レズバトルフィールド 05 ~序盤から決着前まで~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

レズバトルフィールド 05

対戦ファイター:並木杏梨・茉宮なぎ

経験豊富なお姉さまVS新進気鋭のロリ系美少女とのマッチアップ。

茉宮は桜ゆりと言い、巨乳ファイターと試合を組まされることが多いですね。

リング上で対峙した2人はお互いに、相手をディスり、どちらがテクがあるかと口論になります。

並木「テクニックテクニックって言ってるけど気のせいなんじゃないかな?」

茉宮「じゃあ、やってみる?」

私服姿のままバチバチの両者。

コスチュームに着替えることを提案し、本格的なレズファイトが始まります。

リングコスチュームに身を包んだ2人は、ゴングと共に絡み合い、愛撫を開始。

胸や股間を愛撫し、リングには美女による吐息が漏れていきます。

並木「息が荒いんじゃない?」

茉宮「あなたこそ、変な声漏れてるわよ」

年上の妖艶なテクニックを見せる並木と、年下ながらエロい手つきで責める茉宮。

どちらの愛撫も非常に気持ちよさそうです。

しかし、この攻防は徐々に優劣が表れていきます。

並木の全身をトロケさせるような愛撫に、体をビクンとさせてしまう茉宮。

茉宮「中々やるわね、、、」

と、強がるも、声がエロくなり、足腰もガクガクしてしまいます。

茉宮は我慢できず、遂に崩れてしまいます。

並木はすかさず後ろに回り、愛撫を続行。

並木「あら、どうしたの?しゃがりこんで」

茉宮「あうっ!アッアッ、、、」

並木「気持ちいいでしょ?」

茉宮「そんなこと、、アッ!」

体をくねらせ、必死に快感を和らげようとする茉宮ですが、

並木のテクニックがじわじわと体を蝕んでいきます。

このままではまずいと感じたか、茉宮は上半身をひねって反撃開始。

並木の自慢の胸を揉んでいきます。

茉宮「あなただって、本当はおっぱい揺らして欲しいんでしょ?どうなのよ?」

と、言葉責めを交えて並木を責めていきます。

茉宮「その強がってる表情も、ここイジメてあげるとどうなっちゃうのかしらね?」

並木「アッ!」

茉宮「余裕がなくなってきちゃうんじゃない?」

さすが劇団経験者だけあって、茉宮の言葉責めは上手いですね。

ペースを掴んで来た茉宮ですが、並木も好きにはさせません。

茉宮の頭を掴んで、自慢の巨乳に押し付けていきます。

男でも女でも、この感触を味わってしまうと動きは鈍ってしまうでしょう。

しかし、茉宮も負けじと股間に集中攻撃。

気持ちいいポイントに当たったのか、並木は体をビクンビクンさせて感じています。

茉宮「すっごい、ビクビク動いちゃって。もう何も言えなくなってきちゃったのかしら?」

並木「何よ、、アッアッ!」

経験豊富な年上美女が、ロリ系に責められる展開がそそります。

試合は一進一退の攻防が続き、今度は並木のターン。

茉宮を四つん這いにして押さえ込むと、

股間をエロく愛撫したり、コスチュームを食い込ませたりと、妖艶なテクを披露します。

並木「さっきまでの威勢はどうしたの?お嬢ちゃん」

茉宮「アッアッアッ!」

並木の挑発に、茉宮は喘ぎ声を返すことしかできません。

調子が出てきた並木は、茉宮のコスチュームをはだけさせます。

形のよいCカップが露わになり、直接責められてしまう茉宮。

大人キスも加わり、快楽がどんどん押し寄せていきます。

劣勢になっているものの

茉宮「今に見てなさい」

と、強がる感じがいいですね。

茉宮も並木のコスチュームを脱がせ、必死に抵抗。

お互いトップをむき出しにした状態でいやらしく胸を擦りあわせる展開に。

サイズの違いこそあれど、美女同士が胸を合わせるシーンは非常にエロいです。

並木「あなたも感じてるんじゃないの?」

茉宮「どっちが先に落ちるかしらね」

まだまだ両者の気迫はバチバチ。

共にSっ気を振りまいて、相手にアドバンテージを与えません。

並木は茉宮を押し倒すと、巨乳で圧迫。

並木「ほらほらほらほら!おっぱい潰されて恥ずかしい声が出てるわよ」

茉宮「アッ!まだまだよ、、手加減してあげてるのが分からないのかしら」

