レズバトルフィールド 04 ~序盤から決着前まで~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

レズバトルフィールド 04

対戦ファイター:園田ひなの・宝川莉子

クール系美女・園田と、アイドル系美少女の宝川によるレズファイト。

モデルのようなスタイルで美形の園田と、着衣状態でも分かるよい肉感の宝川と魅力の異なる2人の対決です。

例のごとく、相手のファッションや体型をディスる両者。

口論はどんどんとヒートアップしていきます。

リング中央に歩み寄ると、お互いに胸を愛撫していきます。

園田は宝川の巨乳が若干面白くない様子ですね。

しばらく胸を揉みあっていましたが、埒が明かないと感じたのか、

コスチュームに着替えて戦うことを提案します。

リングコスチュームに着替えて再び対峙する2人。

胸元の空いたピンク色と、ピチピチの黒コスチュームと、それぞれのスタイルを際立たせる衣装です。

まずは先ほどの続きとばかりに、胸を重点的に責めあいます。

しかし、経験の差か、宝川の感じやすい体質のせいか、徐々にペースは園田に傾きます。

胸だけでなく股間にも手を伸ばして愛撫する園田。

園田「そんなに気持ちいいの?」

宝川「気持ちよくなんかないわよ、、アッ!」

宝川の腰がガクガクし始め、表情もエロくトロケていきます。

早くもリングに転がされてしまった宝川。

園田は馬乗りになると、宝川の巨乳を揉んだり、乳首を弄ったりとテクを披露します。

宝川「あうっ!アン、、やめて、、」

園田「意外と感じやすいんだね」

宝川「アッ!女になんか、、感じてないから」

宝川の口から強がりと喘ぎ声が漏れていきます。

園田「嘘ついちゃダメだよ」

宝川「アッアッ!感じてなんかない、、感じるわけないじゃない」

園田「すごいエロい顔してるよ」

虚勢を張る宝川に、乳首責めを敢行する園田。

宝川の体がエロく痙攣していきます。

園田「もしかして乳首だけでイッちゃうのかな?」

宝川「イクわけないじゃない、、アッアッ!やめて、、いや、、イクッ!アッ!!」

言葉とは裏腹にイカされてしまった宝川。

巨乳美女のイキ姿がエロ過ぎます。

園田はさらに責め立てます。

まんぐり返しでホールドすると、今度は股間を愛撫。

ここでも「私が感じるわけないじゃない」と強がる宝川ですが、

体は正直で如実に反応してしまっています。

園田「イッちゃうんじゃない?また」

宝川「イクわけないじゃない、、アッアッ!いや、、い、い、イク!!」

もはや言葉がフリでしかない宝川。

あっという間に2度目の絶頂です。

園田は尚も責め続けます。

今度は腕十字を極めながら股間を愛撫。

宝川「ああああ!やめて、、、」

宝川は必死にもがきますが、拘束から脱出できません。

こうなると、もうイカされるのを待つだけ。

体をビクンと震わせ、3度目の絶頂。

ここまで簡単にイってくれると、責める方も楽しいでしょうね。

園田の怒涛の責めに抗えない宝川。

グラウンドコブラに捕らえられ、体をいいように弄られまくります。

園田は普通のプロレスでも実力を発揮してくれそうですね。

園田「全然あなたエロくないじゃない。こんなんで男イカせられるの?女でイキまくってる女」

宝川「あああ、いやぁ、、イッてない、、」

誰にでも分かるような意地を張り続ける宝川ですが、体は誤魔化せません。

ピクピクさせてから、再び体を大きくビクつかせてイッてしまいます。

このままワンサイドゲームになってしまいそうな勢いでしたが、宝川の逆襲がスタート。

宝川「よくもやってくれたわね」

と、園田を押し倒すと、馬乗りになって乳首を愛撫していきます。

乳首を重点的に責められ、園田の口から吐息が漏れ始めます。

宝川「さっきと態度が全然違うじゃない」

園田「アッ!そんなことないわ、、、」

腕を押さえつけられ、愛撫をまともに受けてしまう格好の園田。

クールな表情が徐々にトロケていきます。

気丈に振る舞う園田でしたが、責めているうちに宝川は園田が大きく反応してしまうポイントを見つけます。

宝川「あら?ワキが弱いの?」

園田「アッアッ!」

宝川「じゃ、こうしたらどうなるんだろ?」

園田「や、やめて、、」

宝川「え?やめるわけなくない?」

園田「ひあああ!!」

宝川にワキを舐められ、悶絶する園田。

大きな声を上げて反応してしまいます。

弱点を突かれ動きの鈍った園田。

宝川はここぞとばかりに、責めていきます。

