妄想MIXボクシング Vol.10

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

妄想MIXボクシング Vol.10

対戦ファイター:松波しずか(B:90 W:59 H:88)

巨乳ボクサー・松波しずかとのボクシング対決!

ヤンキーしゃべりなので苦手な人にはおすすめできませんが、

強気な顔とサディスティックな言い方、ときおり見せるM性にハマってしまいます。

互いにグローブを当て試合開始。

体格だけなら男ボクサーよりもしっかりしてます(失礼ww)

序盤、パワーを生かしたパンチに男ボクサーは劣勢。

全ての威力を受け流すことができずたまらずダウン!

松波「オラ立てよ、男だろてめぇ!」

松波「男のくせにだっせぇな、本当に」

この見下しながらのオラオラ系言葉責め。

最初はウッと思ってしまったのですが、この顔立ちだからでしょうか?

見続けると中々どうして良くなってくるんですよね。

何とか立ち上がった男ボクサーですが、松波の攻撃は激しさを増すばかり。

強烈なパンチに何度もダウンしてしまいます。

立ち上がる度に何度も何度も倒されてしまう男ボクサー。

一方的な展開です。

松波「早く立てよ!面白くねぇんだよ」

もはやサンドバッグ状態の男ボクサー。

しかし、ここで男ボクサー意地の反撃。

力を込めた渾身のパンチが松波の顔にクリーンヒット!

松波「アッ!はぁ、、はぁ、、」

リング上に崩れ落ちる松波。

さっきの威勢はどこへやら、しおらしく顔を歪めてしまいます。

立ち上がるも男ボクサーの反撃は続きます。

ボディ、顔と強烈なパンチを繰り出し、松波を追い詰めていきます。

今度は逆に何度もダウンさせられてしまう松波。

豊満な胸を上下させながら息を切らせ、ダウンカウントを聞く光景が続きます。

フラフラになってきた松波はたまらず男ボクサーにクリンチ。

男ボクサーは引き離そうとしますが、その時松波のブラがはだけてしまいます。

思わず凝視してしまう男ボクサー。

松波「何見てんのよ!」

松波、怒りの左フック!!

男ボクサーはガードできずたまらずダウン。

松波「おっぱいごときにヤラれてんじゃねぇよ、男が」

松波「結局女と試合組んだのもおっぱい見たいからだろ?」

松波の調子が戻ってきました。

何とか10カウントを逃れた男ボクサーは今度は自分からクリンチ。

するとさらにブラがズレ、松波の巨乳が顕に。。。

そして、先程と同様にノーガードでパンチを受けてしまいます。

女性にこの技使われたら男は勝てないんじゃないですかね?

女性への免疫がないことに気がついた松波は男ボクサーに自らの胸を擦り合わせます。

思わぬ攻撃に狼狽する男ボクサーに対し、、、

松波「どう?おっぱいの感触は?気持ちいいでしょ?アソコも試合中なのに勃っちゃってるし、あなたボクサーとして失格なんじゃない?」

耳元で男ボクサーを挑発する松波。

試合中にこんな風に責められたら男はたまったものではありません。

松波「別にこれ反則じゃないじゃん?」

そう言うと胸に顔を押し付け男ボクサーの動きを封じます。

何とも羨ましい技です、、、

そして、動きの止まった男ボクサーに向かって渾身の右アッパー!

男ボクサーは立つことができず10カウント!!

松波「胸になんか動揺してるから負け犬になんだよ!自業自得だよ、ま・け・い・ぬ!」

後半圧倒していた男ボクサーですが、松波の巨乳に敗北したと言ってもいいでしょうね。

しかし、この決着に納得がいかない男ボクサーは練習中の松波に文句をつけに行きます。

松波「誰かと思ったらあたしに負けたダサい男じゃん」

男「あれはまぐれだよ。あのまま本当だったら俺が勝ってたんだよ」

松波「あ?もう一回試してみるか?」

男「上等だよ」

再び相まみえる両者。

しかし、実力の違いを男ボクサーはまだ分かっていませんでした。

パンチを交わされ、逆に強烈なストレートを食らいダウンしてしまう男ボクサー。

勝負はまさに一瞬でしたww

ダウンして動けなくなった男ボクサーに松波の手が伸びます。

松波「お前さぁ試合でも裏に乗り込んできて負けるとかざまあねぇな、男として」

グローブで股間を擦られ、ボディーにパンチを食らいビクビクと反応してしまう男ボクサー。

松波「お前は女の私に2度負けたんだよ」

松波「ホントは私とヤりたかったんじゃないの?試合中から」

男ボクサーは拒否しますが、松波のテクにだんだんと感じてきてしまっています。

顔面騎乗されながらのグローブコキ。

松波は男ボクサーに圧倒的な敗北を与えようとします。

松波「本当はこうしてほしかったんだろ?」

それでも男ボクサーの闘志は消えず、決して女に屈さないという姿勢を見せています。

すると、松波は自らコスチュームを脱ぎ男ボクサーを愛撫。

松波のエロテクに声を挙げてしまう男ボクサー。

粗暴な口調とは打って変わって中々丁寧な愛撫をする松波。

これは気持ちよさそうです。

そして騎乗位。

気持ちよさに男ボクサーの抵抗力がなくなっていきます。

松波「無駄な抵抗してるんじゃねぇよ、気持ちいいんだろ?」

男「あああ、イク!!」

しかし、中出しを許すほど優しい女ではありません。

手コキで十分と搾り取ろうとする松波。

男ボクサーはもう絶頂寸前です。

すると、松波は「いいこと思いついた」と言い男ボクサーを立たせます。

そして壁に立たせてパンチを浴びせます。

すっかりドMに調教されてしまった男ボクサーは触られているわけでもないのに感じまくります。

殴られる度に「アッ、アッ」と声を出し、最初の威勢は見る影もありません。

松波「やっぱり殴られるの好きなんだ?ドMじゃん、弱っちい」

男「アッ!ああ!」

松波「女にも勝てない負け犬。でもこうやって言葉で嬲られるのが一番気持ちいいんだろ?」

男「き、気持ちいいです、、、」

そして、遂に殴られながら射精してしまう男ボクサー!

こんな感じでフィニッシュを迎える作品があったでしょうか?

実に屈辱的な敗北です!!

足腰が立たなくなった男ボクサーを見下ろし、蔑んだ目で見る松波。

松波「これからもお前のことぶん殴ってやるよ、可愛がってやるからさ」

男「はぁはぁ、、」

松波「イカしてくれてありがとうございましたはねぇの?」

男「あ、ありがとうございました」

松波「ありがとうございました、しずか様だろ?」

男「ありがとうございました、しずか様、、、」

完全に調教されてしまった男ボクサー。

松波「いい気味w新しいおもちゃみーつけた」

ボクシングでもエロでも圧倒的な強さを見せた松波の前に奴隷と化した男ボクサー。

正直、格闘フェチの中でも好みが分かれるでしょうが、

自分にとっては好きなジャンルになりますね!

 

【DVD版】

【ダウンロード版】