バトルファッカープロレスリング03 ~春花みなみ 編~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

バトルファッカープロレスリング03

対戦ファイター:春花みなみ

本格バトルファックシリーズの第3弾は実力者の巨乳ファイターが2人が登場。

まず第1試合には、バトルファックトーナメントの優勝者・春花みなみが男ファイターに挑みます。

ムチムチボディを武器に、男相手に真っ向勝負。

しかし、男ファイターは前蹴りを放ち、春花をダウン。

先手を取ると、勢いよく春花に襲い掛かります。

股間に膝を押し当て刺激を与えていく男ファイター。

早速春花のエロい喘ぎ声が響きます。

男「おら、いい声で鳴くじゃねぇか」

と、男ファイターは反応を楽しむかのように膝を振動させます。

感じてしまった春花は、すぐに立ち上がることができません。

そこに男ファイターの低空ドロップキックが迫ります。

女相手にも容赦ありませんね。

春花がダウンしていることをいいことに、グラウンドで責め立てる男ファイター。

脚を取り関節を極めます。

セクシーな表情で必死に耐える春花。

さらに、男ファイターは腕を取り、体を少しずつ痛めつけていきます。

本格的なプロレスでは若干分が悪い春花は、男ファイターは猛攻に劣勢を強いられます。

そして、そのまま腕十字。

春花「あ、あ、、」

男「ギブアップか?おら!」

男ファイターは、どんどん調子を上げ、一気に勝負をつけにかかろうとします。

余裕の表情で春花を立ち上がらせようとする男ファイター。

しかし、春花はここでローブロー。

男ファイターは思わずリングにうずくまってしまいます。

その隙を逃さず反撃開始。

男ファイターの首をムチムチの太ももで絞め上げていきます。

体を反らせるたびに春花のボディがくっきり見えて非常にエロい。

春花「ほら、さっきまでの威勢はどうしたの?」

さらに、マウントを取ると、自慢の巨乳を男ファイターにこすりつけていきます。

春花「ほらほら、こういうのが好きなんでしょう?」

柔らかい感触を、上半身や顔に当てられ、男ファイターは情けない声を出してしまいます。

春花のボディに魅力されてしまった男ファイターは、早くもグロッキー。

春花は、そこに容赦なくパンチを打ちこんでいきます。

そして、男ファイターの体がくの字に曲がったところをクラッチし、、、

見事なブレーンバスター!

春花のようにムッチリボディだと、大技の迫力が上がりますね。

これくらいのムチムチさはたまりません。

体固めでフォール。

バトルファックなので、このまま3カウントを取っても仕方ありませんが、

男ファイターにとっては女性に投げられ、押さえつけられる展開は屈辱でしょう。

春花「ほら、早く抵抗してみてよ」

春花も調子が出てきましたが、、、

男ファイターは手を春花の股間に滑り込ませ、愛撫を開始。

思わぬところからの刺激に春花はセクシーな声を出してしまいます。

春花「アッ、やめ、、、アッアッ、、、」

体から力が抜け、リングに突っ伏す形になってしまった春花。

男ファイターの指テクによがりまくってしまいます。

ヘロヘロになったところをスリーパーで押さえつける男ファイター。

そして、無防備な股間や胸を愛撫していきます。

春花「アッアッアッアッ!」

男「おら、気持ちいいですって言ってみろよ」

春花「き、気持ちよくない、、あああ!」

口では抵抗しても、エロい表情を隠すことができていません。

男ファイターは、体がとろけてしまった春花をコーナーに持っていくと、

男のパワーを見せつけるかのようなアルゼンチンバックブリーカーを披露。

体をゆさゆさと揺らされ、春花は悶絶。

開放された春花はぐったり。

しかし、男ファイターは春花を休ませません。

体を掴み、軽々と持ち上げると、、、

パワーボム炸裂!

