死に石原に向かっていく男ファイター。

しかし、石原の体を知ってしまった男ファイターに勝つ要素はありません。

普通のボクシングでも石原の方が上。

それにエロを混ぜられてしまえば、男ファイターが敵う相手でもなく。

一方的に嬲られる展開が続きます。

男ファイターはクリンチで最後の抵抗。

力ないパンチで石原の腹を攻撃します。

石原「なぁに?私のこと殴るの?」

大してダメージを受けていない石原は男ファイターをそのままロープに押し付けます。

そして、お返しのボディ攻撃。

加えて、腰を股間に押し当てるテクも相まって男ファイターは腰砕けになります。

石原「ん?どうしたの?」

石原に抱きしめられ、耳元で甘い言葉を囁かれ、理性がぶっ飛ぶ男ファイター。

もう戦う力はなく、石原のおもちゃになってしまいます。

この責めがとにかくいやらしく最高です!

股間を擦ったかと思えば、ボディを攻撃したりとやりたい放題。

男ファイターは快楽と痛みの狭間を彷徨います。

石原「自分から腰押し付けてるよ?変態さんなの?」

男「へ、変態です、、、」

石原「じゃあ、ド変態ですって大声で叫びなさい」

男「ド変態!ド変態です!!」

石原「じゃ、悪い子にはお仕置きしてあげるよ」

心が折れてしまった男ファイター、石原のテクに調教されてしまいました。

M男なら仕方のない結末です。

石原のいやらしい責めは続き、ぺろりと舌で首筋を愛撫。

石原「悪い子にはお仕置きしないと。お仕置きの時間だよ。反省してね?」

男「反省します!!」

石原「反省する?」

もはや主人と奴隷の関係。

小柄なロリ巨乳に試合中に犯されるシチュエーション、最高過ぎますね!!

崩れ落ちた男ファイターに跨りパンチのラッシュ。

石原「まだできる?ねぇ?」

男「理央様、理央様!まださせてください!」

石原「聞こえない!」

男「あああ!!まだ戦わせてください!」

石原「聞こえないよ!!」

ドS石原によるM男調教シーン。

既に勝敗は決まっていますが、Mに目覚めてしまった男ファイターはまだ戦いたいと懇願。

その願いを叶える石原の攻め。

男ファイターはサンドバック状態でパンチを食らい続けます。

そして、強烈なパンチでノックダウン!

エロなしでもこの人には勝てなかったでしょうね。

しかし、殴られている男ファイターの声がもう完全にとろけてしまっていますね。

ダウンした男ファイターにトドメの追撃。

石原「ほら、ギブアップなの?どうなの?まだできるの?」

男「強い、、、」

石原「まだできるの?」

男「殺される、、、」

石原「ほら、何?」

男「助けてください、、、」

石原「何?助けてって?意味が分からない。ちゃんと言いなよ!」

あまりのレベル差に完全に心が折れてしまった男ファイター。

命の危険すら感じ、委縮してしまっています。

その姿を見て満足そうな石原。

石原「助けてじゃないでしょ。勝つか負けるかだから」

男「うあああ!!」

石原「どうなの?」

男「男の負けです!!」

石原「どうなの?!」

男「男の負けですーー!!!」

石原「負けなの?もっと大きい声で言ってよ!」

男「男の負けです!!!」

石原「はい!負けね!!アハハハ!!!」

完全敗北の男ファイター。

エロありのボクシングルールで手も足も出ませんでした。

石原「負けちゃったねぇ。ねぇ、男の子なのに女の子に負けちゃったねぇ。どんな気分?」

男「屈辱的です、、、」

石原「悔しいの?」

男「悔しいです、、」

石原「じゃ、またやろうね」

泣きじゃくる男ファイターにチュッとキスをして微笑む石原。

そして、よしよしと子ども扱い。

男に屈辱感を与える最高のトドメです。

小さな体で男ファイターを踏みつける石原。

石原「あ~あ、余裕だったけど中々楽しい試合だったわ。また強くなってかかってきてね」

男「はい、、、」

このシリーズは4作品リリースされていますが、彼女の試合がベストオブベスト!

純粋なボクシングだけではなくエロで男ファイターを追い詰めていく展開。

いやらしく心を折っていく責め・テクは一級品。

女に負けるわけがないという男が、女のテクに完全敗北する様子を見事に体現した

最高のシチュエーションでした!!

彼女のMIXファイト作品をもっともっと見たいですね!

 

【DVD版】

【ダウンロード版】