東京アンダーグラウンド6

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

東京アンダーグラウンド6

対戦ファイター:相島奈央(T:149cm B:83cm W:56cm H:84cm)

東京アンダーグラウンドシリーズの第6弾。

美形スレンダーファイター・相島奈央と総合格闘技スタイルで勝負です。

試合開始。

従来のプロレスとは違い、お互い打撃で出方を伺います。

先手を取ったのは男ファイター。

相島を抱え込みテイクダウンさせると素早い動きで腕十字を極めます。

さらにマウントを取り容赦なく打撃を与えていきます。

相島の綺麗な顔が苦悶の表情に。

対する相島も大勢を入れ替えマウントで打撃を与えていくと、

そのまま腕を取り腕十字返し。

このあたりの攻防はレベルが高いですね。

男「参ったか?」

相島「まだまだ!」

強気な態度の中に悲鳴も交じり中々セクシーな声を出してくれます、相島。

相島「早く降参して」

スリーパーホールドで男ファイターを追い詰めていきますが、

男ファイターにも意地があり強引に技から抜け出します。

打撃で相島をダウンさせた男ファイターはすかさず関節技を極めます。

相島「や、やめて、、、」

男「ギブアップか?」

相島「ギブアップじゃない」

何とかもがいて脱出を試みますが徐々に劣勢になってきました。

男ファイターの攻勢は続き首四の字固め。

相島は体を反転させ何とか抜け出します。

そして再び打撃戦。

しかし、この勝負は男ファイターの方が上手のようでパンチやキックをモロに浴びてしまいます。

そして、スリーパー。

相島のくぐもった声が響きます。

苦しむ表情も綺麗ですね。

ここまで劣勢を強いられていた相島でしたが、マウントを取り反撃開始。

男ファイターの顔や腹にパンチを浴びせていきます。

逆エビ固め。

相島「ギブアップでしょ?」

男ファイターは必死に抵抗しギブアップを拒否します。

男ファイターもお返しの逆エビ固め。

しかし、今の勢いは相島の方ありました。

力任せに脚を振りほどき男ファイターは放り投げられます。

相島の怒涛の攻撃。

首を中心に狙い打ち男ファイターを追い詰めていきます。

キャメルクラッチで締め上げる相島。

序盤攻勢だった男ファイターも相島の攻撃に抵抗できなくなってきました。

動きの鈍くなってきた男ファイターを放り投げると、、、

さらに関節技で追い詰めていきます。

相島「どうしたの?ほら、男のくせに」

男「俺が負けるわけねぇだろ、、」

まだまだ闘志は消えていない男ファイター。

ならばと、心を折るべくさらに痛めつけていく相島。

ボウアンドアローで腰を攻め、、、

腕十字で腕を破壊。

強気だった男ファイターもここまでやられてしまうとダメージも相当なもの。

反対にますます勢いに乗る相島。

逆エビ固めで男ファイターを締め上げ。

相島「ほら、負けましたって言いなさい」

男「う、うるせえ、、、」

相島「ほらぁ、ギブアップでしょ?ねぇ?」

クールな美女に一方的に攻められるのもいいものですね。

じわじわと追い詰められていく感じがたまりません。

相島は男ファイターを立ち上がらせボコボコにしていきます。

先ほどは打撃戦で劣勢でしたが、グロッキー状態では相島の相手にもなりません。

サンドバックのように殴られ、蹴られていく男ファイター。

思わずロープに寄りかかってしまいます。

そんなフラフラの男ファイターにDTTを食らわせる相島。

容赦がありません。

そしてすかさず男ファイターの顔を捕らえて関節技。

脚もしっかりと開いており完全な形で決まってます。

これを抜け出すことは容易ではありません。

相島「ギブアップしなさいよ」

それでも、男ファイターは首を縦に振りません。

ならばと卍固めを食らわせる相島。

散々耐えてきた男ファイターですが、これを耐えきることができず、、、

男「あああ!ギブアップ!ギブアップ!」

と叫んでしまいます。

好勝負でしたが、相島に軍配が上がりました。

男ファイターを踏みつける相島。

相島「女に負けて恥ずかしくないの?」

男「、、、エロ勝負だったら負けねぇよ」

相島「は?え?」

男「エロ勝負だったら負けねぇよ!」

相島「エロ勝負?いいわよ、かかってきなさいよ」

試合の決着に納得できない男ファイターはエロ勝負で相島をイカセようとします。

しかし、まだダメージが残っている男ファイターは相島に顔面騎乗でのしかかられます。

相島「エロで負けないんじゃないの?」

この馬鹿にした感じのセリフと笑顔。

試合の時とは違った表情から、この女がS女であることが分かりますね。

さらにパンツをはぎ取るとフェラ。

極上フェラに思わず喘いでしまう男ファイター。

こんな綺麗な人に咥えられたら興奮を抑えられません。

しかし、エロ勝負を持ち掛けた手前、このまま負けるわけにはいきません。

何とかフェラから脱出すると相島のコスチュームを強引に脱がしていきます。

相島の美乳が露わになります。

綺麗な乳首を愛撫する男ファイター。

その度にビクッと反応する相島の姿のエロいこと、、、

さらにクンニで愛撫。

相島の表情もだんだんとトロンとしてきました。

一説によるとカップが小さい人は大きい人よりも刺激を受けやすいそうですが、

相島のリアクションを見ているとその説は正しいかもしれないと思ってしまいますね。

そして、正常位で挿入。

激しい腰使いにさらに声がセクシーになる相島。

男「どうだ?気持ちいいか?」

相島「全然、、効かないわよ」

強がりを言っていますが、喘ぎ声はどんどんと大きくなっていきます。

感じてきてしまっている相島は今度はバックで責められます。

先ほどよりも激しいピストン攻撃に絶頂寸前です。

相島「ああああ!!ダメダメダメ、、イクゥーー、、、」

相島がイってしまったかと思われましたが、どうやら寸でのところで耐えている様子。

相島「こんなんじゃいかないわよ!」

と男ファイターを突き飛ばします。

すると今度は相島がマウントを取ります。

巧みな舌使いで男ファイターの乳首を愛撫する相島。

相島「感じてるんでしょ、ねぇ?」

この相島の舌がマジでエロいです!

この体勢になってからは男ファイターはマグロ状態。

相島のテクの前に喘ぎ声を出すだけになっています。

騎乗位で責めながらパンチを浴びせる姿はまさしくサディスト。

男ファイターも反撃し下から突き上げますが、

相島「もっと動かしなさい」

と言われる始末。

そして今度は男ファイターの方が絶頂に近づいてきた様子。

相島「もうイッちゃうの?中に出せないからね」

そう言うと手コキで絞り上げていく相島。

相島「ビンビ~ンwほらほら、気持ちいいんでしょ?ねぇ、すっごく固くなってきてるよ?もう破裂しそう」

相島の言葉責めも相まって男ファイターの抵抗も限界です。

相島の手コキの前にあえなく射精してしまった男ファイター。

相島「すっごい一杯出た、うふふ」

勝ち誇った表情で男ファイターを見る様子がたまりません。

相島「戦いでもエロでも勝てないなんて大したことないわねぇ。私をイカせるなんて100年早いわよ」

最高のスタイルを見せつけ男ファイターを踏みつける相島。

美人に連敗するという屈辱、、、

M男にとって最高のシチュエーションですね!

 

【DVD版】

【ダウンロード版】