NEW格闘フェチ男女プロレス対決 6 ~リングでの対決~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

NEW格闘フェチ男女プロレス対決 6

対戦ファイター:加賀美さら

久々リリースの格闘フェチシリーズ。

最初にお伝えすると、この作品は間違いなく傑作です!

シリーズ屈指はもちろん、歴代のMIX作品を入れても上位に入る作品であると個人的には思います。

新人でありながら、このふてぶてしい態度、たまりません。

まずはリング中央で力比べ。

身長160cmのスレンダーな加賀美ですが、やはり純粋なパワーでは男には敵いません。

強気な目を向けますが、徐々に体勢を崩されていきます。

リングに加賀美を押し倒した男ファイターは、すかさずバックを取りスリーパー。

男「ほら、どうした?」

加賀美「うあっ、、ああああ、、、」

最初の受けのリアクションがあまりにも官能的過ぎて、早々に攻められる姿にも期待値が高まります。

加賀美のエロいリアクションに興奮したのか、男ファイターは早速エロ攻撃を仕掛けます。

後ろから加賀美の胸を揉み始め、精神的にも追い詰めていきます。

加賀美「はうっ!ああああ、、、」

男「いい声で鳴くじゃねぇか」

男ファイターのエロ攻撃にも拍車がかかります。

加賀美をリングに押し倒すと、今度は膝を使って股間を愛撫。

こちらもセクシーなアヘ顔で喘ぎ声を上げる加賀美。

髪を縛っているので表情も良く見えますし、ピチピチの黒コスチュームも似合っててエロい。

自身でもM女であることを公言しているだけに、とにかく受けのリアクションがエロ過ぎます。

キャメルクラッチを掛けられながら、腰を動かされまるでバック突きのような体勢に。

加賀美「アッアッアッ!」

愛撫させられるたびに、体をピクッピクッと反応させる仕草が官能的ですね。

しかし、攻めに転じると、M女とは到底思えないほどの魅力を発揮。

男ファイターを強引に跳ねのけると、今度は加賀美のターン。

加賀美「あなただって、乳首弱いんじゃないの?」

男「うわっ!やめろ、、、」

加賀美「ほら、どうなのよ。気持ちいいんでしょう?どうしたの?女に上に乗っかられて気持ちよくなってるのね」

大人びた表情から見える無邪気な笑顔。

まるで男をいたぶるのが好きな女王様のようです。

加賀美は顔面騎乗に体勢を入れ替えると、お尻で押しつぶしながら股間を愛撫していきます。

加賀美「ほら、こんなに固くなっちゃってる。やっぱりあなたも変態なのね」

このルックスにして、この言葉責めの上手さ。

受けのリアクションと組み合わせると、極上の素材であることは間違いありません。

このまま新人かつM女に負けるわけにはいかない男ファイター。

体勢を入れ替え、下にいる加賀美の股間を愛撫し返します。

男「ほら、ギブアップだろ?」

加賀美「あああん!やめて、、、」

加賀美も下から股間を愛撫し反撃しますが、エロい声が漏れまくりです。

男ファイターは加賀美に四の字固めを極めると、脚で電気あんま。

男「ほら、ギブアップか?」

加賀美「しないわよ、、あああああ!!」

またしても官能的な表情に変わっていく加賀美。

受けと責めの表情が全然違うので、どちらのフェチも楽しませてくれそうですね。

男ファイターは加賀美を恥ずかし固めでホールドすると、無防備の股間や胸を愛撫しまくり。

加賀美は抵抗しようにも、完全に体を固められ喘ぎ声を上げることしかできません。

男「ボコられて気持ちよくなってるんじゃないのか?」

加賀美「気持ちよくなんて、、なるわけない、、アッアッアッ!」

声がどんどんいやらしく、だらしなくなっていき、今にもイッてしまいそうなセクシーリアクションがヤバい。

一旦技を開放し、加賀美を立ち上がらせる男ファイター。

再び手四つの格好になりますが、愛撫されまくった体では力が入らず、

加賀美は苦しそうな表情で耐えるのが精いっぱい。

そして、コブラツイスト愛撫。

