敗者水着剥ぎデスマッチ 09 ~それぞれのif展開~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

敗者水着剥ぎデスマッチ 09

対戦ファイター:綾瀬ひまり・乃木はるか

【サイドA】

乃木に力いっぱい首を絞められ、動きが止まってしまった綾瀬。

瞳孔が開き、今にも失神してしまいそうな表情になっていきます。

失神寸前で綾瀬を解放した乃木は、綾瀬を恥ずかし固めでホールド。

無理やり開脚させられてしまう綾瀬ですが、体力が奪われ振りほどくことができません。

そこに容赦ない股間愛撫。

乃木「ほらほらほら!」

綾瀬「アッ!アッ!やめ、、、」

巧みな手さばきに綾瀬は快楽を抑えられない様子。

乃木「ほら、どうなの?」

綾瀬「アッアッアッ!ダメェ、、」

乃木「何?聞こえない」

綾瀬「アッアッアッ!!」

乃木の愛撫で、綾瀬は体をピクピクさせるばかり。

完全にイッてはいませんが、生殺しの状態が続いています。

体に力が入らない綾瀬はもう抵抗ができません。

乃木は動けない綾瀬を抱き起すと、体をフック。

そして、綾瀬を担ぎ上げると、、、

パワーボム炸裂!

綾瀬は絶叫しながら、リングで体をピクつかせるのみ。

このままフォールすれば決着ですが、乃木は

乃木「まだまだよ」

と、簡単に試合を終わらせません。

綾瀬の腰を膝に乗せると、激しい股間愛撫を食らわせる乃木。

今の綾瀬にこれを耐えられる力は残っていません。

乃木「ほら、どうなの?早くギブアップしちゃった方がいいんじゃない?」

綾瀬「まだまだよ、、、アッアッアッ!!」

乃木「ほらぁ」

綾瀬「ああああ!ダメェ、、ダメェ!!」

最後まで強がる綾瀬でしたが、快楽には抗えません。

綾瀬「ああああ!ダメダメ!」

乃木「ほらぁ、どうなの?」

綾瀬「ああああ!ダメ!ギブアップ!」

乃木「聞こえな~い、ほら聞こえな~い」

綾瀬「アッアッアッ!イク、、ギブアップ、、、」

何度もギブアップを口にし、イカされてしまった綾瀬。

お姉さまのテクの前に、無様なイキ顔を晒してしまいます。

生意気な小悪魔S女がエロテクで屈してしまう展開がエロ過ぎますね。

試合はここでゴングが鳴らされ、試合終了です。

どや顔で綾瀬の胸を踏みつける乃木。

乃木「やっぱり私の方が強いじゃない」

綾瀬「あ、あ、、」

綾瀬は何も言えず、口をパクパクさせるばかり。

そして、敗者への制裁の水着剥ぎがスタート。

乃木「ほら、負けたんだから脱ぎなさい」

綾瀬「や、やめて、、」

乃木「負けたのにこんなの着てるなんて生意気よ」

綾瀬の必死の懇願も乃木には届かず、あっという間にコスチュームを脱がされてしまいます。

パンツ1枚だけになってしまった綾瀬を、精神的に追い詰めていく乃木。

乃木「なに、このやらしい下着。すっごいお尻」

綾瀬「や、やめて、、」

乃木「こんなの着てたの?すご~い、湿ってるんじゃない」

綾瀬「あうっ!」

四つん這い状態の綾瀬は、乃木の責めをひたすら耐えることしか許されません。

さらに、残ったパンツまで脱がされてしまう綾瀬。

乃木「ほら、これも脱ぎなさいよ」

綾瀬「それだけはやめてください、、」

綾瀬は何度もやめてください、とお願いしますが、当然乃木が聞くはずがありません。

強気だった表情が泣き顔に変わっていく様はそそりますね。

全裸にされてしまった綾瀬に、乃木は更なる恥辱を要求。

綾瀬の手を股間に持っていき、自慰行為を命令。

乃木「負けたんでしょ?ほら、気持ちよくなって」

綾瀬「あああ、ごめんなさい、、、」

乃木「負けたんだからみんなにもっと情けない姿見せてあげましょ」

綾瀬「あああああ、、、」

逆らえない綾瀬は自ら手を動かし、快楽に溺れていきます。

乃木は綾瀬の胸を愛撫しサポート。

