オイルSEXレスリング Vol.19

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

オイルSEXレスリング Vol.19

対戦ファイター:須藤早紀(T:168cm B:100cm W:59cm H:88cm)

オイルSEXレスリングの第19弾。

須藤早紀は168cmの長身とバスト100cmのHカップ爆乳を持つパワー系ファイター。

オイルレスリングでどのような試合を見せてくれるのか注目です!

須藤「私の体でイカなかった男は今までいないのよ。アンタなんて簡単にイカせてやる」

男ファイターをキッと睨み強気な姿勢。

対する男ファイターは吉原で180分イカなかったという記録を持つとの事。

これは強敵ですww

【1R】

手四つで組み合う両者。

体がテカテカ光り実にエロいです。

やはり自分はガリガリのモデル体型より須藤のようにぽっちゃりしている方がいいですねぇ。

転がりながら有利な体勢を取り合う二人。

どちらが先手を取るのか??

まず攻撃を仕掛けたのは須藤。

男ファイターを組み伏せ、脚で男ファイターの股間を愛撫していきます。

須藤「もう勃ってるよ?」

須藤のいやらしい脚遣いが中々いいです。

しかし、男ファイターも体勢を入れ替えて反撃。

須藤の爆乳を揉み刺激を与えていきます。

これだけの胸だと揉み甲斐があるでしょうね。

さらに、男ファイターは逆エビ固めで須藤を捕らえ手マンを開始。

男「お楽しみはこれからだ」

男ファイターのテクに喘ぎ声を出してしまう須藤。

声がめちゃくちゃエロいですね。。。

須藤も負けじと反撃。

長い脚で男ファイターの首を抑えると、手で股間を胸を愛撫。

須藤「男のくせに乳首感じるんだ?」

男ファイターは必死にもがき何とかエスケープします。

しかし、簡単に流れを渡さない須藤は今度は脚で股間を刺激。

須藤「どうしたんだよ?チ〇コ踏まれて感じてるの?」

須藤の言葉責めも中々いいですねぇ。

男ファイターもこのままでは終わりません。

須藤のバックを取り手マンで応戦。

再び須藤の顔が気持ちよさそうな表情になっていきます。

69の体勢になり一進一退を繰り返す1R目。

互いの意地がぶつかります。

ここで須藤の最大の武器を発動!

