レズバトルフィールド 04 ~それぞれのif展開~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

レズバトルフィールド 04

対戦ファイター:園田ひなの・宝川莉子

【サイドA】

宝川の怒涛の反撃にあい、完全に立場が逆転。

ドSスイッチの入った宝川が一方的に責める展開になっていきます。

宝川「すごいビクビクしてるじゃん。ウフフ、どう?気持ちいい?」

園田「ああああ!イクッ、、、」

宝川「え?イク?大きな声で言ってみて?」

園田「ああああ!イク!!ああああ!!」

宝川の貝合わせでイカされてしまう園田。

体が敏感になってきた園田は、もはや触れられなくても感じてしまいます。

宝川「イっても続けるからね」

園田「うあああ!!」

宝川「息吹きかけられてるだけなのに、なんでそんな腰動いてるの?」

園田「アッアッ、、」

意外にも責めのバリエーションが多い宝川は、園田を楽しそうに犯していきます。

今度はコスチュームを無理やり食い込ませて愛撫。

屈辱的な攻撃ですが、園田は抗うことができず、喘ぎ声を出してしまいます。

宝川「すっごい欲しそうな顔で見てるね?腰上げて」

そう言うと、宝川は園田の腰を上げ、四つん這いにさせます。

そして、後ろからエロい手つきで責めていきます。

宝川の愛撫と耳元で囁かれる言葉責めで、

園田は体をビクビクビクとさせながら、可愛い声を発してしまいます。

園田「あああああ!」

宝川「あ~腰すっごい動いてる。お尻すっごく食い込んでるよ?」

園田「あああああ!!」

宝川「すご~い。どうしたの?顔めっちゃ赤いじゃん」

園田「ああああ!イク、、、」

宝川「え、イッちゃう?イッちゃうの?大きな声でイクって言って?」

園田「ああああ!イク!!!」

宝川のテクに成す術がない園田。

年下の相手にいいように転がされてしまっています。

宝川のキスにも応じることしかできません。

続けてクンニ攻撃。

股間を舐められ、乳首も同時に責められ、園田は体をくねらせ感じまくり。

クールな女性がエロに落ちていくシチュエーションは最高です。

こうなるともう宝川はやりたい放題です。

貝合わせで腰をぶつけ、園田を絶頂に誘います。

リングには腰がパンパンと当たる音が響きます。

園田「ああああ!イクッ、、!!アッ!!!」

宝川「え~またイッちゃったの?もう3回目だよ」

明らかにもっとイカせていますが、宝川からすれば、まだまだイカせ足りないといった様子。

宝川「感じてる顔可愛いじゃん」

ぐったりしたままの園田にキスをし、全身を愛撫。

園田は体力を回復しようにも、ここまで連続で弄られたらどうしようもありません。

勝負に出た宝川は一気に勝負をつけにかかります。

園田のコスチュームに手をかけ、全裸にさせていきます。

園田のスレンダーな体が露わになってしまいます。

もう園田に体を守ってくれるコスチュームはありません。

宝川は直接クンニを仕掛けていきます。

園田のアヘ顔がどんどんエロくなり、抵抗する力もなくなってきました。

宝川「また擦ってあげるね」

園田を正常位の体勢で責めていく宝川。

園田はすっかり体を預けてしまい、アンアンと喘ぎまくり。

クールビューティがアイドル系美女に犯されていきます。

園田「あああ!ダメェ!いやぁ、、」

宝川「イク時はちゃんとイクって言うんだよ?」

園田「ああああ!イク!!ああああ!!!」

宝川「そんなに気持ちよかったの?」

園田「はぁはぁはぁ、、もうダメ、、」

戦意喪失の園田ですが、当然宝川は手を止めません。

完全に敏感状態になっている股間に集中攻撃。

宝川「気持ちいい?」

園田「あああ!やだぁ、、」

宝川「気持ちいいって言って?ほぉら」

園田「あああ!ダメ、、イッちゃう」

宝川「イッちゃう?これでイッちゃうの?え~ダメ」

そう言うと、宝川は敢えて手での愛撫を中止します。

トドメに選んだのは得意の貝合わせ。

宝川「好きでしょ、これ」

園田「ああああ!ああああ!!もうダメェ、、!!」

エロ過ぎる腰振りを披露する宝川。

これを味わってしまうと、男も女も簡単に虜になってしまいそうですね。

もう園田には戦う力もメンタルも残っていません。

園田「ああああ!ダメ!!イク!!」

宝川「ダメ?どうしよっかな」

宝川はペースを落として焦らすなど、園田を完全に手玉に取っています。

園田「ああああ!イッちゃう!!あああ!イクッ!!!」

弄ばれた園田は遂に耐えきれずに絶頂。

試合続行は不可能となり、ここでゴングが鳴らされます。

小刻みに痙攣を繰り返す園田をドヤ顔で眺める宝川。

宝川「イッちゃった?」

園田「もう許してください、、もういやぁ、、」

宝川「許してほしい?」

園田「許してください、、、」

宝川「そんなに言うなら許してあげる」

園田の体にマーキングするかのように何か所にもキスする姿がエロいですね。

そして、敗者への制裁として股間キスを命令。

逆らうことのできない園田はすっかりマゾの顔で宝川の股間に口づけをします。

如何にもSっぽい顔立ちの女性が従順になる姿はそそります。

最後は園田を踏みつけ、笑顔を見せる宝川。

頭を踏まないあたりは、優しさが見えますね。

アイドル系巨乳美少女による勝ちパターンは非常に見応えがありました。

 

