BFシリーズ SEXファイト改02 ~前乃菜々 編~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

BFシリーズ SEXファイト改02

対戦ファイター:前乃菜々

今やすっかりバトルの顔となった前乃がバトルファックに登場。

まずは手四つで組み合いますが、前乃はしっかり腰を落として男のパワーに対抗。

エロ勝負ですが、格闘スキルの高さも見せています。

しかし、徐々に押されていき、コーナーにまで追い詰められます。

そして、前乃の柔らかいお腹にボディブローを食らわせる男ファイター。

前乃の口から苦しそうな声が漏れます。

主導権を握りたい男ファイターは、尚も攻め続けます。

前乃の体を対角線に放り投げると、、、

エルボードロップで追撃。

実力者の前乃ですが、しっかり受けの美学を熟知していますね。

強いファイターが技を受けて悶える姿がそそります。

男ファイターは前乃の体を担ぎ上げ、アトミックドロップ。

そして挑発するように膝で股間をぐりぐりしていきます。

男「ギブアップか?」

前乃「ううう!そんなわけないでしょ」

解放され、リングに四つん這いになってしまう前乃。

男ファイターは、お尻を蹴って簡単に立ち上がらせません。

しかし、ここまでヤラレて前乃が黙っていられるわけがありません。

流れを一気に引き寄せる渾身のハイキック。

しっかり男ファイターの頭まで足が上がる、実に見事な攻撃です。

崩れた男ファイターの後ろを取り、チョークスリーパー。

今度は男ファイターが苦しそうな声を上げる番です。

リングに大の字になってしまった男ファイターに容赦なくスタンピングを食らわせる前乃。

男ファイターに確実にダメージを与えていきます。

男ファイターを立ち上がらせた前乃は、コーナーに磔にします。

そして、一旦距離を取ってからのロンダート。

からのエルボードロップ。

流れるような動きはまさしくプロレスラー。

前乃もそうですが、彼女たちの努力と格闘スキルには毎回驚かされますね。

そして、力を込めたラリアットが炸裂。

再びコーナーに押し戻すと、ドロップキックで追撃。

男ファイターはたまらずダウンしてしまいます。

前乃「何、もう終わり?早いわね」

マウントを取り、首を絞めていく前乃。

体の柔らかさがよく分かる開脚具合です。

男ファイターもこのままでは終われません。

下から前乃の首を絞めて応戦。

お互いに首を絞める格好になりますが、男ファイターのパワーに押し倒されてしまいます。

パワーボムで前乃にダメージを与えると、フォールには行かず追撃。

ダウンした前乃の脚を取り、関節を極めていきます。

前乃は必死にもがきますが、技を外すことができません。

さらに逆エビ固め。

いくら体の柔らかい前乃と言えど、高角度で反らされれば腰へのダメージが蓄積されます。

何度もギブアップを促す男ファイターに対し、前乃は必死に拒否します。

脚の力を使って強引に技を外した前乃。

すかさず男ファイターの腕と首を掴んで反撃していきます。

前乃「ギブアップしなさい」

男「ああああ、ノー、、、」

ギブアップを拒否する男ファイターを前乃はさらに絞っていきます。

並の男ならこの時点でギブアップしてもおかしくありませんね。

続けてキャメルクラッチ。

男「くそぉ、、こんなバカな、、、」

前乃の強さに男ファイターも徐々に焦りを見せ始めます。

フラフラの男ファイターを一旦立ち上がらせると、

今度は頭を抱えてフェイスクラッシャー。

容赦ない攻撃が男ファイターを襲います。

脚同士を絡め、四の字固めで痛めつける前乃。

しかし、男ファイターは必死に抵抗し、前乃の首を絞めていきます。

さすがの前乃もこれには耐えられず技を外してしまいます。

男ファイターは前乃をコーナーまで追い詰めると、起死回生のアルゼンチンバックブリーカー。

前乃の体を軽々と持ち上げ、腰を反らせて行きます。

前乃の苦しそうな声がリングに響きます。

ダメージを負った状態でリングに下ろされた前乃でしたが、すぐにリカバリー。

打撃で男ファイターを攻めていきます。

男ファイターは何とかするべく前乃を投げようと試みます。

ですが、フラフラの男ファイターに投げられるような素人ではありません。

逆に男ファイターの体をホックし、ブレーンバスター!

