レズバトルプライド 04 ~それぞれのif展開~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

レズバトルプライド 04

対戦ファイター:藤井レイラ・一条みお

【サイドA】

両者一歩も譲らない攻防でしたが、やはりコーナーを背にしている藤井の不利が徐々に表れてきます。

一条のエロい腰振りに藤井の表情に余裕がなくなっていきます。

一条「ほぉら、これがいいんでしょ?こうやって突き上げられるのが好きなんでしょ?ほらほらほらほら」

藤井「アッアッアッアッ!!」

藤井「アッアッ!ダメッ、、、!そこ、、、」

一条「ダメ?ここダメなの?」

藤井「あああ!ダメェ!ダメェ!イク!イクッ!!」

一条のテクに藤井は体をのけ反らせイッてしまいます。

自分の有利を確信した一条は、年上の藤井にわからせキス。

一条「あれぇ?あれれ~?イッちゃったの?いやらしい」

イッたばかりの藤井はキスに抗うことができません。

ヤル方も、ヤラレる方もリアクションがとにかく素晴らしいですね。

勢いに乗る一条は、藤井をリングに放り投げます。

まだ闘志は消えていない藤井ですが、体は擦られただけで敏感に反応してしまいます。

一条「イッちゃったから、体がビクビクしちゃって大変だねぇ。ウフフ」

藤井は抵抗しようにも体の痙攣を抑えられません。

一条はさらに藤井の心を折ろうと、コスチュームを全て脱がしにかかります。

藤井のエロボディが露わになってしまいます。

そして、無防備な股間に手マン攻撃。

一条「気持ちいいんだ?ここ。気持ちいいんでしょ?」

藤井「アッアッアッ、、、!」

一条のテクに、最初の挑発通りマグロになっていく藤井。

一条「ねぇ、クチュクチュしてますよ?お姉さん?」

藤井「ウッウッ!ああああ!イクッ!!」

一条「アハハハ!」

一条の挑発されながらのベロチューに、体を激しくビクつかせ絶頂。

年下に翻弄されるお姉さまキャラがバッチリハマってますね。

一条は尚も手を緩めません。

藤井の後ろから脚を絡ませ、無理やり開脚。

恥ずかしい格好にさせられた藤井ですが、この体勢では何もできません。

一条「恥ずかしい。赤ちゃんみたいな格好してる~どうせ乳首も感じるんでしょ?」

藤井「あうっ!!」

一条「ほら、乳首でイッてごらんなさいよ」

藤井「あああ!ダメェ!!」

一条「ほらほらほらほら!」

藤井「ああああ!!」

一条「おマ〇コヒクヒクしてる。スケベ!エッチ!変態!」

藤井「あああ!イックッ!!」

乳首を弄られただけでイッてしまった藤井。

もう快楽を止められない様子です。

挑発を繰り返しながら藤井を犯していく一条。

一条「変態。変態。変態。ね、私は変態ですって言ってごらん?私は変態ですって」

