棟狂プロレス 第3号 ~桃井早苗 編~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

棟狂プロレス 第3号

対戦ファイター:桃井早苗(T:163cm B:87cm W:60cm H:89cm)

後半に出てくる女子ファイターは桃井早苗。

個人的には彼女のような幸薄顔は大好きですね。

ロドリゲスが修行の旅に出たことを受け、キングも修行に出ることを決意。

団体を愛弟子であるザ・ベアーとRマシン2号に任せ、去っていきます。

残された2人で団体の威信を守ることになった彼ら。

そんな中白百合女子プロレスとのシングルマッチが組まれ、Rマシン2号が迎え撃ちます。

対戦相手は白百合のエース格的存在・桃井。

Rマシンは彼女を倒し団体を守りたいところでしたが、、、

桃井の実力はRマシンを遥かに凌駕する強さ。

桃井「男のくせに大したことないわね」

首四の字で締め上げる桃井は余裕の表情です。

桃井「恥ずかしい格好ねぇ」

桃井の強さに防戦一方のRマシン。

桃井「ほら、もっとよく顔見せないよ皆に」

桃井「情けない顔見せなさい、皆に。ほら」

桃井「あなたのその苦しい顔皆喜ぶわよw」

桃井の言葉責めは実にM男の心を揺さぶってくれます。

桃井「何苦しいの?もうこんなんでギブアップなの?情けない男ね」

笑いながら攻める桃井。

中々のS性を見せてくれます。

桃井の強さに手も足も出ないRマシン。

さらにコブラツイストで締め上げられます。

桃井「ほらもっと苦しんでいいのよ?ほら!」

桃井「ほら、皆が見てるよぉ?」

もはや決着は時間の問題。

桃井は大技・卍固めで勝負を掛けます。

桃井「こんなに弱いやつだったとはね。もっと強いやつだと思ってた。ほら、ギブアップしなさいよ」

巧みな言葉責めでRマシンを追い込んでいく桃井。

幸薄顔のS女とか自分のストライクゾーンに入りますので、非常にそそられます。

ギブアップ寸前のRマシン。

これで勝負ありかと思った矢先、突如ザ・ベアーが姿を現し

桃井の後ろから奇襲を掛けます。

対戦相手が変わりましたが、試合が続行されます。

桃井は抗議する時間も与えられずベアーに攻められてしまいます。

ベアーのパワーに圧倒されてしまう桃井。

リング上に悲鳴が響きます。

先ほどとは打って変わり攻められまくる桃井。

油断もあったか、ベアーの猛攻に抵抗すらさせてもらえません。

桃井はセクシーな声で苦しむばかり。

ベアーをキッと睨みつけ、何とか心を保ちますが、

劣勢であることに変わりはありません。

それに反して勢いを増すベアー。

通常のキャメルクラッチよりもキツイ体勢で背中を曲げ、桃井を追い詰めていきます。

桃井の悲鳴も段々と泣き声になってきます。

そして、グラウンドに持ち込まれスリーパー。

ガッチリと極まってしまい、これを返すことはできません。

桃井はついに「ギブアップ!」と叫んでしまいます。

しかし、ベアーはまだ試合を終わらせません。

桃井を抱え込み、ベアハッグ!

体を締め上げられ再び桃井は弱弱しくギブアップを口にします。

失神状態でリングに横たわる桃井。

その後ろでベアーとRマシンは何度もハイタッチを交わします。

プロレスならではの乱入で漢プロレス団体が勝利を収めることとなりました。

しかし、この決着に納得できないのが桃井。

ベアーらの控室に殴り込み、「卑怯よ!」と異議を申し立てます。

しかし、これは桃井の早計。

自ら危険区域に飛び込んだことでベアーたちのエロ攻撃に晒されてしまいます。

桃井は「やめて!」と叫びますが、ここに来た時点で勝負は始まっています。

実力者の桃井とは言え、試合後、しかも2人掛りでは勝負になりません。

コスチュームを脱がされ、胸を揉まれ、手マンで責められまくり。

男たちのテクにヘロヘロになってしまいます。

アヘ顔になってしまった桃井。

既に絶頂寸前にまで追い詰められますが、ここで勝負を決めても面白くありません。

ベアーは桃井を連れてある場所に誘導します。

桃井が連れてこられたのは再びリング上。

ベアー「エロ勝負なら勝てるっていうなら受けてやろうじゃねぇか」

と桃井の勝ち目のない勝負を持ち掛ける外道っぷり。

桃井も何とか反撃しようとしますが、抑え込まれては技の出しようがありません。

ここからは完全なドミネーション。

2人掛りで責められまくりリングには桃井の悲鳴が聞こえるだけ。

そして、よがり声も大きくなっていきます。

完全に抑え込まれ抵抗すら許されない状況。

桃井はただイカされるのを待つしかできません。

桃井「イ、、、ク、、、ああ、、あああ!イッ、、、ク、、、」

男たちの責めにイってしまった桃井。

それでも試合はまだ終わりません。

最初の威勢の良かった姿は見る影もなくよがり狂う桃井の姿。

あれだけ言葉責めでRマシンを追い込んでいったS女が今は男たちの慰み者です。

無理やりしゃぶらされ、普通に戦えば勝てる相手には突かれてしまう始末。

幸薄顔な桃井なだけに被虐がさらに際立ちます。

この後は代わる代わる挿入され突かれていく桃井。

Dカップの胸を揺らしながらよがっていきます。

下から突かれまくり段々と生気を失っていく姿もエロスを感じさせます。

桃井「アッアッアッアッ、、、」

桃井の口からはもう感じている声しか出ていません。

そして、トドメはツープラトンエロ技。

ベアーがカナディアンバックブリーカーで捕らえ、

トップロープで待ち構えるRマシンとドッキング。

桃井はもうグロッキーです。

桃井「アッアッアッ、、、ダメ、、イッちゃう、、イッちゃう!!イクー!!!」

イってもイっても男たちが満足するまで突かれてしまう女子プロレスのエース。

無様な敗北を喫してしまったのは女子の方でした。

散々イカされてしまった桃井。

ベアー「俺たちはここを任されたんだ。お前たちに負けるわけにはいかないんだ」

桃井にそう言い放ち去っていく男レスラーたち。

桃井は茫然とした表情でそれを見送ることしかできません。

強気だった女子ファイターの完全敗北。

最初の桃井の勢いが良かっただけに転落ぶりが最高でした。

 

個人的には桃井はSキャラの方が映えるので

桃井勝ちの展開が見たかったですねぇ。

彼女の言葉責めは上手いので是非とも彼女が勝つ作品もチェックしてみると良いですよ!

 

【DVD版】

【ダウンロード版】