レズバトルプライド 02 ~それぞれのif展開~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

レズバトルプライド 02

対戦ファイター:弥生みづき・前乃菜々

【サイドA】

弥生の徹底した股間責めに防戦一方の前乃。

喘ぐだけの時間が長くなり、だんだんと弱弱しい表情になっていきます。

そこに追い打ちをかけるクンニ攻撃。

前乃「アッアッアッ!ダメェ!」

腰が上がっていくのを止めることができず、遂に体をビクンと反応させてイッてしまいます。

弥生「またイッちゃったの?ちょっと~。次は後ろからいっぱいかわいがってあげる」

体を痙攣させている前乃ですが、弥生の攻撃は止まりません。

今度は貝合わせで責めていき、一方的になぶっていきます。

前乃「アッアッアッアッ!」

もはや前乃は喘ぐことしかできません。

弥生「気持ちいいでしょう?」

前乃「アッアッアッ!あああ!!」

弥生の揺れまくる巨乳が、動きの激しさを物語ります。

弥生「ほらほら、どうしたどうしたどうした?」

前乃「アッアッ!ダメェ!」

弥生「イッてんの?わかんないよ。イクって言わないと一生やめてあげないよ~」

前乃「あああああ!!!」

連続でイカされた前乃はもうぐったり。

弥生は前乃のコスチュームを全て脱がすと、手マン攻撃を開始。

弥生「私に責められて気持ちよかった?仕方ないわよね」

前乃「やめて、、やめて、、、」

前乃の口から弱弱しい言葉が出てしまいますが、却って弥生のS性を高める結果に。

弥生「気持ちいいんでしょ?ほらぁ」

前乃「あああああ!!」

弥生「ほらほらほら、ヤバイ時なんて言うんだった?」

前乃「アッアッアッ!」

弥生「何なになに?」

前乃「あああ!イク!イク!!」

弥生「いいよ、イキなイキなイキな!」

前乃「あああああ!!!!」

派手に絶頂した前乃を精神的にも追い詰めていく弥生。

弥生「私のテクニックよりあなたの方が上手いって言ってたわよね?忘れちゃったんだ?」

前乃「ううう、、」

弥生「もっとホントの私の気持ちよさ教えてあげる」

既に戦意喪失している前乃を起こし、弥生がトドメの体勢に入ります。

最後は後ろから前乃を抑え込み、手マン攻撃。

体を預けることしかできない前乃は、弥生のテクをダイレクトに受けてしまいます。

テクのレベルを痛感してしまった前乃は、遂に心が折れてしまいます。

弥生「これだけで興奮しちゃうでしょ?」

前乃「ごめんなさい、、やめて、、、」

弥生「ウフフ、だめよ~もっとイッてくれないと。もっともっと気持ちよくなってー」

前乃「ああああ!!」

弥生「ほらほらほらほら!」

前乃「ごめんなさい!許して!」

弥生「何なになに?違うでしょ?イキそうでしょ?イクんでしょ?気持ちいいねぇ、ほら!」

前乃「ああああ!ごめんなさい!もう、、、もう、、イっちゃう!」

弥生「イッちゃうの?いいよ!イカされなさいよ!」

前乃「イク!!!」

怒涛の言葉責め、手マン攻撃に前乃陥落。

体をビクビクと痙攣させ、ここでゴングが鳴らされます。

イカされまくった前乃は、弥生の腕の中でうつろな表情。

弥生「こんなに気持ちよかったんだ~わかった?これで私の方がテクニック持ってんの」

前乃「分かりました、、ごめんなさい、、ごめんなさい、、」

弥生「もっとおっきい声で」

前乃「ごめんなさい、、ごめんなさい、、ごめんなさい、、」

何度も謝罪する前乃に、勝利者の弥生はドヤ顔でキスのプレゼント。

前乃の頭をなでながら勝ち誇る姿が様になりますね。

新村あかりや、永野つかさといったお姉さまキャラがいる中で、

弥生の責めも、また違ったエロスがあって素晴らしいです。

 

