PRO-WRESMANIA MIXED Vol.01~二岡ゆり 編~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

PRO-WRESMANIA MIXED Vol.01

対戦ファイター:二岡ゆり(B:90cm W:62cm H:88cm)

何を隠そう自分がファイト系作品で最もエロスを感じた女優が二岡ゆり。

グラマラスな体型にお姉さまタイプの顔立ち。

鼻にかかった高音ボイスと艶っぽい言葉責めは当時衝撃的でしたね。

自分の理想の責めをしてくれる女優がここにいた!と思いました。

そんなわけで二岡ゆりのMIXファイトのご紹介です。

この試合は二本先取の三本勝負!

一本目は男ファイター有利に試合が進みます。

二岡のこのムチムチ感がたまらん、、、

ヤラレ姿も一級品!

セクシー&痛がる声がリングに響きます。

電気あんまを食らって悶える姿はこれだけで興奮できます!

セクシーな声と揺れまくる巨乳に釘付けです。

最後は男ファイターの必殺技・アルゼンチンバックブリーカーに屈する二岡。

男「お前のパワーなんてこんなもんなんだよ」

二岡「う、うう、、、」

さらにキツイ角度で極められ悶絶。

男「オラァ!ギブアップだろ!!」

二岡「ギ、ギブアップ、、、」

セクシーかつ強い女性がギブアップを口にする様子はたまりませんね。

男「次もボコボコにしてやるからよ!覚悟しておけよ!」

二岡「次は、、覚えてなさいよ」

この完全に折れない気高さも最高です。

二本目は二岡のドSっぷりが発揮されます。

チェーンで男ファイターを絞め上げ、犬扱い。

二岡「私にトドメ指す?こんな風になってるワンちゃんが?随分弱いのねぇ」

お姉さま風の言葉責めがビンビン響きます。

さらにムチムチな太ももで絞め上げます。

ドMにはたまらない技でしょうね。

一向に止まない言葉責めと多彩なプロレス技は見応え十分。

二岡はどの試合を見ても満足度が高いですね。

最後はパワーボムでトドメ。

この男を見下す表情もいいですね!

二岡「私が本気を出せばこんなもんよ。思い上がらないでちょうだい。ウフフフ、何も言えないみたいねぇ。さっきの威勢はどこに行ったのかしら?アハハハ」

勝った時の言い回しの上手さは歴代でもトップクラスです!

そして、勝負の三本目。

ダメージの残る男ファイターはコーナーに寄り掛かり立ち上がることができません。

それを容赦せず踏みつけや尻で押しつぶす二岡。

二岡「ホラ、ギブアップしたら?」

卍固めもガッチリ極まり男ファイターは絶叫をあげます。

二岡「ここを攻撃されたらどうなるのかしらね?」

男にはキツイ電気あんま!

胸も揺れまくり掛けられている側はどうにかなってしまいますよ。

二岡「素直に負けを認めなさい。あなたは私に勝てないってことを。あなたは弱いから勝てないのよ」

このジワジワ攻め立てる言い方も極上です。

あくまでプロレスとして相手を屈服させようとしているのがいいです!

しかし、男ファイターもこのままやられっぱなしではありません。

二岡を持ち上げると

パワーボム炸裂!

悲鳴をあげダメージを食らってしまう二岡。

カウントが入りますが何とか2で返します。

男ファイターの反撃開始。

今度は電気あんまの仕返しで二岡を苦しめます。

めちゃくちゃセクシーな声を出し苦しみますが、この格好は巨乳が強調されるので見入ってしまいますww

マジでいい体してるわぁ。

続けて4の字固め。

二岡の巨乳がポロリしますが、痛みのあまり二岡はコスチュームを直しません。

しばらくは二岡のセクシーな痛がり方と胸を堪能することができるシーンが続きます。

逆エビ固めがガッチリ極まりピンチの二岡。

プロレススキルが高いとは言え、所詮は女。

男「男子の方が強いって言ってみろ!」

二岡「アナタなんかに私が負けるわけがないわ!」

強がりますが戦況は劣勢。

男ファイターには敵わないのか、、、

しかし、ここで二岡再逆転!

サソリ固めで男ファイターの脚と腰を破壊しにかかります。

二岡「男子の方が女子より強いんじゃなくて、アナタより私が強いのよ」

これは名言です。

再びペースを握った二岡はさらに電気あんま。

この余裕の笑顔で男の弱点を責める姿は最高ですね。

しかし、ここで男ファイターは掟破りのローブロー。

股間を強打された二岡は思わずダウンしてしまいます。

そして、一本目でギブアップを奪った必殺のアルゼンチンバックブリーカー!

二岡の悲鳴がリングに響きます。

男「ギブか?」

二岡「ノー、負けない、私は、、、負けない」

女の意地で何とか耐える二岡。

男ファイターも蓄積したダメージがあり、遂に根負けし技を外してしまいます。

両者リングにうずくまりますが、先に復活したのは二岡でした。

男ファイターをコーナーに振ると、スピードと体重を乗せたラリアットが炸裂!

膝から崩れ落ちる男ファイター。

それを無理やり立たせボコボコにする二岡。

二岡「もうヘロヘロじゃない」

二岡はグロッキー状態の男ファイターをボロ雑巾のようにリング中央に投げ捨てます。

二岡「もう何もできないみたいねぇ」

男「やめてくれ、、、」

男ファイターを抱えあげると

パワーボム!!!

男ファイターの意識は朦朧。

カウントがコールされます。

しかし、これで決まりかと思いきやギリギリで回避する男ファイター。

男の意地もまだ消えていません。

二岡「あら?返す元気はまだあったのねぇ。でも、もう反撃はできないみたいね」

そう言うとコーナーに男ファイターをコーナーに登らせます。

すると、二岡は何とアルゼンチンバックブリーカーで男ファイターを担ぎ上げます。

二岡「ギブアップかしら?」

自分の必殺技を相手に、しかも女性にやられ絞め上げられる屈辱。

心も折れてしまった男ファイターは遂に

男「ギブアップ!ギブアップ!」

と敗北宣言。

ハンデなしのMIXファイトは二岡に軍配が上がりました。

この人ほど男を踏みつける姿が絵になるファイターはいないですね。

二岡「フフ。口ほどにもないわねぇ。男だとか女だとか関係ないの。分かるかなぁ?ただ私が強い二岡ゆりなの。アナタが勝てるわけがないのよ。ちゃんと勉強してから来てちょうだい」

さらに顔面騎乗で屈辱を与えます。

この髪をかきあげ、ドヤ顔で見下す姿のエロイこと。

二岡「ごめんなさい、私強くて♡」

いやぁ、最高の勝ちセリフですよ。

ファイターたるものプロレススキルもさることながら

相手を精神的に追い詰める言葉責めの上手さも重要だと思っています。

自分の中ではルックス・言葉責めで最高ランクに位置する女優。

今でも見てしまう女優さんですね。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】