BATTLESEX MIXED Vol.01 ~百音 編~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

BATTLESEX MIXED Vol.01

対戦ファイター:百音

第二試合はロリ系ファイターの百音。

百音「私のテクで骨抜きにしてやる」

と強気な発言。

対する男ファイターも「男の力を見せてやる!」と一歩も引きません。

【一本目】

リング中央で組み合う両者。

パワー勝負では百音は不利かと思いましたが、上手く体重を乗せ男ファイターを押し倒します。

百音「ほら、気持ちいいんだろ?ここが」

男ファイターを押さえつけ首元を責める百音。

ロリっ子の乱暴な言葉使いがギャップがあっていいですね。

さらに、脚で男ファイターの股間を踏みつけ。

百音「ほらほらほらぁ、どこが気持ちいいんだ?」

男「き、気持ちよくない、、、」

百音「ほら、ホントはここが気持ちいいんだろ?」

百音は見た目に反してノリノリで男ファイターを責めてくれます。

男にとって屈辱の顔面騎乗。

百音「ほら、どうだ?いいんだろ?ホントは変態なんだろ?」

少女かと思いきや、妖艶な責めをふんだんに見せてくれますね。

一方的に責める百音。

逆エビ固めで男ファイターを捕らえると、股間を愛撫。

百音「どこが気持ちいいの?」

男ファイターは気持ちよくない、と強がりますが、女の子にこれだけ責められて感じないわけがありません。

百音は強がる男ファイターを抱え込むと乳首と股間を愛撫。

めちゃくちゃエロい責めで男ファイターを責め立てます。

百音「ほら、いいんでしょ?何でこんなにおっきくなってるの?」

百音の責めに男ファイターは脱力し、体を預けてしまう格好に。

快楽に負け、年下の女の子に情けなく体を委ねてしまう展開が実にいいです。

百音のテクは相当なものだと推測できますね。

ここまで良いところがない男ファイター。

百音を捕らえると後ろから愛撫。

さらに、百音の手を持ち無理やり自分の胸を揉むように強要。

あまり効果があるとは思えませんが、ようやく責めの形を作ってきました。

男ファイターは百音をまんぐり返しで捕らえ、股間を愛撫。

百音「アッ、アッ!」

股間を責められ喘ぎ声を出してしまった百音ですが、本格的に責められる前に素早くエスケープ。

そして、お返しとばかりに恥ずかし固め。

百音「やらしい~ほら、変態だって言ってみなよ」

百音の言葉責めは実に上手いですね。

さらに、後ろから男ファイターをホールドし責めていく百音。

男ファイターの喘ぎ声がリングに響きます。

百音「気持ちいいんでしょ~ほら、こんなになってるよ?」

ロリっ子にバカにされたように責められるのが好きなM男ならこの時点でKOですw

百音「ほら、骨抜きにしてやるよ!」

百音は電気あんまで男ファイターを責め立てます。

そして、間髪入れずにフェザータッチ。

百音「ここにやらしいものいっぱい詰まってんでしょ?」

時に激しく、時に優しい百音の責め。

このテクを直に食らったらやばいですね、、、

百音のテクに翻弄されている男ファイターですが、このままでは終われないと反撃。

百音を捕らえるとコスチュームを食い込ませ、お尻を叩くSな責めを見せます。

ならばと百音は膝を股間に押し付け応戦。

百音「ほら、気持ちいいって言いなよ」

個人的にもSな女性に膝でぐりぐりされるのは嫌いじゃありませんよw

男ファイターも負けじと百音の乳首を責めます。

百音「ふぁ、、アッ、アッ、、」

これまで強気だった百音から可愛らしい声が漏れます。

受けのリアクションもエロいですね。

さらに、強引に百音の背中を反らせ無防備になった胸を揉みまくり。

プロレス技とエロ技を食らい、百音の顔が歪みます。

しかし、テクでは百音に敵いません。

百音は足四の字固めで男ファイターを責め、さらに脚で股間を愛撫。

ファイト系が好きなM男であれば一度は食らってみたい技ですね。

百音「気持ちいいんでしょ?」

心を折るような言い方で男ファイターの耳元で囁く百音。

これは脳天まで稲妻が走ってしまいそうです。

さらに、百音は男ファイターの口に唾をたらします。

百音「飲みなさいよ。もっとHになるよぉ」

完全にペースを握った百音のテクに完全に翻弄されてしまっている男ファイター。

体を押さえつけての手コキ。

百音「気持ちいいんでしょ~?もうこんなにヒクヒクしてるよ?」

男ファイターはもう体がついてこず、口だけしか抵抗できていません。

百音「どこが気持ちいいの?ほらぁ」

女の子に押さえつけられて一方的に責められる姿はまさしく逆レイプ。

この人はとんでもないテクニシャンですね。

69の体勢となり男ファイターも反撃を試みますが、

今となってはさしたる効果なし。

百音も感じているような声を出しますが、ダメージの深刻度は比べるまでもありません。

百音「気持ちいい?」

恥ずかしい格好で責められる男ファイター。

