バトルファックトーナメント02 ~第1試合~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

バトルファックトーナメント02

対戦ファイター:山本蓮加・椎木くるみ

男女混合で行われるバトルファックトーナメント。

1作目も熱い戦いが繰り広げられましたが、2作目は女優陣もさらに豪華な顔ぶれ。

1回戦ではレズトーナメントにも参戦した山本蓮加と椎木くるみがぶつかります。

椎木「アンタ、私に勝てんの?」

山本「何言ってるの?当たり前じゃん」

共にS女であり、テクニックに自信を持っているだけに、ゴング前から火花を散らします。

まずはリング中央で組み合い。

椎木「じゃあ、やってみる?どうせ雑魚なんでしょ」

山本「逆になんでそんな勝てる気でいるのか分かんないんだけど」

椎木「アンタなんか」

山本「いつまでそんなこと言ってられるかわからないけど」

椎木「じゃ、私のテクニック見せてあげるわ」

言葉責めの応酬がいいですね。

先手を取ったのは椎木。

山本の胸と股間を同時に責め、先制攻撃を仕掛けます。

山本「アッ!あう、、!こんなの全然、、、」

椎木「感じてるじゃないのよ」

山本「全然気持ちよくないから、、アッ!」

山本の口から喘ぎ声が漏れ始めます。

さらに、舌で山本の乳首を愛撫。

椎木の悪女っぽい表情がたまりませんね。

山本も必死に我慢していますが、顔を強張らせつつ、声が艶っぽくなっていきます。

続けて強引なキス。

山本「んんん!んん~~~」

口を塞がれているため、声になっていませんが、気持ちいいことは間違いありません。

椎木「すっごい感じてんじゃない」

キスから解放された山本ですが、表情はトロケてしまい言い返すことができません。

棒立ち状態の山本の後ろに回り、形の良い美乳を揉みまくる椎木。

椎木「すっごい感じてるじゃない」

山本「アッアッ!アンタのテクで感じるわけないでしょ、、アン!」

椎木「なんでそんなに声が漏れてるのか教えてちょうだいよ」

山本「はぁう!アッアッ!」

耳元で囁かれる言葉責めに心まで犯されていく山本。

表情も声もとにかくエロイです。

さらに、椎木の手は山本の股間に伸びます。

山本「アッ!離しなさいよ、、、」

椎木「聞こえない。もっと大きな声で言ってちょうだい」

山本「アッアッアッ、、、」

椎木「感じてて何も言えないんでしょ?」

山本「ああああ、、黙りなさいよ、、、」

椎木の責めに山本は遂に膝をついてしまいます。

そこにドヤ顔で追い詰める椎木。

椎木「ほら、こっち見て。すっごい気持ちよさそうな顔してる」

山本「アッアッアッ!ああああ!!」

椎木の激しい愛撫に、山本の喘ぎ声がどんどんと大きくなっていきます。

そして、乳首への集中攻撃。

リングにいやらしい音と山本の喘ぎ声が響きます。

椎木「これで感じてないなんて言わせないわよ」

山本「アッ!、、、黙りなさいよ、、、」

椎木「じゃあ、黙らせてみなさいよ」

山本が弱っていく様を見て、椎木は早くも勝利を確信しているようですね。

しかし、椎木の余裕ぶりにカチンときた山本も反撃。

強引に椎木を振りほどくと、マウントを取って形勢逆転。

それでも、椎木は

椎木「アンタ、ヤレんの?」

と、余裕の表情を浮かべます。

しかし、山本のテクを味わうと早くも椎木の余裕の表情が崩れます。

乳首をいやらしく責める愛撫に、思わず椎木は体をピクンと反応させます。

山本「なぁに?今の」

椎木「んっ!」

山本「ウフ。こうやって優しく触られるのと、こうやって激しく触られるのどっちが好きなの?」

椎木「どっちも感じないわよ」

山本「へぇ、感じてないんだ?どうしたの?吐息漏れてるけど」

山本は椎木の股間に手を伸ばし、2点責めで攻撃。

山本「あ~すごい。体ビクビク跳ねてるけど、どうしたの?」

椎木「別にビクビクしてないわよ、、、んっ!」

口では強気に振る舞っていますが、体の反応は誤魔化せません。

山本のテクで、椎木の動きが完全に鈍っていきます。

椎木のコスチュームをはだけさせ、乳首を直接責める山本。

刺激はさらに高まっていき、椎木の表情がだんだんとトロケていきます。

椎木「アッ!アッ!、、、アン!」

山本「やだ~こんなに可愛くなっちゃってる」

椎木「アッアッ!」

山本「やだ、可愛い声出しちゃって、気持ちいいの?」

椎木「気持ちよくないわよ、、、アン!」

必死に声をこらえていましたが、山本のテクに抗えず喘ぎ声が漏れていく展開に。

