バトルファッカーON THE RING 02 ~リングでの決着~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

バトルファッカーON THE RING 02

対戦ファイター:高敷るあ

高敷にリベンジするべくリングにやってきた男ファイター。

2度も負けられないと、持ち前のパワーを生かして高敷に襲い掛かります。

まずは股間キックで高敷の動きを止めると、後ろに回ってコブラツイスト。

高敷「あああ、やめなさいよ、、、」

今回はなりふり構わず勝ちに来ている男ファイターは、

早くも胸や股間を愛撫して高敷を屈服させにかかります。

そして、グラウンドに持ち込み股間を責めまくり。

高敷「アッアッアッ!」

高敷のエロい声がリングに響きます。

男ファイターの愛撫で高敷は思わず腰が上がってきてしまいます。

ただ気持ちよくさせるだけでは気分が晴れない男ファイターは、

逆エビ固めで腰を痛めつけていきます。

男ファイターのエロ技とプロレス技で翻弄されてしまう高敷。

中々いい表情と声で喘いでくれます。

STFで高敷の体をクラッチ。

思うように身動きの取れない高敷は、苦しそうな表情で声を出すばかり。

男ファイターの猛攻にひたすら耐える展開が続きます。

しかし、ここで高敷の反撃。

何とか男ファイターの拘束から抜け出した高敷は、ブリッジで男ファイターの手足を抑え込みます。

そして、男ファイターの股を無理やり開脚させ電気あんま。

高敷「なにこれ?もうこんなになってるの?早いじゃないの」

相手を辱める言葉責めと共に股間を痛めつける高敷。

今度は男ファイターが喘ぐ展開になります。

高敷の攻撃も直接的なものになっていきます。

男ファイターのコスチュームを早々に脱がすと、手コキ攻撃。

高敷「もうこんなになってるじゃないの」

と、エロい手つきで男ファイターの股間をしごいていきます。

さらに、上目遣いでのフェラ。

男「あああ、やめろ、、」

高敷「やめろ?舐めてくださいでしょ?」

高敷「うああああ!!」

高敷のエロい責めに男ファイターは声を抑えることができません。

そして、69の体勢に移行し、顔面騎乗をしながらのフェラ。

口を塞がれてしまっている男ファイターですが、

喘ぎ声が大きくなっていることから、感じまくっているのは明白です。

自らの強さを見せつけるかのように、ドヤ顔で男ファイターの顔に股間を押し付ける高敷。

高敷「乳首までビンビンじゃないの」

と、乳首責めまで加わり、男ファイターは気持ちよさでぐったりとしてしまいます。

高敷「はしたない格好してんじゃないわよ」

高敷は無防備状態の股間を直接踏みつけます。

随所に踏みつけを加える責めは、個人的にはポイントが高いですね。

しかし、もう負けられない男ファイターはここで反撃。

息を吹き返し、高敷の股間目掛けてローブロー。

突然の攻撃に高敷はたまらずダウンしてしまいます。

男ファイターは高敷を後ろから押さえつけると、強引に胸や股間を愛撫していきます。

高敷「ああああ!やめなさいよ、、、」

受けの耐性がそこまで高くない高敷は、男ファイターのテクに声が出てしまいます。

ここぞとばかりに責め立てる男ファイター。

高敷のコスチュームをはだけさせ、直接胸を揉み始めます。

高敷「ああああ、だめ、、気持ちいい、、アンッ!」

美乳が露わになった高敷は、恥ずかしさと気持ちよさ、両方の恥辱をダイレクトに受ける展開に。

スイッチの入った男ファイターは、遂にコスチュームを全部脱がせます。

必死の抵抗虚しく、男ファイターの勢いに押され全裸にされてしまいます。

男ファイターは袈裟固めで高敷を抑え込むと、手マン攻撃を繰り出します。

強引にキスまでされてしまい、

高敷「アッアッアッ、、ダメェ、、、」

と、エロい声がどんどん溢れていきます。

ですが、高敷もこのまま責められるわけにはいきません。

男ファイターも全裸のため、条件は同じ。

負けじとお互いの弱点を責める体勢になり、男と女のプライドがぶつかっていきます。

この鍔迫り合いを制したのは高敷。

男ファイターを無理やりM字開脚にさせると、極上フェラで追い詰めていきます。

奥まで咥えこむエロ過ぎるフェラで男ファイターの喘ぎ声がいっそう大きくなっていきます。

大人しそうな顔からの痴女っぷりがヤバいです。

さらに、男ファイターを四つん這いにさせてのアナル責め。

先にエロ攻撃を仕掛けたのは男ファイターですが、

高敷のエロ攻撃の前に押されてしまっています。

女性ファイターにエロで翻弄されてしまうシチュエーションは最高ですね。

