MIXプロレス&SEXファイト6

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

MIXプロレス&SEXファイト6

対戦ファイター:市葉このは(T:157cm B:89cm W:58cm H:89cm)

MIXプロレス&SEXファイトの第6弾。

小顔ながら意外に160cm近いタッパの市葉このはがプロレス勝負に挑みます。

彼女はボクシング作品が多かったのでプロレスはレアでしたね。

男ファイターと互角にせめぎ合うこのは。

ピチピチのコスチュームがエロさを際立たせます。

男ファイターはこのはのバックを取りスリーパーで締め上げていきます。

苦しそうな表情で耐えるこのはですが、男ファイターの攻めは止まりません。

首を重点的に攻められ、このはは悲鳴をあげます。

攻められている時の表情がどこかエロティックなので、普段はMなのかもしれませんね。

このまま好きなようにはさせない、とスリーパーで対抗するこのはですが、、、

すぐに抜け出され、逆エビ固めを極められます。

声を上げ必死に耐えるこのは。

序盤は男ファイターの猛攻にさらされます。

このはも必死に抵抗。

絞め技を中心に男ファイターを攻めていきます。

しかし、プロレスはまだ不慣れなのか男ファイターのテクニックに翻弄されます。

ボクシングでは強烈なパンチで男を追い詰めていっていましたが、

プロレスでは劣勢を強いられます。

足4の字固めをくらい、悲鳴はさらに大きく激しくなっていきます。

体を反らせたときにラインがはっきりするのは何だかエロいですね。

やられっぱなしのこのはですが、チャンスを見つけ反撃。

このは「どうよ、ギブアップしなさいよ」

男ファイターを力の限り反らしギブアップを狙います。

しかし、決定打には至らず。

逆にボーアンドアローで攻められてしまいます。

咳き込みながら耐えるこのはですが、戦況はよくありません。

男「お前の力はこんなもんだよ」

勝利を確信し始めた男ファイターの攻めに、このはは苦しめられます。

そんなことない、と口では強がっていても状況は絶望的。

それでも、健気に技を耐えギブアップを拒否するこのは。

このは「絶対ギブアップしない」

と中々決着がつきません。

これだけ技を食らってギブアップしないということはプロレスマゾなのかもしれません。

攻め続けた男ファイターに油断が生まれたのか、このはは一瞬の隙を見つけ男のバックを取ります。

そして、スリーパーで締め上げていきます。

このは「どう?あなたこそギブアップしなさいよ。苦しいでしょ?」

と一気に逆転勝利を掴みにかかります。

そして、グラウンドに持ち込みさらに締め上げていきます。

このまま攻めていけば落とすことも可能。

このは「ほら、ギブアップは?」

男ファイターも必死に抵抗し拒否。

このは「悔しいの?ギブアップって言ったら楽よ?」

大逆転勝利なるか?

