棟狂プロレス 第3号 ~間宮 純 編~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

棟狂プロレス 第3号

対戦ファイター:間宮 純(T:151cm B:82cm W:60cm H:80cm)

棟狂プロレスシリーズの第3話。

男子プロレス団体「魁!!漢プロレス」と女子プロレス団体「白百合女子プロレス」は因縁の仲。

互いがライバル視し、覇権争いをしていた。

、、、というストーリーの中での3作目です。

前半に登場するのは間宮純。

ここではゼブラキャットとしてリングに立っています。

魁!!漢プロレスと白百合女子プロレスのタッグマッチ。

この試合は地力の勝る男ファイタータッグが勝利。

エースのロドリゲスがゼブラを抑え込み勝利をもぎ取りました。

しかし、この試合には隠された真実がありました。

というのも、ロドリゲスとゼブラキャットは恋人同士。

互いを傷つけたくないという思いから手を抜いて試合をしていたのでした。

敵対する団体同士の禁断の恋。

二人は控室でイチャイチャしながら話し合います。

それを聞いた漢プロレス王者・キングGYUKAKU。

八百長に怒ったキングは二人に正々堂々と試合することを要求しシングルマッチが組まれることになりました。

余談ですが、この辺りの会話がめちゃくちゃ面白いですww

キャストたち、普通に笑ってますww

そして、リングで戦う二人。

互いの団体の意地をかけて勝負が始まります。

地力で勝るロドリゲスはゼブラのバックを取りスリーパー。

ゼブラは苦悶の表情を浮かべます。

ゼブラも反撃。

太ももでロドリゲスを締め上げます。

ゼブラ「あなたを傷つけたくないから早くギブアップして」

こんな時でも優しい声をかけるゼブラ。

しかし、ロドリゲスにも男の意地があります。

キャメルクラッチでゼブラを追い詰めていきます。

ロドリゲス「俺は一人のファイターとしてお前を倒す、、、」

ゼブラ「私も一人のファイターとして負けないわ!」

ロドリゲスはゼブラにのしかかり3カウントを取ろうとします。

しかし、ここは2で返され逆にマウントを取られてしまいます。

ゼブラはFカップを使って窒息攻撃。

ロドリゲスはもがきますが、段々と力が失われていきます。

ゼブラ「失神しちゃったの?私はそんな男好きになった覚えない!」

と立ち上がらせます。

ここからゼブラの猛攻開始。

コブラツイストで締め上げていき、、、

ダウンしたロドリゲスに容赦なく追撃。

口では真剣に戦うと言っていたロドリゲスですが、やはり恋人には無情になり切れないようです。

激しさを増すゼブラの攻撃。

ロドリゲスは防戦一方。

必死に耐え何とか活路を見出そうとしますが、、、

ゼブラの攻めに手も足も出なくなってきました。

本気になり切れないとはいえ、余裕を持って勝てる相手ではないようです。

自分より小さくて弱そうな女性に攻められるのはいいですねぇ。

そして、トドメのグラウンド卍固め。

耐えていたロドリゲスですが、弱弱しい声でギブアップを宣言。

ゼブラキャットに軍配が上がりました。

「大丈夫?」と声を掛けるゼブラの元に現れたのは再びキング。

彼はロドリゲスが本気で戦えていないことを見抜き、もう一度本気で戦うよう要求。

キングに叱責され、ロドリゲスにも沸々と男のプライドが蘇ってきます。

関係ないですが、このシーンも面白いですw

なぜかみんな英語で会話しますw

キングの話を聞き、本気のロドリゲスと戦いたいと感じたゼブラ。

ゼブラ「リングの上はいつも戦場なの!私は手を抜かないわ!」

この言葉で目が覚めたロドリゲスは再びゼブラに立ち向かっていきます。

そして、ロドリゲスの本気とはエロファイトw

純粋なプロレスではなくエロ技を駆使してゼブラに襲い掛かります。

ゼブラを恥ずかし固めでひっくり返し、股間を愛撫していくロドリゲス。

ゼブラの口から可愛らしい声が漏れ始めます。

ロドリゲス「ほら、どうした?さっきまでの威勢はどこに行ったんだ?」

このエロファイトを受けて立つゼブラ。

太ももでロドリゲスを抑え込み、股間を愛撫。

ロドリゲスからも喘ぎ声が漏れ、本格的なエロファイトになっていきます。

ゼブラはロドリゲスを押し倒し、さらに股間や乳首を責めていきます。

大人しそうな女性に上から責められるのは中々いいですねぇ。

さらに腕十字を極めつつ股間を徹底的に責めていくゼブラ。

エロファイトでも劣勢になってきたロドリゲス。

再びピンチです。

69の体勢になり責め合う両者。

ゼブラは小さい舌を使って必死にロドリゲスをイカセようとします。

対してロドリゲスも手マンで対抗。

お互いの意地がぶつかります。

ここまで責められっぱなしロドリゲスでしたがここから反撃開始。

ゼブラのコスチュームを脱がすとキスでゼブラをとろけさせます。

さらに手マンも加わり、ゼブラの口からよがり声が出てきます。

牙を剥いたロドリゲスのエロテクに翻弄されてしまうゼブラ。

ロドリゲスに責められこの表情。

声も顔もエロ過ぎです、、、

Fカップ巨乳も中々見応えがあります。

ロドリゲス「どうした?俺を倒すんじゃないのか?」

インサートし激しく突くロドリゲス。

ゼブラ「アンアンアンアン!!!」

ゼブラはこの快楽に抗うことができず、声がどんどん大きくなっていきます。

完全にペースを掴んだロドリゲスはさらにゼブラを突きまくり。

ロドリゲス「男に制圧されて無様だな」

もう恋人には言わないセリフを浴びせ追い詰めていきます。

ゼブラのFカップが揺れまくりエロいシーンが続きます。

さらに騎乗位の体勢になり下から突かれていくゼブラ。

この体勢になってもロドリゲスが優位。

リングにはゼブラの感じまくっている声が響き渡ります。

体勢を変えられ突かれまくるゼブラ。

何とかイクのを拒否しますが、ここまで責められてしまうと長くは持ちません。

最後はバック突きでフィニッシュ。

ゼブラ「ああああ!!!イク!!!嫌だぁ!!イクイクー!!!もう無理。。。」

絶頂したゼブラ。

ゴングが鳴らされ勝負ありです。

今度はロドリゲスがゼブラを優しく抱き起し

ロドリゲス「俺とお前はこれで引き分けだ。これだけ戦ってもお前は俺のことが好きか?」

ゼブラ「、、、好き」

と中々良いシーンが始まりますww

ゼブラキャット、このしおらしさがだんだん可愛く見えてきましたねww

彼らは団体を抜け駆け落ち。

一緒に修行の旅に出かけます。

ハッピーエンドw

 

気弱な巨乳ファイターにプロレスで敗北。

しかし、エロファイトで勝利。

どちらも楽しめる試合でした。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】