FWs ファイティングレスラーズ 男VS女編 Vol.1 ~南しずか 編~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

FWs ファイティングレスラーズ 男VS女編 Vol.1

対戦ファイター:南しずか(T:163cm B:87cm W:60cm H:89cm)

第二試合は南しずかとのファイト。

出るところは出て、引き締まるところは引き締まってる非常にバランスの良い体つきのファイターです。

まずはリング中央で手四つ。

お互いパワーは拮抗しており主導権を握らせません。

男「やるじゃねぇか」

南「男なんかに負けないわよ!」

再び組み合った両者。

男ファイターは手を捻り上げ、変化をつけます。

しかし、南はそれを返すと強引に男ファイターを押し倒します。

序盤のパワー勝負は南が制しました。

まず流れを掴んだ南はキャメルクラッチで攻め立てます。

男ファイターは苦しそうな声を出しながらも必死に抵抗。

ならばと腕十字固めで攻める南。

これは誰が食らってもキツイ。

男ファイターは何とか逃げようと技を外しますが、、、

南はすかさず首四の字固めに変化。

この辺りの攻撃は上手いですね。

南のムッチリした太ももが男ファイターの首を絞めていきます。

南「ほら、男なんてどうせ弱いのよ。女だって強いのよ」

と挑発。

これを受けた男ファイターも反撃。

キャメルクラッチで南を攻めていきます。

男「ギブアップ?」

南「、、、ギブじゃない!」

さらに追い立てていく男ファイター。

攻められている時の南のリアクションはとにかくエロい!

