格闘痴女サキュバス Game.09

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

格闘痴女サキュバス Game.09

対戦ファイター:吉田花

男が目を覚ますと知らない部屋。

そして目の前には美女が立っている。

状況が飲み込めていないにも関わらず、吉田にセクハラをしようと迫る男ww

すると吉田はビンタで男を払いのけます。

吉田「私に触んじゃないよ!」

と足蹴にする吉田。

男は辞めてくださいと懇願するも吉田の踏みつけは止まりません。

それでもなお触ろうとする男に対し

吉田「私に触りたいんだったら勝ってからにしてもらえるかしら?」

男「勝ったらいいんですか?!」

吉田「触れるわけないじゃない。アンタなんかが」

と試合成立。

しかし、実力差は明らか。

男は吉田の足をどかすことができません。

吉田「こういうのが好き?変態なんだね」

とドSな笑顔で攻める吉田。

胸の谷間が最高ですね!

吉田「どう?痛くないでしょ?気持ちいいんでしょ?」

プロレス勝負のはずですが、ドミネーション状態。

男は吉田の技に悲鳴を上げるのみです。

吉田「どう、私の太もも。感じるでしょ?顔真っ赤にして可愛いんだから」

流石格闘サキュバス。

エロ強い、、、

まさに吉田のためにあるようなタイトルです。

技を食らって感じてしまっている男。

吉田はバカにしたように足で股間を刺激します。

さらに顔面騎乗をしたまま男の腹をぴしゃリと叩きます。

すでに心が折れてしまった男は何度も「勘弁してください」「許してください」と

懇願します。

早くも勝負は決まってしまいました。

しかし、全然満足していない吉田はさらに男を絞り上げます。

男が許してください、と言っても気にせず笑いながら攻め続ける吉田。

吉田「こういうのも好きでしょ?興奮するでしょ」

吉田「もっといっぱい欲しい?」

吉田の言葉責めも拍車がかかり、男はたまらずギブアップ。

男「ホントにごめんなさい!」

と土下座をする男。

吉田はそれを嬉しそうに見ながら頭を踏みつけます。

いや~まさしく女王様ですね!

プロレスで痛めつけた後はエロ技。

乳首を力強くつまみ男に刺激を与えます。

男は悲鳴を上げますが、吉田はニヤニヤと笑いながら攻撃の手をゆるめません。

吉田の股間踏みつけは本当に絵になります。

この勝ち誇った顔よ、、、

吉田「感じるでしょ?私のお股に挟まれてるんだから」

男は苦悶の表情を浮かべますが、M男なら幸せな光景です。

顔面騎乗でドSに攻めまくる吉田。

これで窒息するのも悪くありませんねw

男はもう懇願と悲鳴を叫ぶしかできません。

しかし、吉田は全く意に介さず止める気配がありません。

そして再びマウントを取り乳首を責めていきます。

吉田「こういうのが好き?感じてるんでしょ?」

男「い、、いや、、」

吉田「え、嫌だったら」

と言い責める手を止める吉田。

男は既にマゾになっているため、止められてしまうと物足りなそうな表情を浮かべます。

それを余裕の表情で見る吉田がエロすぎて上手すぎて最高です!

吉田「私のおっぱい感じる?ねぇ?」

自らの巨乳を男に押し付け窒息させようとします。

実にうらやましいですね。

吉田「もっと気持ちよくしてもらいたい?」

そういうとコスチュームを脱ぎ上半身裸になる吉田。

相変わらずめっちゃエロい体をしています!

ここからは吉田の怒涛かつサディストな責めが続きます。

足で男を踏みつけながら股間を刺激すると、、、

素股をしながらの乳首責め。

吉田のテクに男は抗うことができません。

そして、遂にインサート。

騎乗位でいやらしく腰を振る吉田。

マゾに落ちてしまっている男は敬語で「気持ちいいです!」と繰り返します。

まるでSMですね。

さらに脚で乳首を愛撫しながらの騎乗位。

こういったエロテクも流石ですね!

めちゃくちゃ気持ちよさそうです。

吉田の極上の技に男は耐えることができず、絶頂寸前。

しかし、吉田は中でイカせるわけがないと直前で騎乗位を辞めてしまいます。

吉田「イカせるわけないじゃん!私の中でいこうなんて100万年早いから!」

そういうと、足で男の首をホールドし手コキ。

最後まで容赦がありません。

吉田「ほら、変態の豚野郎はこれでイクんだろ?」

男「はい!はい!ごめんなさい!イッちゃいます!」

吉田「イケ!!!」

その言葉をきっかけに盛大に射精してしまう男。

何もできませんでしたが、彼にとってはこれが幸せかもしれません。

吉田「すっご~い。どう、嬉しい?」

手の動きからテクニシャンであることがわかりますね。

手についた精子を男に塗り付ける吉田。

男はそれを受け入れることしかできません。

吉田「気持ちよかった?」

男「はい、、はい、、、ありがとうございます、、、」

吉田「ウフフ、ねぇねぇ、私さぁあなたのこと気に入ったから私の家畜にしてあげるね!」

と嬉しそうに言う吉田。

この表情ができるからいいんですよね、この人!

マジで可愛いです!

セクシーなお姉さんかと思いきや、時折見せるこの少女のようなあどけなさ。

これは男は骨抜きになってしまいますよ、、、

完全ドミネーション作品ですが、吉田の攻めが秀逸なのでおすすめです。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】