藤井「うるさい、、」

一条「私は変態マゾ女ですって言ってごらん」

藤井「うあああ!!」

一条の責めに藤井はアヘ顔を晒し、よがりまくり。

藤井「あああ!だめぇ、、」

一条「イクの?ほら、イカせてあげる」

藤井「あああ!ダメダメダメ!!」

一条「イケイケ!イケほら!イケ!!」

藤井「イクッ!!」

藤井のエロ過ぎるリアクションは実に見ごたえがありますね。

藤井はもう満身創痍。

一条は楽しそうに藤井の体を弄りまくります。

一条「気持ちよかったですかぁ?どうですか?負け認めましたか?」

藤井「う、う、、」

一条「負け認めた?まだ足りない?まだイカせてほしいんですか?」

藤井「あうっ!!」

一条「あ~乳首ビンビンになっちゃってるね」

藤井「アッアッ!!」

一条「ドMちゃんだからさぁ、マグロだからさぁ、そういうことでしょ?」

一条の小悪魔の笑顔が最高です。

アイドルフェイスのドSっぷりはたまりませんね。

一条は69の体勢になり、股間を愛撫。

そして、エロい腰使いで藤井の顔にバンバンと当てていきます。

藤井も責めれる体勢ですが、ヘロヘロになった状態ではもう何もできません。

一条「もっと弄ってほしいの?」

藤井「アッアッアッ!やだぁ、、そこ、、」

一条「イク?イッちゃう?」

藤井「イクッ!!!」

藤井は激しく絶頂し、ここでゴングが鳴らされます。

彼女の痙攣を見たら、セコンドがいてもタオルを投げてるでしょうね。

一条「イッちゃったんだ?私の勝ちじゃん。言って、私の負けですって。言って」

藤井「う、う、、」

一条「言ってほら!じゃないとまた弄っちゃうよ、ここ」

もはや藤井の心は完全に折れてしまい、遂に敗北宣言をしてしまいます。

藤井「私の、、負けです、、」

一条「アハハハ!やったー勝ったー!」

藤井に跨ったまま、嬉しそうに万歳する一条。

妖艶さがありながらのこの無邪気さ。

人気が出るのが分かる可愛さです。

一条「あんだけ私のことバカにしておいて、恥ずかしい~」

そう言いながらお尻をパンパンと叩く一条。

そして、何度も藤井に謝らせ、ご満悦の様子です。

年上美女を手玉に取った一条は藤井に顔をぐっと近づけ

一条「じゃ、私の方がテクニックが上だったってことでよろしいでしょうか?」

と、小馬鹿にして挑発します。

藤井「はい、、私の、、私の負けです、、ごめんなさい、、」

一条「ウフフ、よく言えました」

一条は藤井に軽くキスをして、どっちが上であるかを植え付けます。

最後は無理やり股間キスをさせて勝ち誇る一条。

年上美女の舌をオナニーの道具として使い、気持ちよさそうによがります。

年下が年上を圧倒する展開が好きな人には、間違いなく刺さるルートでしょう。

 