背中から思いっきり叩きつけられた春花は、体をピクピクさせながら動きが止まってしまいます。

普通の試合であれば、3カウントを取られて敗北してもおかしくありませんが、

今回はあくまでバトルファック。

男ファイターは、まだまだ楽しみを終わらせません。

動けなくなっている春花の巨乳を揉み始める男ファイター。

春花「はぁう!ああ、、あああ、、、」

春花の口から先ほどとは違う甘い声が漏れ始めます。

バトルファックでは強キャラ扱いの春花ですが、しっかりM性も出してくれるのがいいですね。

そして、無理やりコスチューム剥ぎ。

春花は抵抗しますが、ボディを殴られ遂に全裸にされてしまいます。

春花のFカップが遂に露わになってしまいます。

袈裟固めで抑え込んだ男ファイターは、キスや胸を責めながら手マン攻撃。

春花「あああ、やめっ、、ああああ」

如何にタフな春花と言えど、無防備な股間を責められてしまえば声を抑えられません。

春花「アッアッアッ、、ああああ!」

どんどんと声が大きくなっていく春花。

今にもイッてしまいそうなリアクションでよがりまくります。

しかし、このままでは終われない春花は、強引に男ファイターを押し倒し形勢逆転。

春花「いつまで触ってんのよ」

と、男ファイターの体を押さえつけて愛撫のお返し。

今度は男ファイターが喘ぎ声を上げる番です。

上半身を責めた春花は、下半身に攻撃の範囲を広げていきます。

コスチューム越しの股間を手で愛撫したり、肘で弄ったりと、巧みなテクで男ファイターを責めていきます。

そして、男ファイターのコスチュームを脱がせてフェラ攻撃。

春花「もうこんなに固くしちゃって」

と、エロ過ぎる顔でしゃぶっていきます。

さらに、乳首との同時責め。

男ファイターは喘ぎ声が止まりません。

春花「ん~なぁに?気持ちいいの?どっちも責められるのが好きなの?」

男「うああああ、、、」

春花「気持ちよすぎて抵抗できないでしょ?」

男「ああああ!!!」

S性が高まってきた春花は

春花「舐めなさいよ」

と、無理やり胸を男ファイターにしゃぶらせます。

しかし、優位性を出すためでしょうが、男ファイターに愛撫されるうち、

春花の声も上ずり始めます。

春花の油断を見逃さず、一気に押し返した男ファイター。

再び抑え込むと、正常位でインサート。

一気に勝負をつけるべく、腰を激しく振り始めます。

春花「ああああ!やめて、、、あああ!」

巨乳を揺らしながら、アヘ顔を晒してしまう春花。

表情も声もとろけていき、喘ぎ声がますます大きくなっていきます。

何とか耐えた春花に対し、男ファイターは一旦正常位を止め、手マン攻撃に切り替えます。

しかし、春花も負けじと手コキで対抗。

キスをしながらお互いの弱点を責めていくバトルファック展開に。

リングに両方の喘ぎ声が響いていきます。

この責め合いを制したのは春花。

春花のテクに抗えず、遂に男ファイターは倒れてしまいます。

お互いに責めていって、先に男ファイターが崩れてしまう展開が実にいいですね。

女性に愛撫合戦で負けた、という事実がメンタルをえぐります。

一気に攻勢に出る春花は、男ファイターに跨り騎乗位で責め立てます。

激しく腰を動かす度に、春花の巨乳が揺れまくり。

巨乳ファイターの騎乗位は、それだけで威力満点ですね。

さらに、いやらしい音を立てながらの乳首舐め。

強気だった男ファイターの声が、分かりやすく弱弱しくなっていきます。

春花「ほら、腰動いちゃってるじゃない」

男「あああ、ヤバい、、、」

何とかしたい男ファイターは、春花の体を押さえつけ、下から突いていきますが、

彼女の勢いを完全に殺すことはできません。

むしろムチムチボディが密着し、状況はますます興奮してしまう体勢に。

こうなってしまうと、もはや男ファイターになす術無し。

エロボディを見せつけながらの騎乗位に男ファイターは限界です。

男「ああああ、、くそぉ、、」

春花「アッアッアッ、、、」

男「あああ、ダメだ、、強い、、うあああ!!」

男「もうダメ、、強い、、イク、、あああ!イクイクー!!ああああ!イクー!ギブアップー!!」

春花の名器の前に遂に陥落してしまった男ファイター。

情けなく中出ししてしまい、体をビクビクと痙攣させてしまいます。

それを受け止める春花のリアクションもエロい。

余韻を楽しんだ春花は、小悪魔の笑顔で男ファイターに近づきます。

春花「イッちゃったんだ?」

男「あああ、くそぉ、、、」

春花「もう力残ってないみたいね?」

そして、男ファイターに顔にフレンチキス。

春花「楽しかったわ。ありがと」

まるで男をバカにするかのような屈辱的なキス。

しかし、M男にとっては最高のご褒美でしょう。

演出か、アドリブかは分かりませんが、このフィニッシュは大好物です!

横たわる男ファイターをドヤ顔で眺める感じもいいですね。

ムチムチボディの可愛いキャラが、男ファイターを最終的に圧倒するシチュが素晴らしい。

バトルファックでは、男・女相手に負けなしなので、

ここから連勝街道を突き進むのか、逆に完敗してしまうのか、と

今度も楽しみなファイターです。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】