Hカップの爆乳で男ファイターを押しつぶします。

須藤「今なら逃げれるぞ?逃げないの?逃げないの?」

こんな気持ちよさそうな技を食らって逃げようとする男は皆無でしょうね。

しかし、この爆乳は弱点にもなります。

男ファイターは下から胸を揉み愛撫していきます。

気持ちよさそうな表情でよがる須藤。

巨乳ファイターが胸を責められて喘ぐシーンは最高ですね。

勝機を見出したか、男ファイターは一気に攻勢に出ます。

無理やり唇を奪い須藤に襲い掛かります。

そして、手マン攻撃。

須藤のよがり声が止まりません。

段々と声も荒くなり絶頂寸前。

男「イクのか?ん?」

指に力を入れ激しく擦る男ファイター。

このまま押し切るかと思われましたが、、、

須藤はまだ諦めていませんでした。

必死に手を伸ばし股間を愛撫。

油断していた男ファイターは思わずよがってしまいます。

そして、長い脚を生かし男ファイターをホールド。

体の自由を奪われた男ファイターは須藤のフェラを耐えることができません。

男「ああああ!!イク!!あああ!!!」

須藤の極上フェラにより口内発射。

須藤「何が180分よ。すぐにイッたじゃない?口ほどにもないわねぇ」

クールに男ファイターに言い放つ須藤。

1Rはグラマラスボディをいかんなく見せつけた須藤が制しました。

【2R】

須藤「だから言ったじゃない。アンタなんてちょろいのよ」

すっかり調子を良くした須藤。

しかし、男ファイターもこのままでは終われません。

「次は俺のこっちが火を噴くからな」と二本指を立てて須藤を挑発。

開始の合図とともに須藤に襲い掛かります。

言うだけのことはあるようで、男ファイターに触られた須藤はアヘ顔で感じ始めます。

着衣の上からの刺激に大きなよがり声を出してしまいます。

股間も愛撫され必死に耐える須藤。

巨乳の方の下からのアングルはエロいですね。

好きなカメラワークです。

須藤もヤラレっぱなしではありません。

爆乳で男ファイターを押さえつけ股間を愛撫。

須藤「もう一回イキなさいよ」

と激しくしごいていきます。

さらに後ろからの責め。

爆乳のボリュームを感じながらの手コキは実に気持ちよさそうです。

ただ負けると後がない男ファイターはここで猛攻を仕掛けます。

関節技で須藤を捕らえ、動きを抑えたところで胸を揉みまくり。

須藤は男ファイターのテクに感じてしまいます。

さらに、耳や脇などをいやらしく舐めまわす男ファイター。

体のあらゆる部分を刺激されますます大きな声でよがる須藤。

徐々にペースは男ファイターに傾いていきます。

そしてまんぐり返しをされ、恥ずかしい格好で責められてしまう須藤。

もう喘ぎ声が止まりません。

須藤は中々可愛らしい声で鳴いてくれますね。

このまま勝負がつくと思われましたが、ここで須藤が逆転。

脚で男ファイターの顔を挟み一気に押し倒します。

顔面騎乗の体勢となり反撃開始、、、のはずでしたが、、、

今の男ファイターは無双状態。

下からクンニや胸を揉みまくり再び有利な体勢に持ち込みます。

逆転を狙った攻撃が不発に終わり、劣勢を覆せなかった須藤。

こうなるともう逆転不可能です。

トドメは男ファイターの激しい手マン。

快楽に落ちてしまった須藤はこれを振り払うことができず、遂に限界に達します。

須藤「ああああ!!イク!!イクイク!!!」

2Rは男ファイターが制しました。

ピクッピクッと痙攣する須藤。

その度に爆乳が揺れるのがめっちゃエロい。

巨乳ファイターの痙攣ってどうしてこんなにエロイんでしょうね。

【3R】

今度は打って変わって調子に乗る男ファイター。

「俺が本気を出せばこんなもんよ」と余裕綽々です。

須藤「さっきのはたまたまよ。まぐれよ、まぐれ」

と強気の姿勢を崩さない須藤。

お互い負けられない最終ラウンドが始まります。

しかし、まだイカされたダメージが残っているのか須藤の動きは鈍いまま。

先手を取った男ファイターが一気に襲い掛かります。

爆乳を後ろから弄ばされ、それでも感じてしまう須藤。

さらに四つん這いにされ水着を食い込まされてしまう屈辱。

歯を食いしばり必死に耐えますが、時折見せるアヘ顔がエロいです。

男ファイターによる恥辱攻めは続きます。

今度はまんぐり返しでホールドされ、身動きの取れない状態で手マンされてしまう須藤。

男「これで負けて楽になれよ」

須藤「ふあああ!!!」

試合が始まって間もないですが早くも決着がついてしまいそうな勢いです。

しかし、ここで須藤の反撃。

脚で男ファイターを捕らえる得意の体勢となり手コキで攻撃。

今度は男ファイターがよがり始めます。

さらにフェラをしながら、男ファイターの顔を踏みつけ。

ドMにはたまらない技ですね。

須藤「脚が好きなの?」

そう言うと両足で男ファイターの顔を踏みつけるSっぷり。

69の体勢で責め合う両者。

お互いが気持ちよさそうな声を出し、

須藤「イキなさいよ!」

須藤「お前こそイケ!」

と互いのプライドがぶつかります。

69で決着がつかないと見るや、須藤は遂にパイズリを解禁!

これだけの爆乳なのですからさぞかし極上の刺激だと思われます。

須藤「おっぱいが好きなんでしょう?」

男「がああ!!うあああ!!!」

必死に耐える男ファイターですが、この技は強力です。

しかし、これを強引に振りほどいた男ファイターはバックから挿入。

激しく腰を動かし須藤を思いっきり突いていきます。

よがり声を上げながら揺れまくる胸がとにかくエロいのなんの。

須藤はこれを振りほどくと今度は騎乗位で責めていきます。

舌で男ファイターの乳首を愛撫しながら激しく腰を落としていきます。

須藤「早くイキなさいよ!」

ですが、男ファイターも最後の力を振り絞ります。

正常位で須藤を絶頂させるべくさらに腰を激しく振る男ファイター。

お互いヌルヌルなので簡単にインサートができ、滑りが良いので刺激も倍増。

男「おら、いけ!!」

須藤「あああああ!!!」

男ファイターの責めに必死に耐える須藤。

爆乳が揺れる揺れる!

しかし、須藤もここで反転。

男ファイターの首を捕らえて腰を落としていきます。

男「うああ!!ちょっと待て、、、イッ、、、」

須藤「イキそうなんだろ?出しなさいよ、ほら!」

そう言うと、騎乗位を解除し手コキに移行。

須藤が遂にトドメのパターンに持ち込みます。

須藤「これでトドメよ!」

1Rのフィニッシュと同じ体勢で搾り取っていく須藤。

須藤「早く出しなさい」

男「あああ、もうダメだ、、あああ!!イクーー!!!」

どちらが勝つか分からないシーソーゲームを制したのは爆乳ファイター須藤。

やはり巨乳は強し、ですね!

精子のついた手をペロリと舐めながら勝ち誇る須藤。

須藤「こんなに出ちゃって、、うふふ。やっぱりさっきはまぐれだったのね」

巨乳ファイターと戦って興奮しない男はいないと思います。

そもそもスタートの時点で男はハンデを背負っているようなもの。

普通に戦っても敗北は決まっているシナリオですね!

 

【DVD版】

【ダウンロード版】