リバーシブル女子ボクシング 07 ~序盤から決着前まで~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

リバーシブル女子ボクシング 07

対戦ファイター:渚ひまわり・松島れみ

それぞれの敗北シーンが見られるリバーシブル女子ボクシングの第7弾。

今回はスレンダー美女対決です。

本編の他、マウスピース作成やトレーニングシーンも収録されているので、

細かい部分まで堪能したい人は要チェックですね。

リング中央でグローブを合わせる両者。

二人ともスポーティな格好が似合ってます。

序盤はパンチの打ち合い。

松島がキレのよいパンチで顔面を狙ったかと思えば、、、

渚もボディブローでお返し。

両者とも中々いい音をさせてパンチを打っていますね。

運動神経のよさを感じさせます。

最初にペースを掴んだのは渚。

ボディを中心に松島を追い込んでいき、攻める時間が多くなっていきます。

下に意識を向かわせたところで、右フック炸裂。

渚のコンビネーションに翻弄された松島はたまらずダウンしてしまいます。

ダメージは浅く、すぐに立ち上がってきた松島。

しかし、このチャンスを逃さず渚の激しいラッシュが襲い掛かります。

ロープ際から抜け出すことができず2度目のダウン。

松島の口からマウスピースがこぼれ落ちます。

渚「早く立って、どうしたの?もう終わりかなぁ?」

連続ダウンを取って気を良くした渚は、松島を挑発します。

ダメージが残る状態で立ち上がった松島に、渚の容赦ない猛攻が迫ります。

ロープで体を支えるのが精いっぱいの状態で、パンチをノーガードで食らってしまいます。

荒い呼吸で苦しむ松島。

渚は挑発を繰り返し、立ち上がるように促します。

カウント7で立ち上がった松島は、流れを変えようとクリンチを仕掛けます。

美女同士が抱き着くシーンは中々そそりますね。

しかし、渚は簡単に松島を休ませません。

強引に体を引きはがすと強烈なフックを見舞います。

松島、たまらずダウン。

渚「おしまいかな?もう」

リングで大の字になり、弱弱しい表情になる松島。

それでも、マウスピースを口に咥え、フラフラと立ち上がります。

そして、再びクリンチ。

今の松島にとっては体力を回復させるのが優先事項なので、無理に打ち合いません。

先ほどと同じ展開なので、渚はもう一度引きはがしダウンを狙います。

しかし、松島はしっかり学習していました。

大振りのパンチをスウェーで交わし、、、

カウンターの右フック。

完全に決まったカウンターで、流れは一気に松島に偏ります。

一撃でダウンを奪い返されてしまった渚。

松島「立ちなさいよ」

突然のことで冷静になれない渚は、カウント2で早々に立ち上がります。

今までのお返しとばかりに猛攻を仕掛ける松島。

ロープを背にする位置での防衛で、渚は思うように動けません。

パンチの嵐でダウンしかけますが、松島は渚の体を支え中々ダウンさせてくれません。

逃げられない位置でボコボコにしてからの強烈な右がクリーンヒット!

たまらずダウンしてしまう渚。

先ほどまでの余裕の表情はもうありません。

マウスピースを吐き出し、苦しそうに悶える渚。

スレンダーな体型とは言え、谷間が見えるのはドキッとしますね。

Aカップですが、中々そそる角度でよがってくれます。

渚はカウント9で何とか立ち上がり、1R負けは逃れます。

松島が迫りますが、ここでゴングが鳴り1R終了。

渚がゴングに救われた形で、それぞれコーナーに戻ります。

インターバルシーンでは、それぞれの給水やマッサージシーンが見られます。

それぞれいい感じに疲弊してますね。

細かい演出が光ります。

2R目開始。

流れを引き戻したい渚は、最初から威勢よく攻めていきます。

しかし、流れはまだ松島のまま。

攻め切ることができず、逆に松島の攻撃に晒されてしまう展開に。

面白いように松島のパンチが渚にヒット。

右・左と振られ、渚は早くもボロボロになっていきます。

崩れ落ちるようにダウンした渚。

中々のリアクションと体勢で苦しんでくれます。

強気なギャル系ファイターがよがる様子は見応えがありますね。

苦しみながらもフラフラと立ち上がってきた渚は、力を振り絞って松島に襲い掛かります。

力強さはまだ残っており、松島を徐々に後退させていきます。

しかし、小さいパンチをコツコツと当てていく渚を嘲笑うかのような松島の一撃。

ボディ一発で渚のコンビネーションは止まってしまい、再び松島のターンとなります。

体力がどんどん奪われていく渚。

一旦クリンチに逃れようとしますが、松島にリングに放り投げられてしまいます。

本来であればスリップ扱いですが、このリングではダウンカウントがコールされてしまいます。

ダメージを負っている渚は悶えながらも何とか立ち上がろうとします。

リングでのたうち回る渚の姿がセクシーです。

依然主導権は松島。

渚はなりふり構わずクリンチでピンチを逃れます。

まずはしっかり体力を回復させたいところでしたが、、、

松島はそこまで甘いボクサーではありません。

クリンチを解き、大振りのパンチを繰り出す渚でしたが、松島は冷静に対処。

2発をしっかりと交わしてからカウンター一閃!

2R目は渚がダウンするシーンが続きます。

戦う意思は消えてないものの、これ以上食らってしまうとタフネスだけではどうしようもありません。

ロープの力を借り、フラフラと立ち上がる渚。

果たしてここから逆転できるのか?

それとも、松島のパンチの餌食となってしまうのか?

どちらの決着も楽しめる試合の行方は次回。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】