男ファイターは加賀美のスタイルのよい体を存分に楽しんでいる様子。

加賀美は痛みと快楽の混じった悲鳴を出すばかり。

しかし、加賀美もこのままでは終わりません。

手を器用に男ファイターの股間に持っていき、愛撫をし返します。

加賀美「アンタだって、ここ弱いんでしょ?」

まさかの反撃に男ファイターは動揺し、リングに崩れてしまいます。

四つん這いの男ファイターに跨り、股間を弄りまくる加賀美。

加賀美「こんなに恥ずかしい格好させられて、さっきまではどうしたのかしら?」

男「あああ!やめろ、、、」

加賀美「もうすぐイッちゃいそうね」

男「ああああ!」

加賀美「恥ずかしい格好させられて、女に上に乗られて、屈辱的でしょう?」

加賀美はとにかく言葉責めのバリエーションが多く、尚且つ常に言い続けるので、M男からすればたまりません。

男ファイターを仰向けにさせると、今度は乳首を入念に愛撫。

男ファイターは加賀美のテクに体をビクビク震わせてしまっています。

この笑顔で責め続けられたら、如何にノーマルな男でもM男に開発させてしまいそうです。

さらに、屈辱的な顔面騎乗をお見舞い。

楽しそうに口を塞いだり、呼吸をさせたりとコントロールするSっぷりがヤバイですね。

この人が本当にM女なのか疑いたくなるくらいです。

加賀美「降参?降参するの?もう負けてるじゃない」

男ファイターを挑発する加賀美に対し、男ファイターも闘志を奮い立たせて応戦。

手を必死に伸ばし、加賀美の胸を揉んでいきます。

これにはさすがの加賀美もセクシーな声を上げ悶えてしまいます。

今度は男ファイターのターン。

全身を使って加賀美の体を拘束すると、無防備な股間を重点的に愛撫してきます。

加賀美「うああああ!アッアッアッ!」

男「ほら、気持ちいいなら気持ちいいって言え」

加賀美「気持ちいいわけ、、アン!アン!!」

エロいアヘ顔で男ファイターの愛撫を受けてしまう加賀美。

M性が顔を覗かせ、一転ピンチに陥ります。

股間を責められフラフラになってしまった加賀美。

男ファイターはコーナーに持っていくと、アルゼンチンバックブリーカーを極めます。

体を反らさせるだけでもキツイですが、股間愛撫もプラスされ加賀美は悶絶。

悲鳴もますます大きくなっていきます。

加賀美「あああ!ダメェ、、離しなさい、、、」

男「ほら、ギブアップだろ」

加賀美「ああああ、ダメェ、、、」

まだ勝負は終わっていませんが、彼女のリアクションを見ると、いつ決まってもおかしくないくらい

官能的な姿を見せてくれます。

男ファイターの力に押され、加賀美は息も絶え絶え。

男ファイターは一気に勝負を極めるべく、加賀美を担ぎ上げます。

160cmの加賀美を高々と上げると、、、

パワーボム炸裂。

そして、そのままフォールの体勢に持っていきます。

男「どうだ?お前なんて簡単にな、、ワン、、ツー、、」

加賀美の体を押さえつけ、そのままカウントを取り始める男ファイター。

しかし、加賀美はカウント2で男ファイターを跳ねのけます。

決めるつもりだった男ファイターは、リングに転がされ、リカバリーが若干遅れます。

その隙を逃さず、首四の字を掛ける加賀美。

そして、長い脚を使って男ファイターの股間を愛撫し始めます。

加賀美「こういうのが好きなのね。どう?女に上に乗られて、男より弱いはずの女に上に乗られて、屈辱的ねぇ」

男「アッアッ、、、」

近距離で浴びせられる言葉責めがたまりません。

さらに、手でも愛撫を加えていく加賀美。

加賀美「ホントはこういうのが好きなんでしょ?素直になったら?」

加賀美のテクに抗えなくなっていく男ファイター。

声がトロケ、すっかり快楽に身を委ねてしまっています。

加賀美は男ファイターを四つん這いにさせると、上から股間と乳首の同時責め。

加賀美「どう、気分は?ホントはこういうのが気持ちいいんでしょ?」

男「アッアッアッ!」

加賀美「もう降参したら?降参したら気持ちよ~くさせてあげるわよ?」

あまりにも魅力的な提案ですが、男ファイターは喘ぎ声を出しながらも必死に抵抗。

