パンドラの森 ~ソウセイの淫魔と堕落の牧場~

パンドラの森 ~ソウセイの淫魔と堕落の牧場~

 

2019年発売の同人ゲームながら、今でもM男向けゲームとして高い評価を受ける作品。

ただいま絶賛セール中で50%引きとなっていたため、せっかくならばのご紹介です。

 

「緑の森」と呼ばれる魔性の森に棲む淫魔の討伐依頼を受けた若き主人公(男)。
森の中に建設された「人間牧場」を発見し、支配者である淫魔を倒すことが彼の使命となる。
森の奥に潜む数々の淫魔達が、行く手に立ちはだかる――――。

 

広大な緑の森を舞台に、数々の淫魔の魔の手から秩序を取り戻す物語。

設定としてはファンタジーの王道ですが、キャラクターが濃く魅力的なのでハマる人は多いと思います。

他の作品との大きな違いは、敵キャラクターのほとんどが両性具有という点。

いわゆる「ふたなり」なので、嫌悪感がある人には進めにくいですが、プレイしてみると中々抵抗なく進められます。

 

主人公のガウェインはノーマルな性癖の上級冒険者。

それが敵に愛撫されたり、キスされたり、犯されてしまうことで、どんどん性癖が変わっていってしまいます。

強い冒険者が敵に敗北し、開発されてしまう展開がゲームの肝となります。

開発された部分を責められてしまうとダメージも大きく食らってしまい、

主人公のセリフもマゾらしく変化していくのがいいですね。

弱点アビリティを植え付けられた主人公がどう蹂躙されてしまうのか、見所です。

 

さらに、ゲームとしても面白い。

本作では設置したスキルを駆使して戦うのですが、

一度使ったスキルは何ターン後に回復するため、連続で打てませんし、

強力なスキルは発動するまでに時間がかかります。

そして、スキルはハメガチャを回して獲得するのですが、これも完全ランダム。

セーブ&ロードしても回したガチャは戻っていないというこだわりようです。

 

他にも、時間帯により変化する淫魔の行動や、料理や休息での回復など

簡単には攻略できない難易度でプレイできるのがポイントです。

エロ描写なしで楽しめる健全モードが実装されるのがわかるくらい、

ゲームとしての完成度が高い作品だと思います。

 

2/14 13時まで 割引セール期間のようですので、

気になった方は一度体験版をプレイしてみて好みにあうかチェックしてみてはいかがでしょうか。

最初のボス、レジーナまで戦うことができますが、

このボスのエロ攻撃や言葉責めもそそり、主人公を追い詰めてくれますよ。