ボクシングフェチ 一人称男女対決2 ~桂希ゆに 編~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

ボクシングフェチ 一人称男女対決2

対戦ファイター:桂希ゆに(T:156cm B:90cm W:60cm H:86cm)

美女ボクサーとボクシング対決。

一人称でまるで自分が戦っているように感じられるボクシング作品。

第一試合には色白美肌のFカップ巨乳・桂希ゆにとの対決です。

桂希「あんたみたいな弱そうなやつに負けてたまるもんですか」

正面に立つ桂希。

こんな感じのエロRPGとかありますよねw

桂希の強烈なパンチ。

一人称ならではの臨場感!

まるで腕が伸びてくるようです。

負けじと男ボクサーも反撃。

ボディブローを中心に攻撃を組み立てていきます。

ダウンした桂希に容赦なくパンチを浴びせていく男ボクサー。

本当の試合なら一発反則負けですが、

こちらの試合では合法です。

尚も攻め立てられる桂希。

最初の威勢は今は見る影もありません。

膝をついてダウンする桂希を顔を上げさせる男ボクサー。

桂希のこのトロンとした表情。

実にエロいです。

しかし、男ボクサーはそんな顔をしている桂希に容赦なく顔面フックを食らわせます。

桂希、たまらずダウン。

倒れた桂希の胸や腹にパンチを食らわせます。

巨乳ボクサーの胸にパンチを見舞うのはいい絵です!

桂希のパンチを食らった時の声がエロすぎて興奮してしまいますね。

ひとしきりパンチを浴びせると男ボクサーはダウンカウントを取ります。

それでも、一向に起き上がってこない桂希。

このまま勝負が終わってしまうかと思いきや、8のタイミングで桂希を立たせ、

強引にボディブローを何発を食らわせます。

桂希の声はもう泣き声です。

それでも桂希は必死に耐え、反撃します。

しかし、実力差は明らか。

ドミネーション状態となってしまい、桂希はもうフラフラです。

男ボクサーはトドメにボディブローのラッシュ!!

これは桂希、耐えきれません。

桂希の目の前に座りダウンカウントを取る男ボクサー。

桂希「う、うう、、」

何とか立ち上がろうと力を込めますが、脚も腕も言うことを聞いてくれない状態。

抵抗虚しく10カウントでゴングが鳴らされます。

立ち上がれない桂希の頭を踏みつける男ボクサー。

桂希の悔しそうな泣き声が響きます。

しかし、男ボクサーはまだ満足しません。

桂希を仰向けにさせると腹にパンチを何度も浴びせていきます。

この一人称が自分だと考えるととんでもないドS野郎ですw

さらにコスチュームをはだけさせ、胸が直接見える格好に。

桂希のFカップはいつ見ても見事なボリュームです。

その豊満な胸を殴り、揉み、堪能する男ボクサー。

男ボクサーは涙目になっている桂希に対し、強制フェラをさせます。

嫌がりながらも抵抗することができずフェラをする桂希が実に哀れです。

続けてパイズリでの奉仕。

巨乳とボクシンググローブの威力は凄まじいですね。

桂希「何でもするから殴らないで下さい、、、」

桂希は男ボクサーのドSな行為に心が完全に弱ってしまっています。

自ら男ボクサーのチ○コを咥え奉仕を続ける桂希。

もはや性奴隷です。

それでも、Sの男ボクサーは桂希の要求など関係なしに

ひたすら殴り続けます。

既にボクシングマゾに成り下がっている桂希、何だかんだで感じてしまっています。

そして、殴られながらのインサート。

ボリュームのあるFカップが揺れまくり、時折強烈なパンチを腹に見舞われます。

バックでも激しく突かれ、もはや絶頂寸前。

泣き声に混じってセクシーな吐息が漏れています。

最後は正常位で突かれまくりでフィニッシュ!

桂希「アッアッアッ!もうダメ、、お願いだから中はダメェ、、、」

しかし、そんな願いを聞き届けるほど優しい人間ではない男ボクサーは

容赦なく中出しします。

呆然として表情で横たわる桂希。

男ボクサーの前に何もできず敗北です。

 

プロレスでもボクシングでも全裸よりこういったアイテムが残った状態が好きですねぇ。

完全なSEXにならないところがファイト系作品の良いところです。

桂希は完全なMではなくSもいけるそうですが、この顔立ちから被虐キャラがしっくり来ますね。

今回も素晴らしいやられっぷりを見せてくれていますよ!

 

【DVD版】

【ダウンロード版】