セクシー女子プロレス07 ~序盤から決着前まで~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

セクシー女子プロレス07

対戦ファイター:宝生めい・花宮レイ

セクシー女子プロレスの第7弾は、宝生めいと花宮レイのマッチアップ。

共に本シリーズには2回目の登場ということで、如何に需要があるかを物語っていますね。

まずはリング中央で手四つ。

必死に応戦する宝生ですが、体格差が出始め徐々に押し込まれていきます。

しかし、組み合いでは分が悪いと感じた宝生はベアハッグに切り替え。

花宮「アッ!アン!」

宝生「何よ、そんな声出して。こんなのでも感じてるんじゃないの?」

痛がる悲鳴がめちゃくちゃセクシーな花宮。

相変わらずリアクションがいいですね。

宝生は花宮をリングに倒すと、脚を取ってアキレス腱固めで攻め立てます。

花宮はここでも体をくねらせ、エロい声を出してしまいます。

宝生「こんなことされても感じてるんじゃないの?」

花宮「はぁう、、アッ!」

宝生の言葉責めも申し分ありません。

ですが、このまま受けに回るだけが花宮ではありません。

苦しがりながらも宝生の脚を取り、アキレス腱固めで応戦。

宝生「アッ!何するのよ!ああ!!」

花宮「ヤラレっぱなしじゃないんだから」

宝生「何よ、、感じてたくせに、、、」

花宮「そっちだって、いい声で鳴く癖に」

花宮の攻めに今度は宝生がエロいリアクションを発揮します。

主導権を奪い返した花宮の反撃開始。

宝生の脚を取って電気あんまで責めまくります。

花宮「おマ〇コ責められてビクビクしてるの誰よ?」

宝生「あううう!!」

爆乳の人が体を反らせて感じてしまうシーンは、とにかく興奮しますね。

花宮は宝生を四つん這いにさせると、バックから腰を突いていきます。

花宮「ほら、もっと鳴きなさいよ。いい声聞かせて?」

宝生「うああああ!!」

花宮の激しい責めに、宝生の顔が早くもアヘ顔になっていきます。

さらに、体を起こし宝生の爆乳を鷲掴み。

宝生「アッ!やめなさいよ、、、」

花宮「すごい気持ちいいおっぱいしてるのね。興奮してきちゃった」

宝生「あうう、、」

これだけボリュームのある胸を好きなだけ揉めたら、もう幸せでしょう。

再び四つん這いに戻し、荒々しく突いていく花宮。

宝生「アッアッアッアッ!」

リングに宝生の喘ぎ声と、パンパンと肌がぶつかる音が響きます。

花宮「いい顔しちゃって。もっとその顔見せて」

花宮は宝生を仰向けにさせて抑え込むと、胸同士を擦りあわせていきます。

胸を押し付けられ、宝生は苦しさと快楽が混じった声を出してしまいます。

余裕の笑顔で相手を責めていく花宮の表情も最高です。

花宮「悔しい?屈辱的な顔しちゃって。その顔が癖になっちゃいそうよ」

宝生「アッアッアッ、、、」

花宮「もっと見せてみなさいよ」

宝生「ああああ、イク、、、」

花宮の胸責めに、早くも絶頂を迎えてしまいそうな宝生。

花宮「何?こんなんでイッちゃうわけ?」

宝生「ち、違っ、、、」

花宮「ほら、イッてもいいのよ」

宝生「あああ!ダメ、、おっぱいが、、おっぱいが、、アッ!!」

体をビクンと反応させてしまう宝生。

花宮の責めに早くも軽イキしてしまった様子です。

花宮「何?まさかイッちゃったんじゃないでしょうね?そんな簡単にイッたらつまんないじゃない」

荒い呼吸を繰り返す宝生を無理やり立たせ、今度はロープに跨らせる花宮。

ロープを股間に食い込ませ、さらに蹴って振動を与えるドSっぷりを見せます。

宝生「あああ!あああ!!」

蹴られるたびにエロい声を出しまくる宝生。

完全にペースを握られてしまいます。

股間にダメージを負ってしまった宝生はもうぐったり。

花宮は今度はリングに座らせると、後ろから爆乳と股間を同時に責めていきます。

