ハウスメントレズファイト1

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

ハウスメントレズファイト1

対戦ファイター:七葉しほり(T:162cm B:91cm W:58cm H:85cm)
        君島あかり(T:162cm B:88cm W:60cm H:89cm)

プロレス勝負で戦った両者。

しかし、彼女たちの因縁はリングでの決着では収まらなかった!

プロレスを終え更衣室で着替える勝者の七葉。

ただの着替えシーンですが、体がエロいのでこれだけで興奮してしまいます。

まるで盗撮のようなアングルw

そこにやってきたのは失神から目覚めた君島。

君島「今日の試合熱かったわぁ。さすが私の見込んだ女ね」

七葉「今更何の用?あんたは私に負けたのよ?」

訝しむ七葉に対し、君島は「後半胸を出して感じてたでしょ?」と挑発。

君島「プロレスでは負けたけど、あっちの方なら絶対負けないんだから」

とレズファイトを要求します。

君島「今からでも、、する?」

七葉「何度やっても同じよ。望むところだわ」

と更衣室でのレズファイトが始まりました。

先手を取ったのは七葉。

早速胸を揉み、股間を愛撫し始めます。

七葉「何?もしかして気持ちいいとか言うの?声漏れてるんだけど?」

君島「そんなことないわ」

七葉は君島のコスチュームをはだけさせ直接乳首を愛撫していきます。

七葉「アンタって乳首が感じるみたいねぇ。だって試合の中で自分から胸床に擦り付けてたの私見たんだから。やらしぃ~」

君島「んっ、、」

七葉「よく見るとさぁ、アンタって試合してる時もいつもこんなエッチなこと考えてるんじゃない?」

七葉の言葉責めはやはり上手いですねぇ。

このじわじわと相手の心をえぐっていく感じ、たまりません!

