バトルファッカープロレスリング05 ~七碧のあ 編~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

バトルファッカープロレスリング05

対戦ファイター:七碧のあ

男と女がエロとプロレスで戦うバトルファッカープロレスリング。

第一試合には、雰囲気からエロスが漂う美女ファイター・七碧のあ。

微笑みながら

七碧「男なんかに負けない」

と、距離を詰めていきます。

男ファイターはパワーを生かして七碧を攻めていきます。

しかし、思ったよりもパワーがある七碧は徐々に男ファイターを押し返していきます。

そして、上手くパワーをいなして放り投げ。

男ファイターは早々にリングに転がされてしまいます。

序盤からペースを掴んでいきたい七碧。

しかし、男ファイターはすかさずローブローを食らわせます。

これには七碧は悲鳴を上げて体勢を崩してしまいます。

コブラツイストで七碧を捕らえる男ファイター。

そして、Gカップを思う存分揉みまくります。

男「どうだ?ギブアップだろ?」

七碧「そんな、、まだ、、ノーよ!」

と、男ファイターのエロ攻撃を耐えていきます。

ならばと男ファイターはスリーパーで七碧を攻め立てます。

七碧はセクシーな表情で悲鳴を上げます。

技を受けているときのリアクションが中々エロいです。

七碧もやられっぱなしではありません。

エルボーでスリーパーから抜け出すと、逆エビ固めで反撃。

七碧「苦しい?ギブアップかな?男なんてね、弱いの!」

続けて腕十字固め。

七碧「こんなもんかしら?」

ギリギリと男ファイターの腕を痛めつけていく七碧でしたが、

まだ男ファイターの体力を削るには至りません。

男「調子に乗るな!」

男ファイターは強引に技から抜け出すと、七碧を拘束。

そして、無防備な股間を容赦なく愛撫していきます。

七碧の口から気持ちよさそうな声が漏れていきます。

股間愛撫で動きが鈍ってしまった七碧。

中々起き上がれないところに、男ファイターの低空ドロップキックが炸裂。

リングに転がされてしまいます。

そして、七碧を起き上がらせると、いきなりの大技。

体を軽々と担ぎ上げ、、、

パワーボム!