花宮「私が直々にイカせてあげる」

宝生「ふぁぁぁ!!」

抜群のテクでの2点責め、耳元の言葉責めで、宝生は体をピクピクさせまくり。

花宮「気持ちいい?ほら、屈辱的にイキなさい」

宝生「ああああ!ダメッ!ダメェーー!!」

今にもイッてしまいそうな宝生ですが、花宮は絶頂前で手を止めてしまいます。

花宮「まだイッてないわよね?簡単にイカせるわけないでしょ?辛い?イケなくて辛いの?」

宝生「ふあぁ、、はぁ、、」

絶頂をコントロールされてしまっている宝生の目は虚ろです。

そして、再び手の動きを早めていく花宮。

今度は最後まで手を止めません。

宝生「あああ!いやぁいやぁ!ダメ!あああ!ダメ!!イクッ!!!」

2度目の絶頂を迎えてしまった宝生は、息絶え絶えの状態で痙攣してしまいます。

花宮「そんな簡単にイッちゃって、私と戦う気あるの?」

宝生に尚も襲い掛かる花宮。

しかし、この発言が宝生に火をつけ、

宝生「あるに決まってるじゃないのよ!」

と、花宮を押し倒します。

今度は宝生のターン。

花宮に馬乗りになると、形の良い美乳を愛撫し始めます。

宝生「実は人のこと散々触っておいて自分も興奮してたんじゃないの?」

花宮「アッアッ!違うわよ、、、あああ」

再び花宮のセクシーな喘ぎ声がリングに響きます。

さらに、爆乳の宝生ならではの胸での圧迫。

柔らかくボリューミーな胸に押しつぶされ、花宮は苦しそうな声をあげてしまいます。

男だったらあっという間に骨抜きでしょうね。

宝生は花宮からどくと、脚を無理やり開かせて股間を愛撫。

宝生「こんなにビクビクさせて、ホントは触ってほしかったんでしょ?」

花宮「ああああん!!」

宝生のテクに、花宮は目を閉じて快楽に身を委ねてしまいます。

触られているだけで体をピクピクさせて感じてしまう花宮。

宝生「ここ触ってほしいの?」

花宮「アン!」

宝生「そんなに気持ちいい?さっきおんなじことしてたもんねぇ?」

花宮「き、気持ちよくない、、、あああ!」

強がりながらも体が反応してしまう仕草が、とにかくセクシーです。

宝生「ほら、イッてもいいのよ。そんなにここ触られるの気持ちよければ」

花宮「あああ、やめて!アッ!イク!!」

しかし、さっきのお返しか、宝生も花宮の絶頂寸前に愛撫をやめてしまいます。

宝生「そんな簡単にイカせるわけないでしょ」

そう言うと、電気あんまで刺激を与えていきます。

宝生「どういう気持ち?こんな痛いことされても感じちゃうんだ?」

花宮「アッ!あう!」

宝生「すごい、腰動いて~ほら!」

花宮「アッアッアッアッ!!」

宝生の愛撫がどんどんと花宮の体を蝕んでいきます。

再び手で花宮の股間を責めまくる宝生。

宝生「イクとこ見ててあげる、あたしが。いいのよ、気持ちよくなって」

花宮「あああ!やめて、、」

宝生「やめてほしいの?いいの、やめちゃって、気持ちよさそうよ?いいの?」

花宮「ああああ!イク!!」

今度は完全にイカされてしまった花宮。

エロいリアクションで体をビクンビクン震わせてしまいます。

宝生「今どんな気持ち?」

花宮「イってなんかないわよ、、、」

宝生「イッてないの?こんなお尻ピクピクさせて?イッてないんだぁ」

花宮のお尻に跨り、責めを続けていく宝生ですが、

花宮は力を振り絞り拘束から脱出します。

再び攻守逆転。

花宮は体格を生かして、パワーで宝生を圧倒。

花宮「どう、この格好?恥ずかしい格好、ほら」

宝生「うあああ」

花宮「こんな格好されて恥ずかしくないの?」

と、精神的にダメージを与えていきます。

続いてバック騎乗位のような体勢で股間を擦りあわせ。

花宮「気持ちいいでしょう、ほら」

宝生「アッアッアッ!!」

花宮「アンタだって最初にイッたじゃない。散々言ってくれたわね、ホントに」

宝生「あああああ!」