【サイドB】

前乃をクンニ攻撃で追い詰めていく弥生。

自分が優位であることを確信したのか、余裕の笑顔を浮かべます。

しかし、これは完全な油断となり、前乃に体勢を入れ替えられてしまいます。

弥生を後ろから抑え込んだ前乃は、得意の体勢で一気に責め立てます。

弥生は必死にもがきますが、前乃の抑え込みからは逃げられません。

耳元で言葉責めされながらの手マン攻撃で、弥生の表情がだんだんと曇っていきます。

さらに、耳舐めで追撃。

弥生「アッ!それやめて、、」

前乃「耳弱いの?」

弥生「私が教えてあげたんじゃない、それ」

前乃「もっと前から知ってました~」

弥生「あああ!ダメ!待って!待って!あああ!」

前乃のテクに体を痙攣させてしまった弥生。

前乃「あれ?イッちゃったんですかぁ?」

弥生「うるさいわね、、全然、、イッていないわよ、、」

強がる弥生ですが、動きの鈍さはごまかせません。

動きに精彩を欠く弥生からコスチュームを剥いでいく前乃。

イッたばかりの弥生はロクな抵抗もできず、あっさりと全裸にされてしまいます。

バカにしていた相手に脱がされるのは、彼女にとって屈辱的でしょうね。

エロボディが露ろになってしまった弥生に、前乃が容赦なく襲い掛かります。

弥生を四つん這いにさせると、クンニをしながら胸を揉みまくり。

弥生は快楽に抗うことができず、体をくねらせ喘ぎ声を出すばかりです。

弥生「ちょっと、、ダメ、、ダメダメダメ、、、アッアッ!」

イク瞬間は口を手でつぐみ、声が出ないようにしましたが、

体の反応は如実にイッたことを表しています。

イクリアクションがめちゃくちゃエロくて興奮しますね。

さらに、前乃は弥生の背中に腰を下ろすと手マンで責め立てていきます。

弥生「あああ、ダメ、、今はダメだって、、、」

もちろん、前乃がそんな要求を聞くはずもなく容赦なく手を動かしていきます。

前乃「ほら、もう一回イッちゃいな」

弥生「あああ!あああ!やだやだやだ、、、ダメッ!!」

前乃「ウフフ、いい様」

弥生の体は既に敏感になっており、ビクンビクンと体を震わせます。

満身創痍の弥生を尚も責めまくる前乃。

弥生の巨乳を楽しそうに愛撫し、そのたびに弥生は体をピクつかせます。

レズチャンピオンの前乃の責めが、弥生の体に快楽を植え付けていきます。

弥生「待って!待って、、だめぇ、、」

前乃「何?気持ちいい?」

弥生「待って!待って!お願い!許して!」

前乃「ンフフ~やだw」

弥生の必死の懇願も、ドSにあしらう前乃がいいですね。

見た目はMっぽいですが、前乃の本質はS女というギャップが素晴らしいです。

体を何度も痙攣させイッてしまった弥生。

前乃「最初バカにしてくれたから、お返し」

弥生「ごめんてば、、ダメ!ダメだって!ダメダメダメ!!アッ!!」

プライドの高い弥生らしい謝罪ですが、前乃には全く響いていませんね。

最後はクンニでイカされまくり、フィニッシュ。

中盤までは試合を支配していた弥生でしたが、

最後はレズトーナメント覇者のテクの前に屈してしまいました。

リング上で痙攣したままの弥生。

前乃は嬉しそうな笑顔で弥生に迫ります。

前乃「エヘヘ、勉強になりました。ありがとうございま~す」

完全に年上を舐め切った感謝の言葉を浴びせ、勝ち誇る前乃。

見ていてすがすがしさすら覚えます。

責めるときのエロさがすさまじい弥生ですが、受けのリアクションもとにかくいいですね。

前乃もポテンシャルを生かした姿を存分に見せてくれました。

エロにしても、プロレスにしても、

2022年は彼女たちが場を沸かせてくれそうな気配がしますね。

このシリーズと共に、2人の動向をチェックしていきたいと思います。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】