はぁはぁ、と荒い呼吸を繰り返す七碧。

男ファイターはそのまま覆いかぶさり、カウントを取り始めます。

しかし、カウント1で返すと攻守逆転。

男ファイターからマウントを取ると、渾身の力で首を絞めていきます。

美女に跨られて首を絞められる展開はフェチにはたまりませんね。

男ファイターの体力を奪い、次の攻撃に移ろうとした七碧でしたが、

男ファイターはそうはさせまいと、体を押さえ込みます。

強引に体を押さえつけ、胸を揉んだり殴ったりと主導権を奪い返します。

七碧を立ち上がらせ、コーナーに放り投げる男ファイター。

七碧は男ファイターの猛攻に表情が虚ろになっていきます。

七碧を担ぎ上げ、アルゼンチンバックブリーカー。

七碧の体が悲鳴を上げていきます。

普通の試合であればこれで終わってもおかしくありません。

七碧の官能的なリアクションも1つの見所です。

リングに落とされた七碧はもうぐったり。

しかし、男ファイターは休ませることなく、膝で股間を刺激していきます。

このまま快楽に溺れてしまいそうなリアクションでしたが、

七碧「アッアッ!やめなさい!」

と、男ファイターを跳ねのけます。

今度は七碧のターン。

男ファイターの首を太ももに挟むと、ギリギリと締め上げていきます。

七碧「苦しいんじゃない?ギブアップする?女に負ける?」

男「の、ノー、、」

七碧は窒息攻撃で男ファイターを追い詰めていきます。

スリーパーを掛けられ、男ファイターは体をダランとさせてしまいます。

七碧「苦しい?男のくせに股広げて。感じてるんじゃないの?だらしないわね」

言葉責めも加わり、男ファイターの精神にもダメージを与えていきます。

グロッキー状態の男ファイターの体をいやらしい手つきで触っていく七碧。

七碧「こんなになって、変態」

ここまではプロレス色が強い攻防が繰り広げられます。

しかし、こんなに魅力的な体を押し付けられて男ファイターの興奮が抑えられるわけがありません。

体を密着させて挑発してくる七碧の首を絞め、マウントを奪い返します。

そして、体を押さえつけ強引なキス。

男「よくもやってくれたな」

と、本格的なバトルファックに突入します。

七碧の動きを封じながら股間を愛撫していく男ファイター。

ただでさえセクシーだったリアクションが、ますますエロさを増していきます。

我慢できなくなった男ファイターは七碧のコスチュームをはだけさせ、

直接彼女の武器であるGカップを責めていきます。

七碧「アッアッアッ、、、」

七碧も必死に応戦しますが、喘ぎ声を止めることができません。

しかし、体をピクつかせながら、何とか男ファイターを押し返します。

男ファイターからマウントを奪い、Sの顔に豹変する七碧。

七碧「しっかり感じてるじゃん」

と、乳首舐めと股間愛撫で男ファイターを責め立てます。

さらに、男ファイターのコスチュームを脱がせ、直接股間を攻撃。

エロすぎる舌使いで男ファイターを挑発していきます。

男ファイターの気持ちよさそうな声がリングに響きます。

濃厚なフェラを食らい、情けない声が駄々洩れの男ファイター。

相手の反応を楽しむかのような責めがたまりませんね。

七碧「弱いのね、ビクビクさせちゃって」

男「うああ!うああああ!」

七碧「アハハ!ビクビクさせちゃって、弱いんじゃない?ギブアップかなぁ?」

男「ノー、、」

七碧「ノー?もう反撃もできないって?」

七碧のドヤ顔が実にそそります。

しかし、男ファイターもこのままでは終われません。

敏感になっている体を何とか奮い立たせ、七碧にキスで反撃します。

七碧もここまでノーダメージではないため、責めの手が若干鈍ります。

七碧をリングに押さえ込むと、コスチュームを脱がせて行く男ファイター。

これでお互い守ってくれる装備は何もありません。

ノーガードのバトルファックは終盤戦に突入します。

男ファイターは七碧をうつ伏せにして、後ろから犯しにかかります。

スリーパーを掛けながら股間を愛撫し、耳元での言葉責め。

七碧は「アッアッ」と体をピクつかせながら反応してしまいます。

続いて体を起こしてキスしながらの手マン攻撃。

負けない、と意気込む七碧でしたが、気持ちよさそうな声が響くのは彼女だけ。

ここでも体をビクビクさせ快楽によがってしまいます。

七碧もこのままでは終われないと、フェラで反撃。

再びエロい舌使いで男ファイターを骨抜きにしようと責め立てます。

巨乳美女が四つん這いになってフェラをする光景は中々エロイですね。

七碧のフェラで喘ぎ声を出してしまう男ファイターでしたが、ここで一気に攻勢に出ます。

遂にインサートし、正常位で七碧を突きまくり。

七碧のキレイな顔が歪み始めます。

七碧「アッアッアッアッ!」

突かれるたびにエロい声が漏れてしまう七碧。

必死に耐えますが、苦しい状況に変わりありません。

七碧は強がる様子を見せますが、声がとろけてしまい言葉になっていません。

七碧「アンタなんかにぃぃ、、」

男「さっきまでの威勢はどうした?」

七碧「うあああああ!!」

ズンズンと突かれまくり、今にもイッてしまいそうなリアクションを見せる七碧。

責められるたびに揺れるGカップがめちゃくちゃセクシーです。

七碧を担ぎ駅弁の体位で突いていく男ファイター。

七碧のセクシーな喘ぎ声がますます大きくなっていきます。

このままフィニッシュを迎えてしまいそうな勢い。

しかし、七碧はここでキスで反撃。

エロいディープキスで男ファイターを誘惑し動きを止めることに成功。

男ファイターは力が抜けたようにリングに倒れてしまいます。

形勢逆転の七碧は騎乗位でお返しとばかりに腰を動かしていきます。

七碧「どう?下になる気分は?」

男「あああ!ああああ!!」

今度は男ファイターが快楽で喘ぎ声を上げる番です。

七碧「アッアッアッ!どう?下の気分はどう?」

男「あああああ!!」

七碧「ギブアップ?ギブアップするの?アッアッ!」

男「どうした?お前も気持ちよくなってるじゃねぇか?」

何とか強がりを返す男ファイターですが、彼も余裕はありません。

お互いがギリギリの状態で最期を迎えようとしています。

そして、先に限界が来てしまったのは男ファイターの方。

男「アッアッ!!」

七碧「ギブアップ?ギブアップ?」

男「あああ!ダメだ!ギブアップ!イクイクイクイク!うあああ!!!」

七碧の中に盛大に絶頂してしまった男ファイター。

七碧はセクシーな表情で男ファイターのものを受け入れます。

七碧「もうだらしない」

男ファイターの上に跨り、余韻に浸る七碧。

惜しいところまで追い詰めた男ファイターでしたが、最後は七碧のエロボディに屈してしまいましたね。

七碧は男ファイターを踏みつけて勝ち誇ります。

七碧「ほら、女に負けた気分はどう?男が勝てるわけないのよ」

男「く、くそ、、覚えてやがれ」

七碧「女の勝ち」

七碧の受けのリアクションもエロかったので、いずれは彼女の負けパターンも見たいですね。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】