女子プロレスラードミネーション勝利 01 ~控室での対決~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

女子プロレスラードミネーション勝利 01

対戦ファイター:小野こまり

プロレスラードミネーションシリーズに女子勝ち作品が登場。

ここからシリーズ化するかは売れ筋次第でしょうが、

女子一方的勝利が好きなフェチにとっては中々そそるコンテンツではないかと思います。

男ファイターを控室に呼び出した小野。

小野「最近調子に乗ってる男がいるから、倒してやろうと思って」

と、強気な態度で男に迫ります。

これは聞いた男ファイターは激高。

女のくせにやる気か?と小野のコスチュームを掴みます。

そして、始まった控室での試合。

まずは定番の手四つで力比べ。

男「女のくせに中々やるな、、、」

小野「男のくせに弱っちいわね」

言葉の違いが余裕度の差の表れ。

小野のパワーに押された男ファイターは押し倒されてしまいます。

小野「弱っちいわね」

男ファイターの首にムチムチの太ももを絡ませ、締め上げていく小野。

男ファイターは小野の攻撃に身動きができません。

小野「息できなくしてあげる」

顔面騎乗で男ファイターの顔をお尻で押しつぶし、無理やり股を開脚。

小野「もうギブアップ?」

男「ノーだ、この程度で、、、」

ならばと小野は首を絞めるエグイ攻撃に出ます。

さらに、男ファイターの興奮した股間に体を擦り付け、刺激もプラス。

小野「早く負けを認めなさい」

男ファイターは、苦しさと気持ちよさが交じった声を出してしまいます。

ドミネーション作品らしく、早くもぐったりしてしまう男ファイター。

そんな男ファイターに小野は容赦なく脚で股間を踏みつけていきます。

ドMにとってはたまらないエロシーンです。

さらに立ち上がっての電気あんま。

激しく股間を踏みつけられ、男ファイターは早くも泣きが入ってしまいます。

男「あああ!ギブアップ!ギブアップ!」

小野「まだまだ!男のくせにだらしないわね!」

男「反則だ、、、ギブアップーー!」

何度もギブアップを口にする男ファイターですが、正規の試合ではないため、試合は続行されます。

小野が納得すれば試合自体は終了かと思いますが、、、

何と男ファイターは油断していた小野の股間にローブローを放ちます。

まさかの攻撃に小野は股間を押さえて動きが止まってしまいます。

男ファイターの反撃開始。

男「よくもやってくれたな」

と、コブラツイストを掛けます。

さらに、小野の豊かなバストを揉み、やられた仕返しを始めます。

崩れた小野にスリーパーで追撃。

小野「ああああ、、ぐああ、、、」

中々セクシーな表情で苦しむ小野。

彼女は負け作品でもよいリアクションでよがってくれそうですね。

しかし、これは女子勝ち作品。

エルボーでホールドから抜け出すと、小野の逆襲がスタート。

小野「よくも私に、、、!」

怒りの猛攻に男ファイターは悲鳴を上げることしかできません。

スリーパーで追い打ち。

小野「早くギブアップしなさい?」

男「ギブ、、ギブ、、、」

小野「止めてあげないけど、アハハハ!」

小野の小悪魔っぷりがそそります。

続けてサーフボードストレッチ。

男「ギブアップ、、折れる、、ギブアップーー」

小野「情けないわね。やり返してみなさいよ」

もうタガが外れたようにギブアップを繰り返す男ファイターですが、

小野は簡単には攻撃を止めません。

男ファイターの股間部分に腰を下ろし、首を絞めていく小野。

男ファイターは股間の刺激にも感じてしまい、よがり声まであげてしまいます。

小野「すごい気持ちよさそうじゃない」

男「アッアッアッ!」

そして、巨乳での圧迫。

男ファイターはバタバタともがきますが、小野は密着したまま。

胸の柔らかさを感じながらの失神はたまらないでしょうね。

ようやく解放された男ファイターは、手を必死に伸ばし忍ばせておいたチェーンに手を掛けます。