茉宮も並木を押し倒してお返し。

胸の大きさで劣る茉宮が、巨乳を押しつぶすのは気分がいいでしょうね。

2人のエロさはヒートアップ。

座ったままの状態でお互いの胸や股間を愛撫していきます。

しかし、これだけでは決定打にならないと踏んだのか、並木が次の手に出ます。

股間同士を擦りあわせる貝合わせ。

腰を動かすたびに、お互いの胸がエロく揺れまくります。

それぞれの喘ぎ声が大きくなり、リングに響いていきます。

しかし、徐々に流れは並木に傾きます。

激しい腰振りに茉宮は顔が歪んでいき、体勢を維持できなくなります。

茉宮「あうっ!アッアッアッ!」

そして、遂に絶頂。

リングに倒れこみ、体をピクピクさせてしまいます。

並木「そんなにビクビクしちゃって。まさか、まさかねぇ」

茉宮「あうっ、、!」

体をフェザータッチされるだけで、体をピクつかせてしまう茉宮。

相変わらず受けのリアクションがエロ過ぎます。

しかし、茉宮もヤラレたままでは終われません。

リカバリーすると、並木に顔面騎乗を食らわせ動きを封じます。

茉宮「私のとっておきを食わらせてあげるわ」

顔面騎乗からの股間愛撫に、並木は苦しそうに体をバタつかせます。

茉宮「どう?苦しくて気持ちよくて、最高ね」

並木「んんんんーー!!」

並木は苦しいのか、気持ちいのかわからない声を出していますが、

茉宮は気にせず、股間を愛撫し続けます。

こうなると、如何に経験豊富な並木と言えど、我慢できません。

並木「あああああ!!!」

茉宮「あ~すごい、体ビクビクしてる」

並木は対戦相手に尻に敷かれながら、絶頂してしまうという屈辱を味わってしまいます。

茉宮「ウフフ、もうおしまい?こんなに可愛いお顔になって」

年上を挑発するような言葉責めとキス。

茉宮のS度は高めなので、男とのバトルファックもぜひ見たいところです。

並木に馬乗りになり追撃態勢に入る茉宮。

しかし、並木もそう簡単には終わりません。

下から茉宮の胸を愛撫し、動きを封じます。

並木「マウントを取った気でいたんでしょ?」

茉宮「アッ!やめなさい、、あああ!」

茉宮のコスチュームに手を伸ばした並木は、強引に脱がせにかかります。

抵抗むなしく全裸にされてしまう茉宮。

これでもう彼女を守る布地は何もありません。

防御力がなくなった股間に手マン攻撃を食らわせる並木。

茉宮の声がみるみるうちにエロくなっていきます。

並木「どうしたの?」

茉宮「アッアッ!離しなさい、、、」

並木「もっとしてって?」

茉宮「ああああ!!!」

並木「ほら、もっと感じなさいよ」

茉宮「ああああ!ああああ!イクッ!!あああ!!」

茉宮、再びの絶頂。

体を痙攣させ、快楽に浸っています。

並木「またイッちゃったの?か~わいい」

茉宮もバカにされたままで終わらせるつもりはありません。

イッたばかりの体を奮い立たせ、並木のコスチュームを脱がせにかかります。

並木のエロボディも露わになってしまいます。

茉宮はむき出しになった股間に息を吹きかけたり、愛撫したりと、やりたい放題。

並木「アッ!ヤッ!」

茉宮「もう拒否する力もないの?」

激しい手マン攻撃に声があふれまくってしまう並木。

茉宮に愛撫をされるたびに、巨乳がぷるぷると揺れまくります。

並木「あああ!やめて、、」

並木「あああ!ダメダメダメ!」

茉宮「ダメ?」

並木「イクイクイク!!!」

体をビクンと反応させ、こちらも2度目の絶頂を迎えてしまいます。

ここまでは完全に互角の勝負を繰り広げています。

意地と意地がぶつかる試合も終盤戦。

茉宮「体力じゃ負けないわよ、あなたが先にイキなさい!」

並木「テクニックと体力じゃ違うのよ!」

両者とも腰をエロく動かし、相手を絶頂に誘っていきます。

試合の明暗を分ける最終局面。

ここからそれぞれの結末ルートが分岐していきます。

ここまででも、エロボディの並木、リアクションの茉宮と、魅力を存分に楽しめますが、

両者ともエロい敗北が待っています。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】