そして、七葉も自らのコスチュームを脱ぎ自慢のGカップを君島に擦り付けます。

七葉「乳首同士が擦れ合うの気持ちいいでしょ?ねぇ」

君島「アッ、、アン、、」

さらに七葉は

七葉「さっさと私に負けたこと認めなよ」

と言い更衣室のソファーに君島をいざないます。

君島を横たわらせると全身リップや股間を愛撫し、さらに責めを激しくしていく七葉。

七葉「ねぇ、ここ、濡れてきてるんじゃない?ほら、ほらほら!」

七葉の責めに防戦一方な展開。

七葉「何?もう降参なの?」

と余裕を出し始めます。

君島「それで勝ったと思ってるのかしら?そろそろ私の番よ」

と七葉にキスをする君島。

お手並み拝見、とタカをくくっていた七葉でしたが、

君島のキスのテクにより流れが変わります。

君島のキステクにとろけてしまった七葉。

君島「私を本気にするってことは、、、分かってるわよね?」

どうやらこの姿が彼女の真の姿のようですね。

ここからは完全に君島のターン。

七葉も反撃を試みますが腕を封じられガードもできません。

君島「さっきまでの強気な発言はどこに行ったのかしら?」

君島の愛撫を受ける度に声を漏らし体をピクッピクッと反応させる七葉。

とにかくめちゃくちゃエロいです。

先ほどまで強気だった七葉ですが、君島に責められてこの表情。

七葉のアヘ顔がたまりませんね。

君島「すごい顔してるんだけど、気持ちいいなら気持ちいいって言った方がいいよ」

七葉「別に、、、気持ちよくなんか、、、ないんだから、、、ンッ、ンッ!はぁ、、」

股間を愛撫されさらに感じてしまう七葉。

強気な言葉とは裏腹にエロい声が漏れまくります。

七葉も当然やられっぱなしではありませんが、再び君島のキス攻撃に動きが止まります。

君島の舌技による快楽に段々と身を委ねてしまいます。

そして、クンニ攻撃。

七葉「何するの、、アンタ私に負けたのよ、、負けたくせに、、そんなことして、、、アッアッアッ!」

七葉の口からはもうエロい声しか出てきません。

君島のテクに完全に翻弄されてしまっています。

必死に耐える七葉ですが、反撃することができなくなった彼女に逆転の目はありません。

七葉「アッアッアッ、、、負けたくせに、、、悔しい、、、アッアッ!!」

七葉「やめて、、もうダメ、、そんなされたら、、イッちゃう、、アッアッ!!イク!!!アアアアン!!」

何と君島のテクにイカされてしまった七葉。

更衣室でのレズ勝負は君島に軍配が上がりました。

イって失神してしまった七葉を満足そうに眺める君島。

しかし、まだ勝負は終わっていないようです。。。

七葉が目を覚ますとベッドに寝かされていることに気づきます。

君島「私たちの勝負はまだ始まったばかりよ」

と完全決着を望む君島。

当然、七葉も受けて立ちます。

場所を変えての第2ラウンドです。

まだ失神から目覚めたばかりで体が言うことを聞かない七葉に君島が襲い掛かります。

コスチュームを全て脱がし、たわわなGカップを揉みしだく先制攻撃。

七葉の口から先ほどよりもエロい喘ぎ声が漏れてきます。

七葉「私のこと、こんな風にして後でどうなると思ってるの?」

君島「あれ?口と顔が違うわよ?」

君島のテクに体を何度も反応させてしまう七葉。

Mに回った時のリアクションも一級品ですねぇ。

七葉「ふぁぁん!!」

君島「すごい感じてるじゃない」

七葉「そんなこと、、ないわよ、、、」

君島「いつまでそんなこと言ってるの?また大変なことになっちゃうよ?」

七葉「アッ、アッ、、アアン!!!」

尚も責められ続ける七葉。

絶頂寸前まで追い詰められこのままドミネーション状態になりそうな勢いです、、、

しかし、寸でのところで耐えてきた七葉が覚醒!

七葉「私が本気出したらどうなるか教えてあげなきゃダメみたいね」

と体勢を入れ替え攻守交替。

ここから本気を出した七葉の反撃開始です。

七葉は君島のコスチュームを脱がせ全裸にさせると、全身リップで愛撫していきます。

牙を剥き始めた七葉の責めによがり声を出し始める君島。

画面越しでも気持ちよさそうなのが分かります。

七葉「何?見られてるだけで恥ずかしいの?言ってみなさいよ、次は何してほしい?」

君島「絶対にあなたにはイカされないわ、、、」

七葉「強情ねぇ」

この言葉に火がついた七葉はクンニで君島を責め立てます。

いやらしい音を出しながら君島の股間を舐めまくり、君島は早くも、、、

君島「ア、、アア!!イクーー!!!」

と絶頂してしまいます。

しかし、

七葉「まだまだ」

君島「あはぁぁん!!」

七葉のクンニ攻撃は止まらずさらに激しさを増していきます。

これに耐えられず再び

君島「アアア!!また、、イク!!」

と間髪入れずに2度イってしまいます。

恐るべし七葉のテク、、、味わってみたい。。。

七葉「何アンタ、ちょっと。2回も連続してイった子なんて初めて見た。アンタ相当の変態さんだね?」

君島「はぁはぁ、、、」

七葉「そんな変態さんは、、、変態さんなりの遊び方があるんだよぉ。うふふふ」

すると、七葉はキャメルクラッチを掛けながらのキス&胸揉み。

君島はもうなすがまま状態。

今度は七葉のテクに翻弄されてしまっています。

そして、貝合わせ。

七葉「どう?これ気持ちいいでしょう?」

君島「ふあぁん!!あん!!」

七葉「自分で乳揉んでみな」

こんな屈辱的な命令もやってしまう君島。

既に心は折られてしまっています。

もはや君島に耐える力はなく

君島「あああ!!イックゥ!!」

と3度目の絶頂。

七葉「ねぇアンタもう3回目よ?どんだけ変態さんなのかしら?」

君島「あはぁん!」

七葉「その体で、そのテクニックで私のこと見下したつもりだったでしょうけど所詮は私が勝者なのよねぇ」

言い終わるが否や再び腰を激しく振る七葉。

君島はもう何も抵抗できず喘ぎ声をあげるだけ。

君島のエロい声と七葉の揺れまくるGカップがめちゃめちゃ興奮します!

君島「ああああ!!イクゥーーー!!」

君島4度目の絶頂です。

既に決着はついたこの試合。

七葉「ねぇ、認めなさいよ。ほら、こんなにいやらしいことしておいて、しかも負けるなんて。自分が弱いってこと認めて?」

君島「ん、、、」

七葉「そして言うのよ。わたしはしほり様の奴隷ですって。ほら言ってみなよ、ほらほら」

手マンをしながら言葉責めで追い詰めていく七葉。

完全に心が折れてしまった君島に拒否権はありません。

君島「私は、、、しほり様の奴隷です、、、」

七葉「プロレスでもレズでも私は負け犬ですって、ほら吠えなよ、ほらほら!」

君島「私は、、、負け犬、、、」

七葉「あ~言っちゃった」

満足した七葉は手の動きを速め、君島を絶頂に誘います。

そして、最後は首を絞めながらの腰振り。

君島「ああああ!!!」

最後は失神絶頂。

散々イキ狂わされた君島、レズ勝負でも完敗を喫してしまいました。

七葉「こういう苦しいのが好きだったんだぁ?早く気づいてあげられなくてごめんね」

と失神した君島の顔にチュッとキスをする七葉。

この倒した相手にキスを送るシチュエーションとか最高です!

ファイト系に出てくれる女子ファイターには是非ともやってもらいたいフィニッシュですね。

七葉「やっぱ負け犬は何しても負け犬のまま」

君島の乳首を弄り勝ち誇る七葉。

七葉の責めはやはり最高です!!

七葉がイクシーンも最高なので、両方楽しめるのが嬉しいですね!

SでもMでも行ける女優さんでしたが、やっぱり彼女が勝つ方がM男的には極上です!!

 

【DVD版】

【ダウンロード版】