言葉攻めMIXファイト Vol.02

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

言葉攻めMIXファイト Vol.02

対戦ファイター:植田陽菜

M男ならどうしても気になってしまうタイトル「言葉攻めMIXファイト」シリーズ。

今回は植田陽菜が出演している第2弾をご紹介。

植田「ほら、起きなさいよ」

横たわる男を蹴る植田。

男はぼんやりする思考を巡らせ状況を整理します。

昨日飲みの場で出会った二人は意気投合し楽しくお酒を飲んでいた、、、

しかし、それは植田の罠で酒に薬を入れられ男は熟睡。

植田の家に連れて行かれ拘束されていたのでした。

状況が飲み込めない男は自分を開放するよう訴えます。

それをニヤニヤと眺める植田。

植田「逃げたければ私と戦いなさいよ」

男「戦う?なんで俺がそんなことしなきゃいけないんだ?」

植田「私、強い男が好きなの」

どうやら植田は強い男と戦いたいが為に男を拘束し

無理やり自分のフィールドに連れてきたようですね。

随分と歪んだ趣味ですww

男は「女なんかに負けるわけねぇだろ」と勝負を受けます。

男「両手が自由になったらこっちのもんだよ。絶対お前を倒して帰ってやるからな」

植田「楽しみだわ」

不敵な笑顔で迎え撃つ植田。

男は先手必勝とばかりに植田に襲いかかります。

しかし、植田は男を簡単に抑え込みます。

植田「あらあら、どうしたのかしら?タックルは攻めるものなのよ?」

植田「ヒールはいた女に負けるなんてダメな男ね」

早速浴びせられる言葉攻めの嵐。

素人っぽい言い回しが癖になります。

さらにスリーパーに移行。

男は植田の思いがけない力に焦り始めます。

植田「ダメじゃない。私強い男が好きなのよ?」

植田「そんなに簡単にやられるなんて男として情けないわよ」

植田「強い男に勝った気分だわぁ。そこそこガタイもいいのにね、楽しい~」

首が弱いことを察知した植田はさらに首絞めで苦しめます。

植田「苦しそうなところ見るの楽しい」

植田「まるで窒息プレイみたいね、楽しい?」

男はもうやめてくれ、と懇願しますが植田は全く意に介しません。

胸が見えそうになるこのコスチュームも相まって極上の技になっています。

尚も止まることがない植田の攻め。

植田「どう?私の太もも。気持ちいいでしょう?」

植田「そんなに気持ちいいんだぁ?」

窒息寸前の男は何度もタップしますが、

植田「ん、何?もっとしてほしいの?欲張りだなぁ」

とさらに力を込めます。

植田「私、太ももで締め上げるの大好きなんだ。気持ちいい?」

男「もうやめて、、」

植田「もっと?」

男「もうやめてください、、」

植田「私は楽しいよ」

もう会話になっていません。

植田のS心に火が点いてしまっています。

さらに後ろからスリーパーで締め上げると、植田は腰を動かし始めます。

その姿はまるで男がバック突きをしているよう。

植田「ほら、気持ちいい?何か上に乗ったら突きたくなっちゃった。フフ」

植田「気持ちいい~何か男になったみたい」

植田「どう逆から突かれてるのは?」

男を締め上げ、後ろから突き興奮してきた植田。

責めながら吐息を漏らす姿はまさにサディストです。

トドメは自慢の太ももを使った首4の字固め。

植田「あれぇ、おかしいな?私しかしゃべってない」

それもそのはず、男は太ももに締め上げられ失神してしまいます。

失神した男を踏みつけ、ほくそ笑む植田。

植田「お楽しみはこれからよ」

まだまだ地獄は終わりません。

目を覚ました男は自分が再び拘束されていることに気が付きます。

さらに服は脱がされパンツスタイルに。

そこにリングコスチュームに着替えた植田が目の前に現れます。

植田「どう?着替えてきたの」

男「、、、もう気が済んだだろ?早く家に帰らせてくれ」

植田「勝負じゃなかったの?」

男「俺はまだ負けてねぇよ、ちょっと油断してただけだ」

植田「じゃ、これから本当の勝負しましょ?せっかく着替えてきたんだし」

男「お前をボコボコにして犯してやるから覚悟しておけよ!」

植田「フフ、楽しみだわ」

男は性懲りもなく植田に突進しますが、ニーリフトでカウンター。

