レズバトルプライド 03 ~それぞれのif展開~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

レズバトルプライド 03

対戦ファイター:音琴るい・河奈亜依

【サイドA】

共に激しく腰をぶつけていきますが、徐々に明暗がはっきりしていきます。

この責めあいを制したのは河奈。

河奈のピストンに音琴は動きが止まってしまいます。

河奈「ねぇ、気持ちいいのぉ?」

音琴「アッアッアッ!!全然、、気持ちくない、、アッ!!」

口では強がる音琴ですが、リングに突っ伏し、苦しそうな表情に変わっていきます。

対して、音琴に余裕がなくなってきたことを感じ取った河奈は、

河奈「もっとヌルヌルにしてあげようか?」

と、音琴の体を捕まえます。

音琴を恥ずかし固めにして、クンニ攻撃を仕掛ける河奈。

Sキャラの音琴にとって、まんぐり返しの格好は屈辱的でしょう。

しかし、溢れる喘ぎ声を抑えることができません。

クンニをされまくり、強気発言が出てこなくなってしまった音琴。

河奈「ヌルヌルの方が好き?」

音琴「アッアッアッ、、ああああ、、、」

河奈「もっとやってあげる~」

河奈はぐったりしている音琴を一方的に責め立てます。

再び貝合わせで股間を刺激。

しかし、今の音琴に抵抗する力はなく、河奈の攻撃をダイレクトに受けてしまいます。

音琴「アッアッアッ!!」

河奈「何?壊れちゃう?素直に言いなよ」

音琴「ああああ、、全然、気持ちよくない、、うあああ!!」

ドヤ顔で腰をぶつけまくる河奈。

流石の音琴も、ここまで責められてしまえば我慢の限界です。

音琴「あああああ!!アッー!!!」

大きく体を反らせ、ビクビクと余韻に浸る音琴。

河奈「なぁに?イッちゃったの?」

音琴「違う、、イってない、、イッてなんかない、、」

イってしまったのは明らかですが、音琴はそれを頑なに認めようとしません。

河奈「じゃ、もっとやってあげる」

音琴「いや!やめて、、、!!ああああ!!!」

今の音琴にとって、生意気な態度は、河奈のS性をそそらせるだけ。

再び腰を動かし、音琴を追い詰めていきます。

音琴「アッアッアッアッ!!!」

河奈「ヌルヌル好きだもんねぇ」

音琴「違う、、アッアッアッ!!!ダメ!!」

2度目の絶頂をしてしまった音琴ですが、河奈はまだ腰を止めません。

河奈「イク時はイクって言わなきゃダメなんだよぉ?」

音琴「あああああ!!!」

河奈「もっとしてほしいの?」

音琴「うあああ!ああああ!!」

河奈「素直になりなよ」

音琴「ダメ、、ダメェ!!!」

音琴「ああああ!ダメェ!イク、、イク!!!」

河奈「今なんて言った?イクって言った?イッちゃったの?」

音琴「ああああ!待って、、ダメ、、やめて、、ああああ!!!」

まだまだ終わらない河奈の責め。

音琴は体をピクつかせ、快楽の海に沈んでいきます。

河奈「もう終わりなんてつまんないじゃん」

音琴「あああ!ダメェ、、やめて、、あああああ!!ダメ、イクから、、ダメェーー!!!」

河奈「え~またイッちゃったの?」

一度イッてしまった音琴は、もうタガが外れたように何度も河奈にイカされまくり。

もはや、彼女の目に闘志はなく、意識が朦朧としています。

しかし、河奈はまだ責めるのをやめようとしません。

マゾっ気のある美少女がSキャラに豹変する展開は、めちゃくちゃそそりますね。

音琴「ああああ!おかしくなるからぁ!!」

河奈「おかしくなればいいじゃん」

音琴「あああああ!!やだぁ、、やだぁ、、!!」

河奈「ほらぁ!」

音琴「あああ!いやぁ!イクから、、ダメェ、、イクゥー!!!」

アヘ顔を晒し、リングに突っ伏してしまう音琴。

格下だと思っていた相手に、ここまでイカされるとは想像していなかったでしょう。

既に決着はつきましたが、まだゴングは鳴らされません。

ニヤニヤと楽しそうな表情を浮かべる河奈は、

河奈「ねぇ、何回イッたの?こんなビンビンにして」

と、キスをしながら股間責め。

今の音琴は軽く触れられるだけでも喘ぎ声を出してしまい、

体は正直に反応してしまいます。

トドメは、ベロチュー手マン。

河奈「いっぱいイッたねぇ、そんなに気持ちよかった?」

音琴「んんんんんーーー!!!」

体をビクンとのけ反らせ、激しくイッてしまった音琴。

この瞬間ゴングが鳴らされ、試合終了です。

イカされまくる音琴のリアクション、最高すぎですね。

河奈「もう無理?もうやめてほしい?許してほしい?」

音琴はトロケた声を出しながら、勝者の河奈を見つめることしかできません。

河奈は音琴の体を起こすと、無理やり土下座をさせ、靴舐めを命じます。

いつもの音琴であれば抵抗するでしょうが、河奈のテクに屈した状態では逆らえません。

屈辱的な靴舐め。

音琴のこういうシーンはそそります。

河奈は靴を舐めさせながら、乳首を愛撫。

体が敏感になっている音琴は、エロい声を出しながらも必死に靴を舐め続けます。

河奈「いい子だねぇ、気持ちいいでしょ?」

音琴「ふぁっ!もうダメェ、、」

河奈「私のテクの負けですって言ってよ」

音琴「うあああ、、、私の負けです、、私の負けぇ、、、」

河奈「何言ってるか聞こえない」

音琴「私の負け、、ごめんなさい、、、」

上下関係をはっきりさせた河奈は、さらに音琴に対し股間キスを命令。

音琴は四つん這いの状態で、かいがいしく股間を愛撫します。

これだけの美女を下に従える気持ちは最高でしょうね。

河奈「全然大したことないじゃない。もう挑戦してこないでね」

ハァハァと呼吸を繰り返す音琴の頭を擦り、満足そうに去っていく河奈。

中々ファイト系では珍しい河奈の勝ちパターンでした。

最後に彼女のSっぽさが見られて、ここだけでも満足度が高かったです。

 