まんぐり返しの体勢にして股間と乳首を集中攻撃。

園田の喘ぎ声がどんどん可愛く変化していきます。

宝川「早くイキなさいよ、ほら、ほらぁ」

園田「や、やだ、、ああああ!!」

宝川「やだ?嫌じゃないでしょ?好きなんでしょ?」

園田「あああ!イッちゃう!やだぁ!!あああ!イク!!」

宝川にイカし返された園田。

体を小刻みにビクビクビクと震わせて絶頂する姿がエロ過ぎです。

宝川「イッちゃったね?私の指で感じてイッちゃったねぇ」

ようやく一矢報いた宝川は尚も責めまくります。

ここからイカされた分を取り返したいところでしたが、、、

強引に体勢を入れ替えられ、攻守逆転。

今度は園田が上になって宝川を責める番です。

宝川の打たれ弱さはもうわかっているだけに、マウントを取られると状況は一気にピンチに変わります。

宝川の巨乳を揉みながらの大人キス。

男でも女でもこんな美女にエロいキスをされたらたまりませんね。

宝川も例に漏れず、気持ちよさそうな声を出してしまいます。

そして、貝合わせに移行。

愛撫で責められまくった宝川にとって、この刺激はキツイ。

園田「ずいぶん気持ちよさそうだよ~」

宝川「アッアッ!ダメ、、やめて、、」

もちろん、園田が動きを止めるわけもなく

宝川「アッアッアッ!!イクッ!!」

と、またしてもイカされてしまう宝川。

体をピクつかせ、荒い呼吸を繰り返す姿がそそります。

追い打ちに、園田は宝川の股間に乗って腰を振りまくり。

まるでバック騎乗位のような体勢で宝川をイカせにかかります。

園田「気持ちいいって言えば?」

宝川「アッアッ、、言うわけないじゃない、、、」

ここまでイカされても、心が折れないメンタルは素晴らしいですね。

ピンチが続いている宝川ですが、力を振り絞り、園田を突き飛ばします。

前のめりで倒れてしまった園田に、すかさず襲い掛かる宝川。

突き出したお尻をピシャピシャと叩き、精神的にダメージを与えていきます。

そして、手足を動けなくした状態での股間愛撫。

これには園田もたまらずエロい喘ぎ声をあげてしまいます。

体をビクビクさせてしまい、イクのを必死に耐えています。

宝川は園田をまんぐり返しにすると、腰を下ろして股間を愛撫していきます。

手で弄ったり、貝合わせをしたりと、園田にやりたい放題。

モデル系の美女が無様な格好にされて責められる展開がそそります。

そして、宝川もお返しのバック騎乗位。

宝川「やってくださいって、言ってみなさいよ」

園田「アッアッアッアッ!」

宝川「気持ちいいでしょ?」

宝川のエロい腰使いに園田は喘ぎ声を止められません。

さらに、体を押さえ込んでの愛撫攻撃。

手で股間を、舌で乳首を責められ、園田の可愛い声が大きくなっていきます。

園田「あああ!やめて、、、」

宝川「イッちゃう?イクの?」

園田「ああああ!イクッ!!!うあっ!!」

ここで再びイカされてしまった園田。

園田のイキっぷりは激しくエロいので、見応えがありますね。

グロッキー状態の園田に追撃を仕掛ける宝川。

貝合わせで一気に攻勢に出ます。

園田「うああああ!!」

宝川「ほら、もっと抵抗して見なさいよ」

まだそこまでキャリアはないはずですが、宝川の言葉責めは中々そそります。

そして、体を密着させての股間愛撫。

宝川「ほら、ベロ出してごらん?もっと、もっと!」

園田「いやだ、いやだ、、、」

宝川「なんで?嫌なの?じゃあ、こうしちゃうよ。ほら出して。出してくれたら止めてあげる」

園田「あああああ!!」

宝川「ほら、私の指でこんなに感じてるんだから出して。早く」

イキやすい体質なのでM女かと思いましたが、本質はSの要素が多そうですね。

さらに、弱点のワキを舐めていく宝川。

園田は喘ぎ声を出しながら、体を反応させてしまいます。

年下に責められまくるお姉さまという構図が非常にエロいです。

序盤から一転、園田が責められる展開になっていきます。

宝川は園田のコスチュームに手をかけ、上半身を露わにさせます。

園田「あああ!やめて、、」

宝川「やめてじゃないでしょ。もっとやって、でしょ」

直接胸を責められた園田は、ますますエロい声を出してしまいます。

宝川「どう?気持ちいい?」

想像以上のSっぷりで園田を追い詰めていく宝川。

このまま押し切るのか、それとも逆襲が待っているのか。

それぞれのエロ敗北が楽しめます。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】