セクシー女子プロレス03 ~序盤から決着前まで~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

セクシー女子プロレス03

対戦ファイター:夏希のあ・花宮レイ

ショートカット美女の夏希のあと、スタイル抜群の実力者・花宮レイのマッチメイク。

後輩である夏希ですが、先輩の花宮をバカにするような発言を繰り返します。

夏希「対戦相手も弱いですし、勝つ気しかしないですね。対戦相手の先輩、ぶっちゃけ弱いと思うんで、まぁ余裕かな」

可愛い笑顔とは裏腹に、中々黒いところを見せてくれる夏希。

しかし、生意気な発言を聞いた花宮がインタビュー中に乱入してきます。

花宮「強気な後輩が来たっていうから見に来たけど、案外そうでもなさそうね」

夏希「先輩弱いじゃないですか?虚勢張るのもいい加減にしてくださいよ」

2人とも演技力が高いので、バチバチの感じがよく出ています。

お互いがコスチュームを掴み、一触即発。

花宮「こうなったらリングで勝負ね」

夏希「望むところよ」

先輩VS後輩の遺恨マッチが幕を開けました。

まずは手四つで力比べ。

パワーがぶつかりますが、やはり経験がものをいうのか、まずは花宮が夏希を押していきます。

ベアハッグの形で固められてしまう夏希。

さっそくエロい声がリングに響きます。

花宮「何よ、大したことないじゃない。力比べしてみたけど、そんなに力もなさそうねぇ」

夏希「ああああ!」

花宮「すごくスタイルがいいじゃなぁい?腰骨折っちゃおうかしら?」

夏希「あううう!!」

花宮のお姉さま風の言葉責めがいいですね。

夏希をリングに転がすと、キャメルクラッチで痛めつけていきます。

夏希「あう、、あああ、、」

花宮「スタイルがいいだけじゃなくて、体も柔らかいのねぇ。今後が楽しみだわ」

まるで礼儀を教えてあげる、と言わんばかりの言葉責めです。

さらに、花宮は夏希の胸に手を伸ばし、いやらしく揉んでいきます。

花宮「苦しいだけじゃかわいそうだから、、、気持ちよくしてあげる」

夏希「はぁう!!アンアン、、」

夏希のリアクションもエロくて最高です。

花宮「もっと苦しませてあげる」

夏希を仰向けにさせると、腕を使ってギリギリと首を絞めていく花宮。

夏希「あ、あ、、、」

花宮「可愛い顔してる~もっと見せて、その顔~」

さらに、首を絞めながらの胸揉み。

夏希は苦しいと気持ちいいの両方を味わってしまい、体をビクビクと反応させてしまいます。

夏希の表情と声がとにかくエロいので、この時点で興奮できますね。

しかし、本質がS女である夏希が、このまま受けで終わるわけがありません。

花宮の体を押さえ込み、体を反転させ立場が逆転。

マウントを奪い返した夏希が、花宮と同じ攻撃で攻め立てます。

今度は花宮がセクシーな悲鳴を上げる番です。

太ももで花宮の首を挟むと、無防備な胸を揉み始める夏希。

夏希「もっと可愛い声で鳴いてよ」

花宮「いやぁ、、あああ!!」

夏希「身動きできないわねぇ?さっきのお返し」

花宮「あああああ!!」

花宮のリアクションも負けずにエロいです。

テカテカのコスチュームもセクシーさをプラスさせています。

さらに、夏希の手は花宮の股間にも伸びます。

花宮「あああ!いやぁん、、、」

夏希「感じてるの?この体勢で。変態ね、あなたって」

先輩を先輩と思っていない夏希の言葉責めも素晴らしいです。

両方責めも受けもリアクションがいいので、どっちが責めても楽しませてくれます。

後輩のテクに気持ちよくなっていく花宮でしたが、

このままイカされるようなことになれば、先輩の面目丸つぶれ。

長い脚を夏希の顔を挟み、再び形勢逆転。

夏希を押さえつけたまま、股間愛撫で責めまくります。

続けて、夏希を恥ずかし固めでホールド。

花宮「恥ずかしい格好~みんなにみてもらいましょうよ」

夏希「あああ!!」

花宮「さっきここ触ったらぁ、、いい声出てたわよねぇ?」

夏希「ああああん!!」

花宮「ほらここ、気持ちいいんでしょ?気持ちいいって言ってみなさいよ」

夏希「アッアッアッ!あああ!!」

身動きの取れない状態で股間を弄られまくり、夏希は喘ぎ声を抑えられません。

さらに、コスチュームをはだけさせられ、乳首まで責められてしまう夏希。

Dカップの美乳を愛撫されまくり、夏希の顔がどんどんととろけていきます。