【サイドB】

サイドBは音琴勝利パターン。

貝合わせの応酬が繰り広げられますが、徐々にテクニックの差が出始め、河奈の表情が曇り始めます。

音琴「ほら、どうしたの?腰振って、勝ったつもりでいた?」

河奈「あああう!!」

音琴の激しい腰振りに耐え切れず、河奈は遂にリングに倒れこんでしまいます。

こうなれば、もう音琴の土俵。

河奈の体を押さえ込むと、テクニックを如何なく発揮していきます。

音琴「ねぇ、やっぱり私のテクには勝てないんじゃない?あなたはただ、よがってればいいの」

河奈「あああ、いやぁ、、アッアッ、、、」

動きの鈍った河奈に対し、激しく貝合わせで責めていく音琴。

河奈は抵抗することができず、音琴の愛撫を直接受けてしまいます。

音琴「もっと責めてくださいって顔になってるよ?」

河奈「ああああ!!いやぁぁ!!!」

河奈は、極上のリアクションでよがりまくります。

そして、遂に耐えきれず、体をビクンビクンとさせてしまいます。

音琴「どうしたの?体ビクビクさせて」

河奈「アッアッ、、、」

音琴「まさか、イッたりなんかしてないよねぇ?」

河奈「はぁはぁ、、あう!」

音琴「あんなに私のテクじゃイケないって言ってたのねぇ」

音琴の挑発するような言葉責めにも、河奈は言い返せません。

尚も腰を振り続ける音琴。

音琴「まだ平気でしょ、ほらぁ!」

河奈「アッアッアッ!!ダメェ、、」

音琴「なんでダメなの?イッちゃうから?」

河奈「あああああ!!!!アッアッ!!!」

2度目の絶頂を迎えてしまった河奈に、もはや快楽を止めるすべはありません。

音琴「すぐイッちゃうのね、アンタの体、敏感ね」

河奈「アッアッアッアッ、、、!!」

体勢を変えて、さらに激しく腰を落としていく音琴。

河奈はもう喘ぎ声を出しまくりです。

河奈「あああ、やめて、、ああああ、、、」

音琴「全然気持ちよくないんでしょ?私の。やめてほしいの?」

河奈「やめてぇぇ、、、」

音琴「やめてください、お願いします、私がいっぱいイッちゃうからこのままだとって言って」

河奈「あああああ!!」

音琴「イカされ続けちゃうから、やめてください、お願いしますって言いなさいよ」

河奈「や、やめてください、、あああ!ダメェ!!!」

音琴のテクの前に、長いセリフを言うこともできずに絶頂。

完全に心が折れてしまっています。

体をビクビクさせて余韻に浸る河奈。

しかし、音琴は休ませることなく、次の行動に移ります。

音琴は責める側になると、イキイキして犯してくれますね。

河奈をまんぐり返ししての手マン攻撃。

河奈は恥ずかしさと気持ちよさで顔を赤らめますが、音琴は楽しそうに責めまくります。

河奈「ああああ、やめてぇ、、、」

音琴「私にイカされるの、ちゃんと自分で見て」

河奈「あああ!イク!イクー!!!」

情けない格好のままイカされてしまった河奈。

相変わらずイカされての泣き顔が絵になります。

追撃のクンニ攻撃。

河奈「ううううう!!」

音琴「ほらぁ、気持ちいい?」

河奈「アッアッアッ、、、」

音琴「ウフフ、やめてほしいんだ?」

河奈「もう許して、、、」

トドメは再び貝合わせ。

まんぐり返しの格好のまま犯され、河奈は大きな喘ぎ声を出してしまいます。

音琴「私の負けですって!ほら!」

河奈「私の、、負けです、、許して、、、!あああ!!」

音琴「ほら、イッちゃいな!!」

河奈「ああああああ!!!!」

ビクビクビクと激しい痙攣を繰り返し、完全に戦意喪失。

気力・体力ともに尽きたことを確認し、ここでゴングが鳴らされます。

河奈に迫り、顔を掴む音琴。

音琴「すっかりメスの顔になって」

河奈「うっうっ、、、」

そして、敗者へのキス。

美少女がドSに相手を責めたり、実力を分からせたりする姿がエロ過ぎですね。

河奈は抵抗できず、音琴の行為を受けるしかありません。

音琴「この勝負私の勝ちでいいわよね」

当然こちらも靴舐めの制裁があります。

この被虐っぷり満載の表情で舐められたら、S男でなくてもゾクゾクしてしまいそうです。

本当に負ける姿が絵になりますね、誉め言葉として。

そして、股間へのキス。

音琴の相手を見下す表情のセクシーさもいいです。

音琴「ほら、負けたメス犬はご主人様の股間にチューして」

河奈「はい、、」

音琴「上手~いい子ね」

満足した音琴は、河奈を残して去っていきます。

残された河奈はリングに崩れたままぐったり。

トロケた表情が何とも言えません。

 

本来であれば、音琴の勝ちパターンがメインになったと思いますが、

if展開ありの作品だったので、貴重な負けシーンも見られました。

極上のリアクションを見せてくれた河奈の引退は惜しまれるところはありますが、

短期間ながら、いくつもの名場面を見せてくれたことに感謝です。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】