乃木からは小さいと馬鹿にされていましたが、綾瀬もEカップの持ち主なので、普通に見たら巨乳の分類です。

ロリ巨乳が妖艶な美女に犯されていく様子がめちゃくちゃエロい。。。

乃木「気持ちいい?」

綾瀬「気持ちいい、、、」

乃木「気持ちいいんだぁ?アハハハ!やらしい~最初は威勢良かったのにねぇ」

綾瀬「アッアッアッアッ!ごめんなさい、、、」

乃木「ほら、生意気なこと言ってごめんなさい、でしょ?」

綾瀬「生意気なこと言ってごめんなさい、、、」

完全に心も折られてしまった綾瀬は、もう我慢の限界。

綾瀬「アッアッアッ!イク!!」

乃木「あら、イッちゃうの?」

綾瀬「うああっ!!」

体をビクンと痙攣させ、遂に綾瀬は派手にイッてしまいました。

綾瀬は、そのまま乃木に抱きかかえられるように力が抜けてしまいます。

綾瀬「ごめんなさい、ごめんなさい、、、」

乃木「やっぱり私の方が強かったわね」

綾瀬「ごめんなさい、、、」

綾瀬は体をピクピクさせながら、謝罪を繰り返します。

小悪魔S女が徹底的に調教されてしまった素晴らしい敗北でした。

【サイドB】

ギリギリと綾瀬の首を絞めていく乃木。

しかし、綾瀬も首を絞め返して反撃します。

お互いの意地と意地がリング上でぶつかります。

ここを制したのは綾瀬。

パワーでは劣りますが、ここまでのダメージ蓄積は乃木の方が多く、徐々に苦しい体勢に。

綾瀬「ほら、どうしたの?ほらほらぁ!」

乃木「ぐ、ぐあ、、、」

解放された乃木は苦しそうな表情でリングにダウン。

綾瀬「あれぇ?もう終わり?こっち来て立ちなさいよ」

乃木を立たせた綾瀬は何発も股間キックをお見舞い。

さすがの乃木も何度も股間を蹴られては我慢できません。

崩れ落ちる乃木を尚も立たせ、

綾瀬「あともう一発行くわよ!」

と、強烈な一撃。

股間にダメージを受けた乃木は倒れこんでしまいます。

綾瀬は倒れた乃木の首を太ももで挟むと、高々と腰を上げます。

ムチムチの太ももで挟まれた乃木は、落ちてしまいそうな表情に変わります。

乃木「うああ、、首が、、、」

綾瀬「もっと絞めてあげますよ。さっきから絞められて息もできないですもんね」

乃木「ぐああ、、、」

苦しそうな乃木の表情を見ながらニヤニヤ笑う綾瀬のSっぷりがたまりません。

呼吸困難になり、フラフラの状態になってしまった乃木。

綾瀬は乃木をコーナーまで持っていくと、自身はコーナーに上ります。

そして、乃木の首をクラッチ。

綾瀬は落ちる力を使って、乃木をリングに放り投げます。

遠心力のかかった勢いで投げられた乃木はぐったりしたまま動けません。

綾瀬「何?もう終わりですかぁ?」

綾瀬は乃木の手を掴むと、首に巻き付け締め上げていきます。

さらに、もう片方の手で股間愛撫攻撃。

乃木は苦しさと快楽、両方を味わうことになってしまいます。

綾瀬「あれぇ?首絞めた方が、ここびちゃびちゃになってますよ?」

乃木「アッアッアッ!ダメェ、、、!」

綾瀬「まだイッちゃダメですよ?イキたいですか?」

乃木「あああああ、イクッ、、!」

綾瀬のテクに抗えずイカされてしまった乃木。

しかし、一度Sスイッチの入った綾瀬は簡単には止まりません。

綾瀬「イッちゃっいました?でもまだ終わらないですよ」

乃木「あああ!ダメェ、、イッたばっかり、、、」

綾瀬「イッたら終わりだと思ってるんですか?」

乃木「ああああ!イクイクイク!!」

連続でイカされ乃木の精神は崩壊。

綾瀬「アハハ!またイッちゃったんですか?」

乃木「ああああ、、ギブ、、、」

綾瀬に屈してしまい、遂に敗北宣言をしてしまいます。

しかし綾瀬は更なる屈辱を与えようと手を動かし続けます。

綾瀬「え?ギブ?聞こえないです。もっと大きな声で言って下さ~い」

乃木「もう私の負けよ、、ギブ、、、」

綾瀬「イク時みたいにもっとおっきな声で言ってくださ~い」

乃木「あ~イッちゃう、また、、、」

