続レズ女子プロレスコロシアム2 ~序盤から決着前まで~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

続レズ女子プロレスコロシアム2

対戦ファイター:星名咲良・渚ひまわり

レズ女子プロレスコロシアムの第2弾は、ギャルVSお姉さまのマッチアップ。

スレンダー美女の渚と、S性の高い星名というタイプの違う2人がリングでぶつかります。

二人ともにこやかな笑顔を見せて対峙しますが、お互い自分のテクに自信をのぞかせています。

まずは手四つで力比べ。

パワーは星名の方が上のようで、渚は徐々に押されていきます。

星名「どうしたの?そんな力じゃ私に勝てないわよ」

渚「ううう、、」

星名「ほら、押されちゃってるわよ」

星名の言い回しは、エロスが所々に見えていい感じです。

パワーで圧倒した星名は、渚をリングに転がします。

そして、さっそく舌を使っていやらしく体を愛撫。

星名「こんな露出高い服着てるんだから、舐めてくださいって言ってるようなものでしょ」

渚「あああああ、、」

下からじっくりと舐めまわしていく星名。

エロい舌使いを見せてくれます。

星名は徐々に上に上がっていき、遂に渚の胸に到達。

渚「やだっ!あうっ!!」

星名「大丈夫?私男の乳首もいっぱい舐めてきたから、いっぱい気持ちよくしてあげるわ」

渚「気持ちよくない、気持ちよくない、、、アン!!」

序盤は、星名の経験が物をいう展開になっていきます。

星名のテクに、体を震わせ感じてしまう渚。

口に手を当て必死に声を出すまいと抵抗しますが、気持ちよさを我慢することができません。

個人的にあまりギャルは好きではないのですが、渚の感じる表情はエロくてそそりますね。

さらに、星名は手を股間に移動させ愛撫を開始。

あまりの気持ちよさに渚はアヘ顔になってしまいます。

星名「このまま私の勝ちでいいんじゃないかしら」

渚「あああん!!」

星名「このままいっぱい触ったらどうなっちゃうのかなぁ?」

渚「アッアッアッ!!」

星名「やられてばっかじゃなくて、やり返してもいいのよ?」

渚「イッ、、、」

星名「イクの?いいよ、イキなさいよ、ほらぁ」

渚「あああ、、」

星名「女にイカされちゃって恥ずかしいわねぇ」

渚「アッ!!!」

星名の猛攻に、早くも体をビクンとさせてしまった渚。

星名の言い方と言葉責めは、MIXファイトでも真価を発揮してくれそうですね。

はぁはぁと荒い呼吸を繰り返す渚に、星名は追い打ちをかけていきます。

星名「気持ちくなっちゃった?」

渚「アッアッ、、、」

星名「気持ちくなってないの?じゃぁ、もっとしよっか?」

渚「いやぁ!ああああ!!」

星名「いやじゃなくて、イイでしょ?ほら、私のテクでイキなさいよ」

連続イカせを狙う星名。

ワンサイドゲームになってしまいそうな激しさを見せます。

しかし、渚もヤラレっぱなしで終わるわけにはいきません。

何とか体を起こすと、星名を押し倒して反撃開始。

胸の愛撫を中心に攻め立てていくと、星名は艶っぽい声を出してしまいます。

星名「アッアッアッ!」

渚「アハハ、気持ちくなってる~」

渚の乳首責めに、体をピクッピクッと反応させてしまう星名。

責める姿もエロいですが、受けは受けでドMのような反応を見せてくれます。

見せ方をよく分かってるリアクションで感じまくります。

舌で愛撫されるたびに、アッアッと声を漏らしてしまう星名。

その姿を見て渚のS性も拍車がかかっていきます。

渚「気持ちくなっちゃってるね。さっきあんなにしたのに、私に~」

星名「うるさいわね、、アン!」

星名の体がますます敏感になっていき、体の痙攣も大きくなっていきます。

さらに、渚の股間愛撫。

星名「あああ!そんな、、、」

渚「アハハ!ビクビクしてる~恥ずかしいね~」

星名「アッアッアッ!そこばっかりぃぃ、、、」

渚に手を押さえられ、ガードができない状態の星名に快楽の波が迫ります。

手を小刻みに動かされ、星名の我慢も限界間近。

星名「あああ!そこばっかり、、、」

渚「ここがいいの?」

星名「あああ!ダメッ!!アッ!!!」

渚の股間愛撫で、星名もイカし返されてしまいました。

渚「あれ?イッちゃったの?イッたとき、イクって言わなきゃだめでしょ?」

星名「あうう!!」