そして、そのままクラッチ。

体の柔らかさを存分に生かした関節技で男ファイターを追い詰めます。

体の固い男にとっては地獄のような痛みでしょう。

前乃「腰が折れるわよ。ほらぁ。ギブアップ?」

男「ああああ!ギブアップ!ギブアップ!!」

完全に力負けした男ファイターは、遂にギブアップしてしまいます。

男ファイターの顔面を踏みつけ勝ち誇る前乃。

前乃「大したことなかったね。私の勝ち」

前乃クラスだと、バトルファック作品でもプロレスまで見せてくれるんですね。

非常にありがたい構成です。

しかし、男ファイターはまだ負けを認めません。

男「今のはまぐれだ、、、エロファイトだったら、、バトルファックだったら、お前なんか一撃だ」

と、エロファイトを提案します。

前乃「負け犬の遠吠えね。いいじゃない、受けて立つわ」

と、快諾した前乃。

再びマウントを取った状態で股間に座り、腰をいやらしく動かしていきます。

前乃「エロファイトだって勝ち目ないから」

男ファイターも連敗はさけたいところ。

前乃の体を押さえつけ無理やりキスをしたり、胸を揉んだりと下から応戦します。

そして、首を絞め前乃をリングに押し倒します。

69の体勢に持ち込んだ男ファイターは、クンニで前乃を責め立てます。

前乃「あうっ!アッアッ、、」

エロい喘ぎ声が止められない前乃。

反撃しようにも気持ちよさから動きに精彩を欠いています。

男ファイターは前乃のコスチュームをはだけさせ、胸を露わにさせます。

そして、後ろから胸や股間を愛撫。

前乃は体をくねらせますが、拘束から抜け出せません。

男ファイターの責めに体を反応させてしまう前乃。

額にはプロレス勝負の影響で汗がにじんでいます。

汗をかきながらのエロファイトは、戦い感が強く出ていいですね。

こうなると、男ファイターはもう止まりません。

前乃のコスチュームをすべて脱がし、直接股間を愛撫していきます。

男「ほら、どうしたどうした?」

前乃「アッアッアッ!!」

悔しそうな顔を浮かべる前乃ですが、腰はどんどん上がっていき、喘ぎ声も大きくなっていきます。

このまま男ファイターがペースを掴んでいくと思われましたが、

前乃は器用に男ファイターの体を捕らえ、形勢逆転。

顔面騎乗の体勢を作ると、無防備な乳首や股間を弄りまくります。

前乃「ほらぁ、もう負けじゃない?」

前乃は男ファイターのコスチュームを脱がせ、フェラ攻撃。

前乃のような美少女に舐められていると想像するだけで興奮が高まってしまいますね。

男ファイターも例に漏れず、情けない声を出してしまいます。

前乃「ほら、なんて声出してんの?」

小馬鹿にしたような言葉責めもたまりません。

前乃は男ファイターを後ろから拘束すると、楽しそうに股間を愛撫していきます。

男ファイターはあまりの気持ちよさに前乃に体を預けてしまっています。

男「くそぉ、こんなバカな、、、」

前乃「何がエロファイトだったら勝てるよ。この勝負も丸わかりじゃない」

小悪魔のような笑顔で男ファイターを追い詰めていく前乃。

ロリっ子のような顔なのに、ドSというギャップがたまりませんね。

こんな目で責められたらあっという間にギブアップしてしまいそうです。

男ファイターを押し倒し、騎乗位で責めていく前乃。

一気にトドメを刺しにかかりますが、男ファイターも力を振り絞ります。

再び首絞めで前乃の動きを封じ、腰の動きを止めることに成功します。

前乃の動きが止まったタイミングで、下から激しく突いていく男ファイター。

前乃「アウッ!アンアン!!」

有利な体勢のはずの前乃からエロい声が漏れていきます。

男ファイターは前乃をリングに押さえ込むと、正常位で激しく突きまくり。

前乃「アッアッアッアッ!!」

男ファイターの腰が激しく動くたび、前乃の声も大きくなっていきます。

腕を押さえつけられ身動きのできない前乃。

ひたすら男ファイターの責めを耐える時間が続きます。

如何に前乃と言えど、このまま責め続けられたら絶頂は時間の問題か。

エロいリアクションを見せる前乃ですが、だんだん男ファイターの方からも息が漏れ始めます。

突いても突いてもイカない前乃に男ファイターも焦りが見えます。

その瞬間を前乃は見逃さず、脚で男ファイターを蹴り飛ばします。

再び上になった前乃。

今度は男ファイターに抵抗させないよう、脚で首を絞めながらの騎乗位。

男ファイターはだらしない声を上げながら耐えることしかできません。

男「アッアッアッ、、、気持ちいい、、」

前乃「もっと気持ちよくなっていいんだよ?ギブアップしちゃいなよ」

弱みを見せ始めた男ファイターに、小悪魔の前乃が襲い掛かります。

前乃「ほら、気持ちいいんでしょ?アハハ!!」

男「バ、バカな、、、」

前乃「この勝負も私の勝ちね」

トロケるようなテクニックに、精神的に追い詰める言葉責め。

今の男ファイターに耐えられる力はありません。

男「ああああ!あああ!イク!ギブギブギブ!!あああ!!!」

前乃の責めに遂に我慢の限界が来てしまった男ファイター。

何度も敗北宣言を口にし、ビクビクと体を震わせてしまいます。

騎乗位の体勢のまま男ファイターを見下す前乃。

前乃「ウフフ、あ~ビクビクしちゃって。この勝負も私の勝ちですね。アハハ!」

男「あ、あ、、負けました、、、」

イカせた相手をドヤ顔で眺める表情がたまりません。

前乃「私の勝ち」

男ファイターは意識朦朧の状態でぐったりしたまま。

プロレスでもエロファイトでも驚異的な勝率を誇る前乃。

この短い時間に、プロレスとエロ、両方見られたお得感もありますね。

彼女だけで1本作品を作れるだけに、非常に豪華な作品だと思います。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】