夏希「アッアッアッアッ!!」

花宮「どんどん感じてきちゃう?いいのよ、素直になって」

花宮のとめどない言葉責めが、夏希の精神にもダメージを与えていきます。

M男からすればたまらない攻撃でしょうね。

優位に立った花宮は、長い脚を首に巻き付け夏希を追い詰めていきます。

逃れようと体をバタバタさせますが、中々ホールドから抜け出せません。

花宮「苦しいのにビクビクしてるの?じゃ、苦しいのが気持ちいいってことね」

夏希「アッアッ、、」

花宮「じゃあ、もっと苦しめてあげる」

脚に力をこめられ、夏希はもう失神寸前。

しかし、夏希は力を振り絞り体を反転させてエスケープ成功。

そして、すかさず花宮の脚を掴んで電気あんまを食らわせます。

夏希「よくもやってくれたわね!」

花宮「アッアッアッ!やめて、、、」

夏希「ウフフ、あなたもいい声で鳴くじゃない」

花宮「ああああん、、、」

再び花宮のエロい声が漏れていきます。

さらに、夏希は自分の股に花宮の顔を押し付けると、しゃちほこのように体を反らせます。

苦しさと痛みを味わっている花宮ですが、この体勢ではどうすることもできません。

体の柔らかい女性ファイターだからこそ、耐えられる技ですね。

夏希は花宮をまんぐり返しで押さえ込み、股間を集中的に愛撫。

夏希「もっと?ここが好きなのね?」

花宮「いやぁ、、ああああ!」

夏希「気持ちいいのね?もっと感じていいのよ?」

花宮「あああああん!!」

後輩にため口で責められ感じさせられてしまう屈辱、、、たまりません。

さらに、スリーパーで追い打ち。

夏希の怒涛の責めに、アヘ顔を晒してしまう花宮。

夏希「もっといたぶってあげる。ほら、苦しいでしょ?」

花宮「う、あ、あ、、」

このまま失神KOもできそうですが、夏希は胸や股間を愛撫し、エロ技でも花宮を責めまくります。

夏希は花宮のコスチュームに手を掛け、こちらも美乳が露わになります。

そして、直接胸を愛撫し刺激を与えていく夏希。

夏希「ここでしょ?感じるの」

花宮「うああああ!!」

後輩に責められて、アヘ顔になっていく花宮の姿がエロ過ぎます。

さらに、股間に手を伸ばし一気にスパート。

花宮「うううう、、あああ!」

夏希「いい声で鳴くのね」

スリーパーを掛けられながら、散々エロ技を食らわされ、花宮はもうグロッキー状態です。

夏希「まだまだ。もっといい技してあげるから」

夏希は自らコスチュームをはだけさせると、乳首同士を擦り合わせます。

花宮「アッアッアッ!潰れちゃう、、、」

夏希「感じていいのよ、ほら?」

花宮「アンアンアンアン!!」

夏希のエロ技を全身に食らい、声も表情もだらしなくなっていく花宮。

このまま夏希のペースで進むかと思われましたが、、、

花宮は夏希の体を掴み、そのまま反転。

今度は花宮がマウントを取って、夏希を責め立てます。

花宮「さっきとおんなじことやってあげるわよ」

と、胸同士を擦り合わせたり、押しつぶしたり。

夏希「アッアッアッ!」

花宮「せいぜい苦しむといいわ。全部仕返ししてあげる」

花宮のテクに夏希も喘ぎ声を抑えられません。

そして、胸での窒息攻撃。

決して巨乳ではありませんが、相手の顔を押さえつけるだけのボリュームはある花宮。

形のよい胸を夏希に押し付け、呼吸を封じていきます。

夏希はもうフラフラです。

花宮は夏希を無理やり立たせるとコブラツイスト。

夏希「う、あ、あ、、、くそ、、」

花宮「さっきからやられっぱなしじゃない?こんなもんだったかしら?」

夏希「あああ!あああ!!」

純粋なプロレスなら花宮の方が、数段上。

体を破壊されるような痛みが夏希を襲います。

しかし、それだけでは終わらせない花宮は、エロ技も容赦なく浴びせていきます。

花宮のホールドから抜け出せず、ただ喘ぐしかできない夏希。

夏希「アッアッアッアッ!」

花宮「こんな格好なのに感じちゃうなんて、すっごいやらしい子じゃない」

夏希「うあああ、、」

花宮「脚ガクガクしてきちゃった?立ってられない?まさかこのままイッちゃう気?」

夏希「はぁう、、くぅ、、」

花宮がペースを掴んだまま終盤戦に差し掛かったこの試合。

ここからの分岐で、それぞれのあられもない姿を楽しめます。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】