体が敏感になっている星名は、追撃の舌責めでも体をビクンと震わせてしまいます。

彼女の反応はとにかくエロいので興奮できます。

しかし、ドSの星名がギャルにイカされたままで黙っていられるわけがありません。

渚を押し返すと、今度は電気あんまで攻撃。

渚「アッアッアッ!それだめ、それだめ!」

星名「ダメなの?じゃ、もっといっぱいやろうか?」

渚「ああああ!!」

またしてもセクシーな表情でよがってしまう渚。

話が逸れますが、貧乳の人の谷間って妙にエロく感じてしまうのですが、共感できる人いますかね?w

星名は自慢の舌で渚にクンニを仕掛けていきます。

エロい音がリングに響き、渚の表情もとろけていきます。

腰がどんどんと上がっていく様子を見る限り、本当に気持ちいいということが分かりますね。

徹底したクンニに渚は手も足も出ません。

渚「イカない、絶対にイカない、、、」

星名「絶対にイカない?ホント?じゃあ、舐めてイカせてあげるわよ」

渚「あああ!気持ちくない、、気持ちくない、、ああああ、、、」

口では強がる渚ですが、抵抗する力がだんだん抜けていき、喘ぎ声の質も変わっていきます。

渚「あああ!ダメェダメェ、、それダメェ、、」

星名「ん~?」

渚「あああ、イクッ!!」

星名のテクの前に再びイカされてしまった渚。

状況は厳しいですが、心はまだ折れておらずギブアップは口にしません。

しかし、2度イカせたことで星名の調子も上がってきます。

まだ体が追い付いていない渚に2点責めで追撃。

渚は抵抗できず、かわいい喘ぎ声を出しまくり。

渚の露出している部分を、好きなように舐めていく星名。

ここにきて、露出度の高いコスチュームが自身を苦しめる展開になってきました。

星名「舐められて気持ちくなっちゃったの?」

渚「違う、、違うぅ、、、」

星名「違う?ホント?」

渚「ああああ!!」

星名はまるで渚を可愛がるように犯していきます。

星名「舐める方が好き?どっちが好き?耳からにしようか?」

渚「あうん!!」

耳元で囁かれる言葉責めとかたまりませんね。

精神を破壊していくような責めに、渚はたまらずよがってしまいます。

そして、股間と乳首を激しく刺激。

渚「いやぁ、、」

星名「何がいやなの?いやならギブアップしてくれていいのよ?」

渚「あああ!ダメェ!」

星名「でもこれが好きなんでしょ?ほら、イキなさいよ。こんなにビンビンにさせちゃって。いいならいいってちゃんと言わないと」

渚「あああ!ダメダメダメ!!」

星名「何がダメなの?」

渚「アッ!!」

星名の怒涛の責めに、渚は立て直せず連続でイカされてしまいます。

星名は渚を後ろから押さえ込むと、乳首を重点的に愛撫。

渚「あああ!気持ちくない、、」

星名「気持ちくない?ほら、隠しちゃだめよ」

渚「いやいやいやぁ、、」

星名「嫌だったら反撃して見なさいよ。できるものならね」

言葉とは裏腹に体が言うことを聞かない渚。

体を星名に預けるような形になってしまい、いつイッてもおかしくない状況に。

耳元で止めどなく続けられる星名の言葉責めも加わり、興奮度がどんどん高まってしまいます。

さらに、かかとで渚の股間を愛撫するドSな責めを披露。

対戦相手が女性とはいえ、ここまでS性を見せてくれるとM男にとっては嬉しいですね。

星名「イッたっていいのよ。あなたが弱いわけじゃなくて、私のイカせるテクニックがよかっただけだから」

渚「ああああ!」

星名「ほら、いっぱい気持ちよくなりましょうね」

渚「あう!!」

渚は星名のテクに抗えず、ここでも絶頂。

イッてないと強がりますが、反応は如実に絶頂を物語っています。

体が言うことを聞かなくなっている渚を、星名は四つん這いにさせます。

そして、コスチュームを食い込ませ、股間を刺激。

渚はエロい表情でよがってしまいます。

そして、お尻を舐めながらの股間愛撫。

渚は体をバタバタさせますが、星名のテクに感じまくっている様子。

突き出したお尻がピクピク痙攣し、なんともそそるシーンです。

試合の主導権を握った星名。

このまま渚を圧倒しそうな勢いですが、ありがたいことに本作も2種類の結末が用意されています。

渚の逆転劇と星名による完全勝利。

ここから試合は分岐していきます。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】