これではどちらがパワーがあるのか分かったもんじゃありませんね。

もはや完全に百音のペース。

男ファイターの反撃するチャンスはことごとく潰されていきます。

このドヤ顔、たまりませんわ。

百音「ほら、こんなに立ってるよぉ?」

男ファイターができたことは、百音のコスチュームをはだけされる程度。

これでは勝負になりません。

対して、さらに勢いを増す百音の責め。

後ろから押さえつけられての愛撫。

男ファイターはもうぐったりです。

百音「ほら、見てみて。自分で見てみて。ほら、こんなになってるよ?」

屈辱的な光景ですが、これが男と女の力の差なのでしょう。

百音のエロい責めに男ファイターは快楽に身を任せてしまっています。

闘志を折られてしまった男ファイターはマグロ状態。

百音の手コキにいつ絶頂してもおかしくありません。

しかし、このままイカせるのも面白くないと思ったのか、百音は残酷ともいえる提案を男に言い放ちます。

百音「ほら、見てるから自分でしごきなさいよ」

百音のテクに骨抜きになってしまった男ファイターは拒否することもなく自らしごき始めます。

それを顔面騎乗で眺める百音。

こうなってしまうと、勝負は決したようなもの。

男ファイターは対戦相手が見てる前であえなく射精してしまいます。

百音「わぁ、いっぱい出てきた~やらしい汁まみれだね」

自ら果ててしまった男ファイターは何も言えずぐったり。

百音「私に勝つ術もなかったわね」

大ボリュームとなった一本目は百音が男ファイターを完全に屈服させて勝利となりました。

恐るべし、、、

【二本目】

立ち上がりはお互いが股間や胸を愛撫する展開。

ダメージが残る男ファイターですが、後がないだけに必死に責めていきます。

百音も男ファイターの猛攻に思わず喘ぎ声が漏れます。

百音は男ファイターを放り投げると、腕十字&股間愛撫。

一気に勝負をつけようと責めていきます。

しかし、男ファイターも負けられないとお返し。

百音は腕を極められまいと必死に抵抗し、何とかエスケープ成功。

再び立ち上がった両者はスタンディングで愛撫対決。

お互いの意地がぶつかります。

まさしくバトルファックの体勢ですね。

共に喘ぎ声を漏らし、耐えながら責める展開に。

しかし、この真っ向勝負で男ファイターが敵うわけもなく、徐々に形勢が動いていきます。

百音「すごい乳首立ってるよぉ。こんなだったっけ?」

百音「こんなにチ〇コも立ってるよ?ほら、ほらぁ!」

百音の責めに足腰が立たなくなってきた男ファイター。

やはり百音のテクは一級品ですね。

この責め合いを制することができなかったことが男ファイターの敗因。

この後は百音によるドミネーションが始まります。

百音「好きなんでしょ、ほら?」

男「うああ!やめてくれ、、、」

百音「乳首が好きなの?ほら」

男「うああ!乳首はやめてくれ、、、」

百音「ほら、ほらぁ!」

男「止めろ、、、」

百音「乳首大好きなんだねぇ。乳首どうされるのが気持ちいいの?こう?こう?こう?」

男「あああああ、、、」

百音の乳首責めに抵抗ができなくなった男ファイター。

そして、極上のフェラ。

マグロ状態の男ファイターはなす術もなく、これを受け入れてしまいます。

その様子を見て、いよいよ百音がトドメを刺しに動きます。

百音「私の必殺技よ」

そう言うと騎乗位で挿入し腰を動かしていく百音。

男「うあああ、、、何だこれは、、、」

百音「ほらぁ、ほらほら!」

男「やめろ、、、動くな、、、」

百音は一方的に腰を動かし男ファイターを搾り取っていきます。

この姿のとにかくエロいこと、、、

男「はぁはぁ、、、ダメだ、、ダメだ、、、やめろ動くな、、、」

百音「じゃぁ、動かな~い」

男「うっ、、」

百音「どう?私の必殺技」

男「あんまり激しく動くんじゃない、、、」

百音「それって激しく動けってこと?」

男ファイターの反応を楽しむかのように責めていく百音。

男ファイターはもう限界です。

百音はトドメとばかりに腰振りのスピードを上げていきます。

男「アッアッアッアッ!」

この年下女性に搾り取られていく光景、たまりませんね。

あまりのテクに遂に果ててしまった男ファイター。

絞り出すように

男「ギブアップだ、、、」

と敗北宣言。

百音の2連勝で決着です。

百音「どう?私の必殺技」

男「参った、、、勘弁してくれ、、、」

男ファイターを踏みつけ、勝ち誇る百音。

弱いと見ていたロリっ子ファイターが超絶テクの持ち主で

完敗してしまうというシチュエーションは最高ですね!

責め方にバリエーションもあるので、見ごたえのある試合でした。

今の作品だと3本勝負があれば2対1くらいに持っていくのが主流なので

女負けのシーンが見たい人には物足りないかもしれませんが、M男であれば満足の1本だと思います。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】