創作台本~女スパイとボクシング勝負~

俺はとある組織に所属する格闘家。

信頼できる筋によるとどうやらここに敵のスパイがいるらしい。

こいつを見つけて叩きのめせば俺の評価も上がる。

目星はついている。

最近スカウトされ所属したという女だ。

俺はバレないようにそいつの行動を監視し、遂に組織の裏情報リストを探している現場を抑えた。

 

俺「貴様の企みは既に見破っている」

女「そんな、こんなに早く見破られるなんて、、、」

俺「貴様の悪事もここまでだ!覚悟!」

 

女スパイに近づく俺。

しかし、追い詰めたつもりで油断していた。

隠していたスタンガンに気づかなかったなんて。。。

 

俺「うあああ!!!」

女「残念でした。アンタが私を尾行してたのなんてお見通しよ。今回おびき寄せられたのは私じゃない。アンタだったってわけ」

俺「く、くそ」

女「でもぉ、、、このまま勝負を決めたんじゃ味気ないわね。そうだ、ボクシングで勝負しない?」

俺「何だと。貴様俺を舐めているのか」

女「あら、女に負けるのが怖いのかしら?」

俺「くそ、後悔するなよ!」

女「ふふ、かかってらっしゃい!」

 

痺れる体を奮い立たせ女スパイに向かっていく俺。

しかし、攻撃が当たらない。

対して女スパイは女とは思えない強烈なパンチで攻めてくる。

 

俺「つ、強い、、、」

女「ほらほら、大の男が笑わせるわね。女相手に手も足も出ないの?」

俺「バカな、、、こんなはずは」

女「うふふ、そろそろおしまいにしてあげようかしら。くらいなさい!」

俺「ぐああああ!!!」

 

女幹部の強力なアッパーカット。

俺は何とか立ち上がろうとするが足に力が入らない。

女スパイは馬鹿にしたように足で胸板を踏みつけ10カウントを取る。

 

女「1・2、、、10!あははは!私の勝ちね!無様ねぇ。これが試合だったらあなた、私に負けたことになるのよ」

俺「そ、そんな。俺が女に負けた、、?」

女「でも、これは試合じゃないよね。まだまだこんなもんじゃ終わらないわよ。たっぷり痛めつけさせてもらうわ。立ちなさい。」

 

幹部に無理やり立たされた俺は、尚も攻撃を食らわせられる。

意識が遠のきダウン寸前の俺にスパイの手が股間に伸びてきた。

 

俺「ぐあっ」

女「あら?なぁにこれ。もしかしてあなた勃ってるの?」

俺「ち、違う!これは!」

女「あははは、とんだ変態ね!戦いの最中なのよ?敵の女にやられてるのに感じちゃってるんだ?」

 

女スパイはバカにしながら俺の股間を膝で弄んでくる。

 

俺「や、やめろ。脚をどけろ、、」

女「ほらほらどうなの?気持ちいいの?」

俺「き、気持ちよくなど・・・」

女「こんなんでよがっちゃうなんて。あなた本当は負けにきたんじゃない?」

俺「お、俺は負けるわけには、、、」

女「ふぅん?それじゃ、あなたがドMちゃんだってことを教えてあげるわ。」

 

女スパイは俺を放り投げ床に転がす。

そして脚で俺の股間を刺激し始めた。

 

女「ほぉら、分かる?今あなた脚で踏まれて感じてるのよ?」

俺「ぐぁああ、や、やめろ」

女「男のプライドも形無しね。悔しかったら抵抗してみなさい。あたしをイカせることができたら勝てるかもしれないわよ?」

俺「な、舐めるな!」

 

俺も性技で抵抗するも、女スパイの言葉責め・胸・脚などのテクニックは完全に俺を上回っていた。

 

女「キスが好きなの?ほぉら、もっと舌出しなさいよ」

俺「う、うぐぐ、、お前こそ気持ちいいんだろ?」

女「気持ちいいわよぉ。あなたの悔しそうで感じてる姿見てるだけで濡れてきちゃう、、、あはは」

俺「お、俺が先にお前をイカせてやる、、、」

女「口だけは立派ねぇ。でもほら、鏡であなたの顔見てごらんなさい。見てぇ、この情けない顔。誰だか分かる?あなただよ?あなた今こんな顔してよがっちゃってるんだよぉ?ボクシングで私に負けて、エロでも感じちゃってるんだよ?もしかして殴られて感じてたんじゃない?そうでしょ?」

俺「や、やめろ、、、」

女「全然言葉でも抵抗できないんだねぇ。ボコボコにされてMになっちゃったかな?」

 

女スパイは性技で責めながらパンチを浴びせてくる。

俺は快楽と痛みで気が狂ってしまった。

 

俺「だ、駄目だ。もういきそう。。。」

女「うふふ、もう降参?敵の女に責められてイっちゃうの?」

俺「お、俺はまだ、、、」

女「もうあなたは負けてるのよ。素直に認めちゃいなさい。変態のドMさん?」

俺「うあぁ、そんな、、、」

女「ほらほら素直に負けを認めるならイカせてあげるわよ」

俺「み、認めます。お願いします!イカせてください!」

女「あははは、遂に堕ちたわね。あなたの負けよ!それじゃ、ご褒美よ。無様にイっちゃいなさい!!」

 

女スパイに心を折られ俺は遂に射精してしまった。

 

女「私を追い詰めたつもりが返り討ちになっちゃったわね。情けない。あなたはファイターとしても男としても私に敗北したのよ。あはははは!」

俺「は、はい、、、あなたには敵いません、、、」

女「あらあら、すっかり大人しくなっちゃって、、、でも楽しかったわよ。今度会ったらまた虐めてあげるわ。またね。」

 

動けなくなった俺に投げキスをし、女スパイは去っていった。