ハウスメントMIX&SEXファイト9

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

ハウスメントMIX&SEXファイト9

対戦ファイター:ミク(新垣ひとみ)(T:160cm B:86cm W:60cm H:88cm)

ガチ強ロリファイター・ミク。

ハウスメントで男ファイターとMIXファイトに挑みます!

まずはインタビュー。

私服も彼女らしくて実に似合っていますね。

男相手での対戦にも自信ありと堂々と宣言します。

細い体なので戦えるのか?という質問に対しても

ミク「そうやって見た目だけで判断してはいけませんよ」

と強気な発言。

彼女を知っている人であれば格闘センスの高さがエゲツないことはご存じです。

試合開始。

序盤からミクの鋭いパンチが男ファイターを襲います。

蹴りもこの威力!

相変わらずの打撃力で男ファイターは早くも押され気味。

ここまでしっかりと戦える女優さんは稀ですね。

打撃でダウンした男ファイターを絞め落としにかかるミク。

ミク「苦しめてやる」

と腕に力を込めていきます。

男ファイターも負けじと体勢を入れ替え強引に抑え込み。

上からパンチを浴びせていきます。

苦しそうな声をあげるミクですが、

ミク「まだ加減してるだけよ、私は」

とまだまだ余裕があります。

そして、マウントを取り返すと素早いパンチを何発も浴びせていきます。

パワーはなさそうですが、手首が曲がっていない正確無比な打撃なので

ダメージは軽くないでしょう。

ミクは打撃だけのファイターではありません。

足四の字固めに捕らえ、男ファイターを締め上げていきます。

ミク「痛いよねぇ?逃げてみなさい」

この無邪気な顔で攻める小悪魔っぷりがたまりません。

ミク「立ちなさい」

と男ファイターを立たせ、打撃戦に持ち込むミク。

ミク「くらえーー!」

強烈なハイキックが男ファイターにヒット!

男ファイターは崩れ落ちます。

ミク「大したことないんじゃな~い?男の人ってこんなもんかしら?」

笑顔で男ファイターを攻めるSっぷりがドMにはたまりませんね。

さらに脚を絞り上げていくミク。

ミク「どお?もう負けを認めた方がいいんじゃない?」

男ファイターの表情を伺いながら楽しそうに攻める姿が最高です。

ミク「もう限界かなぁ?」

と男ファイターを立たせるミク。

しかし、男ファイターはミクを抱え込み、力任せに持ち上げます。

そして、ベッドに叩きつけるとボディブローで反撃。

ミクの表情が痛みで歪みます。

これまでの借りを返すかのように激しく攻める男ファイター。

屈強な腕でミクの細い首を絞めていきます。

ミクの苦しそうな表情もいいですねぇ。

さらに男ファイターは力任せにミクの体を破壊していきます。

ミク「う、、あ、、、」

男「ギブか?」

ミク「するわけないでしょ!」

ミクはパンチで男ファイターの腕を振り払い何とかエスケープに成功します。

ミク「私の強さ見せてあげる!」

怒り心頭のミクは男ファイターに猛攻を仕掛けていきます。

ミク「だいぶ弱ってきたみたいじゃない?」

と打撃で男ファイターを圧倒。

打撃戦ではミクの方が何枚も上手のようです。

さらにキャメルクラッチ。

ミク「これで落ちればいいのに。ギブ?ギブじゃないの?」

ミクの強さに防戦一方の男ファイター。

何とか密着しテイクダウンを奪おうと試みますが、

ミクの打撃に阻まれ押し倒すことができません。

この体幹の強さもミクのスキルを物語っていますね。

ボストンクラブ。

ミク「ギブ?ギブは?」

ロリっ子ファイターにいい様にやられてしまう男ファイター。

これは屈辱的ですね。

しかし、男の意地で何とかギブだけは口にしまいと耐えています。

意を決して打撃で勝負しようとしますが、

男ファイターの拳はミクには届きません。

ミク「だいぶダメージ大きいみたいじゃない」

ミクのハイキック一閃!!

まともに食らった男ファイターは膝から崩れ落ちてしまいます。

ミク「大丈夫?痛そうだよ?」

と優しい言葉をかけますが、やっていることは真逆。

マウントでパンチを浴びせ、腕十字で男ファイターを痛めつけます。

ミク「ギブは~?ギブしたら楽になれるよ?」

既にこの試合はミクが主導権を握っています。

終盤になっても笑顔を崩さないミク。

この馬鹿にしたように男を攻めるスタイルは最高ですね!

こうやって女に圧倒されて負けたい願望を持つドMは多いでしょうね。

ミク「ほら、起こしてあげるよ」

と男ファイターを立ち上がらせますが、当然優しさではありません。

立ち上がらせた男ファイターをフルボッコ。

サンドバック状態です。

男ファイターはもう抵抗する力がなくなってきました。

フラフラになりながらミクの体を掴みにいきますが、

待っていたのはヘッドロック。

ミク「もう限界じゃない?私はまだまだ平気だから」

ミクの柔らかな胸の感触を感じながら意識を刈り取られていく感覚。

これはヤバいですね。

それでも、中々ギブを言わない男ファイター。

ミクも段々とイライラしてきたのか

ミク「何でギブしないのよ!」

と攻撃に激しさが増していきます。

そして、再び立ち上がらせてのハイキック!

この笑顔のあとに頭に衝撃がくるとは考えられないですよね。

本当に楽しそうに男を追い詰めてくれるファイターです。

フラフラの状態で何とか立ち上がった男ファイター。

しかし、そこに待っていたのはミクの突進。

男ファイターの肩に乗ると、、、

フランケンシュタイナー!!