高敷のテクでトロトロになってしまった男ファイター。

高敷はここでトドメを刺すべく、騎乗位でインサート。

入れるまでの焦らしもとにかくエロく、M男だったら理性が崩壊してしまうでしょう。

高敷は激しく腰を落としていき、男ファイターを絶頂に誘っていきます。

高敷「あああ、気持ちいい~」

余裕の表れか、高敷も腰を落とす度にエロい声でよがっています。

今度は向きを変えてバック騎乗位。

高敷「ほらほらほらほら!」

高敷の興奮も徐々に高まっていき、、、

高敷「ああああ!イクイクイクイク!!」

と絶頂を迎えてしまいます。

完全に勝負は決まったと思っているだけに、高敷は我慢もせずイッてしまいます。

しかし、これは男ファイターに責める口実を与えてしまうことに繋がります。

男ファイターは動きが鈍った高敷をリングに押し倒すと、正常位で追撃。

高敷「ああああ、気持ちいい、、ダメェ、、」

男ファイターの猛攻に高敷の声がますますエロくなっていきます。

そして、高敷を起こすと強制フェラ。

高敷「しょうがないわね、しゃぶってやるわよ」

と、こちらも決して弱みを見せず強気に振舞います。

高敷のエロいフェラに、今度は男ファイターが喘いでしまいます。

高敷のフェラを食らい、危険と感じた男ファイターは、再び正常位で責めていきます。

高敷「あああ、やめなさいよぉ、、、気持ちいい、、気持ちいい、、ああ、、イッちゃいそう、、」

男ファイターのピストンに高敷の声が上ずっていき、、、

高敷「ああああ、、イッちゃうイッちゃう、、イク、、イクーー!!」

と、2度目の絶頂。

しかし、どちらかがギブアップを言わない限りは試合は続行。

高敷はイっても決して動きは鈍りません。

高敷「あああ、気持ちいい、、ダメダメダメェ、、気持ちいい、、やばいやばい、、、」

セリフや声、表情だけ見れば完全に快楽の虜になっている高敷ですが、

彼女の痴女性は高く、一向に衰えることがありません。

男ファイターは激しく腰を突いていきますが、高敷の心を折るまでに至らず、

逆にエロさが増していっています。

高敷の体を起こし駅弁の体勢で責める男ファイター。

しかし、体勢をキープできず、高敷に押し倒されてしまいます。

再び騎乗位になった高敷は激しく腰を落とし、

男ファイターも負けじと下から突き上げていきます。

男「どうだ?ギブアップか?」

高敷「まだまだよ」

ここまで責めていた男ファイターですが、声に余裕がなくなってきています。

一方、何度もイッているとはいえ全く勢いの衰えない高敷。

高敷「ほら、アンタの方が感じてるんじゃないの?ほらほらほら、まだできるでしょ?」

男「ああああ、気持ちいい、、、」

ここに来て、ようやく男ファイターも彼女の底なしの痴女っぷりに気づいたようです。

そして、男ファイターの首を絞めてラストスパート。

高敷「ほらほら、もっとできるでしょ?」

男「ああああ、やめてください、、」

激しさを増す腰振りに、男ファイターも遂に泣きが入ってしまいました。

高敷「ほら、首絞められてチ〇コびんびんにしてんじゃないわよ!」

男「あああああ!!」

高敷「ギブアップなの?」

男「あああ、負けです、、、イクイク、、」

高敷「イク?イキなさいよ!いっぱい出しなさい!」

男「あああああ!イクイクー!!!」

高敷の気持ちよさに耐え切れず、遂に絶頂を迎えてしまった男ファイター。

敗北宣言までしてしまい、勝負あり。

男ファイターは高敷の下で、ピクピクと痙攣してしまっています。

高敷「またアンタの負けね」

男「あああ、負けました、、、」

高敷「女に負ける気分はどう?女の方が強いのよ、わかった?」

男「つ、強いです、、、」

高敷の前に完全敗北の男ファイター。

何度もイカせていただけに、最終的に逆転される屈辱の負け方を喫してしまいました。

下からの踏みつけアングルがエロい。

男ファイターの顔をグリグリと踏みつけ、見下すような目を向けています。

高敷「弱い男、ホント。小娘に負けたのよ。アンタは一生私の奴隷ね、わかった?」

男「分かりました、、、」

高敷「奴隷よ、分かりましたでしょ?ちゃんと声出して」

男「分かりました、、、」

高敷「一生言うこと聞くのよ」

大人しそうな女性ファイターに敗北&奴隷エンド。

M男にとって興奮ポイント満載の試合でした。

女性勝ちが約束されているタイトルは、見ていて安心できるのがいいですねw

高敷も何度もイカされるので、イキシーンを見たい人にとってもおすすめです。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】