Pro-LESLING THE BEST I C.RONALD×FAITH【三本目】

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

Pro-LESLING THE BEST I C.RONALD×FAITH

対戦ファイター:葵千恵(T:156cm B:90cm W:60cm H:88cm)
水嶋アリス(T:160cm B:84cm W:59cm H:92cm)

【三本目】

共に一回ずつイカされて挑む運命の三本目。

直近のダメージは葵の方が大きいですが、これだけの濃厚ファイトをし続けているだけに

両者とも疲労の色は隠せません。

水嶋「もうフラフラね。戦うまでもないんじゃない?」

葵「うるさいわよ」

手四つで組み合いますが、これはレズファイト。

水嶋「力だけで勝とうなんて思ってないわ」

とキス勝負に持ち込みます。

一本目では経験豊富な葵がこのせめぎあいを制しましたが、ダメージの残る体では水嶋のテクを受け止めきれず

脚に力が入らなくなってきます。

無防備な体勢でホールドされ、体を弄られてしまう葵。

二本目を制した勢いそのままに猛攻を仕掛ける水嶋を振り払うことができません。

水嶋「全然抵抗できないじゃない」

葵「ああああん!!!」

さらにコスチュームを脱がされ、巨乳をさらけ出されると直接愛撫。

葵のエロい声がリングに響きます。

水嶋のテクになすすべもなく感じさせられてしまう葵はクンニでも絶叫。

何とか耐えていますが、この表情。

今にもイッてしまいそうな勢いです。

水嶋「もっと這いつくばりなさいよ」

電気あんまで股間を刺激。

葵の柔らかそうな巨乳が揺れます。

水嶋の攻撃は止まりません。

バックから迫り体中を愛撫。

葵の体がどんどん性感帯になっていきます。

水嶋「髪の毛引っ張られてオマ○コ触られて屈辱?痛いの?気持ちいいの?ねぇ、どっち?」

水嶋の言葉責めにもはや喘ぐことしかできていない葵。

強気の発言を返すことさえできません。

遂にはコスチュームを全て脱がされ丸裸に。

水嶋「さっきまでの威勢はどこに行ったの?気持ちよくなりたかっただけ?何にも抵抗しないの?」

水嶋のテクに翻弄され、快楽に身を任せてしまっているような葵の表情。

ここまで一方的な展開になるとは予想していませんでした。

三本目はドミネーションか??

水嶋「何にも抵抗できないんだね」

そう言い、油断していた水嶋。

しかし、葵は逆転のチャンスを狙っていました。

クンニに集中していた水嶋を太ももで挟み込むと反転し、マウントを取ります。

葵「ペラペラペラペラしゃべって、、そんなんで私がイクと思ってんの?」

顔面騎乗で水嶋を抑え、手マンを繰り出す葵。

ここから逆襲開始です!

ボーアンドアローで水嶋の体を仰け反らせ体にダメージを与えていきます。

葵「あ~いい眺め。さっきまでのはお遊びよ!」

鬼気迫る表情の葵。

彼女は本当に顔の表情を作るのがうまいですね!

さらにバックに回り水嶋を責めます。

ガードできずに刺激されてしまう水嶋、喘ぎ声が止まりません。

激しい責めを続ける葵。

妖艶かつ強引な愛撫に水嶋は圧倒されてしまいます。

葵「取れちゃうんじゃない?乳首」

強く乳首をつままれ苦悶の表情を浮かべる水嶋。

これは苦しい!

葵のクンニに「ふぁぁぁ!」と声を出してしまう水嶋。

何とか抵抗しようともがきますが、葵のホールドから逃れることができず

段々とアヘ顔になっていきます。

体勢を変えられ尚も続けられるクンニ攻撃。

葵「気持ちいいでしょう?」

水嶋「ああああああ!!!」

もはや絶頂寸前の水嶋。

葵「イッてもイッても気持ちよくしてあげるから!イッちゃいなさいよ!」

これで勝負ありか!!!

しかし、何とここで再逆転!

葵と同じく太ももで挟むと見事に反転しクンニ返し!

