テイテイ ~テイルズ・オブ・テイ~

テイテイ ~テイルズ・オブ・テイ~

サークル・ ピンチメーカーさんによる初作品「テイテイ」。

サークル様のコンセプトが、

「勝てるはずの敵に弄ばれる。自分の使命を背けて快楽に溺れる。」

というものなので、自分よりもレベルの低い相手に蹂躙されてしまうシチュが好きな人向けの作品です。

 

勇者に憧れていた少年テイ。

女神セレシアが彼を勇者に選ぶことにより、人間界に潜んでいたサキュバスが動き始める。

それぞれの目的のために、そして勇者の力を自分の物にするために。

 

主人公のテイは、ショタ系のルックスで女性経験もない状態。

しかし、彼が眠っていた勇者の才能を覚醒させたことで、サキュバスに狙われる展開に。

最初は優しかった女性たちが、サキュバスであることを明かし、

主人公に襲い掛かってくる内容となっています。

 

敵のサキュバスに対するこだわりはとにかく素晴らしいです。

対戦できるサキュバスは4人ですが、1人1人にしっかりとエロ要素を詰め込んでいます。

バリエーションのあるエロ攻撃に言葉責め、こちらを挑発するようなイラストなど、

とにかく丁寧に作られています。

さらに、戦闘を含めエロシーンはフルボイス。

声優さんたちの巧みな言い回しがそれぞれのキャラにマッチして興奮度を高めます。

 

ザコ敵との戦闘はただぶつかるだけで経験値が溜まるので、

ストレスを感じずにストーリーを進めることができます。

サキュバス以外のボス戦は多少時間がかかりますが、

簡単にレベルが上がるため苦労することはないでしょう。

 

主人公の負け方や選択肢によって、ルートが分岐するため、

勇者の役割を果たすのか、それとも快楽に溺れてしまうのか、

プレイヤーの決断で物語が変化していく設定もよいところです。

 

今回が初作品ということなので、色々気になるところも正直ありました。

戦闘は相手の魔法を吸い取ってゲージを溜める仕様ですが、

装備は火・水・風・土のどれかしかつけられないため、その属性の魔法が来るのを待つしかない。

サキュバスには魔法を吸い取ったゲージで攻撃しないとダメージを与えられないので

どうしても時間がかかってしまいますね。

女のザコ敵もいないので、彼女たちと戦闘シーンになるまでは純粋なRPGを楽しむことにww

エロとのバランスを考えると、6:4くらいの気分でいないと

アダルトゲームメインで想定すると、少し疲れてしまう印象ですね。

 

ただ、そこのデメリットを踏まえても、各キャラクターのエロさ、

ショタ主人公が快楽に溺れていく様は、中々やりごたえがあります。

こだわりが見えるサキュバスとのエロ戦闘は一度プレイしてみてもいいのではないかと思いますね。

体験版で興味がわいたら、ぜひ製品版もプレイしてみてはいかがでしょうか。