バトルファック ワンデイトーナメント2

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

バトルファック ワンデイトーナメント2

対戦ファイター:中居ちはる(B:90cm W:62cm H:86cm)

既に引退してだいぶ経っていますが、

今でも何度も見直してしまうほどファイト系作品で人気を博した中居ちはる。

攻めも受けも、プロレスもエロファイトも何でも最高レベルで魅せることができる女優さんでした。

このバトルファックワンデイトーナメントは

その名のごとく男女がイカセ合いで雌雄を決するトーナメント。

決勝が男VS男になったらどうするんだ、という野暮なツッコミはさておいて

こういう裏格闘技みたいなシチュエーションは大好きです。

第2試合に登場した当時SSSチャンピオンの中居。

最初の相手はインサイダー平松という覆面ファイターです。

男は「チャンピオンの力見せてもらおうか」と息巻きますが、

プロレススキルは圧倒的に中居の方が上。

中居「ほらどう?女だからって舐めてるんじゃないわよ」

中居の強さに手も足も出ない男ファイター。

中居の挑発に答える力もなくなっています。

中居「どう?女に負ける気持ちは?」

プロレスだけでも十分勝てる試合ですが、このトーナメントはバトルファック。

ルールに習いエロ技も解禁です。

プロレスだけではなくエロ技も最高クラスの中居。

中居「もう終わり?もう終わりなの?何とか言いなさいよ」

中居のテクに男ファイターは喘ぐことしかできません。

さらに中居の巨乳から繰り出されるパイズリ。

中居「気持ちいいでしょ?ほら。どう?技でも負けてこっちでも負ける気分は?」

中居の言葉責めは本当に素晴らしい、、、

男のプライドをへし折るドMにはたまらないワードセンスです。

最後は手コキでイカされフィニッシュ。

中居「どう?女にイカされた気分は?情けないわね」

男ファイターはいいところなく中居の前に敗北です。

中居「チャンピオンの実力これでわかったでしょ?」

初戦を危なげなく通過した中居。

決勝戦に駒を進めます。

決勝戦の相手は大柄な肉食系ファイター。

一回戦ではバトル出身の水井あけみをプロレスで制圧し

エロでも完封した実力者です。

体格差のある相手に対しチャンピオンの中居がどう戦うのか注目です。

序盤は男ファイターの攻撃をかいくぐり、テクニックを生かして攻勢に出ます。

しかし、パワーに物を言わせて攻めるスタイルに中居は苦戦。

いきなりアルゼンチンバックブリーカーで締め上げられます。

中居「あ、、あ、、、」

苦しんでるだけなのですが、この声の出し方や言い方も実に見事。

受けのリアクションの上手さもチャンピオン級です。

さらに足4の字固めを極められる中居。

体を仰け反らせて耐える姿は巨乳を強調させますね。

しかし、チャンピオンの中居はプロレスでも男に遅れを取りません。

中居「どう?女にやられる気分は?さぞかし屈辱でしょうね」

腕十字で男ファイターの腕を破壊しようとしますが、

ここで男ファイターはロープエスケープ。

仕切り直しとなった両者は、ここでエロファイトに移行。

まず先手を取ったのは男ファイターです。

後ろから中居を捕まえると、巨乳を鷲掴み。

さらに手マンで中居を責め立てていきます。

めちゃくちゃセクシーな声で喘ぐ中居。

強気な表情から可愛らしい女の声が漏れます。

さらに逆エビ固めを極められながら急所を愛撫。

中居のリアクションを見ると、今にもイッてしまいそうにも見えます。

胸を顕にされてしまった中居はベアハッグで捉えられます。

さらに口で胸を愛撫され防戦一方。

攻撃の手を緩めない男ファイターは電気あんまを繰り出します。

必死に耐える中居ですが、感じまくっている声がリングに響きます。

巨乳ファイターがこうやって足を抑えるとより胸が強調されていいですねぇ。

しかし、中居がこのまま終わるわけがありません。

ローブローで逆転すると今度は中居の反撃が始まります。

コブラツイスト手コキ。

中居「気持ちいいでしょ、ほらぁ?」

中居「どう?女にやられる気分は?」

中居「だんだん体が反応してきたわよ?気持ちいいんでしょ」

小柄な女性に技を掛けられて、言葉で翻弄される屈辱、、、たまりませんね!

男ファイターを散々愛撫すると、騎乗位でインサート。

首を締めつつ腰を動かすドSな攻撃で男ファイターはグロッキーになっていきます。

すると、今度は男ファイターをちんぐり返しの体勢にさせると

まるで逆レイプのような格好で突き始めます。

中居「ほら、恥ずかしいでしょう?どう、こんな格好させられて」

中居「女みたいな声出して、、、情けないわね」

このまま中居が押し切るかと思いきや、男ファイターは力を振り絞って正常位の体勢に入れ替えます。

中居の首を締めつつ激しく腰を振る男ファイター。

中居「中々、、やるじゃない、、アッアッアッ!!!」

まさかの反撃に中居も声を上げてしまいます。

しかし、そこはテクニシャンの中居。

男ファイターの首を締めると自ら腰を振ります。

力が入らなくなってしまった男ファイターは中居に翻弄され、快楽に身を委ねてしまいます。

中居は抵抗ができなくなった男ファイターをガッチリホールドし、手コキを開始。

男ファイターはもがきますが、完全に極まった技から抜け出すことができません。

中居「どう?女に負ける気分は?」

中居「アンタも中々やるけど、私には勝てないのよ」

中居「もうほら、イッちゃってもいいのよ」

中居の口から発せられる極上の言葉責めにいよいよ限界が近づく男ファイター。

中居「イッちゃいなさい、素直に」

男「、、イクゥ、、、」

中居「どう?イク時はギブアップって言うのよ!」

男「ギブアップ、、、」

この勝負を制したのはやはりチャンピオンの中居でした。

男に馬乗りになり自らの勝利を分からせる中居。

中居「いっぱい出たわね。どう?これがチャンピオンの実力なの。負けを認めなさい」

中居は敗北宣言の男ファイターを踏みつけ、さらに勝ち誇ります。

中居「男が情けないザマね」

バトルファッカーとしても一流の強さを見せた中居ちはる。

彼女の演技力の上手さは随一でしたねぇ。

ドSな表情、声質、体、ワードチョイスなど

世のM男を虜にさせるほどの魅力を持った女優さんでした。

素晴らしすぎるファイトスタイルは当時のバトル・SSSなどのファイト系作品を

さらに向上させるものだったことは間違いありません。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】