しかし、男ファイターは力を振り絞り強引に技を外します。

そして、すかさず腕十字固めでこのはをクラッチ。

完璧に極まったこの技を返すことができないこのは。

腕が悲鳴を上げていきます。

そして、遂に、、、

このは「あああ!!ギブアップ!!」

と敗北を口にしてしまいます。

口ほどにもねぇな、と勝ち誇る男ファイターにこのはは納得できません。

このは「本当は私のほうが強いし、勝てたのよ」

男「そんなことねぇよ」

このは「そんなことあるわよ。エロありだったら私のほうが絶対勝てるから」

男「エロありだったら勝てる?ちゃんちゃらおかしいぜ」

このは「今のうちに笑っておけばいいわ」

男「じゃあ試してみるか?」

このは「ええ、それで勝負しましょうよ!」

とSEXファイトがスタートします。

しかし、連戦ということもありまだ体力が戻っていないこのはは男ファイターに攻め込まれてしまいます。

胸を中心に愛撫され、めちゃくちゃセクシーな声で喘ぎます。

さらに恥ずかしい格好でクンニされ、可愛らしい声で感じまくります。

エロ勝負に誘った女が劣勢に立たされるのは興奮しますね。

男ファイターの責めは止まらず、後ろから胸や股間を愛撫。

怒涛の責めにこのはは激しく声を上げるだけ。

このは「ああああん!気持ちよく、、ない、、はぁぁん!」

男「もうイッちまってもいいぞ」

このは「イカない!アンタなんかに、、、ああああ!!」

男ファイターの手マンに耐えきれずビクンと痙攣するこのは。

男「あれ?イッちゃった?」

このは「、、、そんなことない、、、」

とイッたことを認めません。

尚も責めてくる男ファイターは反撃してみろと、このはを挑発。

これを受けたこのはは男ファイターを押し倒し、パンツの上から口で愛撫を開始します。

このは「ほら、もうすごく勃ってるじゃない。あなただって感じてるんじゃない?」

と反撃し始めます。

男ファイターもやられっぱなしにはならないとお互い刺激し合うバトルファックの展開に。

このは「気持ちいいんでしょ?本当はしてほしいくせに。こうされるのが好きなの?」

お互い喘ぎ声を出しますが、このはの方が若干有利か。

まずいと感じた男ファイターはこのはを押し倒し、正常位で責めます。

先程よりも激しい声で感じてしまうこのは。

今にもイッてしまいそうな表情で必死に耐えます。

ギリギリのところで耐えたこのはは騎乗位で反撃。

首を締め、激しい腰使いで男ファイターを追い詰めていきます。

このは「イキなさいよ!」

男「アッアッ!!イキそうだ、、、やばい、、、」

こちらもギリギリのところで耐え切り再び男ファイターのターン。

先程よりも激しい正常位で腰を振ります。

このはも何とかしようと抵抗しますが、男ファイターのパワーに圧倒されます。

さらにバック突きで責められ危険な状態に。

もはやいつイッてもおかしくありません。

このはの今にもイキそうな表情と声がとにかくエロすぎます。

潮目が変わったのは再びこのはが騎乗位を繰り出した瞬間。

決めきれなかった男ファイターの体力は限界寸前でした。

まだ力が残っていたこのははドSに顔を踏みつけ腰を動かしていきます。

このは「どう?屈辱的でしょ?」

言葉にも力が宿ってきました。

何とか反撃しようとする男ファイターでしたが、このはにあしらわれバックを取られてしまいます。

この体勢になってしまうと男はロクな抵抗ができません。

このは「どう?気持ちいいんでしょ?」

男「あ、あ、あああ、、、」

男ファイターから力が抜け、このはに身を委ねてしまうようになってきました。

こうなってしまうと、このはのターンは終わりません。

このは「なすがままって感じね、フフ」

首四の字固めを食らい、手コキでしごかれ何も抵抗できなくなってしまった男ファイター。

そろそろこのはもフィニッシュに入ります。

トドメはコブラツイスト手コキ。

このは「ほら、もう気持ちいいんでしょ?イッちゃいなさいよ」

男「ふぁあああ!!」

このは「ウフフ、もう降参なのかなぁ?」

男「あ、あ、あ、、」

このは「気持ちいいんでしょ?イッちゃいなさいよ!」

男「ああああ!!もうダメ、、」

このは「イッちゃいなさい!」

男「イク!!!!」

男ファイターはこのはの手に大量にぶちまけて敗北。

SEX勝負はこのはに軍配が上がりました。

このは「こんなにいっぱい出して」

敗北の証を見て満足そうに微笑むこのは。

さらに、自分のシューズの裏に精子を塗り男に舐めさせるドSっぷりも発揮します。

男ファイターを踏みつけクールに見下すこのは。

このは「これで男と女、どっちが強いか分かったでしょ?言いなさいよ、ねぇ」

男「もう勘弁して下さい、、」

このは「何、負けを認めたの?」

男「ま、まけ、、、」

このは「認めてないの?そしたらこれ以上ボコボコにするわよ」

男「もう負けました、すみませんでした。認めます、、、」

このは「女のほうが強いでしょ?」

男「はい、、、」

エロで男を屈服させたこのは。

この立場逆転シナリオがこの作品のいいところですね。

完全勝利も好きですが、プロレスで負けてエロ勝負で勝利するシチュエーションは大好物です!

珍しく着衣での決着となり、このはの美乳を拝むことができませんでしたが、

見せないエロさも際立って良作に仕上がっていると思います!

 

【DVD版】

【ダウンロード版】