格闘男虐め ボクシング編 1 ~橘@ハム 編~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

格闘男虐め ボクシング編 1

対戦ファイター:橘@ハム(T:160cm B:82cm W:59cm H:87cm)

第2試合は急激に勢力を伸ばしてきた橘@ハムと勝負。

実力派ファイターが男をどう虐め倒すのか注目ですね!

主導権を握ろうと先制パンチを仕掛ける男ファイター。

橘のボディ目掛けてパンチを繰り出します。

橘「あうっ!アン!」

セクシーな声で悶絶する橘。

橘も反撃。

強烈なパンチを顔面に浴びせ、主導権を奪い返します。

実力者なだけあってパンチにキレがありますね。

橘「反撃してみなさいよ。ほらほら!反撃できないの?」

ロープに追い詰めボディを狙い打ち。

男ファイターは思わず悶絶してしまいます。

男ファイターはクリンチで逃れようとしますが、橘はすぐに引きはがすと

強烈なフック炸裂!!

綺麗な一発をもらってしまった男ファイターはそのままダウンしてしまいます。

橘「倒れちゃって、情けないね~」

そう言うといきなり男ファイターの股間を踏みつけ。

橘「ほらほら、潰れちゃうよ?いいの?ウフフフ」

初っ端からのドSな責めに期待感が高まりますね。

立ち上がった男ファイターは果敢に橘に襲い掛かりますが、

橘は見事なブロッキングでパンチをことごとくガード。

効果的なパンチは一発も当たりません。

そして、ラッシュからのアッパーカット!

男ファイターの顎が上がり、そのまま崩れ落ちてしまいます。

今度はお尻を踏みつける橘。

橘「気持ちいい?ウフフ、どう?ほれほれ」

そして、今度は胸を刺激。

橘「おっぱい気持ちいい?グリグリして~どう?気持ちいいの?」

ダウンした相手にコンスタントに愛撫を加えるSっぷり。

これはM男にとって相手が悪いですね。

立ち上がった男ファイターをラッシュでロープに追い詰める橘。

橘「オラオラオラ!」

早く男ファイターはサンドバック状態です。

橘「ここもやってあげようか?おらぁ!」

橘による股間パンチ。

男ファイターは思わず喘いでしまいます。

橘「タマタマパンチされて気持ちいいの?おら!どう?気持ちいいですって言ってごらん」

股間を何発も殴られてしまった男ファイターは遂にダウン!

橘「アハハ!痛い痛いだねぇ」

この見下す感じでの踏みつけ、たまりませんね。

このアングルも屈辱感が伝わる構図です。

男ファイターは何とか橘のパンチを食い止めようとクリンチで逃げます。

しかし、橘の強烈なパンチの威力を弱めることができず、ボディに拳が突き刺さります。

今度は胸を踏みつける橘。

橘「ほら、乳首踏んであげるから。気持ちいい?痛いの好きでしょう?」

踏みつけフェチの人であれば極上の対戦相手ではないでしょうか!

必死に応戦する男ファイターですが、

橘はひらりひらりとパンチを交わしていきます。

そして、姿勢をグッと下に落とすと、、、

何と股間目掛けてアッパーカット!

これには男ファイターはたまりません。

あまりの衝撃に体の動きが止まってしまいます。

それを逃さず一気に畳みかける橘。

橘「ほらぁ!反撃してみなさいよ!気持ちいいんでしょ?本当は」

強烈なパンチを嵐のように浴びせ、男ファイターはロープに絡みつくようにダウン。

そして、お馴染みの踏みつけ。

橘「情けないねぇ。サオも潰しちゃうよ、全部。いいの?」

男ファイターは踏みつけられる度に体をビクンとさせてしまっています。

橘「ほら、もっと虐めてほしいんでしょ?来なさい」

フラフラの男ファイターに対し、まるでデンプシーロールのようにパンチを浴びせる橘。

男「あうっ!あうっ!」

殴られるたびに嗚咽を出す男ファイターですが、早くもボクシングマゾになっているようですね。

ダウンした男ファイターに屈辱的な顔面踏みつけ。

橘「ねぇ、どう?気持ちいい?」

男「あうう、、気持ちいいです、、、」

橘「気持ちいいんだって!M男じゃん!ねぇ、虐められて気持ちいいんだぁ」

橘の責めに遂に心が折れてしまった男ファイター。

自らがM男であることを口に出してしまいました。

男ファイターがM男だと分かった橘は男ファイターを料理しに行きます。

男ファイターは既に惰性で立ち上がるのみ。

自ら橘のパンチを受け入れるために戦っているようなものです。

コーナーに追い詰められ橘の激しいラッシュ!