マットに吹っ飛ばされる男ファイター。

これができる女優さんなんて数えるくらいしかいないでしょうね。。。

そして、追撃のパンチの嵐。

男ファイターは薄れる意識の中でこの笑顔とパンチの痛みを感じています。

何とかガードしていた男ファイターですが、段々と動きがなくなっていきます。

反応がなくなったことに気づいたミクは腕を持ち上げます。

男ファイターの腕が力なくポトリと落ち、失神していることが分かります。

ミクは笑顔で

ミク「あ~あ、私のこと見た目だけで判断するのは良くないね」

と言い放ちます。

男ファイターを踏みつけ勝ち誇るミク。

ミク「これで私の勝ち。残念でした~もっと頑張って練習しなさぁい」

と脚でグリグリ男ファイターを弄ります。

失神から目覚めた男ファイター。

男「俺はまだ負けてない」

ミク「負けたじゃ~ん」

男「こんなのは負けた内に入らない、、、」

ミク「負けたくせに何言ってるの?」

男「エロ、エロ勝負だとお前なんかすぐやっつけてやる」

とエロファイトを叩きつけます。

ミク「できるのかしらぁ?」

と挑発するミク。

ミク「ほら来なさい。できるもんなら」

ミクはエロ勝負でも自信があるようです。

強くてエロもできるとか格闘Mにとって最高過ぎる素材です。

しかし、エロ勝負になって息を吹き返した男ファイター。

あれほど押し倒せなかったミクを力づくで押し倒します。

男はエロが絡むと攻撃力も防御力も格段に上がるようですねw

ミクの鍛え上げられた体を堪能するかのように胸や股間を愛撫する男ファイター。

ミク「アッ、、や、、はぁん、、」

ミクの口から試合中には聞こえなかったエロい声が漏れ始めます。

男ファイターの責めにとろけたような表情を見せ始めるミク。

めちゃくちゃセクシーな声で感じています。

しかし、ミクも負けていません。

ミク「何がエロ勝負よ!こんな勝負仕掛けておいて本当はされたいんでしょ?」

とマウントを取り返しての股間愛撫。

ミク「どうなの?気持ちいいんでしょ?ほれほれ」

ミク「可愛がって欲しいんでしょ?」

ミク「これ望んでるんでしょ?」

言葉責めも一級品のミク。

エロいセリフで男ファイターを追い詰めていきます。

ですが、自分の仕掛けたエロ勝負で負けるわけにはいかない男ファイターも反撃。

ミクを押さえつけ、股間愛撫やクンニで責めていきます。

ミク「ふぁっ、、ああああん!!」

再びエロい声でよがり始めるミク。

強い女性ファイターがやられる姿もいいものですね。

そして、ミクのコスチュームを脱がせる男ファイター。

ミクの綺麗な胸が露わになります。

男ファイターも自らのパンツを脱ぐとミクの頭を押さえつけて強制フェラをさせます。

エロい口使いでそれに応じるミク。

毎回思うのですが、強制フェラって男が責めているようで責められてますよね?ww

フェラに満足した男ファイターは遂にインサート。

正常位で激しく腰を振っていきます。

ミク「アッアッアッアッ!!」

可愛らしい声をあげてしまうミク。

男ファイターが有利な展開になってきました。

さらに男ファイターはミクの首を絞め、追い詰めていきます。

ミクは苦しみながらも必死に耐え、逆転の機会を伺います。

体勢を入れ替え騎乗位。

上からパンチを浴びせながら腰を振り、男ファイターを追い詰めます。

一度騎乗位を止め手コキ。

ミク「ほら、気持ちいいのかどうか言いなさいよ」

ニヤニヤ笑いながら男を責める姿がたまりませんね。

年下に弄ばれている感最高です!

ミク「乗っちゃうよぉ」

と再び騎乗位。

さらに激しく腰を振り男ファイターの口からもよがり声が漏れてきます。

男と女の意地がぶつかる勝負もクライマックスが近づいてきました。

下から首を絞め返し強引に体勢を入れ替えた男ファイター。

正常位でトドメを刺すべく激しく腰を振りまくります。

ミク「ンッンッンッ、、あああ!!!!」

ミクの口からエロい声が出まくり。

これは勝負あったか、、、、

それでもイク寸前で必死に耐えるミク。

責めている男ファイターも絶頂寸前。

ミク「そっちこそイっちゃいそうなんじゃないの?」

と最後まで強気の姿勢を崩しません。

ミク「イキそうなんでしょ?」

と男ファイターの首を抑え自らも腰を振って対抗するミク。

ミク「イキそうなんでしょ!ほら、我慢してるの?」

男「ぐああああ」

ミク「ほら!イキなさい!!」

男「う、う、あああああ!!!」

ミクの下からの首絞めと激しい腰使いで先にイってしまった男ファイター。

ミクに体を預けるように失神してしまいます。

ギリギリの攻防でしたが、最後はミクが勝利を収めました!

ミク「こっちの方が大したことなかったんじゃない?」

男ファイターに跨り、いやらしく舌で指を舐めるミク。

ロリっ子なはずが、この表情からは大人のセクシーさも感じさせます。

年下ファイターに格闘でもエロでも敗北した男ファイター。

完全な力負けはより屈辱感を味わわせてくれますね。

こんな知り合いが近くにいたらなぁww

 

【DVD版】

【ダウンロード版】