花宮「こんなんで感じちゃうなんて、淫乱にも程があるでしょ」

花宮の言葉責めもますますエンジンがかかってきました。

花宮は宝生のコスチュームを股間に食い込ませ、一層の刺激を与えていきます。

体が敏感になっている宝生にとって、こうされるとたまりません。

宝生「あああ!ダメ!!」

花宮「どうしたの?」

宝生「ダメダメ!!イク!イクー!!」

快楽に抗えず、宝生は3度目の絶頂です。

花宮「またイッちゃったわけ?あなたって弱いのねぇ。悔しくないの?」

宝生の爆乳を揉みまくり追い打ちをかける花宮。

男相手では無双する宝生が、女性にはイカされまくってしまう展開は、中々そそります。

花宮はグロッキー状態の宝生を立たせ、コブラツイストで締め上げていきます。

花宮「苦しいの?それとも気持ちいいの?どっち?」

宝生「はぁはぁ!ああああう!」

花宮「教えてよ、私に」

胸を揉まれ、股間を愛撫され、宝生は何も言い返せず喘ぐしかできません。

花宮「イッちゃいます~って、ほら可愛い声で言ってみなさいよ」

宝生「いやっ、、いや、、ああああ!」

花宮「でも、もう少し楽しみたいし、簡単にイカせちゃったらつまんないなぁ」

宝生「うあああ!」

花宮「ホントにいいおっぱいしてるわ。ウフフ。もうギブ?」

宝生の体を味わいまくる花宮を見てると、男としてはうらやましい限り。

絶頂寸前で解放された宝生は、リングに膝から崩れ落ちます。

花宮は長い脚で宝生の首を挟むと、ガードができない状態で股間を愛撫。

宝生は息ができない、愛撫も止められない、という2重の責め苦によがってしまいます。

花宮「これ以上絞めたらイッちゃう?まさか首絞めだけでイッたりしないわよね?」

宝生「うあああ、、、」

花宮「まぁ面白いからイッてみてもいいけど。イケるもんならね、ウフフ」

宝生「あああ!ダメェ!!ダメェ!!」

花宮「そんなおっきい声出しちゃって。また私イキたいですぅって言ってるの?」

宝生「あう!あう!!」

首を絞められ、お尻を叩かれ、散々な目に遭ってしまう宝生。

解放された宝生はリングで大の字。

そこに花宮が貝合わせで追撃します。

花宮「そんなとろけた顔しちゃって。これ以上首絞めたらまずいかしら?」

宝生「ううう、、」

花宮「その前にこっちを責めてあげようか?そんなにいい反応してるんだもん」

宝生「アッアッアッ!!」

腰をガンガンと押し付けられ、宝生は喘ぎ声が止まりません。

そして、首絞めもプラス。

花宮は力を込めたり、緩めたりして宝生の反応を楽しみます。

花宮「可愛い声が聞こえないなんて、そんな寂しいことないよね?」

宝生「アッアッアッ!」

花宮「もう一回いくわよ。ほら、声出して!声出しなさいよ!」

宝生「あ、あ、、、」

花宮のドSな攻撃に宝生の目から力が失われていきます。

さらに、マウントを取りより近い位置で首絞めを敢行。

花宮「近くで見たくなっちゃった」

宝生「うあ、、」

花宮「あ~涙目になっちゃって、顔も真っ赤にしちゃって、、すっごいエッチ」

宝生の極上のリアクションを目の当たりにして、花宮の興奮度もMAXに。

花宮「あ~やばい、やばい興奮しちゃう」

恍惚の表情を浮かべながら宝生を犯していく花宮。

胸を揉んだり、首を絞めたり、腰を動かしたりと、やりたい放題です。

花宮「ほらぁ、SEXしてるみたいでしょう?」

宝生「アッアッアッアッ!!」

花宮の責めに宝生は大ピンチです。

しかし、ここで最後の力を振り絞った宝生。

宝生「そんなにSEXしたいならヤラせてやるわよ!」

と、下から腰を突き上げ、花宮の胸を揉み返します。

花宮「アッアッアッアッ!!!」

まさかの抵抗に声を出してしまう花宮。

宝生の逆転か、それとも返り討ちか。

勝負はここで分岐していきます。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】