橘「もっとしてくださいって言いなさい!」

男「もっとしてください、、、」

橘「ウフフ、いいわよぉ」

そして、ご褒美の股間パンチ。

男ファイターは食らうたびに快楽と痛みの交じった声をあげてしまいます。

橘「一番はここよねぇ」

男「あうう!!」

橘「おら!おら!ここが一番いいんでしょ?ほら、イッちゃうわね。ほらイケ!!」

男「アッアッアッ!ああああ!!!」

橘「あはは、イっちゃった?」

橘の責めの前に男ファイターは敢えなくイってしまいました。

橘はイったばかりの股間を容赦なく踏みつけます。

橘「タマタマパンチされてイっちゃったの?出ちゃった?」

男ファイターは試合中に無様にイってしまうという醜態。

最高のシチュエーションですね。

そして、馬乗りになると乳首にも愛撫パンチ。

体が敏感になってしまった男ファイターはこのパンチを食らっただけでもイってしまいます。

橘「もっとイキたかったら起きて。ほら、おいで、可愛がってあげるから」

もはやこれは試合ではなくSMプレイ。

S女とM男のプライベートファイトになりつつありますね。

もう自立が難しい男ファイターは橘にクリンチし、逃れようとしますが、

橘の強烈なパンチが男ファイターを襲います。

殴られている男ファイターも幸せそうですね。

容赦ない橘の追撃。

男ファイターは思わず「助けて」と口にしてしまいます。

橘「助けるわけないじゃない。ヤラレにきたんでしょ?」

そして、顔面への踏みつけ。

橘「嬉しい、これ?」

男「う、嬉しい、、、」

橘「最初から素直に言ったらいいのに~」

橘の女王様っぷりが最高ですね。

男「ほら、もっとしてくださいって言いなさい」

橘「もっと、、してください、、、」

男「いくらでもしてあげるからねぇ」

既に格付けが決まってしまったこの試合も終盤です。

M男に成り下がった男ファイターに逆転の手はありません。

ひたすらに橘のパンチを食らい感じまくってしまいます。

橘「顔殴られるの好きでしょう?」

男「あう!あう!」

橘「あははは!!」

橘「ほらほら、どうした。ギブアップ?」

マウントでボコボコにしてトドメを刺す橘。

男ファイターは「死んじゃう」と弱弱しく口にしますが、かえって橘のS心をくすぐるだけ。

満足するまで殴られ失神寸前の男ファイター。

すると、橘はおもむろに立ち上がり、、、

橘「最後は好きなところやってあげるから」

そう言うと強烈な股間パンチをラッシュ!

男「あうっあうっ!」

橘「ほら、もう一回イキなさいよ!イケ!!」

男「あっあっあっあっ!ああああ!!!!」

橘の股間パンチの前にまた絶頂してしまった男ファイター。

橘「あはは!何回出してるの」

男ファイターは体を痙攣させて失神してしまいます。

さらに散々いたぶった後の踏みつけ。

橘「まだイキたい?ほら、どこでイク?」

男「ま、参りました、、、」

橘「じゃ、また今度遊ぶ?」

男「はい、、、」

橘「ウフフ、分かった。覚悟してきてね♡」

男を見下し高笑う橘。

実力者らしく圧倒的な強さを見せてくれました。

男をイカせる様も女王様っぽくてそそりますねぇ。

試合中に女にイカされての敗北。

M男にとってあこがれのシチュエーションを見事に体現してくれました!!

 

【DVD版】

【ダウンロード版】