地下ファックプロレス Vol.5

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

地下ファックプロレス Vol.5

対戦ファイター:安藤なつ妃(T:161cm B:82cm W:62cm H:90cm)

懐かしシリーズの「地下ファックプロレス」

第5弾には当時の有名ファイター安藤なつ妃が登場していました。

定点カメラの無観客がアングラを感じさせますね。

この突きだしたお尻のセクシーさ。

普通に技を受けるだけでもエロさを随所に出してくれます。

安藤「ほらどう?苦しいでしょ?」

プロレススキルも高かった安藤のコブラツイスト。

こういう技をしっかり出せる人は当時希少でしたねぇ。

キャメルクラッチで体の固い男ファイターを攻め立てます。

安藤「徹底的に痛めつけてあげる」

と逆エビ固め。

安藤「弱いのね、あなた」

試合中にセリフもちゃんと入れてくれるので興奮度も上がります。

しかし、男ファイターも実力者。

アトミックバスターで反撃開始。

お返しの逆エビ固め。

安藤のリアクションはとにかく素晴らしい。

セクシーでもあり、リアルに痛がっているようでもあり。

彼女のリアクションを聞くだけで試合の質が高まります。

これほど真に迫った声を出せる人は当時少なかったので彼女の作品を見たときには衝撃が走りました。

試合もドミネーションにならず一進一退。

安藤「ほらどう?もう負けを認めなさい」

四の字固めで男ファイターを絞り上げていくと、、、

すかさず男ファイターも反転し反撃。

お尻を突き出しながら苦しむ安藤がセクシーです。

追撃のギロチンドロップ。

体をピクピクさせてもだえる安藤のエロさっぷりと言ったら、、、

とにかく安藤のリアクションが素晴らしく普通の試合でも興奮してしまいます。

MIXファイトはこういうもの、というお手本のような試合が続きます。

このしっかり喉元に食らわせるラリアットもすさまじいです!

安藤のターン、男ファイターのターンがしっかりと分かれており

本当のプロレスを見ているよう。

安藤「もうギブ?分かったでしょ?私に勝てないの」

挑発した安藤が男ファイターに反撃され苦悶の表情を浮かべる展開も最高です。

さっきまで強気だった安藤が攻撃されてしまい

安藤「やめろ!、、やめて!!」

と懇願してしまうセリフもGOOD!

男ファイターの容赦ない股間キック。

悲鳴を上げながら足腰がガクガクしてしまう安藤のセクシーっぷりはぜひ見ていただきたい。

ロープを使っての関節技。

安藤「もうやめて、、離して、、、いやぁ!!」

できればカメラがある側でやってほしかったですねw

そして、男ファイターのアルゼンチンバックブリーカー!

安藤「うはぁぁぁ!!!や、や、やめ、、あああ!」

安藤は悲鳴を上げながら必死に耐えます。

男ファイターの猛攻にボロボロになっていく安藤。

セクシーなリアクションシーンが続きます。

しかし、安藤もこのままでは終わりません。

コーナーに男ファイターを何度も打ちつけるドS攻撃。

そして卍固め。

安藤「どう?腕折れちゃうんじゃない?」

筋肉質の太ももが最高ですね!

これまでやられた仕返しとばかりに攻めていく安藤。

男ファイターの体を破壊していきます。

安藤の攻撃に男ファイターはグロッキー状態。

打撃戦となりますが、男ファイターのパンチは当たらず

逆に安藤の攻撃が面白い様にヒットしていきます。

パンチを食らってダウンしそうな男ファイターを無理やり立ち上がらせ

放り投げる安藤。

しっかりと全身を使って投げるところが素晴らしいですね!

もはや大勢は決まったこの勝負。

安藤がいつトドメを刺すのかがポイントでしたが、、、

男ファイターは最後に大技を残していました。

恐怖で悲鳴を上げる安藤を抱え上げると、、、

パワーボム炸裂!!

そして、そのままフォールを決めます。

安藤は何とか2.9で返します。

これで決めきれなかったことが男ファイターの誤算。

安藤にマウントを取られボコボコにされると、既に戦う意識は薄れていきます。

安藤「もう終わりにしてあげる」

フィニッシャーに選んだのは逆エビ固め。

ガッチリ極まった技を返すことができず男ファイターはギブアップ。

試合時間は20分くらいですが、普通の試合にも劣らない見ごたえのあるプロレスでした!

安藤「口ほどにもないわね。弱っちい男!」

この女性に頭を掴まれて罵られる構図は最高ですね!

そして、敗者への制裁タイム。

安藤「やっぱり負けたわね。このリングで負けたってことはどうなるか分かってるんでしょ?」

さっきまでのファイターの顔が痴女に変貌しています。

いやらしく男ファイターを責めていく安藤。

安藤「ねぇ、犯されるの気持ちいいの?変態」

強くてエロいってマジで最強だと思います。

安藤「負けて犯されて恥ずかしいわねぇ」

安藤「こうやって犯されるの好きなんでしょう?」

安藤の言葉責めがとにかくエロすぎますね。。。

さらに男ファイターの股間を自らの股間に合わせて愛撫していきます。

こんな風に責められたらすぐ絶頂を迎えてしまいそうですね。

安藤のネットリとした責めは止まらず舌技で男ファイターを追い詰めます。

この全身リップ、マジで気持ちよさそうですね。

安藤「弱いんだぁ?いっぱい弱いとこあるんだね」

こんな格闘サキュバスと一度戦ってみたい、、、

自分も気持ちよくなりたい安藤は、男ファイターに胸を揉ませます。

安藤「アンタ負けたんでしょ?私のことも気持ちよくして」

挑発的な視線を浴びせられ男ファイターの興奮度もマックス!

安藤にパンツを脱がされフェラ。

痴女に弄ばれてしまっていますが、もはや抵抗はできません。

この後は安藤の性奴隷と化してしまった男ファイター。

手マンを命じられ気持ちよくさせることに従事します。

安藤のアヘ顔がセクシーです。

そして騎乗位。

激しく腰を振り喘ぎ声が漏れていく安藤。

男ファイターのチ〇コがお気に召した安藤は騎乗位のまま絶頂。

安藤「ああああ!イクゥーー!!あああん!!気持ちいい、、、」

この後はバックなどで体勢を変えさらに楽しんでいきます。

ここまで来ると勝負ではなく逆レイプですね。

最後は再び騎乗位で男ファイターを絶頂させる安藤。

安藤「首絞められながら犯されるのどう?興奮するでしょう?」

安藤のイっちゃダメという静止も守れず、そのまま中出ししてしまう男ファイター。

安藤のテクの前に完全に落ちてしまいました。

安藤「何あなた。まさかイっちゃったの?またあなたの負けね」

ドヤ顔の安藤を見ながら画面はブラックアウト。

元祖痴女ファイターの実力恐るべし、、、

彼女は真咲南朋としてAV監督にもなっていますから元々魅せることに対してストイックだったのでしょうね。

自分の見せ方を分かっているのでどこのシーンでも興奮できるポイント満載でした!

久しぶりに見てもやっぱり楽しめる作品(女優)ですね!

 

【DVD版】

【ダウンロード版】