妄想女子ボクシング改 Vol.05 ~序盤から決着前まで~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

妄想女子ボクシング改 Vol.05

対戦ファイター:綾瀬ひまり・乃木はるか

身長もタイプも違う美女2人によるボクシングファイト。

試合開始前からバチバチの両者は、まずは口で相手を挑発します。

乃木「アンタみたいな小娘が私に勝てるわけないでしょ」

綾瀬「そんなのやってみないと分からないでしょ?私のパンチでノックアウトさせてあげる」

乃木「そもそも階級がアンタの方が下なんだから。パンチ当たるの~?」

綾瀬「階級が下の私に倒されて恥ずかしいところ、見てもらおうね」

2人とも言葉の言い回しが上手いので、非常に楽しみなカードです。

ゴングが鳴り試合開始。

まずはお互いジャブを繰り出してけん制していきます。

ですが、純粋な打ち合いなら体格に勝る乃木に分があります。

効果的なパンチがヒットしていき、最初のダウンを奪います。

乃木「早く起き上がりなさいよ」

苦しそうに呻く綾瀬。

ダウンを奪われたことに悔しさをにじませます。

すかさず綾瀬の反撃。

強引に距離を詰めると、体を密着させパンチを浴びせていきます。

これなら体格差も関係なく、乃木はボディブローで崩れ落ちます。

巨乳同士が胸を合わせる姿がエロいです。

セクシーな呻き声でもがく乃木。

綾瀬「おっぱいスリスリされて気持ちよくなっちゃったの?」

と、年上美女を挑発する綾瀬がいいですね。

乃木もただ倒れているだけなのに、この妖艶さ。

ここから先はエロスを交えた打撃戦に突入していきます。

ダウンから立ち上がった乃木はラッシュをしかけ、綾瀬をロープ際に追い詰めます。

そして、胸を擦りあわせての股間パンチ。

綾瀬は苦しいのか、気持ちいいのかわからない表情を浮かべ、悲鳴を上げます。

乃木「どう?おっきいおっぱいにぐりぐりされるのは?」

綾瀬「気持ちよくなんか、、、アン!」

色々フェチが分かれるところですが、マウスピースなしだと言葉責めがよく聞こえるのでいいですね。

拘束から解放された後も乃木に追い詰められていく綾瀬。

徐々に体格の差が試合展開に現れてきます。

何とかしたい綾瀬も胸を密着させて反撃。

巨乳がひしゃげる様子がエロくてたまりません。

エロ攻撃で乃木の動きを封じたいところでしたが、、、

あっさり動きを封殺され、乃木の攻撃を受けてしまう羽目に。

年上美女のテクニックが綾瀬を襲います。

もはやパンチではなく、グローブによる股間愛撫で綾瀬は喘ぎ声をあげてしまいます。

体を痙攣させダウンしてしまう綾瀬。

乃木「あれ?ピクピクしてイッちゃった?イッちゃったんじゃない?」

綾瀬「アッ、、アッ、、、」

乃木「ウフフ、敏感さんなんだねぇ」

綾瀬は乃木をにらみますが、イッたばかりの体を中々鎮められません。

乃木「小娘の体にはまだ早かったかなぁ。アハハ」

このまま一気に流れを掴みたい乃木は、余裕の表情で綾瀬にパンチを浴びせていきます。

しかし、乃木は綾瀬の体力を見誤っていました。

まだ綾瀬のパンチのキレは残っており、強烈なパンチで食らってしまいます。

たまらずダウンしてしまう乃木。

いちいちダウンする姿がエロいです。

こんな美女とM男が対戦したなら、この体によって敗北してしまいそうですね。

巻き返したい綾瀬はさらにエロ攻撃で乃木を責めようと、膝で股間を刺激します。

しかし、エロ攻撃なら乃木の土俵。

同じく膝を入れられ、愛撫を返されてしまいます。

2人の喘ぎ声がリングに響きますが、徐々に綾瀬の声が目立つように。

快楽で動きが鈍った綾瀬に乃木のパワーが襲い掛かります。

小さな体では乃木のパンチを耐えきれず、吹き飛ばされるようにダウン。

ダウンカウントがコールされますが、乃木はそれを遮るかのように追撃。

なんと股間合わせでダウン中にも関わらずエロ攻撃を仕掛けます。

綾瀬「あああ!アッアッアッ!!!」

乃木「ほらぁ、立ち上がりなさいよ」

乃木に挑発されますが、綾瀬がこの状態から立ち上がれるわけがありません。

リングに体を預け、快楽に溺れてしまう綾瀬。

体をビクンビクンとさせて、気持ちよがってしまいます。

尚も止まらない乃木。

乃木「もう終わり?ほら」

綾瀬「うああああ!!」

乃木「あ~いやらしい」

綾瀬「アッアッアッ、、、」

胸と股間の同時責めで、綾瀬を追い詰めていきます。

試合中にこんな攻撃をされたら、立ち上がっても足腰に力が入らなそうですね。

ようやく乃木のエロ攻撃から解放されますが、無情にもダウンカウントは進みます。

綾瀬はフラフラの状態で何とか立ち上がります。

綾瀬は鬼気迫る表情で乃木に猛攻を仕掛けていきます。

確実に体力は奪われているはずですが、何度もエロで責められた屈辱を晴らすかのように

気力全開で立ち向かいます。

そして、強烈なフックがクリーンヒット。

これには乃木も耐えきれずダウンを喫してしまいます。