山本「気持ちいいんでしょ?」

椎木「気持ちよくないわよ、、ああああ、、、」

体をくねらせ、ピクンと反応し、声も可愛くなっていく椎木。

最初のオラオラ感は見る影もありません。

山本のテクの前にアヘ顔を晒してしまう椎木。

震える声で

椎木「そんなんじゃ感じないわよ」

と、強がりますが、山本の勢いは加速していきます。

山本「腰浮いちゃってるけど?」

山本の股間愛撫に、椎木の腰がどんどんと上がっていきます。

何とか快楽から抜け出そうともがきますが、山本のテクに抗えず、、、

椎木「ああああ!ダメッ、、ああああ!!」

遂に耐えきれずに絶頂。

我慢した反動か、体をビクビク痙攣させてしまう椎木。

山本の手によって激しくイカされてしまいました。

山本「ウフフ、か~わいい」

椎木「はぁ、、あうっ、、」

イッたばかりの椎木を休ませることなく、貝合わせで追撃する山本。

何とか反撃したい椎木ですが、

椎木「あああ、、気持ちいい、、、」

と、一度イカされたことで心が折れたのか、気持ちよさを口に出してしまいます。

こうなってしまうと、もう山本のペース。

激しくエロく腰を動かし、心を完全に折にかかります。

椎木「あああ、イキそう、、です、、、」

山本「イキそうなの?」

椎木「イキそうです、、、」

山本「いいよ、イッて」

椎木「あああ!イク!!」

椎木、2度の絶頂。

しかし、山本に敬語を使ってしまった時点で、既に勝敗は決しました。

ここから先は山本の蹂躙ショー。

椎木のコスチュームを全て脱がせて全裸にすると、スレンダーな裸体をいやらしく愛撫。

それを受け入れてしまった椎木は、山本のテクに体を委ねています。

山本「直接触ってあげる」

椎木「はぁぁぁ!!アッアッ、、気持ちいいです、、、」

山本「気持ちいいの?もっとしてほしい?」

椎木「もっとしてほしいです、、、ああああ、、、」

生意気なギャル美女が、M女に落とされていくシーンがとにかくそそりますね。

椎木「あああ、そこ気持ちいいです、、」

山本「ここ?」

椎木「はい、、ああん、、あああ!イキそうです!イキそうです!イキそうです!」

山本「いいよ。イッて!イッて!」

椎木「あああ!イク!!アッ!!!」

イクまでの間隔が短くなっていき、椎木はすっかり山本のテクの虜になってしまってますね。

山本「イッちゃったの?」

椎木「い、イッちゃいました、、、」

完全に勝負はついてますが、ここで終わらせないのがS女・山本。

自らコスチュームを脱ぎ、全裸になって更なる責めを与えにかかります。

トドメは直接股間を押し付けての貝合わせ。

既に戦意を喪失している椎木は抵抗することもなく、山本の腰振りに身を任せるだけ。

椎木「あああ、すっごい気持ちいいです、、、」

黒と白、SとMのコントラストが映えますね。

椎木「あああああ!」

山本「なぁに?」

椎木「すっごい気持ちいい、、そこ、、、」

山本「どうしたの?もっとしてほしい?足りないの?」

椎木「もっとしてくださいぃ、、、」

山本「もっと?」

椎木「もっと欲しいです、、、」

山本「もっと欲しいの?」

椎木「ああああ!すっごい気持ちいい、、、」

山本「これが欲しかったの?」

椎木「はいぃぃ、、、」

椎木「あああ!気持ちいい!!」

山本「気持ちいいの、ほらぁ!」

椎木「ああああ!イキそうです!」

山本「いいよ」

椎木「あああ!イクイク!!アッアッアッーー!!!」

完全にイキ狂ってしまった椎木。

山本のテクの前にイカされまくり、試合終了のゴングが鳴らされます。

椎木は体をピクピク痙攣させて快楽の余韻に浸ります。

山本「気持ちよかった?」

椎木「気持ちよかったです、、、」

山本「ちゃんと素直になったから今度はもっとたくさんしてあげる。嬉しいでしょ?」

椎木「はい、、」

トロンとした表情で山本を眺める椎木。

その姿は完全にマゾですね。

強気だった椎木でしたが、山本の前に完全敗北。

レズトーナメントではファイナリストに進んだ椎木と、

1回戦で乙アリスに敗北した山本というマッチメークでしたが、

椎木 < 山本 < 乙 のようなレズランキングが出来上がりましたね。

計3試合が収録されているため、どうしても1試合あたりの時間が短くなってしまいますが、

この短さでも魅力を発揮できる2人は流石です。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】