小野「ちょっと、反則じゃない?」

プライドを粉々に打ち砕かれた男ファイターにとって、もはやルール無用。

凶器攻撃で小野を倒しにかかります。

チェーンで首を絞められてしまう小野。

小野「ああああ、、」

男「勝ちゃいいんだ、勝ちゃ」

なりふり構わない男ファイターの攻撃に、小野の表情が曇っていきます。

ヤラレる時の表情がエロくていいですね。

さらに、股間にまでチェーンを押し付け愛撫していく男ファイター。

小野「あああ!やめなさい!」

男「おら、ギブアップだろ?」

男ファイターが、凶器を使って試合を有利に進め始めましたが、、、

やはり実力差があるだけに、攻勢は長くは続きません。

小野の打撃で吹っ飛ばされてしまい、凶器まで奪われてしまう最悪の展開に。

今度は男ファイターが凶器の苦しさを味わうことになります。

小野「男のくせに卑怯ね」

ドSな表情をした小野にチェーンで首を絞められてしまいます。

死の恐怖を感じた男ファイターは、ここでもギブアップを口にしますが、

当然試合は続けられます。

男「ギブアップ、、、」

小野「何?聞こえないわよ」

男「ギブアップです、、助けて、、、」

しかし、男ファイターが泣き言を言えば言うほど、絞めつけは強まるばかり。

凶器から解放されても小野の絞め地獄は終わりません。

今度はムチムチの太ももで絞め上げられ、男ファイターはグロッキー寸前。

その様子を楽しそうに眺める小野のSっぷりに興奮します。

小野「ほら!ほら!」

男「ギブ、、ギブ、、、」

弱弱しい声で敗北宣言を口にしますが、当然小野には響いていません。

さらに、顔面騎乗。

お尻をエロく押し付けられ、男ファイターは嬉しいやら苦しいやら。

塞がれた口で何かを訴えていますが、全く声になりません。

そして、男ファイターの脚を取り恥ずかし固めでホールド。

男「ああああ!ギブアップー!ギブアップー!」

男ファイターが苦しむ様子を本気で楽しんでいる感じがSっぽくてそそります。

終わる気配のない小野の攻め。

再びチェーンを手に取ると、楽しそうに首を絞めていきます。

男「アッアッアッ、、ギブ、、」

小野「ほら、反撃してみなさいよ」

男ファイターは何とかしようを必死に手を伸ばしますが、小野の体には届きません。

意識と心を折った後は、体を破壊していくだけ。

男ファイターの腕を取り、関節技で痛めつけていきます。

男「あああ!!腕が、、ギブアップー!助けて、、助けて、、、」

終わりの見えない小野によるドミネーション。

耐え切るには相当なドM精神が必要になってきそうです。

もはや男ファイターは小野の技の実験台。

男「ぐああああ!!何だこれは、、!!折れる、、」

小野の全身を破壊していくような攻めに、男ファイターは叫びまくり。

STFまで掛けられ、もう満足に体を動かせません。

弱弱しい声でギブを繰り返す無様な姿。

最初の強気な態度はもうどこにもありません。

トドメは脚を絡ませての首絞め。

小野「アンタ、本当に勝つ気あるの?」

手でクラッチしていなくとも落とせると言わんばかりの力強さで締め上げる小野。

控室に男ファイターの断末魔が響きます。

男「があああ!!ギブアップー!!!」

何度もタップしますが、小野は力を緩めません。

そして、遂に男ファイターの全身から力が抜け失神。

体をピクピクさせ、動くことができなくなってしまいました。

さすがにこれ以上は無駄と判断したのか、小野は男ファイターの股間を踏みつけて勝ち誇ります。

小野「やり返したかったら、今度はリングで戦いましょ?」

完膚なきまでに痛めつけた相手をリングに誘う小野。

まだ意識がぼんやりしている男ファイターですが、このままでは終われません。

リングで完全決着をつけに挑みますが、男ファイターにとってさらなる地獄が待ち受けていました。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】