そして、綾瀬もお返しのダウン追撃。

綾瀬「ほら、どうしちゃったんですか?お返しですよ」

乃木「うあああ!!アッアッ、、、」

胸を押し付けられ、股間を愛撫され、乃木の口からセクシーな声が漏れていきます。

この行為にプライドが傷つけられた乃木。

強烈なパンチを繰り出し、綾瀬を追い詰めていきます。

綾瀬もパンチを返しますが、乃木の気迫が圧倒します。

綾瀬はコーナーに追い詰められ、パンチを何発も浴びせられます。

さらに、股間愛撫も加わり、痛みと気持ちよさの両方を味わうことに。

どちらのダメージが原因だったかは分かりませんが、綾瀬は膝から崩れ落ちてしまいます。

乃木は脚で股間を刺激する電気あんま。

乃木「ほらほらほら」

綾瀬「アン!ああああ!!」

乃木「あ~やらしい、ほら、イケよ」

綾瀬「イカないわよ、、、」

電気あんまから逃げ出し立ち上がると、今度は綾瀬が反撃に出ます。

乃木をロープ際に追い詰めると、膝で股間を刺激。

そして、パンチを浴びせていきます。

乃木「アン!アン!あああん!」

エロい喘ぎ声が止まらない乃木は、反撃もできず綾瀬の攻撃を受けるのみ。

さすがにこの状況ではダウンは免れません。

綾瀬「もう終わりなの~?早く立ってよね」

だんだん乃木の方も体力が尽き始めた様子。

一進一退の攻防が続きます。

立ち上がった乃木は、リーチを生かした距離で綾瀬に迫ります。

思うように中に入れない綾瀬は効果的なパンチを何発も食らってしまいます。

ならばと再び体でぶつけて、エロ攻撃を繰り出す綾瀬。

膝で股間を愛撫し、ボディにパンチを食らわせていきます。

しかし、このまま綾瀬に好きにさせる乃木ではありません。

体勢を入れ替えると、今度は乃木が綾瀬をエロで責める番。

パンチで反対のコーナーまで追い詰めると、エロボディーを密着させ股間を刺激していきます。

激しい愛撫に腰が落ちていく綾瀬。

脚がガクガクしてしまい、そこにボディブローを浴びせられたら立つことは不可能です。

ダウンした綾瀬を乃木はまるで犯すように責めていきます。

綾瀬「アッアッアッ!ああああ!!」

綾瀬のエロい喘ぎ声がこだまし、このまま終わってしまいそうな勢いです。

まだ終われない綾瀬は何とか立ち上がり、強烈なパンチを食らわせていきます。

しかし、乃木にクリンチされると、まだ快楽の余韻が残っているのか

エロい声を出し、動きが止まってしまいます。

そこに乃木のパンチが容赦なく襲い掛かります。

ボディブロー、ストレート、フックと、パンチが面白いように当たり、

綾瀬は連続ダウンを喫してしまいます。

綾瀬にのしかかり、自慢の巨乳を押し付けていく乃木。

乃木「あ~可愛い顔になっちゃって」

綾瀬「アッアッアッ、、、」

胸同士を擦り合わされ、綾瀬は可愛い悲鳴を上げてしまいます。

さらに、キスや股間愛撫も加わり、トロケた表情に。

乃木「ほら、ダウンしなさい」

綾瀬「アッアッアッ!ダメ、、、アッアッ!!」

激しい乃木の責めに、コスチュームまで乱れていく綾瀬。

乃木の妖艶な責めがたまりませんね。

M男相手なら、このままKOされてしまいそうですが、

綾瀬はまだ諦めず乃木に立ち向かっていきます。

僅かな力を振り絞り、乃木に猛攻を仕掛けていきます。

そして、ロープ際まで追い詰めると得意の膝での股間愛撫。

さらに強烈なパンチを腹に叩き込み、乃木を追い詰めていきます。

ボディブローと股間愛撫のW責めで乃木は前のめりで倒れてしまいます。

綾瀬もお返しのキス攻撃。

綾瀬「気持ちよくなっちゃったねぇ」

年下が年上を生意気に責めていく展開はそそりますね。

激しい貝合わせで一気に乃木を追い詰める綾瀬。

乃木「ああああ!ダメダメダメ、、、あああ!!」

これまで気丈に耐えていた乃木でしたが、体をピクピクさせてしまいます。

荒い呼吸を繰り返しながらも、何とかリカバリーした乃木。

カウント6で立ち上がると、再びラッシュを仕掛けていきます。

パワーで押された綾瀬はズルズルと後退。

すると、乃木はコーナーに押し付けるのではなく、裏を取ります。

乃木「ほら、ここに来なさい」

綾瀬「あああああ!!!」

綾瀬は後ろから体を拘束され、愛撫攻撃を食らってしまいます。

乃木「ほら、気持ちいいの?ピクピクして」

綾瀬「ああああ!!」

乃木「ほら、ギブは?」

綾瀬「アッアッアッ!!」

乃木のテクに抗えず、綾瀬はダウンしてしまいます。

もちろん、ダウンした後も追撃が待っています。

正常位での貝合わせからのグローブでの股間愛撫を食らい、綾瀬は体をピクつかせます。

リング上で体を小刻みに痙攣させてしまう綾瀬の姿がとにかくエロいです。

何とか立ち上がろうとする綾瀬を挑発するように踏みつける乃木。

ボクシングとエロの混じった攻防でしたが、ここから試合が分岐します。

彼女たちの無様な敗北、そして、決着後の制裁と見どころはまだまだ続きます。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】