女子プロレスラードミネーション勝利 01 ~リングでの決着~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

女子プロレスラードミネーション勝利 01

対戦ファイター:小野こまり

リングに舞台を移し2回戦目。

力の差をまざまざと見せつけられた男ファイターですが、このままでは終われません。

再び手四つで試合開始です。

しかし、ダメージの残る体では思うように力が入りません。

本来であれば男有利のパワー勝負でも押されてしまい、逆に放り投げられてしまいます。

すかさずマウントを取った小野は、ドSな表情で首を絞めていきます。

小野「またイジメられに来たの~?」

格下認定している男ファイターを子供扱いする言葉責めがそそりますね。

そして、太ももを巻きつけての絞め技。

小野「ほら、振りほどいてみせなさいよ」

男「うあああ、、、」

小野の攻撃を中々返せない男ファイター。

小野はここぞとばかりに好きなように攻めていきます。

男ファイターの股間に手を伸ばし、愛撫して挑発。

悔しそうな声を出す男ファイターですが、小野のいやらしい手つきに体を反応させてしまいます。

小野の挑発的な攻めは続きます。

今度は顔面騎乗で窒息と男のプライドをへし折っていきます。

美女に無理やりクンニさせられる屈辱は、ドSなら屈辱、ドMならご褒美でしょうね。

そして、大きくなっている男ファイターの股間を電気あんま。

男「あああああ!反則だ、、反則、、あああ!壊れる、、、」

小野「おっきくしてんじゃないわよ!」

男「あああ!ギブアップ、ギブアップー!」

再び電気あんまで早々とギブアップしてしまう男ファイター。

ですが、ギブアップが試合終了にならないことはもう分かっているでしょう。

小野「弱っちいわね、根性見せなさい」

今度は膝で股間を愛撫しまくる小野。

もはや刺激と言うよりは潰しにかかる行動に、男ファイターの悲鳴が大きくなっていきます。

小野「アンタ、ホントに男なの?やり返しなさいよ」

小野の挑発に火がついたか、男ファイターはローブローで反撃。

小野は股間を押さえて体を硬直させてしまいます。

男ファイターは小野の体をリングに押し付け、バック突きの体勢で腰を動かしていきます。

小野「やめなさい!、、アッ!」

さすがの小野も感じた声を出してしまいます。

ドミネーション作品において、ちょっとしたサービスショットといったところ。

ですが、当然何倍返しにもなって男ファイターにツケが回ってきます。

首四の字で絞め上げられ、男ファイターは再び息も絶え絶えに。

脚に力を込められる度、情けない悲鳴を上げてしまいます。

さらに、脚を伸ばして股間を愛撫。

これはM男にとってたまらない技ですね。

快楽と苦しさで、男ファイターの感情はぐちゃぐちゃでしょう。

開放されても中々起き上がれない男ファイター。

ならばと、小野の容赦ない顔面騎乗。

小野による窒息攻撃は終わりが見えません。

男「あああ、ギブ、、、」

口を押さえつけられるため、声になっていませんが、何度もギブアップを口にしてしまう男ファイター。

女の尻に敗北するという屈辱のシチュエーションです。

尻フェチにとってはたまらないシーンですね。

ですが、当然試合は続行。

お尻で踏みつぶされ、股間を叩かれ、男ファイターは何もできずマグロ状態です。

抵抗する力が早くも失われていきます。

このままではつまらないと感じたか、小野は男ファイターを敢えて立ち上がらせます。

一矢報いたい男ファイターですが、力が入らずへなちょこなパンチしか打てません。

小野は軽々と男ファイターの抵抗を払いのけます。

そして、コーナーに追い詰めボコボコに。

打撃でも女に勝てないというのは、男にとって屈辱以外の何物でもありません。

コーナーに体を預け動けなくなる男ファイター。

小野は一旦距離を取ると、男ファイターに向かってロンダートで迫ります。

キレイなロンダートなので、彼女の運動神経の高さが分かりますね。

ロンダートからのエルボードロップ。

男ファイターの体に容赦なくダメージを与えていきます。

タイトルに偽りなしのドミネーション展開がいいですね。

そして、首を掴んでの首投げ。

背中から激しく打ちつけられ、男ファイターの体はもうボロボロです。

小野「弱っちいわね」

全身ボロボロの男ファイターに対し、脚関節を極める小野。

男「あああ!ギブアップ!!」

当然試合は終わらないので、もはや悲鳴の1つとしてカウントされているようですね。