【サイドB】

宝川は、激しいエロテクで園田を追い詰めていきます。

調子が出てきた宝川が一気に園田をドミネーションしていくと思われましたが、、、

園田が体勢を入れ替えて形勢逆転。

園田「私が仕返しする番よ。散々やってもらったからお返ししてあげる。いっぱい気持ちよくなってね」

宝川「気持ちよくなんてなるわけないじゃん」

園田「どうかなぁ」

そう言うと、胸もみや乳首責め、ワキ舐めなどで宝川を責めていきます。

強がる宝川ですが、喘ぎ声を抑えられません。

園田「固い乳首出ちゃったよ」

宝川「アッアッアッ!!やめて、、触らないで、、、」

園田「もっと触ってほしいんじゃないの?」

園田のお姉さまプレイで宝川を追い詰めていきます。

宝川「やめて、、やめて、、」

園田「これで男を気持ちよくさせてるんでしょ?なんで自分が気持ちよくなってるの?」

宝川「気持ちよくなんかなってない、、」

必死に手で口を押えますが、全く意味をなしていません。

宝川「やめて、、それヤバい、、アッアッ!」

園田「気持ちいいんじゃないの?」

宝川「気持ちくない、、気持ちくない、、」

しかし、宝川が強がれば強がるほど、園田の責めは激しくなります。

たまらず体をビクビク反応させてしまう宝川。

園田「すごい気持ちよさそう。イッちゃった?」

宝川「イッてるわけないじゃん、、こんなんでイクわけないでしょ、、、」

ならばと乳首舐めをプラスし、宝川を責め立てていきます。

宝川「あああ!ダメ、、それ、ダメ、、そこやめて、、アッ!イク!!」

宝川は言い訳ができないほどの絶頂をしてしまいます。

責めの手を緩めない園田はまんぐり返しでホールド。

そして、無防備な股間と乳首を同時責め。

園田「こんな恥ずかしい格好して」

宝川「やめて、、!やだぁ、、」

園田「もっと恥ずかしい顔見せなさい」

宝川「やだぁやだぁ、こんなの、、、」

弱音が出てしまう宝川ですが、意地でも「気持ちいい」と言わない強さを見せます。

ですが、この状態では虚しく言葉だけが響きます。

園田「イってもいいんだよ?」

宝川「イカない、、イカない、、」

園田「イっちゃいなさいよ」

宝川「あああ!ダメェ、、そんなに激しくしないで、、」

園田「気持ちいいんじゃないの?」

宝川「ああああ!イク!イキたくない、、!アッ!!イク!!」

宝川の抵抗はあえなく園田のテクで崩れ落ちます。

プライドの高い宝川をとことん追い詰めていく園田。

今度はドラゴンスリーパーで捕らえ、股間を弄りまくります。

宝川「やめて、、やめて、、、」

園田「エロいおっぱいして」

口では抵抗していますが、もはや体が言うことを聞かず、ぐったりしたまま。

当然この状態の宝川が耐えられるわけもなく、再び絶頂。

体をビクビクさせて、園田に体重を預けてしまっています。

強気な美少女がイカされまくる姿は最高にエロいですね。

宝川の心を折るべく、園田はコスチュームに手をかけ、上半身をむき出しにさせます。

宝川はEカップらしいですが、ムチムチボディなのでもう少しあるように見えますね。

そして、露わになった巨乳を容赦なく揉みまくり。

宝川の喘ぎ声とアヘ顔がどんどんエロくなっていきます。

園田「すごいおっぱい」

宝川「あああ!ダメ、それ、、、」

園田「乳首が好きなんだね?気持ちよさそう」

宝川「ああああ!!」

園田「気持ちいいって言いなさい?」

宝川「あああ、、言わない、、」

園田「気持ちくないの?」

宝川「待って、、それ以上動いたら、、イク!」

園田「イク?」

宝川「ああああ!イッてる、、イッてる、、!!」

イってる宝川に容赦なく追撃する園田のSっぷり。

流石の宝川も体の痙攣が激しくなってしまいます。