まるでイカされているかのようなエロい声を出してくれます。

男「感じてるんだろ?お前」

南「そんなわけないじゃない!、、、あああん!」

この声がもはやアダルト指定ですw

突きだしたお尻に向かって低空ドロップキック。

この体勢も普通にエロいですね。

そして、足四の字固め。

ここでも南の極上のリアクションが光ります。

Dカップの胸を強調するような格好で痛がる南。

どうエロく映るかを熟知しているようですねw

痛めた膝にスタンピングを食らわせていく男ファイター。

徐々に試合の流れは男ファイターに傾いてきました。

逆エビ固めで苦しめられる南。

男「女は男子に敵いませんって泣いて助けを請うがいい!」

南「負けるもんか、、、」

劣勢でも闘志はまだ消えていません。

耐えた後は南のターンです。

男ファイターをロープに放り投げ、戻ってきたところに逆水平チョップ。

そして、男には嬉しい電気あんま。

S性も持ち合わせている南はこういった技の使い手でもあります。

続けて足四の字固め。

男ファイターの悲鳴がリングに響きます。

男ファイターを立ち上がらせ、キックを連打。

ここまで攻められてしまうと男性とは言えノーダメージというわけにはいきません。

思わず崩れ落ちてしまいます。

グロッキーになってきた男ファイターに対しコブラツイスト。

南の猛攻が男ファイターを追い詰めていきます。

しかし、男ファイターもこのままでは終わりません。

コブラツイスト返しで反撃。

ちゃっかり胸も揉むセクハラ攻撃。

南のリアクションもさらにセクシーになります。

それでも、この攻防は南に軍配。

再びコブラツイストで返すと言葉責めにも拍車がかかります。

南「ほら、どうなのよ?女にやられてるじゃんかよ。女より弱いって認めなさいよ!」

あれだけエロい声をしていた女性に強気に責められるのも悪くありませんね。

勢いに乗る南は男ファイターに何度も蹴りをいれます。

南「ほら、かかってきなさいよ。男なんてそんなもんなの?」

南「男なんてどうせ弱いんじゃない」

南「ほら、負けを認めなさいよ。どうなの、ほらぁ」

言葉責めを交えながら攻撃を浴びせていく南。

しかし、これは油断でした。

不用意に出した足を捕らえ、南の動きを止めた男ファイター。

ここから男ファイターの反撃が始まります。

南にとってもキツイ技・電気あんま。

エロいリアクションがさらにエロくなります。

南「やめなさい、、、やめなさいよぉ、、ああああん!」

この胸の強調のさせ方とかお見事ですよw

男「気持ちいいのか?」

南「そんなわけない、、、ふぁぁぁん!」

男「情けない。リングの上で何感じてるんだ!」

南「やめなさい、、、」

南の極上リアクションは止まりません。

それに呼応するかのように男ファイターの攻めも激しさを増していきます。

体はボロボロ。

意識も朦朧としてきましたが、決してギブアップを言わない南。

男ファイターにいい様にやられまくります。

3カウントも楽にとれる状態まで持ち込みますが、

まだ試合を楽しみたい男ファイターは簡単に勝負を決めません。

ボウアンドアローを極められ南の体はきしんでいきます。

それでもギブアップをしないところを見ると、この女はプロレスマゾなんですね。

そろそろ勝負をつけようとしたのか男ファイターは南を抱え上げ、、、

持ち上げた状態でしばらく体をゆすります。

しかし、敢えて落とすことはせずそのまま放り投げ。

まだボロボロにし足りないようですね。

ダウンした南をスタンピングで追撃する男ファイター。

そして、足で頭を踏みつけます。

男「屈辱的だなぁ。男には敵いませんって言ってみろ」

南「あ、あ、、、」

しかし、南には答える力が残っていません。

ならばと男ファイターは攻撃の手をさらに激しくしていきます。

南のリアクションも激しさ(エロさ)を増します。

南「アン!アン!!」

男「ボコられて感じてるじゃねぇか」

南「ああああん!」

男「負けを認める気になったか?痛めつけられて感じてるだろうが?」

南は肯定も否定もせず言葉と技を受け続けています。

しかし、彼女がM女であることはもう明らかですね。

男ファイターは再び南を持ち上げると、、、

今度はしっかりとパワーボム炸裂!

そしてそのままフォールの体勢に。

抑えつける手が南の胸に行っているところは試合中の事故ですかねw

しかし、南は2で返します。

往生際の悪い南を再度持ち上げ、、、

もう一度パワーボムで抑え込み。

しかし、これも2で返す南。

まだ技を食らい足りないのか。

とんでもないプロレスマゾです。

3カウントで決着がつかないならギブアップ勝ちを狙おうとシフトチェンジした男ファイター。

逆エビ固めで南を追い詰めていきます。

何度も技を食らい、体力的にも限界の南は遂に、、、

南「もう、、もう、、男の人には敵いません、、ごめんなさい」

と敗北宣言。

男ファイターは大勢を変えさらに攻め立て、、、

男「痛めつけられて感じてるのか?」

南「そうです、、私は痛めつけられて感じてます!」

とプロレスマゾであることを告白。

序盤の強気だった姿は見る影もありません。

トドメはアルゼンチンバックブリーカー!

男「ギブアップか?」

南「男の人には敵いません、、、あああん!ギブアップーー!!」

最後は地力の差が出た決着。

そもそもプロレスマゾが勝てる試合ってあるのでしょうか?ww

南の顔を踏みつけ勝ち誇る男ファイター。

男「男に二度と逆らうんじゃねぇぞ」

南「、、、男の人には逆らいません、、、」

最後に南に蹴りを入れて去っていく男ファイター。

残された南が実に哀れですね。

南はとにかく声とリアクションがエロイんですよ!

決して超絶美女というわけでもないですし、胸もDカップと標準。

ですが、強気な態度からマゾに落ちる展開や技の受け方など

ちょいちょい興奮してしまうポイントを入れてくるんですよね。

特に足四の字固めと電気あんまを食らっている時のリアクションは極上です!

今でも思い出したように見てしまう女優さんなので一見の価値ありですよ!

 

【DVD版】

【ダウンロード版】