並の男なら、この時点でギブアップしてしまいそうです。

抵抗する男ファイターを弄ぶかのように責め続ける加賀美。

まるで後ろから犯すような格好で股間を刺激していきます。

加賀美「もう出ちゃいそうねぇ」

リング上でイカされてしまうという屈辱は、何としても回避したいところですが、

男ファイターの姿を見る限り、時間の問題か。。。

男「イクわけにはいかねぇ!」

完全に固められていた男ファイターですが、僅かな力を振り絞り加賀美を押し倒します。

ボディシザーズの格好で加賀美を捕らえると、これまでのお返しとばかりに激しい責めを見せます。

加賀美「あっあっあっ!はぁうん!!」

今まで責めていた姿が嘘のように、エロすぎるリアクションを見せてくれる加賀美。

男ファイターは加賀美を四つん這いにさせると、バックから腰を突きまくり。

結んだ髪を掴まれ、胸を揉まれ、股間は突かれまくるという屈辱的な体勢。

強気だった加賀美の顔が歪み、メスの表情で悶えまくりです。

男「ほら!ギブアップだろ」

加賀美「するわけないでしょ、、ああああ!ダメェ、、、」

新人レスラーに負けられない男ファイターは、もうなりふり構わずイカせにかかります。

スリーパーを掛けながら股間を激しく愛撫。

加賀美は苦しさと気持ちよさで、表情を強張らせたりトロケさせたり。

加賀美「アッアッアッアッ!!」

体をビクンビクンと悶えさせ、いつイッてもおかしくありません。

ギリギリのところで解放された加賀美。

立ち膝状態で男ファイターと三度力比べの体勢になります。

お互い体力も限界に近付いており、必死の形相で力をぶつけ合います。

ここを競り勝ったのは加賀美。

蓄積されていたダメージがあったのか男ファイターは自慢のパワーでも加賀美に圧倒されてしまいました。

こうなってしまうと、もはや加賀美の土俵。

男ファイターの体を拘束すると、乳首を中心に刺激を与えていきます。

加賀美「乳首もこんなビンビンにして、女の子みたいねぇ」

男「うああああ!」

加賀美「どう?気持ちいいですって言ったら?気持ちいいですって、ほら、言ってみなさい」

加賀美「やっぱり戦いたかったんじゃなくて、こんなことされたかったのかしら?」

加賀美「みっともないと思わないの?男のくせに。だらしない男」

加賀美「もう動けなくなっちゃったのかしら?ざんね~ん」

素晴らしすぎる言葉責めの数々。

乳首を開発しつつ、言葉責めで精神も破壊。

男ファイターが新人のM女に、一方的に犯されてしまっています。

加賀美「もうダメみたいね?ほら、立ちなさい」

フラフラの男ファイターを立たせると、加賀美は股間キックを連発。

ここにきての急所責めはあまりにもキツイ。

男の尊厳を何度も攻撃されてしまい、男ファイターは情けない悲鳴を上げてしまいます。

そして、体を曲げてしまったところにフェイスクラッシャー。

加賀美はダウンした男ファイターの首に脚を絡ませると、そのまま締め上げていきます。

男「うああああ!!」

加賀美「どう?」

力いっぱい絞められ、男ファイターは絶叫。

今の男ファイターには返せるだけの力は残っていません。

男「ああああ!!やめろ、、ギブ!ギブアップ!!」

加賀美の太ももに挟まれながら、情けなくタップしてしまう男ファイター。

プロレスだけなら男ファイターが勝つでしょうが、

新人レスラーの快楽技にペースを乱され、遂に敗北を喫してしまいました。

男ファイターの頭を踏みつけ、ドヤ顔で見下ろす加賀美。

加賀美「もうおしまい?どう?女にヤラレる気分は?やっぱ男って大したことないのね。弱虫」

男ファイターは何も言い返せず、だらしなく倒れたまま。

スレンダー美女に負かされ、なじられるM男にとっては最高の屈辱展開でした。

前半パートだけでも十分に満足できる内容でしたが、

後半は更なる屈辱が男ファイターに襲い掛かります。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】