綾瀬「イッちゃうんですかぁ?」

乃木「イッちゃう、、、ギブギブギブギブー!」

セクシーな喘ぎ声を出しまくり、屈辱的なギブアップをしてしまった乃木。

小娘と舐めていた相手にイカされるという最高のシチュエーションですね。

勝利者の綾瀬は小悪魔の笑顔で乃木の腰を踏みつけます。

綾瀬「どんな顔してるんですか?どんな顔してギブアップって言ったんですか?すごいいい顔」

乃木「はぁはぁ、、、」

綾瀬「結局経験の差ってことですよね。何回イッちゃったんですかぁ?あんな上から目線だったくせにね、こんな小娘に負けちゃうなんてね」

追い打ちの言葉責めの上手さも素晴らしいです。

そして、当然こちらでも敗者へのコスチューム剥ぎが待っています。

ぐったりしている乃木は、大した抵抗もできず水着を脱がされてしまいます。

Gカップの極上ボディがリング上に露わになります。

綾瀬「あ~可愛いパンツはいてますね」

乃木「見ないで、、、」

綾瀬「見てもらいましょうよ」

無理やり開脚され、恥辱を与えられてしまう乃木。

受けになると、一気にM女になるのがいいですね。

さらに、乃木を四つん這いにさせると

綾瀬「こんなエッチな下着履いてたんですね~」

と、お尻を重点的に弄ります。

乃木「もう許して、、、」

綾瀬「全然まだまだじゃないですか。負けたんだから」

綾瀬の責めはエスカレートしていき、遂に下着に手をかけます。

さすがにこれには抵抗を見せる乃木でしたが、今の綾瀬を止めることはできません。

綾瀬「あ~すごい、丸見え~。もっと足開きなさいよ、ほら!」

小悪魔S女の本領発揮ですね。

綾瀬は乃木を後ろから押さえつけ、無理やり股を開かせます。

そして、こちらも自慰行為を強要。

綾瀬「一人でしなさいよ、アンタ負けたんだし。興奮してるんじゃないの?」

乃木「アッアッアッ、、あああん」

おずおずと股間と胸を愛撫しながらも、セクシーに悶える乃木がとにかくエロいです。

綾瀬「こんな小娘に負けて屈辱ですよね?」

乃木「アッアッアッ!!」

綾瀬「そんな屈辱的な自分を思いながらオナニーしてくださいよ」

乃木「ごめんなさい、生意気なこと言ってごめんなさい」

謝りながらも気持ちよさそうな声を出す乃木のM女っぷりも興奮します。

綾瀬「小娘に負けて恥ずかしいですって」

乃木「あああ、小娘に負けて恥ずかしいです、、、」

綾瀬「恥ずかしくて気持ちよくなってごめんなさい」

乃木「アッアッアッ!気持ちよくなってごめんなさい、、、イッ、イク!」

屈辱的なセリフを言わされながら絶頂してしまう乃木。

ピクピクと体を反応させるたびに揺れる巨乳がエロ過ぎです。

ホントにこのスタイルのよさは反則ですね。

綾瀬「今日何回イッちゃったんですかぁ。すごいビクビクが止まらない」

乃木「あああ、ごめんなさい、、」

綾瀬「手止まらないですね」

乃木「はい、、止まらないです、、、」

エロスイッチの入ってしまった乃木は、綾瀬に言われるまでもなく、手を動かし続けてしまいます。

小娘と侮っていた相手に、M女調教されてしまうお姉さま。たまりません。

乃木「アッアッアッ!!アッイク!!」

綾瀬に見られる格好で、再び絶頂してしまった乃木。

アヘ顔を晒し、ビクビクと体を震わせてしまっています。

綾瀬「こんなエッチなこと大好きだったらそりゃ勝てないですよね。気持ちよくて負けちゃいましたね」

乃木「アッアッアッ、、、はぁん、、、」

綾瀬「やっぱり私の方が全然強いですね」

乃木はもう何も言い返せず、ただ快楽に喘ぐのみ。

乃木のリアクションのよさはもちろんですが、とことん責める綾瀬の言葉責めも最高でした。

どちらが勝っても負けても楽しめるマッチメークだったので、両方の展開が見られるのは非常にありがたいです。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】