煩悩寺油地獄マッチ~制裁MIXレスリング~ Vol.1

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

煩悩寺油地獄マッチ~制裁MIXレスリング~ Vol.1

対戦ファイター:花井優子(B:93cm W:65cm H:90cm)

 

煩悩寺の代表的シリーズ・オイルファイト。

ヌルヌルのリングで戦い、コスチュームがテカテカになっていく様は違ったエロスを感じます。

 

ストーリーはトレーニングに勤しむ蔭山の下に花井が乗り込みに来るところから始まります。

あまり前半部分はガッツリ見ない自分ですが、蔭山さんの小芝居は面白いのでつい見てしまいますw

どうやら蔭山さんは煩悩が溜まって仕方のない様子。

そこに現れた巨乳ファイターの花井。

花井「ここが煩悩寺?あなたが蔭山ね」

蔭山「フハハハ、これは丁度いい」

これまで何人もの女性ファイターを葬ってきた蔭山は「私の実力を見せてやる」と自信満々。

しかし、花井は立ち技最強のファイターでした。

強烈なキックやパンチに防戦一方の蔭山。

ハイキックでマットに沈められてしまいます。

花井「全然大した事ないじゃない。これが煩悩寺なの?」

馬乗りになりバカにしたように勝ち誇る花井。

それでも、まだ負けていないと負けを認めない蔭山。

花井「あんなに調子いいこと言ってたのにね?カッコわるい。私に勝てるつもりだったんでしょ?」

蔭山「お前など、、やっつけてやる」

花井「さぁ、できるかしらね?そろそろ懲りたほうがいいんじゃない」

首絞めとパンチで蔭山はボコボコに。

花井のSっぷりは中々です!

花井「リベンジマッチだったらいつでも受けて立つわよ」

そう言い放ち、リングを後にする花井。

蔭山「あの女め、、中々良いパンチ、良いキック。。あれを封じるにはアレを使うしかないな」

何やら秘策がある様子。

そして、再び対峙する両者。

蔭山「今日はお前をやっつけてやる」

花井「懲りずにまた来たの?じゃあ、やってやろうじゃないの」

リベンジに挑んだ蔭山ですが、花井の力は圧倒的。

お前の攻撃なぞ効かん!と意地を張りますがボコボコにされてしまいます。

このままではまた負けてしまう!

蔭山の秘策とは??

息も絶え絶えの蔭山が取り出したのは謎の液体。

それをリングに撒くと

蔭山「これが蔭山が考えた作戦だ。来い!」

すると、急にリングがヌルヌルに、、、

打撃が主体の花井は踏ん張りが効かず、蔭山に寝技に持ち込まれてしまいます。

蔭山「お前をオイル地獄に沈めてやる」

寝技が不得手な花井は蔭山のオイル攻撃+寝技に苦しめられます。

もがいてももがいてもこの地獄から抜け出せない花井。

思いも寄らない展開に焦りが出てきます。

このオイルに恐怖を感じ距離を取ろうとしますが、蔭山は逃しません。

オイルを花井にぶっかけ、さらに地獄に誘います。

そして、関節技!!

花井は抜け出すことができません。

テカテカに光るコスチュームがめちゃくちゃエロイ。

花井の巨乳がさらに浮き彫りになっています。

打撃なら負ける要素がなかった花井ですが、蔭山の関節技に防戦一方。

さらに体中にオイルを塗りたくられもはや立ち上がることができない状態です。

花井「やめて、、」

弱音を吐く花井に対し、さらに攻め立てる蔭山。

もがけばもがくほど蔭山の術中です。

そして、蔭山の魔の手は遂に体にも、、、

コスチュームの隙間から直接オイルを流し込みます。

さらに手で直接塗りたくることで花井も刺激を感じてしまっている様子。

最初は強気だった口調も「やめて、、、」と弱々しくなっていきます。

花井の必死の抵抗も蔭山にとっては意に介さず。

蔭山のオイル地獄に耐えられず、遂に

花井「ごめんなさい、ごめんなさい!ギブアップ!!!」

と敗北宣言。

あれだけ蔭山を圧倒した花井がオイル地獄にハマり、無念の陥落。

しかし、蔭山の制裁はここから始まります。

花井の地獄はまだまだ終わりません。

ここからは蔭山の煩悩を晴らすための時間。

コスチュームを剥ぎ取られ愛撫される花井。

立ち技最強の女ファイターから女の子の声が漏れます。

光る裸体がいやらしいです。

巨乳も顕になりエロさも倍増!

滑りが良くなった体は刺激もダイレクトに来てしまいます。

花井「やめて、やめてください」

懇願しても許してもらえません。

花井「やめてください、お願いします、、、」

蔭山「嫌だ、嫌に決まっている!」

インサートし正常位で責める蔭山。

花井のテカテカした巨乳が揺れまくります。

花井「お願い、もうやめて!お願い!!」

花井が泣き叫べば叫ぶほどS心に火がつく蔭山。

そのまま中出しです。

トドメに首を絞め完全に屈服させた蔭山。

あれだけ蔭山を攻め立てた強者の姿はもはやありません。

蔭山「二度と男に逆らうんじゃないぞ」

高笑いをしてリングを去る蔭山。

悔し涙を流しながら

花井「普通に戦ったら私の方が強いのに、、、」

と花井は呟きます。

格下の男相手に敗北し、性的にも責められてしまうドSファイター。

もう最高のシチュエーションです。

 

煩悩寺の作品は「強い女性が負ける」という展開を作るのが上手いです!

最初に圧倒的な強さを見せておいて、徐々に堕ちていくという流れが秀逸ですね。

花井優子の体つきはグラマラスで軸もしっかりしているので強さを感じます。

笑い方や話し方もSっぽくて良かったです。

そのファイターが男に懇願する姿は生唾ものですよ。

普段男負け作品が好きな自分ですが、このシリーズは何作か好きな回があります。

そのうちの1つがこちらでした!

 

【ダウンロード版】

【DVD版】