【サイドB】

有利な体勢で責めていく一条ですが、藤井は余裕ぶりを見せます。

藤井「アンタの安っぽいテクニックじゃ全然効かないわよ」

一条「え?」

自信を持って責めていたテクでイカせることができず、一条は、そんな、というような顔を見せます。

一転、攻勢に出た藤井は一条をリングに押し倒します。

そして、コスチュームを一気に脱がせて行きます。

必死に抵抗する一条ですが、藤井のパワーに圧倒され全裸にされてしまいます。

藤井は一条をまんぐり返しにすると、股間を愛撫し始めます。

一条「やだ、見ないで、、、」

弱弱しい表情を浮かべる一条を気にもせず、愛撫を続ける藤井。

クンニも加わり、一条の喘ぎ声がますます大きくなっていきます。

藤井「いい声~」

一条「やめてってばぁ、、変態、、」

下から強気に抵抗を見せる一条の心を折るべく、藤井は恥ずかしい体勢での貝合わせを敢行。

藤井「ほら、感じるんでしょ?」

一条「アッアッアッ!やめてぇ、いやぁ!」

藤井「情けない顔。もう限界なんじゃないの?」

一条「違う!違う!違う!やめて!イッちゃう!!アッ!!」

無様な格好でイカされてしまった一条。

これは精神的にも大ダメージです。

表情が虚ろになった一条を立たせ、コブラツイストを仕掛ける藤井。

さらに、手マンや乳首舐めも加わり、一条は体をピクピクさせてしまいます。

藤井「すごいビンビン。ほら、足腰震えちゃってるじゃない」

一条「はぅぅ、、アッアッ、、、」

藤井「誰がさっきはマグロだって?」

一条「アンタのことでしょ、、」

藤井は生意気な年下に年上のテクニックを存分に味あわせます。

一条はもう自分の体を支えるので精一杯。

体をくねらせながらイクのを必死に我慢しています。

一条「アッアッ、、ダメ、、それ以上止めて、、、」

藤井「イッちゃうの?ほらぁ」

一条「違う違う違う!ダメェ!イッちゃう!!」

エロ過ぎるアヘ顔を晒しながら、またしてもイッてしまう一条。

受けのリアクションもとにかく素晴らしいですね。

こうなると、もう一条に立ち向かえる術はありません。

藤井はプロレスのテクニックも交えながら、一条を追い詰めていきます。

エグイ角度の逆エビ固めを極めながらのクンニ。

一条は痛みと快楽で、感情がぐちゃぐちゃになってしまいます。

藤井「ねぇ、もうイッちゃうの?」

一条「アッアッ!だめぇ、、」

藤井「イッちゃうの?」

一条「ああああ!だめぇだめぇ、、」

藤井「ほら、イキなさい!」

一条「あああ!イク!イクゥ!!!」

最初は凛としていた一条の表情は、もう見る影もありません。

藤井「随分と簡単にイクのね?」

体が敏感になっている一条に、藤井はバック突きで犯しにかかります。

今の一条にこの振動はあまりにもキツイ。

パンパンと肌を打ちつける音とエロい喘ぎ声がリングに響きます。

藤井「ほらぁ、気持ちいいんでしょ?これが」

一条「ああああ!イクイクイク!!!」

舌をだらしなく出し、気持ちよさそうなアヘ顔でイッてしまう一条。

マゾッぷりも一級品ですね。

ぐったりとした一条の体を後ろから抱え、楽しそうに責めまくる藤井。

一条は気持ちよさそうな顔をしながら快楽を溺れるのみ。

藤井「私に責められるの好きだもんね?」

一条「そんなんじゃ、、アッアッ、、」

藤井「ここ弄られると感じちゃうもんね。男の前でもいつもそんなバカみたいな顔してるの?」

一条「アッアッアッアッ、、、」

藤井「気持ちいいんでしょ?」

一条「アッアッアッアッ!!」

藤井「強く弄られるの好きなのはアンタの方でしょ?」

一条「あああ!ダメェ!!!」

藤井「ほらぁ、もっと大きな声で!」

一条「ダメェ!イッちゃう!ダメェ!!」

一条「イクゥーー!!!!」

リング上で大絶頂してしまった一条。

藤井の大人のテクニックの前にイカされまくり、再起不能になってしまいました。

強気な年下がイカされ、ぐったりとリングに這いつくばる姿がそそりますね。

藤井「分かった?所詮アンタのテクニックはにわかなの。分かりましたか?」

一条は藤井に完全におびえてしまい、声が出せていません。

藤井「アンタのそのエロ~い口でここにキスして」

敗者の一条を四つん這いにさせ、股間キスを要求する藤井。

一条はもう逆らうことはできません。

藤井「レイラ様には勝てませんでした。私の負けですって。復唱して」

一条「レイラ様には、、、」

藤井「全然聞こえない!負け犬は四つん這いでしょ!お尻突き出して」

一条「レイラ様には敵いませんでした、、、」

藤井「大きな声で」

一条「レイラ様には敵いませんでした、、」

藤井「私の負けです」

一条「私の負けです、、、」

藤井「よくできましたぁ」

一条の心を折り、キスまでさせた藤井は満足げに微笑みます。

藤井「もう二度と逆らっちゃだめよ。私になんて勝てっこないんだから」

一条は涙目でうつむくばかり。

彼女の被虐っぷりも流石でした。

 

一条みおのレズファイトということで、悩むことなく購入しましたが、

期待を裏切らない出来栄えでしたね。

キャラの異なる藤井との相性もよく、どちらの責め・受けも最高クラスでした。

一条は渚みつきとのマッチメークも控えているようなので、こちらのリリースも楽しみにしたいところ。

エロが絡まなければここでのレビューはないかもしれませんが、

それでも期待値の高い女優さんであることは間違いありませんね。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】