グロッキーの宝川に覆いかぶさり、キスをしまくる園田。

愛撫を続けるうちに宝川は耳が弱いことを発見します。

園田「もっとして欲しいんでしょ?そんな顔して」

宝川「やだ、、!だめ、、耳!耳止めて、、耳やめてぇ、、」

園田「耳ダメなんだぁ。すごいいい顔してるよ?」

宝川「ああああ!!」

弱点まで見つけられてしまった宝川にもはや手はありません。

上も下も園田の好きなように犯され、アヘ顔を晒すことしかできません。

園田「イッちゃうの?またイッちゃうの?イクって言いなさい。女でイクって言いなさい」

宝川「ああああ、、やだぁ、、」

園田「気持ちいいって言って?」

宝川「イクッ、、イクッ、、イクッ!!ああああ!!」

宝川の受けのリアクションも抜群ですね。

どこを触られても体を反応させてしまう宝川。

園田「ここ舐めてほしいんじゃないの?」

宝川「やだぁ、舐めないで、、、」

もちろん、園田が願いを聞くわけもなくクンニで宝川を追い詰めていきます。

園田「これならもっと気持ちいいんじゃない?」

宝川の首を脚で挟み、動きを止めてからの愛撫。

プロレスも交えた責めに宝川は手も足も出ません。

こうなってしまうと、もうイカされるしか選択肢はありません。

園田「そんなに興奮してるの?女で興奮するなんて恥ずかしい~」

宝川「アッアッアッアッ、、ダメ、、」

園田「イキなさい。イッていいのよ」

宝川「ああああ!イクッ!!!ああああ!!」

痛みと気持ちよさの混じった責めに、宝川の精神も破壊されていきます。

そろそろトドメを刺すべく、園田は宝川のコスチュームを全て脱がせます。

ムチムチのエロボディが晒され、あられもない姿に。

明らかに劣勢ですが、

宝川「私が女なんかに感じるわけないじゃない」

と、まだ虚勢を張るメンタルは残っています。

しかし、その強がりはかえって園田のS心に火をつけるだけ。

まんぐり返しでホールドされ、直接股間を愛撫されてしまいます。

宝川のトロケた喘ぎ声が響きます。

そして、トドメは屈辱的な体勢での貝合わせ。

園田「これが好きなんじゃないの?」

宝川「やだ、やめて、、それやだ、、それやだぁ!!」

上からズンズンと腰を落とされ、宝川は悶絶。

園田「すごい濡れてる。気持ちいい?」

宝川「き、気持ちくない、、あああ!もう無理、、」

園田「ん?」

宝川「もう無理ぃぃ、、イク!イク!!」

最後まで必死に抗った宝川でしたが、ここで遂に戦闘不能。

絶頂と同時にゴングが鳴らされます。

宝川「もう無理、、、もうやめて、、、」

すっかりしおらしくなってしまった宝川に、園田は楽しそうに胸を揉みます。

園田「もうやめていいの?まだイキたいんじゃないの?もう降参?」

宝川「ごめんなさい、、」

園田「試合前の威勢どうしたの?ごめんなさいってもっと大きな声で言って」

宝川「ごめんなさい、、、!」

宝川に謝らせた後は、こちらも股間キスの制裁。

強気な女性ファイターが四つん這いになって許しを乞う姿がエロくていいですね。

園田「よくできました」

と、園田は宝川を踏みつけます。

園田「負けた顔もっと見せて。ウフフ、すごくいい顔してる。私に喧嘩売るからこうなるのよ。分かった?」

宝川「ごめんなさい、、、」

クールビューティな園田にイカされまくった宝川。

試合開始からカウントすると相当数絶頂を迎えていますので、とにかくエロを堪能できる作品ですね。

宝川の言葉責めの上手さ、園田の小刻みなイキっぷりのエロさと、

想像していなかった部分での満足度が高い対決でした。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】