まだ力が残っていた水嶋の反撃です。

水嶋「恥ずかしい姿しなさいよ」

後ろからホールドし、一気に責め立てる水嶋。

葵はロクに抵抗することができず絶叫します。

水嶋「もう抵抗できないでしょ?勝てると思った?勝たすわけないでしょ」

葵「あああああ!!!」

水嶋の猛攻を受けることしかできなくなってきた葵。

淫乱!変態!と罵られますが、反抗することができません。

水嶋「今どういう姿してるのか、ちゃんと見なさい!ほら、下のバトルの文字が見えるでしょ?あなたこ~んな恥ずかしい格好されてるのよ?屈辱的。最高でしょ?」

水嶋の容赦ない言葉責めに葵のメンタルもやられていきます。

もうしゃべることもできず、ただ喘ぐことしかできない葵。

水嶋「もうあなたには負けの文字しかないわ」

葵「あう、、あうう」

あれほど強気だった葵の目の光がどんどん失われていきます。

葵「ああ!ああああ!!」

水嶋「可愛い顔♡」

口をパクパクさせ感じまくる葵。

遂に体をビクンと痙攣させイッてしまいました。

水嶋「イッちゃったの?」

葵「あう、、あう、、」

水嶋「イク時はイクって言わないと。誰がイクって言ったの?」

葵のイキ方に納得のいっていない水嶋は攻撃の手を緩めません。

今度はクンニで追撃。

水嶋「いっぱい舐めてあげるからねぇ」

葵「ああダメェ、、イッ、、ク!!!ああ!あああ!!!」

何度もイカされ、もはや意識も朦朧となっている葵。

それでも頑なにギブアップを拒否します。すると、

水嶋「バトルの文字を見せながらイカせてあげる♡」

最後まで抵抗する葵に水嶋のS心に火が点いてしまいます。

葵はリング中央で愛撫され続けます。

水嶋「見える?バトルの文字」

葵「ああああ!!いやぁ!!」

水嶋「バトルの代表なのにイッちゃったんでしょ?私の指で!」

葵「ああああ!!だめぇーーー!!!!」

完全に心が折られてしまった葵に終わりの時が近づいてきました。

水嶋「私は負けましたって。バトル所属なのに自分のフィールドで負けましたって言いなさいよ、ほら!言えるでしょ!」

葵「ギブアップ、ギブアップ、、、ギブアップーーー!!!!」

しかし、水嶋はまだ満足しません。

水嶋「私バトルなのに負けましたって言いなさいよ!ギブアップだけじゃわからないわよ、言いなさい!」

とことん心を折ろうとするドSっぷり、、、エグイです。

とことん責められまくった葵、遂に、、、

葵「ごめんなさい、、、負けました、、、」

と小さな声で呟きます。

水嶋「何?ハッキリ言いなさいよ」

葵「負けました、、、」

水嶋「皆さんに謝る必要があるんじゃない?」

葵「ごめんなさい、、、」

涙と涎でぐしょぐしょになった顔で

葵「ごめんなさい、、、負けました、、、」

と頭を下げる葵。

水嶋「あはは!いいわねぇ!」

水嶋もようやく満足した様子。

トドメにもう一度イカせ完全勝利を飾った水嶋。

水嶋「悔しい?あなたのオマ○コ、すっごいおいしかったわよ。ウフフ、また気持ちよくさせてあげるから、楽しみにしてて」

そう言い放ちリングを去る勝者。

敗者の葵は悔しさのこもった顔でリングに突っ伏したまま。

レズファイトの頂上決戦は水嶋アリスの勝利で決着がつきました。

 

実に見応えたっぷりの3本勝負。

それぞれの良いところがこれでもか、というくらいに凝縮された作品でした。

まさに「BEST」に相応しい対決だったと思います。

どちらが勝つか分からない勝負でしたが、やはりリアクションが凄すぎる葵の敗北姿は絵になりますねぇ。

レズファイト好きならこの作品は絶対に抑えておくことをおすすめしますよ!!

 

【DVD版】

【ダウンロード版】