続けてスリーパー。

小野「情けないわね。これで本当に男なの?やる気見せなさいよ」

エロく腰を振られ、まるで犯されているかのように痛めつけられる男ファイター。

男「あああ!ギブアップ!」

小野「ギブアップ、ギブアップうるさいわよ。やり返すんじゃなかったの?」

ここまで来ると、師匠と弟子のような戦いですね。

まるで稽古をつけているかのような小野の攻めは、彼女が満足するまで終わらないようです。

完全に戦意喪失してしまっている男ファイターは、情けなくロープまで逃げていきます。

しかし、当然小野がそれを許すわけもなく、つかつかと歩み寄り、コーナーに磔にします。

小野「こんなにして!こっちは元気あるみたいよ?」

男ファイターの股間を握り、男のプライドをへし折っていくドSっぷり。

試合中に握られたら、どんな男でも動きは止まってしまうでしょうね。

さらに、男ファイターを踏みつけていく小野。

小野「やる気見せなさいよ」

グリグリと男ファイターを脚で攻めまくり、優位性を見せつけます。

いかにも女性優位のシーンなので興奮します。

このまま小野が攻めまくる展開だと思われましたが、

男ファイターもわずかに残った体力を振り絞り反撃。

隙を見て、再びローブロー。

男ファイターの余力を見誤っていた小野は思わず体をくの字に曲げてしまいます。

男ファイターにとって、これが最大にして最後のチャンス到来。

小野の体を抑え込み、グラウンドコブラで一気に逆転を狙います。

小野「あああああ!!」

小野の口から悲鳴が漏れ、セクシーな表情で苦しみます。

ここぞとばかりに小野の胸も揉み、精神的にも追い詰めようとしますが、、、

さすがにこれは無謀な挑戦でした。

あっさりとホールドを外されると、小野に力任せに放り投げられてしまいます。

これで男ファイターは万事休す。

小野「よくもやってくれたわね」

わずかでも抵抗を見せた男ファイターに、小野による仕返しが始まります。

巨乳での窒息攻撃。

何度ギブアップを口しても、男ファイターは許してもらえず、ひたすら技を受けるのみ。

男からすれば嬉しい技ですが、実際に試合と考えると非常に危険な技ですね。

首四の字固め。

もちろん、脚で股間を愛撫することも忘れていません。

男「ギブアップ、、助けて、、、」

しかし、小野の攻めは激しくなる一方。

小野「もう疲れちゃったの?」

やさしい言い方とは裏腹にやっていることはドSそのもの。

男ファイターの体も心も両方破壊されていきます。

腕十字固め。

腕に胸が当たっていますが、この感触を楽しむ余裕ももはやありません。

必死に体をバタつかせますが、完全に極まっており今の男ファイターでは到底外せません。

さらに、脚を首に絡ませ窒息技も合わせていくドSな攻め。

男ファイターは軌道を確保しようと体をバタつかせますが、小野はそれを許しません。

男「んんんんーー!!」

小野「何?聞こえないわよ」

全身から力が抜け、痙攣してしまう男ファイター。

小野「痙攣してんじゃないわよ、男のくせに」

この時点で勝負ありですが、まだ遊び足りないのか、小野は男ファイターを無理やり覚醒。

そして、強引に立ち上がらせます。

立ち上がっても、もはやかかし状態。

小野は容赦なくパンチを浴びせ、痛めつけていきます。

何度も殴られ、男ファイターは力なくリングに崩れ落ちます。

そして、控室でのトラウマを呼び起こすかのように太ももで絞め上げ。

男「ギブ、、ギブ、、、」

小野「まだまだ!!」

ギリギリと太ももに力を込めていく小野に対し、どんどん声が弱弱しくなっていく男ファイター。

男「あああああ、、、ギブ、、ギブ、、、」

しかし、小野は力を全く抜きません。

そして、遂に助けを求めるように上げた手がパタリ、とリングに落ちます。

ようやくゴングが鳴らされ試合終了。

小野の攻めに男ファイターはいいところなくドミネーションされてしまいました。

勝者の小野は男ファイターの顔面を踏みつけます。

小野「もうくたばっちゃったの?男なのに女に負けるなんて。力つけて出直してきなさい」

しかし、男ファイターには彼女の声は届いていないでしょうね。

美女による圧巻のドミネーションショー。

自分は互角勝負からの女勝ちが好みですが、まだまだ伸びしろを感じさせるタイトルだと思いました。

次回作がリリースされたら注目したいですね。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】