あっという間に地面に転がされてしまいます。

植田「さっきと同じじゃない?全然変わらない。また私が勝つのかしら?」

再び植田の言葉責めが始まります。

さらにコスチュームが水着になったことで体のラインもくっきり。

エロさが際立ちます。

プロレススキルも高い植田に男は手も脚も出ません。

植田「こんな格好して興奮するんじゃないの?」

植田「かかってきなさいよ。本当はもっと触りたいんじゃないの?手が動いてるわよ」

三角絞めで失神寸前の男。

植田「私に勝つんじゃないの?」

植田「ホント弱い男、全然ダメ」

男の弱さに植田も段々呆れてきた様子です。

体勢を入れ替えるとさらに苦しい体勢に。

植田「結局私の勝ちね、このダメ男」

植田「テクニックでも私の方が上よ。あなた好きみたいだから楽しませてあげる」

抵抗ができなくなってきた男は「もうやめて」と何度も懇願します。

すると、

植田「もう痛めつけるのも飽きちゃった」

と技を解きます。

これで遂に開放されるのか、と思いきや、、、

69の体勢になりエロ攻撃を繰り出す植田。

痴女の本性が遂に現れます。

植田「あらあら、おっきくなっちゃって」

植田「どう、窒息プレイ。ウフフ」

植田「そんなに興奮しちゃったの?」

手コキとフェラで責めながら、言葉でも追い詰めていきます。

これはたまったもんじゃありませんね。

すると植田は

植田「普通だとつまらないから」

と言い、チングリ返しの格好にさせます。

植田「どう?こんなにパックリ足開いちゃって」

男は恥ずかしさもあり「やめて」と懇願。

既に心は折れかかっています。

植田「ケツ突き出せよ」

とさらに恥ずかしい格好をさせて責めていく植田。

植田「乳搾りみたい。ミルクが出ちゃう?ww」

植田「本当は感じてるくせに」

植田「あらあら、ビンビンに立っちゃって」

植田「こんな状態で搾られてるなんて恥ずかしい」

植田「本当は興奮してるんでしょう?」

植田「体は正直ね。そんなに気持ちいいんだ?」

男の「やめて」はもう植田を感じさせるワードでしかなく、

責めはさらに激しくなっていきます。

そして、遂に自ら男に挿入。

騎乗位で責めつつ男の首を絞めていきます。

植田「本当は気持ちいいんでしょう?もっと責めてきなさいよ」

この見下す表情とかヤバイですね。

植田「あれ?責めるんじゃなかったの?」

この植田の挑発にまだ闘志が残っていた男は遂に有利な正常位に持ち込むことに成功。

これまでの仕返しとばかりに必死に腰を振ります。

しかし、植田は

植田「あなたじゃ物足りないわ。ホントダメ男ね」

と対して刺激をもらっていない様子。

再び騎乗位で責め

植田「やっぱり私の勝ちなのね」

と勝ち誇る植田。

最後の抵抗も無駄に終わり男はもうあえぐことしかできません。

遂に「俺の負けでいい」と敗北宣言。

完全に屈服させた植田はまるで男と女の立場を逆転させたような格好で責め立てていきます。

植田「どう?逆から責められる気分は?女の子の気持ち?」

男「あああ!もうダメ!!」

植田「中でなんかイカセないわよ」

最後は顔面騎乗手コキでフィニッシュです。

植田「あなたが犯すって言ってたのに私が犯してるわよ。本当に情けない」

植田「そんなに気持ちいいんだ?」

最後まで言葉を浴びせられ、射精してしまう男。

植田「結局わたしの勝ちね。ダメ男」

最後は太ももで締め上げ失神させます。

M男にとって幸せな終わり方ですね。

男の胸を踏みつけ「かっこ悪い」と言い捨てる植田。

しかし、気絶している男にはそんな声は届いていないでしょう。

植田「さ、新しい獲物でも探しに行こうかしら」

そう言い残し、植田は去っていきます。

 

美女にとことん言葉責めでいじめられたい人ならこのシリーズはおすすめです。

罵声とかはあまり好きではありませんが、これはファイト系も含まれているので

男を屈服させるようなセリフが多いです。

ヤラレが多い植田でも、責める時の顔が美しいのでギャップとしてもGOOD!

お気に入りの女優さんで選んでも満足できるシリーズ作品です。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】